もずの独り言・goo版

半蔵ともず、gooでも独り言です。『もずの独り言』は代行業とは一切関係ありません。

【みんな生きている】海外口座編

2010-07-29 19:02:22 | 日記
《ルクセンブルク政府、北朝鮮口座の徹底監視を決める》

ルクセンブルク政府が北朝鮮による海外口座を利用したマネーロンダリング(資金洗浄)等、違法行為を徹底的に監視する方針を決めたことをアメリカの自由アジア放送(RFA)が7月28日に報じた。
ルクセンブルク財務省の報道官はRFAに対し

「国連とアメリカの対北朝鮮制裁にともない、北朝鮮が海外口座を通じて行う違法行為に徹底的に注目している。問題が明らかになれば適切な司法措置を取る方針だ」

と述べた。また、

「ルクセンブルク政府は海外口座を利用したマネーロンダリング等の違法行為を処罰出来るよう、国際法規に則り国内法を定期的に改正している。違法行為の種類や規模によって様々な法的措置が準備されている」

と強調した。
イギリスの日刊紙『テレグラフ』は今年3月、

「金正日(キム・ジョンイル)総書記が海外逃亡等の緊急事態に備え、スイスの銀行に預けていた40億ドル(約3,500億円)規模の秘密資金をルクセンブルクの銀行に移した」

と報じた。だが、ルクセンブルク首相府は当時「北朝鮮の金融資産についての手がかりは把握していない。事実関係の調査も不要」との立場を表明していた。
一方、北朝鮮向けラジオ放送・開かれた北朝鮮放送は7月28日、北朝鮮内部の消息筋の話を引用し

「駐スイス大使を務めていた李哲(リ・チョル)氏が今年3月に北朝鮮に帰国した理由は、金総書記の三男・ジョンウン氏に金総書記の海外秘密資金を段階的に移管するための措置」

と報じた。



※北朝鮮のマネーロンダリングについては
【みんな生きている】
北朝鮮資金洗浄編
(au版、ライブドア版、goo版・2009年11月15日掲載)
【みんな生きている】
古屋圭司編
(5月18日掲載)
【みんな生きている】
金融制裁編
(7月28日掲載)
【みんな生きている】
金総書記秘密資金編
(7月28日掲載)
も合わせてご覧下さい。
また、李哲氏については
【みんな生きている】
ウラン濃縮編
(au版、ライブドア版・2009年9月5日掲載)
【みんな生きている】
李哲編
(3月20日掲載)
も合わせてご覧下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

【みんな生きている】ミサイル販売編

2010-07-29 15:07:39 | 日記
《北朝鮮、アフガニスタン反政府勢力にミサイル販売》

北朝鮮が2005年11月、アフガニスタンの反政府勢力にミサイルを販売したことを記録したアメリカ情報機関の報告書が公開された。この種の内容が公開されるのは今回が初めてだ。
当時、北朝鮮は6ヶ国協議を通じてアメリカと核交渉を行なっていたが、その一方でアフガニスタンの反政府勢力を支援していたことが最終的に確認された場合、今後の対北朝鮮政策に影響が及ぶのは避けられないものと見られる。
アメリカの『ワシントン・ポスト』紙は7月26日、

「機密情報暴露ウェブサイト・ウィキリークスが公開した9万件以上のアフガニスタン戦争関連文書の中に、アフガニスタン反政府勢力実力者グルブディン・ヘクマティアル氏(ヘズブ・イスラミ党指導者)とアルカイダのアミン博士が北朝鮮から地対空ミサイルを購入したことについて記載されていた」

と報じた。
この報告書にはさらに、2005年11月19日にヘクマティアル氏とアミン博士がイランを経て北朝鮮に向かい、12月3日にアフガニスタンのヘルマンド州に戻ったことも記録されている。
報告書によると、2人は北朝鮮滞在中にアメリカ軍と同盟軍の航空機を撃墜するのに使用する遠隔操縦ロケットの購入契約を結んだという。
北朝鮮で購入契約が結ばれたミサイルは2006年初めに船積みされる予定だったが、具体的な契約条件や日時は記載されていなかった。
この契約から18ヶ月後の2007年、アフガニスタンのヘルマンド川近くでアメリカ軍のCH-47ヘリ1機がミサイル攻撃を受けて撃墜されている。
報告書によると、このヘリは携帯用の地対空ミサイルによって撃墜されたものと推定されるという。



