もずの独り言・goo版

半蔵ともず、gooでも独り言です。『もずの独り言』は代行業とは一切関係ありません。

【みんな生きている】有本恵子さん

2013-02-23 08:05:25 | 日記
北朝鮮による拉致問題を考える政府主催の国民集会が神戸市で開かれ、神戸市出身の拉致被害者、有本恵子さんの両親が「もう一度娘の顔を見るまで力を貸してほしい」と訴えました。
兵庫県神戸市中央区の兵庫県公館で開かれた集会には、市民など400人あまりが参加しました。
この中で、神戸市出身の拉致被害者・有本恵子さんの母親の嘉代子さん(87歳)は、
「拉致から30年が経ち、わたしの体も弱ってきました。娘ともう会えないのではと思ってしまうこともありますが、多くの方の支援の気持ちが支えとなっています。もう一度、娘の顔を見るまで力を貸して欲しい」
と訴えました。
また、父親の明弘さん(84歳)は、先週、北朝鮮が3回目の核実験を行なったことに触れて、
「無法な国に対し、政府は強硬な姿勢で臨むべきだ」
と述べました。
集会には、拉致被害者の家族会代表で、田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さん(74歳)も出席し、
「拉致問題を自分の問題に置き換えて考えてほしい」
と述べ、拉致問題を風化させないため、国民1人1人が関心を持ち続けて欲しいと訴えました。

◆昭和58(1983)年7月頃
欧州における日本人女性拉致容疑事案
被害者:有本恵子さん(拉致被害時23歳)
欧州にて失踪。
「よど号」犯人の元妻は、北朝鮮当局と協力して有本さんを拉致したことを認めている。
捜査当局は拉致実行犯である「よど号」犯人の魚本(旧姓安部)公博について、平成14年9月逮捕状の発付を得て国際手配するとともに政府として北朝鮮側に身柄の引き渡しを要求しているが、北朝鮮側はこれに応じていない。
北朝鮮側は、有本さんは1988(昭和63)年11月にガス事故で石岡 亨さんと共に死亡したとしているが、これを裏付ける資料等の提供はなされていない。

◆昭和53(1978)年6月頃
李恩恵(リ・ウネ)拉致容疑事案
被害者:田口八重子さん(拉致被害時22歳)
昭和62年11月の大韓航空機(KAL)爆破事件で有罪判決を受けた元北朝鮮諜報員金賢姫(キム・ヒョンヒ)氏は「李恩恵(リ・ウネ)」という女性から日本人の振る舞い方を学んだと主張している。この李恩恵は行方不明となった田口さんと同一人物と考えられる。
北朝鮮側は、田口さんは1984(昭和59)年に原 敕晁さんと結婚し、1986(昭和61)年の原さんの病死後すぐに自動車事故で死亡したとしているが、これを裏付ける資料等の提供はなされていない。
平成21年3月、金賢姫氏と飯塚家との面会において、金氏より田口さんの安否にかかる重要な参考情報(注)が新たに得られたことから、現在、同情報についての確認作業を進めている。
(注)金氏の発言:「87年1月にマカオから帰ってきて、2月か3月頃、運転手から田口さんがどこか知らないところに連れて行かれたと聞いた。86年に一人暮らしの被害者を結婚させたと聞いたので、田口さんもどこかに行って結婚したのだと思った」



