もずの独り言・goo版

半蔵ともず、gooでも独り言です。『もずの独り言』は代行業とは一切関係ありません。

【みんな生きている】安倍晋三・古屋圭司編

2013-01-26 14:48:30 | 日記
安倍政権は北朝鮮による拉致問題の解決に総力を挙げて取り組む姿勢を示すため、拉致問題対策本部のメンバーを全ての閣僚とすることを決めたのに続いて、今後、国連に対して北朝鮮の人権状況を調査する新たな委員会を設けるよう働きかけていくことにしています。
安倍政権は1月25日の閣議で、これまで総理大臣や拉致問題担当大臣たちだけで構成していた拉致問題対策本部について、全ての閣僚をメンバーとするとともに、対策本部の下に、与野党の国会議員が参加する会議と有識者による会議を設けることを決定しました。
安倍晋三総理大臣としては、こうした対応で拉致問題の解決に総力を挙げて取り組む姿勢を示したい考えで、25日、総理大臣官邸で開かれた対策本部の会合で、
「私が最高責任者であるうちに問題を解決したい」
と述べました。
また、古屋圭司拉致問題担当大臣は記者会見で
「あらゆる手段を講じて問題の解決に取り組みたい」
と述べており、安倍政権は、今後、国連に対して、人権理事会の下に北朝鮮の人権の状況について調査する新たな委員会を設けるよう働きかけていくことにしています。



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】祖平統編

2013-01-26 14:44:20 | 日記
《「またおまえか」祖平統、性懲りもなく韓国へ脅迫メッセージ》

北朝鮮は1月25日、「南朝鮮(韓国)の傀儡逆賊一味が国連の制裁に直接的に加担する場合、強力な物理的対応措置を講じることになる」と脅した。
北朝鮮の対韓工作機関・祖国平和統一委員会(祖平統)はこの日発表した声明で「容認できないのは、南朝鮮の傀儡一味が今回の決議で先頭に立ったことだ」として、冒頭のように主張した。
国連安全保障理事会(安保理)の北朝鮮に対する決議の採択(1月23日)に反発し、外務省声明(同日)、国防委員会声明(24日)で、アメリカや国連等の国際社会を連日非難してきた北朝鮮が、今度は非難の矛先を韓国に向けたというわけだ。
このように北朝鮮の各機関が代わる代わる強力なメッセージを発するのは予想されたことだ。金正恩(キム・ジョンウン)政権発足後、初めて行われた国連安保理の制裁決議に対して北朝鮮の各機関が「忠誠競争」を繰り広げるかのように強硬な発言をしていることについて、「官僚主義や保身主義がまん延する北朝鮮の権力文化が背景にある」と指摘する声が多く出ている。
韓国統一部(省に相当)の関係者は

「北朝鮮は昨年12月にミサイルを発射したときから、国連安保理の制裁への対応について計画を立ててきたのだろう。外務省、国防委、祖平統の順番に声明を発表するというのもシナリオ通りだと考えられる」

と語った。
とりわけ祖平統は「南朝鮮の傀儡逆賊一味が反共和国(北朝鮮)敵対政策に固執する限り、我々はその中(韓国)の誰とも絶対に付き合わないだろう。同族対決政策を放棄しない限り、我々と向き合うことは考えるべきでない」と主張した。
これに対し韓国政府の関係者は

「任期が1カ月しか残っていない李明博(イ・ミョンバク)政権よりも、朴槿恵(パク・クンヘ)新政権をターゲットにしていると見られる」

との見方を示した。
朴次期大統領サイドの関係者も

「『北朝鮮の核開発は容認できない』という朴次期大統領の最近のメッセージを意識したようだ。朴槿恵政権がまだ発足していないにもかかわらず、このような脅迫的なメッセージを発すれば、新政権に対し身動きを取りにくくし、対北朝鮮政策をめぐる融通性を奪うという結果を招くだけで、南北関係にとって全くプラスにならない」

と指摘した。
祖平統はさらに「北南間でこれ以上非核化に関する論議はないだろう。1992年に採択された『朝鮮半島の非核化に関する共同宣言』の完全な白紙化、全面的な無効化を宣言する」と主張した。
1月23日から24日にかけて6カ国協議や9・19共同宣言等、非核化に関する多国間の合意について「死文化」を宣言した北朝鮮が、今度は南北間の非核化に関する合意も紙屑同然にしたというわけだ。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)

【みんな生きている】対北朝鮮制裁編

2013-01-26 14:41:16 | 日記
《アメリカ政府の対北朝鮮追加制裁》

アメリカ政府は1月24日(現地時間)、大量破壊兵器(WMD)の拡散等に関与した疑いで、北朝鮮の個人4人と企業2社を制裁対象に含めたことを明らかにした。これは1月22日の国連安全保障理事会が第2087号決議で制裁対象を拡大したのに伴うアメリカの独自的な後続措置としてのものだ。
アメリカ財務省は同日、北朝鮮の端川商業銀行北京支社のラ・ギョンス代表とキム・グァンイル副代表、そして香港駐在貿易会社のリーダー・インターナショナルを制裁対象に加えた。これと共にアメリカ国務省は長距離ミサイル発射を主導した朝鮮宇宙空間技術委員会と、同機関に所属するペク・チャンホ衛星制御センター所長、チャン・ミョンジン西海(黄海)衛星発射場責任者を制裁対象に指定した。
アメリカ財務省は声明で

「今回の制裁は国連安保理決議第2087号を履行するためのもの。合わせて、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発資金調達能力を断ち切るためのアメリカ政府による長期的な政策の一環だ」

と述べた。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)

