もずの独り言・goo版

半蔵ともず、gooでも独り言です。『もずの独り言』は代行業とは一切関係ありません。

【みんな生きている】日比谷公会堂編

2012-04-28 21:08:53 | 日記
拉致被害者の家族とその支援団体が4月28日、東京都千代田区の日比谷公会堂で集会を開きました。

「拉致問題は解決したという前提での日・朝交渉は絶対に認められない」
(中井 洽元拉致問題担当大臣)
「時間切れや風化をさせない。我々が見たいのは、拉致被害者と被害者家族が抱き合う姿。絆を見たいのだ」
(松原 仁拉致問題担当大臣)
「日本の大切な若者たちが忍び込んで来た工作員によって袋詰めにされて連れ去られた。拉致問題より日・朝国交正常化を優先させる勢力を押さえつけ、監視しなければならない」
(中山恭子元拉致問題担当大臣)

集会では新旧拉致問題担当大臣から発言が相次ぎ、3人とも「拉致問題の解決なくして日・朝国交正常化は無い」と主張しました。

また、救う会の西岡 力会長は「圧力が足りません」と主張し、さらなる制裁強化を訴えました。

「北朝鮮への送金は10万円以上は届け出れば送金出来ます。平成23年12月~平成24年2月の間に1億3000万円が正式に届け出されていた。また、4月には朝鮮総連が日本全国で11億円の募金を集めた」
(西岡 力・救う会会長)

さらに西岡会長は「日・朝間でヒトとカネが自由に行き来している」と指摘しました。

「朝鮮総連の副議長5人のうち3人がほぼ1ヶ月に1回訪朝し、現金を持って行っている。現金を渡す先は朝鮮労働党39号室。このカネを断たなければならない。向こうが痛みを覚えなければ交渉は始まらない」
(西岡会長)

西岡会長は5人の副議長について、南昇祐(ナム・スンウ)、朴久好(パク・グホウ)、高徳羽(コ・ドクウ)、ペ・イクチュ、ペ・ジングの5人の実名を挙げ、
「南昇祐、朴久好、ペ・イクチュの3人がほぼ1ヶ月に1回訪朝している」
と述べました。
この5人について西岡会長は
「北朝鮮へ渡航後、日本への再入国を禁止すべきだ」
と主張、集会に参加した公明党拉致問題対策委員長の竹内 譲衆議院議員も
「朝鮮総連副議長5人の再入国不許可に踏み切るべきだ」
と強い口調で訴えました。

さらに西岡会長は
「北朝鮮の国家安全保衛部に日本人拉致被害者が約10人、朝鮮労働党の工作機関に日本人拉致被害者が約30人管理されている。このうち、保衛部に管理されている日本人拉致被害者2名については朝鮮名が『カン・クンナム』と『リ・チョルヨン』であることはわかっている。そして管理されている拉致被害者が資料の翻訳等の仕事をさせられていることもわかっている」
と述べ、拉致被害者は生きていることを示しました。



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】日比谷公会堂編・NHK

2012-04-28 21:04:37 | 日記
北朝鮮の体制が交代したことを受けて、拉致被害者の救出を訴える国民集会が4月28日、東京都内で開かれました。
拉致被害者の家族は「政府には今の状況をとらえて解決の糸口を探って欲しい」と訴えました。
東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれた集会には拉致被害者の家族をはじめ支援者たちおよそ1,600人が参加しました。
はじめに、拉致被害者の田口八重子さんの兄で家族会代表の飯塚繁雄さんが
「政府には北朝鮮の体制が交代した今の状況をとらえて、解決の糸口を探って欲しい。家族も心を一つに戦いたい」
と訴えました。
家族たちは北朝鮮の体制の交代に加え、この秋で日・朝首脳会談から10年になることを踏まえて、今年こそ問題が進展することを願って署名活動等に力を入れています。
4月28日の集会には10年前に北朝鮮から帰国した曽我ひとみさんも参加し、
「何の進展も無いままいたずらに時間が過ぎ、虚しさが胸に積もる。拉致された母の年齢を考えると、本当に時間が無い」
と一刻も早い解決を訴えました。
このあと、拉致被害者の救出活動に取り組んでいる支援団体が独自の調査結果として、
「2008年の時点で北朝鮮の政治犯等を取り締まる国家安全保衛部だけでも10人ほどの日本人拉致被害者を管理していた」
という情報が北朝鮮内部から寄せられたことを報告しました。
集会では最後に「政府には今年を『勝負の年』として全勢力をかけて全ての拉致被害者を早急に救出することを求める」とする決議を採択しました。



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】日比谷公会堂編・JNN

2012-04-28 20:58:46 | 日記
北朝鮮が拉致を認めてから今年の9月で10年となる中、拉致被害者の家族が東京都千代田区の日比谷公会堂で大規模な集会を開き、早期の拉致被害者救出を訴えました。

