もずの独り言・goo版

半蔵ともず、gooでも独り言です。『もずの独り言』は代行業とは一切関係ありません。

【みんな生きている】IOM編

2012-01-31 05:38:04 | 日記
かつて在日韓国・朝鮮人の夫とともに北朝鮮に渡り日本に帰れないままになっている、いわゆる「日本人妻」の帰国問題を協議する会合が世界的な移住問題を扱うIOM(国際移住機関)も初めて参加して開かれ、支援団体などが早期の帰国に向け取り組みを強化していくことを確認しました。
昭和34年から25年間続いた北朝鮮への帰還事業では在日韓国・朝鮮人の夫とともに日本人の妻たち1,800人ほどが北朝鮮に渡りましたが、その多くが日本への帰国を認められず、苦しい生活を強いられていたと言われています。
この問題について、北朝鮮から逃れてきた人たちを支援している団体が1月29日に会合を開き、スイスを本部に世界的な移住問題に取り組むIOMのメンバーも初めて参加しました。
この中で、金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去によって北朝鮮国内の情勢が不透明になっているとして、「日本人妻」の早期の帰国に向けて政府への働きかけを強めていくことを確認しました。また、帰国の実現に備えて支援環境を整備していくことを申し合わせました。
支援団体である日本人妻等定住支援センターの坂中英徳代表は
「日本人妻はすでに70代から80代の高齢になっているうえ、北朝鮮の新しい体制でどう処遇されるのか安否が気遣われる。一刻も早い帰国に向けて政府に要望していきたい」
と話しています。



※帰還事業について高政美(コ・ジョンミ)さんは
「帰国当時、10代だった兄がいた。北朝鮮の風景を見て落胆し、“日本へ帰る”と言って泣くと、北朝鮮の人たちが兄を連れて行った。兄と再会したのはその5年後、私が8歳のときに山奥にある収容所で会った。まるで動物園の檻のようで、鉄格子の中には20人ほどいたと思う。みんなライオンのように髪が長かった。大小便の上で寝そべったり、這い回ったり…そのうちの1人が引っ張り出された。顔は浅黒く、髪が腰まであった。顔を見た父は、私たちを連れてすぐにその場を離れた」
と語った。

【みんな生きている】日本人妻等定住支援センター編

2012-01-30 22:30:58 | 日記
在日朝鮮人の帰還事業(帰国事業)で北朝鮮に渡った日本人妻等、今も北朝鮮で暮らす日本人の帰国支援を行う民間団体が設立されました。
設立されたのは、帰還事業で北朝鮮に渡り、今も北朝鮮で暮らす日本人の帰国を働きかけ、帰国後の定住支援を行う団体です。
代表は元東京入国管理局長の坂中英徳さんで、終戦後、日本に帰れなかった多数の残留邦人の帰国や遺骨の返還等にも力を入れたいとしています。

「一番悲惨な人たちは、北朝鮮の残留邦人です。何万人とか。(数は)わからない。すごい数です」
(日本人妻等定住支援センター・坂中英徳代表)

北朝鮮が金正恩(キム・ジョンウン)体制に移行し、中井 洽元拉致問題担当大臣が北朝鮮側と接触する中、坂中代表は
「北朝鮮が応じられるのは日本人妻と残留日本人の問題。今こそ救出する日本人の対象を広げるべきだ」
と訴えています。



※帰還事業について高政美(コ・ジョンミ)さんは
「帰国当時、10代だった兄がいた。北朝鮮の風景を見て落胆し、“日本へ帰る”と言って泣くと、北朝鮮の人たちが兄を連れて行った。兄と再会したのはその5年後、私が8歳のときに山奥にある収容所で会った。まるで動物園の檻のようで、鉄格子の中には20人ほどいたと思う。みんなライオンのように髪が長かった。大小便の上で寝そべったり、這い回ったり…そのうちの1人が引っ張り出された。顔は浅黒く、髪が腰まであった。顔を見た父は、私たちを連れてすぐにその場を離れた」
と語った。

【みんな生きている】蓮池 薫さん

2012-01-29 17:49:38 | 日記
北朝鮮による拉致被害者で、現在、新潟産業大学講師を務める蓮池 薫さんが新潟国際情報大学の新潟中央キャンパスで講演しました。
金正恩(キム・ジョンウン)体制となった北朝鮮について蓮池さんは
「今の経済状態なら先軍政治の維持は難しい。軍の下の人たちが食べられない」
と語り、軍幹部が今後、改革開放を目指すのではないかとの見通しを示しました。



※これまで、国際社会による対北朝鮮食糧支援が北朝鮮住民に行き届いたことは無い。
「隣の家族がカネを借りて白いごはんと肉のスープを腹一杯食べたあと、スンニュン(おこげ料理)に農薬を混ぜて飲んで自殺した。草を食べなければならないほど食糧が無いとき、体が弱い子供にまず食べさせようとする母親の気持ちがわかるか」
(脱北者の証言)
【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】北朝鮮負債編