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】核問題編

2013-02-23 08:00:21 | 日記
《北朝鮮、核問題で韓国を脅迫》

北朝鮮代表部チョン・ヨンリョン書記官は2月19日、スイス・ジュネーブで開かれた国連軍縮会議で「韓国の気まぐれな行動は最終的に破壊を招くだけだ」と発言、核による脅迫を行った。
アメリカ大使やイギリス大使は、軍縮という議題から完全に脱線している北朝鮮の脅迫について「国連加盟国に対する破壊の可能性に言及した表現は決して容認できない」と述べた。
今回の核による脅迫は、核兵器を「対米防衛用の自衛手段」としてきた北朝鮮の主張が完全に虚偽だったことを意味する。世界各国の専門家たちはかなり前から北朝鮮のこうした本音を見破っていた。
北朝鮮外交官の告白のように、北朝鮮が核爆弾数個でアメリカを脅かすことはできない。北朝鮮がアメリカに対し核で冒険をしようとすれば、その瞬間、北朝鮮は地球上から消える。韓国の悲劇は、韓国国民も北朝鮮と同時に壊滅的な被害を免れられないことにある。北朝鮮の核がアメリカの安全保障に実質的な脅威となるのは、彼らが核兵器または核技術を自分たちと同じ部類の不良国家やテロ組織に、カネと引き換えに売る場合だけだ。
北朝鮮の挑発に韓国が真っ向から対応するたび、北朝鮮が核による脅迫を繰り返すであろうことは疑う余地がない。疲弊した経済により通常兵器の性能を改善するには限界があるため、核兵器を前面に押し出し南北間の格差を埋めようというわけだ。
韓国が北朝鮮の核兵器を無力化する自衛的対応策を立てるべき理由もここにある。北朝鮮が核兵器で軍事的・政治的利得を狙える対象は韓国しかない。
しかし、アメリカは戦術核再配置に否定的であり、戦術核を再び持ち込むにしても最終使用権限は米軍が持つことになる。核拡散防止条約(NPT)加盟国の韓国が核兵器を開発するには、外交的・経済的な苦痛を伴う覚悟が必要だ。
朴槿恵(パク・クンヘ)政権の緊急課題は、韓国が北朝鮮の核による脅迫に振り回されないよう、北朝鮮の核を無力化する手段を見いだすことだ。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)

【みんな生きている】救う会埼玉編

2013-02-23 07:55:21 | 日記
北朝鮮による拉致被害者の家族等で作る「救う会埼玉」の関係者が、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」会長を務める上田清司埼玉県知事に早期解決を求める要望書を提出しました。
要望書では、去年12月に警察庁が開示した拉致の可能性を排除できない全国の特定失踪者866人の徹底調査と、拉致被害者としての認定等を「知事の会」として政府に働きかけることを求めています。また、拉致問題に対する若い世代の関心が低いことから、拉致に関する授業を行うよう、関係機関に働きかけて欲しいと要望しました。
これを受け、上田知事は、
「核実験が行われて接触しにくい状況だが、できるだけ効果があがる対応をしていきたい」
と応じました。

◆昭和53(1978)年6月頃
李恩恵(リ・ウネ)拉致容疑事案
被害者:田口八重子さん(拉致被害時22歳)
昭和62年11月の大韓航空機(KAL)爆破事件で有罪判決を受けた元北朝鮮諜報員金賢姫(キム・ヒョンヒ)氏は「李恩恵(リ・ウネ)」という女性から日本人の振る舞い方を学んだと主張している。この李恩恵は行方不明となった田口さんと同一人物と考えられる。
北朝鮮側は、田口さんは1984(昭和59)年に原 敕晁さんと結婚し、1986(昭和61)年の原さんの病死後すぐに自動車事故で死亡したとしているが、これを裏付ける資料等の提供はなされていない。
平成21年3月、金賢姫氏と飯塚家との面会において、金氏より田口さんの安否にかかる重要な参考情報(注)が新たに得られたことから、現在、同情報についての確認作業を進めている。
(注)金氏の発言:「87年1月にマカオから帰ってきて、2月か3月頃、運転手から田口さんがどこか知らないところに連れて行かれたと聞いた。86年に一人暮らしの被害者を結婚させたと聞いたので、田口さんもどこかに行って結婚したのだと思った」

※「アメリカはローラ・リンさんとユナ・リーさんのときはクリントン元大統領、アイジャロン・マーリ・ゴメスさんのときはカーター元大統領が直接平壌に乗り込んだ。日本にも元総理がたくさんいる。その中の一人でも拉致被害者のために平壌に行ったらどうなんだ。誰かいないのか」
(上田清司埼玉県知事)

