もずの独り言・goo版

半蔵ともず、gooでも独り言です。『もずの独り言』は代行業とは一切関係ありません。

【みんな生きている】文京区民センター編

2010-11-29 20:11:04 | 日記
昨日11月28日、家族会・救う会は東京・文京区民センターで、「北朝鮮の韓国砲撃に抗議し拉致被害者救出に万全の備えを求める緊急集会」を開催した。
集会では、韓国の犠牲者のご冥福を祈るとともに、11月23日の北朝鮮による非道、不法な韓国への砲撃は拉致と同じ許し難い蛮行として厳しい抗議がなされた。
日曜日の夜にもかかわらず、100名を越す多数の参加者があり、また拉致議連から、松原 仁事務局長、長尾 敬議員が、さらに小池百合子元防衛大臣(元拉致議連副会長)がかけつけた。
来賓として大韓民国民団の韓在銀(ハン・ジェウン)副団長が挨拶し、北東アジアの平和と安定のための連携を訴えた。
家族会から飯塚繁雄代表、増元照明事務局長、本間 勝氏が参加。
専門家による報告では救う会の西岡 力会長、救う会拉致プロジェクト委員の惠谷 治氏、安保・防衛問題の専門家である潮 匡人氏が北朝鮮による砲撃を分析し、救出方法を論議した。
概要は追って掲載。緊急集会の決議文は以下の通り。



■砲撃も拉致も許し難い蛮行
-緊急集会開催-

◆決議
11月23日、北朝鮮は韓国延坪島を砲撃した。砲撃には民家を無差別に狙う多連装ロケット砲も使われ、民間人も含む多数の犠牲者が発生し、島民の多くは避難生活を強いられている。休戦協定を一方的に踏みにじる許し難い軍事攻撃である。
本日我々は東京で、「北朝鮮の韓国砲撃に抗議し拉致被害者救出に万全の備えを求める緊急集会」を開催した。我々は、この暴挙を行った北朝鮮金正日(キム・ジョンイル)独裁政権に強い抗議を行うとともに、韓国の犠牲者のご冥福を祈り、負傷者や財産被害を受けた方々に心からの同情の意を表するものである。
韓国を砲撃した金正日独裁政権は、日本、韓国を初め多くの外国から無辜の民を拉致し抑留しつづけている。また、金正日政権の支配下にある朝鮮学校では拉致被害者救出運動を「反朝鮮人騒動」とするなどの反日偏向教育を行いながら、厚かましくも国庫補助を得ようと画策している。
今回の砲撃を受け、わが国政府は手続きを停止することにした。すでに多額の補助を実施している地方自治団体においても同様の措置がとられることを強く望みたい。
さらに、砲撃も拉致も同じ許し難い蛮行であるのに、なぜ拉致を理由に政府が同じ対応をしてこなかったのかという疑問が残る。今回の北朝鮮の砲撃を契機に、政府は、国としての姿勢を明確に示し、拉致も理由として追加制裁に踏み切ることを強く求める。
「戦わなければ被害は拡大する」という単純な真理を胸に刻み、日韓米3国は、挑発には相応の懲罰を与えるべきだ。その上で、政府は、流動化しつつある北朝鮮情勢に対し、起こりうる全ての状況を想定した拉致被害者救出への万全の備えを整え、韓国、米国との戦略対話を進めなければならない。また、北朝鮮急変事態時の拉致被害者救出のための法整備と演習を早急に行うことを強く求める。



平成22年11月28日
「北朝鮮の韓国砲撃に抗議し拉致被害者救出に万全の備えを求める緊急集会」参加者一同

以上




※「32年間母親と会ったことがないというのは、あっていいことなんですか」
(飯塚耕一郎さん。拉致被害者・田口八重子さんの長男)
※「私たちが万景峰号(マンギョンボンごう)の白い船体に向かって“八重子を返せ!”、“拉致被害者を返せ!”そう叫んでいる時に、朝鮮学校の修学旅行生が船の窓際で反対集会を見ているんです。親指を下に向けるポーズを取りながら笑っていました。笑って侮辱しているんですよ。本当に日本人と平和に一緒に暮らすための教育がなされていない証拠なんですよ。バカにして笑って見ているんですよ、私たちを」
(本間 勝さん。拉致被害者・田口八重子さんの兄)