※北朝鮮製の武器が今日もどこかで誰かを不幸にする。

北朝鮮製武器については
【みんな生きている】
兵器秘密取引編
(au版、ライブドア版、goo版・2009年12月4日掲載)
【みんな生きている】
貨物ロンダリング編
(2月5日掲載)
【みんな生きている】
武器輸出・密売編
(3月10日掲載)
も合わせてご覧下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

【みんな生きている】西岡 力編

2010-07-28 20:31:09 | 日記
下記は、金賢姫氏来日について7月27の産経新聞「正論」欄に掲載された西岡 力・救う会会長のコラムです。

■総書記の「嘘」を暴いた元工作員
-西岡会長の【正論】コラムから-

金賢姫(キム・ヒョンヒ)元北朝鮮工作員の来日は成果があった。北朝鮮は、2002年に拉致を認める大きな譲歩をしながら、被害者の田口八重子さんや横田めぐみさんらについて「死亡」情報を操作することで、その所在を明らかにしていない。虚偽を繰り返す動機を解明することが不可欠であり、その謎を解く鍵が金元工作員の存在だった。

◆北の「偽者説」は通用しない

北朝鮮は元工作員が実行犯となった大韓航空機爆破事件はデッチ上げで、元工作員は偽者だという主張をいまだに崩していない。八重子さんやめぐみさんが帰ってきて元工作員と会うと、大韓機事件が北朝鮮の犯行であることが完全に証明される。
それを避けるために生きている人を「死亡」したとする嘘(うそ)をついているのだ。
今回の訪日で、元工作員と田口さん家族が交流を深めた。彼女が覚えていた横田めぐみさんの特徴を聞いて、めぐみさんの両親は感動していた。そのこと自体が元工作員が偽者でないことを証明するのではないか。つまり今回、偽者説という北朝鮮の欺瞞(ぎまん)を満天下にあばくことができただろう。
嘘が暴露されてしまえば秘密を保つ意味がなくなる。北朝鮮政権が、無理をして「拉致したのは13人だけ、8人は死んだ」という従来の嘘をつき続ける理由がなくなるだろう。全員を返して制裁解除と支援獲得を狙おうという方向への政策転換を試みるかもしれない。その後押しとしての日本の世論喚起にも役立ったろう。

◆良心との戦いの末に協力姿勢

しかし限界もあった。招聘(しょうへい)者である政府は以上のような訪日の意義をほとんど説明していない。また、北朝鮮の秘密の暴露のためには家族や関係者が密室で面会するだけでは効果は小さい。元工作員による記者会見が実現しなかったことも残念だ。
韓国のジャーナリスト趙甲済(チョ・ガプチェ)氏は、「金正日(キム・ジョンイル。総書記)と金賢姫の真実ゲームが新たな段階に入った」(「月刊朝鮮」)と書いた。元工作員が少しずつ金総書記の嘘を暴き出し、それに対して北朝鮮側が必死で嘘を維持しようと圧力をかけてきたことを描写した言葉だ。
1987年の大韓機爆破テロはソウル五輪を妨害するため実行された。元工作員は逃走途中に逮捕され自殺を図るが蘇生(そせい)した。
韓国に護送され、「南朝鮮(韓国のこと)人民はアメリカ帝国主義の植民地支配下で悲惨な生活を強要されている」という北朝鮮による“刷り込み”が嘘であることを知り、115人を爆殺した自分の犯行に正義がないことに気づく。
しかし北朝鮮では政治犯は本人ばかりか家族も収容所送りとなる。彼女は自分の罪を認めて謝罪したいという内心の声と、それをすれば両親が収容所送りになるという恐れの間で悩む。だが、最後に「うちの両親は、飲まなければ死ぬという一杯の水を譲ってくれるほど自分を愛してくれた」と自問自答して自白に及ぶ。
真実ゲームの第1幕はこうして金元工作員の勝利となる。彼女の日本語教官をさせられた田口八重子さんが明らかになり、1988年、参議院予算委員会で日本政府は田口さんをはじめとする8人の拉致被害者の存在を認めた。彼女の勇気ある自供がなければ、拉致被害者の存在は闇に隠されたままであっただろう。