《埼玉県の特定失踪者について》
(1)藤田 進さん
◆氏名:藤田 進
(ふじたすすむ)
◆失踪年月日:昭和51(1976)年2月7日
◆生年月日:昭和31(1956)年6月16日
◆性別:男
◆当時の年齢:19歳
◆当時の身分:東京学芸大学教育学部1年生
◆特徴:
1)家ではあまりしゃべらないタイプ
2)ギターがうまかった
◆失踪場所:埼玉県川口市の自宅
【失踪状況】
失踪当日6:30~7:00頃、以前から言っていた新宿のガードマンのバイトに行くといって服を持って家を出たまま帰らず。
後に新宿にある全ての警備会社に電話で問い合わせたが該当者はいなかった。
脱北者が北朝鮮から持ち出した写真が鑑定の結果、藤田 進さんである可能性が極めて高いことが判明。
平成16年1月28日、埼玉県警に告発状提出。

(2)高 敬美さん
※警察庁が拉致と断定
◆氏名:高 敬美
(こう きよみ)
◆失踪年月日:昭和48(1973)年12月頃
◆生年月日:昭和42(1967)年4月10日
◆性別:女性
◆当時の年齢:6歳
◆当時の身分:幼児
◆失踪場所:東京都目黒区のマンション
【失踪状況】
弟の高 剛さんとともに失踪。
2人は釧路出身の在日朝鮮人工作員である高大基と日本人渡辺秀子さんの子供。秀子さんは高が工作員であることは知らずに結婚した。
昭和48年6月頃、高大基が突然失踪したため、その行方を追って秀子さんは子供2人を連れ、東京都品川区にあるユニバース・トレーディング社の高の勤務先周辺を探し歩いていた。同社は表向きは貿易会社だが、北朝鮮が工作活動を行うための会社であった。
工作組織はそのことが明るみに出るのをおそれ、親子3人を誘い出し、上記マンションに監禁したうえ、秀子さんを殺害、子供2人を北朝鮮へ連れ去ったと見られている。
この事件については朝日放送の石高健次氏が月刊『文藝春秋』平成12年12月号で明らかにした。
平成15年1月30日、殺人と国外移送目的誘拐の疑いで、氏名不祥の数人を容疑者とする告訴状を警視庁に提出。

(3)高 剛さん
※警察庁が拉致と断定
◆氏名:高 剛
(こう つよし)
◆失踪年月日:昭和48(1973)年12月頃
◆生年月日:昭和45(1970)年6月29日
◆性別:男
◆当時の年齢:3歳
◆当時の身分:幼児
◆失踪場所:東京都目黒区のマンション
【失踪状況】
姉の高 敬美さんとともに失踪。
2人は釧路出身の在日朝鮮人工作員である高大基と日本人渡辺秀子さんの子供。秀子さんは高が工作員であることは知らずに結婚した。
昭和48年6月頃、高大基が突然失踪したため、その行方を追って秀子さんは子供2人を連れ、東京都品川区にあるユニバース・トレーディング社の高の勤務先周辺を探し歩いていた。同社は表向きは貿易会社だが、北朝鮮が工作活動を行うための会社であった。
工作組織はそのことが明るみに出るのをおそれ、親子3人を誘い出し、上記マンションに監禁したうえ、秀子さんを殺害、子供2人を北朝鮮へ連れ去ったと見られている。
この事件については朝日放送の石高健次氏が月刊『文藝春秋』平成12年12月号で明らかにした。
平成15年1月30日、殺人と国外移送目的誘拐の疑いで、氏名不祥の数人を容疑者とする告訴状を警視庁に提出。