【みんな生きている】文京区民センター編

2010-11-29 06:45:00 | 北朝鮮
北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃を受けて11月28日夜、東京都内で拉致被害者の家族会が緊急集会を開きました。
集会では出席した在日本大韓民国民団(民団)の幹部が「この蛮行に対して本国は断固たる措置を取って欲しい」等と強く非難しました。
民団中央本部の韓在銀(ハン・ジェウン)副団長は
「(本国に)この蛮行に対しては断固たる措置を取って欲しい(と申し入れた)。本当に恥ずかしい。こんな犯罪者組織(北朝鮮政権)は世界から抹殺しなくてはならない」
と北朝鮮を強く非難しました。
また、集会では今回の砲撃での4人の犠牲者に対する黙祷が行われました。
集会には拉致議連の松原 仁事務局長(衆議院民主党)も出席し、米・韓や関係各国とのさらなる連携強化を訴えました。



※「北朝鮮国内での緊急時に拉致被害者をどう助けるかという姿勢が政府には見られない」
(飯塚繁雄家族会代表)
※「アメリカは女性記者のときはクリントン元大統領、英語教師のときはカーター元大統領が直接平壌に乗り込んだ。日本にも元総理がたくさんいる。その中の一人でも平壌に行ったらどうなんだ。誰かいないのか」
(上田清司埼玉県知事)

【みんな生きている】文京区民センター編

2010-11-28 23:02:50 | 北朝鮮
北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃を受けて11月28日夜、東京都内で拉致被害者の家族会が緊急集会を開きました。
集会では今回の砲撃を強く非難するとともに、今後、北朝鮮が混乱した場合に拉致被害者を安全に救出するための準備を進めるよう政府に求めていくことを確認しました。
東京都文京区の文京区民センターで開かれた緊急集会には拉致被害者の家族や支援者等100人あまりが参加しました。
はじめに拉致被害者・田口八重子さんの兄で家族会代表の飯塚繁雄さんが
「北朝鮮の蛮行に非常に怒りを感じている」と非難し、
「今後も攻撃が続くなら相当な制裁を行なって欲しい」
と話しました。
また、拉致被害者・増元るみ子さんの弟の照明さんは
「我々家族はずっと苦しんでいて、北朝鮮で何かあれば拉致被害者が巻き込まれるのではないかとビクビクしている」
と話し、被害者の安否を気遣っていました。
集会では専門家が「今後も朝鮮半島の情勢は予断を許さない」という見通しを示し、政府による北朝鮮への追加制裁の他、今後北朝鮮が混乱した場合に拉致被害者を安全に救出するための準備を進めるよう政府に求めていくことを確認しました。



※「6ヶ国協議は核やミサイル等のテーマが優先される傾向があるので、開催されたとしても必ずしも拉致問題の進展に繋がるとは思えない。政府は直接北朝鮮と交渉することが大事ではないか」
(飯塚繁雄家族会代表)
※「アメリカは女性記者のときはクリントン元大統領、英語教師のときはカーター元大統領が直接平壌に乗り込んだ。日本にも元総理がたくさんいる。その中の一人でも平壌に行ったらどうなんだ。誰かいないのか」
(上田清司埼玉県知事)

【みんな生きている】李英鎬・金格植編

2010-11-28 22:59:54 | 日記
《延坪島砲撃の「実行犯」と見られる金格植軍団長とその上司・李英鎬次帥》

11月23日に北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃した背後には朝鮮人民軍の影がちらついている。具体的には軍内部で黄海北方限界線(NLL)や黄海道地域を担当する金格植(キム・ギョクシク)第4軍団長(70歳。軍の大将)の名前が挙げられる。
韓国軍筋は

「放射砲は軍団クラスに配備されている兵器だ。そのため、今回の放射砲による砲撃は軍の強硬派として知られる金格植軍団長が自ら命令を下したに違いない」

と語る。
韓国軍当局は砲撃直前、金正日(キム・ジョンイル)総書記と金正恩(キム・ジョンウン)大将父子が金軍団長と会っていたという情報を入手しており、これについても詳しい分析作業を行なっている。
金格植軍団長は1994年~2007年まで西部地域の最前線を管轄する第2軍団長を13年間務めたことから、野戦には非常に精通した人物だ。2007年4月に総参謀長(韓国の合同参謀議長に相当)に就任したが、昨年2月に突然解任されて第4軍団長に降格した。
そのため、当時韓国政府の情報当局関係者は

「韓国軍の基準からすれば、合同参謀議長が野戦の軍団長に異動したというのは明らかに降格であり左遷だ。しかし、金総書記から特別な指示を受けてNLLでの緊張を高めるために特別に派遣された可能性も考えられる」