◆迫害を告発する第2の逆襲

2002年、金総書記は訪朝した小泉純一郎首相に日本人を拉致したことを認め、5人の被害者を帰国させた。しかし「拉致したのは13人」、5人を除く「8人は死んだ」という新たな2つの嘘をついた。すべての被害者を救出するためにはこの新たな嘘を打ち破らなければならないが、この点にも彼女と金総書記の真実ゲームが深くかかわっている。
北朝鮮が拉致を認める前年秋ごろから、韓国内の親北左派勢力が元工作員は偽者というキャンペーンを大々的に展開した。彼女は外部との連絡を絶って身を隠さざるを得ないところまで追い込まれた。そのため拉致家族との面会が最近まで実現しなかったのだ。
2008年、李明博(イ・ミョンバク)政権成立を受け韓国で、金元工作員は左翼政権(金大中・廬武鉉)時代に自身に加えられた迫害を告発する活動をはじめた。真実ゲームの第2幕となる逆襲だ。
昨年3月の韓国釜山での田口さん家族との面会や今回の訪日も、以上のような事件をめぐる虚偽との戦いの延長線上でなされた。
彼女は、いまだに大韓機爆破を認めず、多くの拉致被害者を抑留し続けている北朝鮮と正面から戦っているのだ。今回の日本政府の措置は、テロの生き証人を特別措置で入国させ、テロを告発する証言をさせたということだ。それ自体がまさにテロとの戦いだった。
今回の訪日で元工作員は、1976年、金正日総書記が工作員の現地化指令を出し、その1期生が自分たちであること、中国人拉致被害者から中国語を学んだこと、同期生の男性工作員6人は東南アジア担当だった、という重大な新証言をした。
これら新証言を活用して金政権の虚偽の全体構造を明らかにすることが今後の課題だ。
(にしおか つとむ)

以上



※過去の【みんな生きている】西岡 力編も合わせてご覧下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

【みんな生きている】朴相学・崔成竜編

2010-07-28 17:30:57 | 日記
《韓国の民間団体、北朝鮮へビラ飛ばし》

自由北韓運動連合等の民間団体が7月27日午前11時、京畿道坡州市の臨津閣からビラ10万枚を北朝鮮に向けて飛ばした。
自由北韓運動連合の朴相学(パク・サンハク)代表は

「天安沈没事件に関するビラ10万枚と天安事件を収めたCD300枚、それと1ドル紙幣1,000枚を10個の風船に積んで飛ばした」

と発表した。
また、朴代表は

「天安が北朝鮮の奇襲攻撃で撃沈されてからまだ半年にもならないのに、もう韓国社会では忘れられつつある。とりわけ大韓民国の若者たちは南北が対立しているという事実を忘れているようだが、これはかなり危険だ」

と語った。
韓国人拉致被害者(拉北者=らほくしゃ)家族会の崔成竜(チェ・ソンヨン)代表は

「韓国国民の全ての力を合わせて天安事件に関する北朝鮮の誤りを糾弾しなければならない状況にもかかわらず、(韓国国内に)無条件に北朝鮮の肩を持つ団体があり残念だ」

と語った。



※ビラ撒きについては過去の【みんな生きている】をご覧下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

【みんな生きている】反体制行為編

2010-07-28 17:24:53 | 日記
《ついに出た!北朝鮮国内から反体制ビラと反体制の文言が書き込まれた新紙幣発見》

『朝日新聞』が7月23日に中国・瀋陽発で報じたところによると、6月下旬、北朝鮮の咸鏡北道会寧市周辺で体制の転覆を訴える内容のビラが撒かれたという。北朝鮮の公安当局は6月24日~25日にかけて数十枚のビラを回収し、「国家の安全を脅かす事件」として関係者の洗い出しを進めていると『朝日新聞』は報じた。
『朝日新聞』によると、このビラには

「将軍様(金総書記)は21世紀の光輝く太陽などではない。我々にもたらしたものは暗黒だけだ」
「金正日(キム・ジョンイル)時代を終わらせよう。我々に必要なのは食べ物だ」

といった内容が書かれていた。
北朝鮮当局は今回ビラが撒かれた状況やその内容から考えて、韓国軍や韓国の民間団体が風船に付けて飛ばしたものではなく北朝鮮内部の組織によるものと判断しており、回収したビラを焼却する一方、密かにビラを持っている人がいないか治安部隊を総動員して調査を行なっているとのことだ。
これについて『朝日新聞』は「北朝鮮内部で金総書記に対する不満がかなり高まっていると考えられる」との見方を示した。
一方、北朝鮮専門のインターネットメディア『デイリーNK』も6月下旬に咸鏡北道清津市一帯で金正日体制に反対する内容の文言が書かれた5,000北朝鮮ウォンの新紙幣が大量に発見されたと報じた。
この紙幣には「亡命救国行動隊」という団体の名前が書かれており、清津の故・金日成(キム・イルソン)国家主席の銅像の周辺で集中的に撒かれていたという。



※ビラ撒きについては過去の【みんな生きている】をご覧下さい。

この記事をはてなブックマークに追加