(4)渡辺 秀子さん
※警察庁拉致断定の2児の母親
◆氏名:渡辺 秀子
(わたなべひでこ)
◆失踪年月日:昭和48(1973)年12月頃
◆生年月日:昭和16(1941)年6月5日
◆性別:女性
◆当時の年齢:32歳
◆当時の身分:主婦
◆失踪場所:東京都目黒区
【失踪状況】
東京都目黒区のマンション夫の在日朝鮮人工作員・高大基が突然失踪したため、その行方を追って秀子さんは子供2人を連れ、東京都品川区にあるユニバース・トレーディング社の高の勤務先周辺を探し歩いていた。同社は表向きは貿易会社だが、北朝鮮が工作活動を行うための会社であった。
工作組織はそのことが明るみに出るのをおそれ、親子3人を誘い出し、上記マンションに監禁したうえ、秀子さんを殺害、子供2人を北朝鮮へ連れ去ったと見られていた(月刊『文藝春秋』平成12年12月号。石高健次氏の論考)。
平成15年1月30日、殺人と国外移送目的誘拐の疑いで、氏名不祥の数人を容疑者とする告訴状を警視庁に提出。
しかし、遺体も見つかっておらず、拉致の可能性も否定できない。

(5)井上 克美さん
(いのうえかつよし)
◆失踪年月日:昭和46(1971)年12月29日
◆生年月日:昭和25(1950)年6月8日
◆性別:男
◆当時の年齢:21歳
◆当時の身分:電気工事店勤務
◆失踪場所:埼玉県川口市
【失踪状況】
失踪当日会社の忘年会の後、川口市内の飲食店で飲み(午前0時~1時)、寿司屋で食事をしたあと友人と別れた。当時泥酔状態。友人と別れた。
当時泥酔状態。
夜帰宅しなかったので翌30日実家に電話があり両親も知った。
妻の話では正月は家に行くと言っていたので実家に帰っているのではと思い電話したとのこと。
運転免許の更新もなし。
連絡も一切なし。
長男が生まれる直前だった。

(6)江原 信明さん
(えばらのぶあき)
◆失踪年月日:昭和63(1988)年5月9日
◆生年月日:昭和34(1959)年9月12日
◆性別:男
◆当時の年齢:28歳
◆身長:177cm
◆体重:63kg
◆当時の身分:農業
◆特徴:
1)髪は多めでややくせがある。白髪が多かったので黒く染めていた。
2)前歯は銀色のものをかぶせていた。
3)タバコ、酒はほとんどやらない。
4)電気工事士、アマチュア無線、普通自動車の免許あり
◆趣味:釣り
◆失踪場所:埼玉県南埼玉郡白岡町の自宅
【失踪状況】
「たまには大宮にでも行って映画を観てくる」と白岡町の実家を出たまま失踪。

(7)水嶋弥寿志さん
(みずしまやすし)
◆失踪年月日:平成15(2003)年9月8日
◆生年月日:昭和39(1964)年4月20日
◆性別:男
◆当時の年齢:39歳
◆身長:169cm
◆体重:66kg
◆当時の身分:会社員
特徴:
1)前髪を右手と首を上に向けてあげる

2)煙草は吸わない。
3)酒は付き合い程度。
4)大股でゆっくり歩く
◆趣味:読書、映画、スポーツ(特にテニス)
◆特技:コンピューター
◆失踪場所:埼玉県蕨市の自宅
【失踪状況】
失踪前に体調を崩し1週間休みをとっていた。
9月8日に出社せず連絡も無くなったことで行方不明が判明。

(8)佐々木正和さん
(ささきまさかず)
◆失踪年月日:昭和62(1987)年11月末
◆生年月日:昭和25(1950)年8月15日
◆性別:男
◆当時の年齢:37歳
◆身長:168cm
◆当時の身分:家庭教師、塾講師をしていた。(正確には不明)
◆特徴:30歳の時に胃ガンの手術。胸に赤くて四角の5cm位の疣。
◆失踪場所:埼玉県大宮市?
【失踪状況】
昭和62年11月末日、アパートの大家と話をした後、不明。1人暮らしのためはっきりした日時がわからない。
大家から12月に連絡があった。
部屋の中は荒らされていない。
現金10万円が部屋にあり、預金もそのまま。
免許証も置いたまま。
家族とは数ヶ月に一度顔を見る程度だった。