【みんな生きている】拉致問題対策本部編

2013-01-26 14:37:15 | 日記
政府は、北朝鮮による拉致問題の解決に向けて態勢を強化するため、全ての閣僚を新たにメンバーに加えた拉致問題対策本部の初会合を開き、安倍晋三総理大臣は
「私が最高責任者であるうちに問題を解決をしたい」
と述べ、拉致問題の解決に強い意欲を示しました。
政府の拉致問題対策本部は、これまでは総理大臣と官房長官、それに拉致問題担当大臣と外務大臣がメンバーでしたが、拉致問題の解決に向けて態勢を強化するため、全ての閣僚をメンバーに加えることを1月25日の閣議で決定しました。
また、拉致問題対策本部の下に与野党の国会議員が参加する会議と有識者による会議を設けることも決定しました。
このあと、新たな拉致問題対策本部の初会合が開かれ、安倍総理大臣は
「私が最高責任者であるうちに拉致問題を解決をしたい。各大臣は拉致問題がわが国の最重要課題であることを改めて認識し、問題の解決に向けて取り組んでほしい」
と述べ、この問題の解決に強い意欲を示しました。
そして、会合では

◆拉致問題の解決なくして北朝鮮との国交正常化はない
◆全ての拉致被害者の安全確保と即時帰国に全力を尽くす
◆真相究明と実行犯の引き渡しを追求していく

とする基本方針を決めました。



【拉致事件、捜査の現状】
北朝鮮による拉致事件を巡り、日本の警察はこれまで実行犯や指示役として北朝鮮の元工作員たち合わせて11人を国際手配しています。
拉致には金正日(キム・ジョンイル)総書記が掌握していた対外情報調査部と呼ばれる工作機関が組織的に関わっていた疑いが強いと見て捜査を続けています。
このうち、福井県の地村保志さん・富貴恵さん夫妻を拉致した実行犯として元工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者が手配されています。
また、大阪府の原 敕晁さんが拉致された事件では、辛容疑者とともに金吉旭(キム・キルウク)容疑者も共犯者として手配されています。
この他、東京都の久米 裕さん拉致事件では金世鎬(キム・セホ)容疑者が、新潟県の曽我ひとみさん拉致事件にはキム・ミョンスク容疑者がそれぞれ関わったとして手配されています。
北海道出身の渡辺秀子さんの子供2人の拉致事件では、工作員グループのリーダー格で北朝鮮にいると見られる洪寿恵(ホン・スヘ)こと木下陽子容疑者が手配されています。
新潟県の蓮池 薫さん・祐木子さん夫妻の拉致事件ではチェ・スンチョル容疑者が実行犯として手配されている他、金総書記が掌握していた対外報調査部と呼ばれる北朝鮮の工作機関の幹部であるハン・クムニョン容疑者とキム・ナンジン容疑者が拉致の実行を指示したとして手配されています。
ハン容疑者たちは工作機関で「指導員」と呼ばれる立場で、辛光洙容疑者たちもこの組織の一員だったことがわかっており、警察は北朝鮮が組織的に拉致を実行した疑いが強いと見て捜査を続けています。
よど号ハイジャック事件のメンバーたちも1980年代にヨーロッパで相次いだ3人の日本人拉致に関わった疑いで国際手配されています。
このうち、有本恵子さん拉致事件では魚本公博(安部公博)容疑者が、石岡 亨さんと松木 薫さん拉致事件ではよど号メンバーの妻の森 順子・若林佐喜子両容疑者がそれぞれ手配されています。

【みんな生きている】ジョン・ケリー編

2013-01-26 14:34:15 | 日記
《ケリー上院議員、北朝鮮人権問題に言及》

アメリカ次期国務長官に指名されたケリー上院議員は1月24日、北朝鮮にある政治犯収容所の収監者の人権問題をアメリカ外交政策の主要懸案の一つとする考えを示した。
ケリー議員は同日の上院外交委員会で開かれた公聴会で

「アメリカの外交政策は気候変動のような問題に対するリーダーシップ、アフリカからアメリカ大陸に至るまで自由と民主主義を主張する数多くの人々のための戦いとして定義される」

と述べた。
特に、

「北朝鮮の強制収容所収監者と多数の追放者、避難民、人身売買の犠牲者たちを代弁することとしても定義される」

と強調した。
また外交政策は経済政策であるとしながら、世界で資源や市場を巡る競争が激しさを増していると指摘し、

「党派を超えた『経済愛国心』を呼び起こせるよう願う」

と呼びかけた。
また、イランの核開発を巡る疑惑にも言及し

「我々の政策は封鎖ではない。オバマ大統領も外交的解決策を望むと明言し、私も民主的な努力を試みるが核の脅威を解消しようとする我々の努力を誤って受け止めてはならない」

と警告した。
ケリー氏は予想に反し、現在国際社会の懸案になっている北朝鮮の核・ミサイル問題については直接言及しなかった。中国との関係を説明しながら

「中国はイランの問題についてアメリカと協力しており、北朝鮮についても出来ることはもっとあるはずだ」

と言及するにとどめた。
また、共和党の次期大統領候補として有力視されるマルコ・ルビオ上院議員は、ブッシュ前政権が北朝鮮に対しテロ支援国指定を解除したことは誤りだと非難し、再びテロ支援国に指定するよう求めた。



※「親北勢力は胸に手を当てて考えて欲しい。もし、あなたの子供たちが食べ物に飢えて栄養失調になり、骨だけの痩せ細った体で勉強を諦め、市場のゴミ捨て場を漁っていたら、どんな気持ちになるだろうか。そうせざるを得ない社会に憧れを持つことなど出来るだろうか」
(脱北者Aさん。脱北者手記集より)