信の信州からの贈り物

信州で単身生活 6年、その間に魅せられた信州の大自然。そして関東周辺の自然と花々を織り交ぜて発信しています。

まだ尚早の権現堤

2021年06月07日 | 季節の花





お早うございます、信です。
錫杖さん、今頃どこの山稜を歩かれているんだろう。

その体力を「羨ましい」とか、「いやまだまだ」とか、ウジウジ考える自分がいますが
山を駆ける風は花をどんどん変えていっています。

また今年も雪割草は見れず終いになりそうです。
北アルプスならまだ間に合うかな


さて幸手・権現堤の続きです。
ちょっと時期尚早でしたが


1















これから華やかに広がるダンスパーティ


2














これはこれで


3














良い感じでした


4

















5













レンズをタムキューに


6














まだ真花が開かぬガクアジサイ


7
















8















9













ちょっとピンアマです


10
















11













まだ初々しい色づき


12













これからどんどん色が変わって


13













見る人を楽しませてくれます


14
















15













純白の紫陽花


16













これから広がる


17














ダンスパーティ


18
















19















20















21
















22
















23
















24
















25













これから輪が広がるスミダノハナビ


26













汗だくになりました


27













桜並木のベンチで 缶ビールをグイッ


28



あ・・誤解のないように。
近くのGSスタンド内にコンビニがあります。









幸手権現堤の名物 アナベル


29













まだまだ若緑色一色でした


30













幸手・権現堤の紫陽花でした


31



ちょっと満足出来ず、この日は一旦家に帰って出直し。
松戸の本土寺へ出かけました。


 撮影日: 6月5日
 撮影場所:幸手市内国府間(県営権現堂公園)


それでは皆様、ご機嫌よう。












コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 幸手権現堤の紫陽花 | トップ | 松戸の紫陽花寺 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖)
2021-06-07 14:54:26
こんにちわ

昨日、九州より帰還しました。
始めは車で往復しようかと思いましたが、
高速料金とガソリン代とフェリー代がほぼ同じになること
船で飲めること お風呂があること を理由に大好き弾丸フェリー山旅になりました。 もうやみつきと言っても過言ではありません。
 フェリーで行っても現地12時間ありますから寝てる間に大阪から別府  寝てる間に別府から大阪にと時間をフルに有効利用できるまさに錫杖流の真骨頂でした。

 待望のミヤマキリシマも最盛期に見ることができて大満足でした。
ミヤマキリシマ ()
2021-06-07 20:21:12
錫杖師匠>

こんばんは。
なんとくじゅう平治岳でしたか。
延岡の山歩人Kさんのブログも毎日のようにチェックしていますが
良いですねぇ。
お天気もそこそこ良さそうだし
やはり男は行動力がなきゃいかんばい。
よかよか。

コメントを投稿