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】EU外相理事会編

2013-02-23 07:51:24 | 日記
EU=ヨーロッパ連合の外相理事会は2月18日、3回目の核実験に踏み切った北朝鮮に対して取引禁止の対象を拡大する等、追加制裁を科すことで合意しました。
EUが独自に決定した追加制裁は、北朝鮮の債券や金等の貴金属類の取引を禁止することや、北朝鮮の銀行がヨーロッパの金融機関と共同で事業を展開すること等も禁止の対象としています。
また、弾道ミサイルに転用可能な「特殊なアルミニウム」の輸出を禁止する等、今後、対象品目をさらに拡大し、取引を規制する構えです。
EUの新たな制裁内容は、すでに決定された国連の制裁からさらに踏み込んだ内容になっていて、核実験やミサイル発射を続ける北朝鮮の資金源を断ち、EUとして圧力を強める狙いがあります。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)

【みんな生きている】反北朝鮮デモ編

2013-02-23 07:45:27 | 日記
《中国国内で反北朝鮮デモ発生》

北朝鮮の3回目の核実験に抗議して始まった中国東北地方のデモが、中国南部にも拡大する様相を見せている。デモの規模自体は大きくはないが、中国国内の反北朝鮮感情がデモという形で表面化するのは極めて異例だ。
2月16日には中国遼寧省瀋陽の北朝鮮領事館前で、撫順・丹東等から集まったネットユーザーたちが北朝鮮の核実験に反対するデモを行なった。これはアメリカにサーバーを置く反中傾向のネットメディア「博訊」等が2月17日に報じた。
報道によると、デモに参加した中国人たちは

「東北3省(黒竜江省・吉林省・遼寧省)の目と鼻の先で核実験を強行した北朝鮮に対し、国際社会はより強硬な経済・軍事制裁を加えるべきで、中国も北朝鮮に対する援助をやめるべき」

と主張したという。
ある参加者は、デモを止めようとした人々に対し

「北朝鮮は我々の家の前で核実験を実施したのに、我々は(北朝鮮領事館の)門前でデモをしてはいけないのか。あなた方も中国人だったら我々のデモに参加すべきだ」

と訴えた。
デモは衝突等のトラブルはなく30分ほど続いた。また「博訊」や日本の共同通信等によると、中国南部の広東省広州市内でも同日に人権活動家ら7、8が北朝鮮の核実験に反対するデモを実施したという。
この日午前11時ごろ広州の人民公園に集まった人権活動家らは「北朝鮮の核実験は恩を仇で返すもの」「核は災難」等のスローガンが書かれたプラカードや紙を掲げ、およそ30分にわたり街頭デモを行なった。
人権活動家たちは午後1時ごろに再びデモを始めると、警察に連行されたが、2時間後に釈放された。
これに先立ち、北京にある北朝鮮大使館や吉林省長春、安徽省合肥市等でも北朝鮮の核実験に抗議する小規模のデモが行われた。
また、共同通信によると「北朝鮮の核実験に生ぬるい態度を示す中国の『屈辱外交』に抗議し、中国外務省前でデモを実施する」という書き込みがインターネット上に出回ったが、実際にデモは行われなかったという。
アメリカ紙『ニューヨーク・タイムズ』は2月16日、中国国内のこうした動きについて「北朝鮮の3回目の核実験をめぐって中国の世論が悪化し、中・朝間の『同志愛』がこじれ始めている」と報じた。
延辺大学(中国吉林省)の金強一教授は『ニューヨーク・タイムズ』に対し

「国民は中国が邪悪な体制(北朝鮮)の唯一の友人になることを望んでおらず、北朝鮮を友好国とも思っていない。中国政府がこうした反北朝鮮の世論に直面したのは初めてで、習近平総書記にとっては大きな重圧になるだろう」

と語った。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)