2012-01-29 13:59:19 | 日記
《北朝鮮、韓国へ返済すべき借金2,357億円》

北朝鮮が韓国政府に返済すべき借金が1兆ウォン(約670億円)を超えることが1月18日までにわかった。
これに、朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)を通じて韓国政府が北朝鮮に間接融資した分を加えると、北朝鮮が返済すべき額はおよそ3兆5000億ウォン(約2,357億円)に上る。KEDOを通じた融資は1998年~2006年の間に行われ、元利だけで2兆3000億ウォン(約1,550億円)に上る。
韓国統一部によると、金大中(キム・デジュン)・廬武鉉(ノ・ムヒョン)両政権は2000年~2007年までの間、北朝鮮に対して借款形式(10年据え置き・20年償還・年利1%)でコメ240万tとトウモロコシ20万tを提供した。これら食糧借款の規模は総額7億2004万ドル(約553億円)だが、1億5528万ドル(約119億円)分の利子はこれに含まれていない。
その内、今年6月7日に最初に償還されることになっているのは583万ドル(約4億4800万円)で、続いて2013年には578万ドル(約4億4400万円)、2014年は1,973万ドル(約15億1500万円)、2015年は1,956万ドル(約15億200万円)…と、このような形で返済が2037年まで続くことになっている。
韓国政府はさらに、2007年と2008年に繊維・靴・石鹸等の生産に必要な原材料8,000万ドル(約61億4300万円)相当を北朝鮮に提供したが、これも借款方式だった。当時、北朝鮮はその内の3%にあたる240万ドル(約1億8400万円)分を現物(1,005tの亜鉛)で返済したため、現在残っているのは7,760万ドル(約59億5900万円)だ。この借款は5年据え置き・10年償還という条件で提供されたため、北朝鮮は2014年から10年かけて毎年860万ドル(約6億6000万円)ずつ返済しなければならない。
これら食糧借款と軽工業用原材料の借款を合計すると、今後5年間に北朝鮮が返済しなければならない額は1億2302万ドル(約94億4100万円)に達する。これらが予定通り返済されると、北朝鮮の朝鮮貿易銀行から韓国輸出入銀行に送金されたのち、南北協力基金に積み立てられる。
統一部は今年最初の満期が到来する食糧借款の583万ドルについて、これを北朝鮮が返済すると仮定してすでに収支計画の中に組み込んでいる。
しかし、北朝鮮の経済難や硬直した南北関係の現状を考慮すると、これらが実際に償還される可能性は小さい。金大中・廬武鉉両政権が、北朝鮮が返済を拒否した場合に備えるための安全装置を準備しなかったためだ。
韓国政府筋は

「北朝鮮は南北関係が硬直状態にある責任を韓国側に押し付けており、“韓国が制裁を解除しなければ返済には応じない”と言って来るだろう。その場合、回収出来なかった分は未収金として処理される」

と述べた。
借款契約書には「定められた時期に返済が行われなかった場合、2%の延滞利子が付く」という趣旨の記載があるが、これを強制する手段は書かれていない。さらに、「未償還問題は(南北が)協議を行うことが出来る」と定められているが、北朝鮮がこの協議に応じるかも未知数だ。
韓国政府は食糧や軽工業用原材料の償還に加え、2002年~2008年には南北間の鉄道や道路連結事業を行うため、南北協力基金から5,852億ウォン(約394億円)を支出した。その内、北朝鮮側区間に関しては韓国が借款形式で資材や建設機器等を提供しているが、これは1,494億ウォン(約101億円)に上る。これについても北朝鮮は10年据え置き・20年償還・年利1%の条件で返済しなければならない。
ただし、これについて返済を受けられる可能性はさらに小さい。この借款の返済条件は「工事完了から10年据え置き・20年償還」となっているが、李明博(イ・ミョンバク)政権発足後は工事そのものが中断しているからだ。
統一部関係者は

「返済を受けるには、南北間で追加の協議が必要だろう」

と話している。
韓国政府がKEDOを通じて北朝鮮の軽水炉建設事業に融資した1兆3744億ウォン(約925億円)とその利子9,000億ウォン(約606億円)を回収するのも非常に難しい。
当時の契約書によると、北朝鮮は軽水炉完成時に20年分割で建設費をKEDOに返済し、KEDOはそれを改めて韓国政府に返済することになっている。しかし、軽水炉建設事業は2006年に工事全体のわずか37%が完了した時点で完全にストップした。
韓国政府関係者は

「KEDOは北朝鮮に請求書を送り続けているが、北朝鮮からは何の反応も無い」

と語った。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)

【みんな生きている】田口八重子さん

2012-01-29 09:54:16 | 日記
北朝鮮による拉致被害者・田口八重子さんの長男・飯塚耕一郎さんが埼玉県内で講演し、北朝鮮の体制の変化から今年を「拉致被害者救出のための勝負の一年」と位置付け、政府に対し北朝鮮側との交渉実現を求めました。

「今年一年は私個人的に勝負ではないかと。(日本政府には)裏でも表でもいいから(北朝鮮と)交渉して欲しいし、接触して欲しい」
(飯塚耕一郎さん。拉致被害者・田口八重子さんの長男)

飯塚耕一郎さんは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制が始まったことと、拉致被害者家族会と長年活動を共にして来た松原 仁国家公安委員長が拉致問題担当大臣に就任したことから、今年を「勝負の年」と位置付け、
「日本政府は北朝鮮側との接触を進め、スピード感を持ってやって欲しい」
と訴えました。
一方、就任後初めて千葉市での集会に出席した松原大臣は
「北朝鮮側との実効性のある対話を実現させるため、政府一丸となって取り組む」
と述べました。



※「拉致という犯罪を犯した北朝鮮に必要なのは『対話』ではなくて『交渉』。『交渉と圧力』だ」
(故・中川昭一元国務相)
【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。