とコメントしていた。
こうした見方を裏付けるかのように金格植大将は第4軍団長に任命された直後の昨年2月24日、NLL周辺で海岸砲による砲撃訓練を実施して韓国軍を緊張させた。
さらに昨年5月27日、朝鮮人民軍板門店代表部が「西海5島での(韓国側の)艦艇や船舶の安全航行は保障出来ない」と発表した直後に第4軍団の動きが慌ただしくなった。NLL周辺には通常の2倍以上の弾薬や戦時用の燃料が運び込まれ、軍幹部が激励のため訪問したという情報もある。
韓国軍筋によると、当時は海岸砲や戦闘機による訓練回数も例年に比べて2倍以上増加したという。さらに金軍団長が赴任したあとは昨年11月の海戦、今年1月のNLL周辺での海岸砲による挑発、3月の哨戒艦・天安撃沈事件、8月のNLL韓国側への海岸砲砲撃等の挑発行為が相次いでいる。
この日、韓国政府の安全保障当局者は

「朝鮮戦争後では初めてとなる大韓民国の領土への直接攻撃を、単なる軍団長が指示した可能性は低い。この攻撃には現在朝鮮人民軍のトップにある李英鎬(リ・ヨンホ)総参謀長(69歳。軍の次帥)が間違いなく関与しているはずだ」

と語る。この見方からすると、今回の砲撃は前職の総参謀長(金軍団長)と現職の総参謀長(李次帥)による「合作」ということになる。
韓国国防研究院安全保障戦略研究センターの白承周(ペク・スンジュ)センター長は

「かつて朝鮮人民軍幹部だった複数の脱北者たちは李英鎬総参謀長について、異口同音に“各種の砲に詳しく、砲撃に関しては天才的な能力を持つ指揮官”と評している」
「かつて李総参謀長とともに勤務した元朝鮮人民軍将校の脱北者によると、“李総参謀長の執務室には非常に多くの書籍があり、それらはどれも砲兵や砲撃に関するものばかりだった。まさに砲兵学図書館とも言える執務室だ”とのことだ」

と述べた。今年になって相次いでいる朝鮮人民軍による海岸砲砲撃は「砲撃の専門家」李総参謀長の登場と関係があるという見方だ。
李総参謀長は9月28日に開催された朝鮮労働党代表者会で金正恩氏とともに党中央軍事委員会副委員長(委員長・金総書記)に就任した。朝鮮労働党規約第27条には「党中央軍事委員会が軍を指揮する」と明記されている。
今回の延坪島砲撃について韓国治安政策研究所のユ・ドンヨル研究員は

「延坪島砲撃の命令は金総書記→正恩氏・李総参謀長→金軍団長という順に伝えられたはずだ」

と分析している。



※延坪島砲撃については
【みんな生きている】
延坪島砲撃編
(11月25日・26日掲載)
も合わせてご覧下さい。

【みんな生きている】延坪島砲撃・衆議院決議編

2010-11-26 19:52:30 | 日記
本日11月26日、衆議院と参議院はそれぞれ「北朝鮮による韓国・大延坪島砲撃に関する決議案」を全会一致で決議した。文言はほぼ同じであるが、拉致問題の部分など表現が若干異なる箇所もあり、衆議院は「拉致問題の早期前面解決も強く求める」、参議院は「拉致問題を早期に全面解決することも強く求める」となっている。また、犠牲者に弔意を示すとともに、両院は全会一致で政府に対し、「北朝鮮に対する新たな制裁措置を検討する」こと等を政府に求めた。
以下は衆議院の決議全文である。



■言語道断の暴挙、新たな制裁検討を
-衆参両院が北朝鮮の砲撃非難決議、拉致問題早期全面解決も-

北朝鮮は11月23日、突如として韓国の島・大延坪島及びその周辺海域に向け、約170発もの砲撃を行った。その被害は、韓国軍の基地及び兵士のみならず、一般市民や市街地にも及んでいる。このような、まさに無差別とも呼べる砲撃は言語道断の暴挙である。北朝鮮がたとえどのような言い訳をしようとも、一般住民を巻き込む武力による挑発行為は、決して許されない。
今回の砲撃により犠牲者が出たことにつき、本院は、韓国政府及び国民に衷心から弔意を表し、被害者の早期回復を祈念する。
朝鮮戦争の休戦協定は遵守されなければならず、今般の北朝鮮による韓国に対する砲撃は、国際社会としても看過できない挑発行為である。
本院は、今般の北朝鮮の砲撃を強く非難するとともに、北朝鮮が核兵器の開発も含め、あらゆる軍事的な挑発行為を放棄し、拉致問題の早期全面解決も強く求める。
よって政府は、今般の北朝鮮の軍事的暴挙に対し断固として非難を行い、韓国政府の立場を支持し、国際社会と緊密に協調しつつ、北朝鮮に対する新たな制裁措置を検討するとともに、北朝鮮に対する国際的な圧力を高めるため、韓国及び米国を始めとする関係各国との連携強化に一層の努力を尽くすべきである。右決議する。

以上