「(死亡したとされる)拉致被害者を生き返らせて、我々は取り戻していかなければいけない」
(松原 仁拉致問題担当大臣)
「(野田首相は)消費税の増税に命を懸けるのもよろしいですけれども、拉致問題解決にも同様の熱意を持って取り組んでいただきたい」
(横田哲也さん。拉致被害者・横田めぐみさんの弟)

集会には中国・雲南省の朝鮮レストランで失踪し、北朝鮮に拉致されたと見られるアメリカ人男性デイビッド・スネドンさんの家族も参加しました。

「何としても探し出して家に連れ戻したい。それが家族の使命だから」
(ジェイムズ・スネドンさん。拉致被害者・デイビッド・スネドンさんの家族)
「『まさかアメリカ人を拉致しないだろう』という油断のせいか、アメリカ本土ではスネドンさん拉致事件への反応が鈍い」
(島田洋一・福井県立大学教授)

また、救う会の西岡 力会長は
「北朝鮮の国家安全保衛部は2008年の時点で、朝鮮名『カン・クンナム』と『イ・チョリョン』の2人を含む約10人の日本人拉致被害者を管理し、朝鮮労働党傘下の工作機関で約30人の日本人拉致被害者を管理して資料の翻訳の仕事をさせている」等の新たな安否情報を明らかにしました。



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】曽我ひとみさん

2012-04-26 21:17:07 | 日記
北朝鮮による拉致被害者で新潟県佐渡市在住の曽我ひとみさん(52歳)が4月26日、佐渡市上新穂の新穂小学校で家族の大切さについて講演しました。
母・ミヨシさんが拉致されたまま離ればなれになっていること等、曽我さんの話に全校児童たち約100人が耳を傾けました。
曽我さんが北朝鮮から帰国して10年となり、佐渡市が拉致問題に関する市民の関心を掘り起こそうと企画したもので、新穂小学校を皮切りに市内の小・中学校10校で「家族に対する想いを共に考える会」と題した講演会を開く予定です。



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】特別行動編

2012-04-25 01:51:35 | 日記
韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権に対し「全てを焦土と化す」と通告した北朝鮮。
専門家等からは長距離砲による砲撃やサイバーテロに加え、無人航空機を使った攻撃の可能性も指摘されています。

ソウルの中心部に集まった保守系団体およそ150人。
この団体、北朝鮮が事実上のミサイル発射に失敗した当日、同様のパフォーマンスを行なって北朝鮮を激しく非難しました。そして、今度は北朝鮮の「特別行動」の通告に猛反発しました。

「我が革命武力の特別行動は、全てのネズミ野郎集団と挑発の根源を閃光の如く焦土化してしまうことになるであろう」
(朝鮮中央テレビ、4月23日)

李明博政権や一部の保守系メディアに対し「革命武力による特別行動」を開始すると通告した北朝鮮。
開始されれば「3~4分で焦土と化す」という「特別行動」は、具体的に何を指すのでしょうか?


■局地戦

韓国国防部関係者等によりますと、北朝鮮は1万3000門もの大砲を持っていて、このうちソウル等の首都圏を射程に収める長距離ロケット砲は軍事境界線付近に320門余り配備されているといいます。
大きな打撃を与えられる反面、これを使えば手厳しく反撃されるのは必至で、専門家は攻撃はあっても小規模ではないかと話します。
「北朝鮮は全体的で大規模な挑発よりも、小規模で局地戦的な挑発はいつでも可能だろう」
(韓国国家安全保障戦略研究所のイ・スソク研究員)


■サイバーテロ
朝鮮半島有事に詳しいジャーナリストは、サイバーテロの可能性を指摘します。
「サイバー戦の専門部隊、121局というのですが、そこにだいたい1,000人~3,000人くらいいるんじゃないかと言われている。情報機関のホームページをダウンさせたりとか、軍の通信網に齟齬を引き起こしたりということをもって『いつでも焦土化出来るぞ』と宣伝する可能性がある」
(軍事ジャーナリスト・黒井文太郎さん)

こうした中、韓国軍が恐れるのは北朝鮮の新型兵器です。


■無人機

4月15日の軍事パレードで初めて姿を見せた「無人機」。韓国国防部関係者はJNNの取材に対し
「北朝鮮が夜間に無人機を韓国国内に侵入させようとしたら、探知は難しい。爆弾を搭載した無人機が重要施設に爆弾を投下するか、突入する恐れも排除出来ない」
との考えを示しました。

韓国国防部は
「これまでのところ、朝鮮人民軍に特異な動向は無い」
としていますが、アメリカと共同で監視態勢を強化していて緊張が続いています。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)