古物商  showa 土花亭

          効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。

マツダ電気時計 レストア完了

2018年03月31日 | 時計

前回の「マツダ電気時計の救出」のレストア作業。

枠(鉄製)は錆を落とし再塗装を施す。(本来は濃いこげ茶色ですが黒色に塗装)

裏蓋は朽ち果てた裏蓋から型取りの上、新規に作成。

風防ガラスはクリーングを施すも長年の曇りは少し残る。

風防フレームは幸運にも真鍮製でしたので、手を施せば綺麗に輝きを取り戻します。

剣(短針・長針)は剥げていたので再塗装。

そして、一番苦労したのが文字盤の汚れ(染み)取り。

方法については企業秘密故この場では公開出来ませんが、ある程度は妥協が必要です。

あまりやり過ぎると文字の黒色も落ちてしまいます。

電源コードは現代もので代用。拘るのであれば布打ちコードとポニーキャッププラグに交換も可能。

早速、始動させます。。。「ジー」というモーター音と共に時を刻んでくれます。

本機は50Hz仕様ですが、当地は60Hzのため正確かどうかは不明です。

因みに特許番号の「39913号」はマツダ製の電気時計に限ったことではなく、真空管ラジオ等も同じ番号です。

苦労した文字盤部分。点錆びや落とし切れない染みもございますが、鑑賞には耐えられるレベルです。

マツダ得意の曲面風防ガラス。いつ観ても造りが良いです。

今回も相当、苦労してのレストア作業。

前回のレストア前の記事の状態を観ていただければ、その苦労はご理解頂けるかと思います。

マツダ電気時計/昭和初期:非売品

 

 ←ランキングへどうぞ♪ 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マツダ電気時計の救出

2018年03月29日 | 時計

別に水の中から拾って来たわけでもないのですが、悲惨な状態です。

枠からガラス押えまで錆び錆びで文字盤自体も錆びか何かで染みになっています。

朽ちた裏蓋を外し、中の心臓部ムーブメントの確認です。

幸いにも外観上は問題なさそうですが、電気時計にありがちなモーターとコイルの状態は修理しなきゃ分りません。

少なくともコードとプラグがダメなのは一目瞭然ですね。

早速、分解です。。。

不動状態で飾るにしても、この文字盤の染みが・・・。

 

 ←ランキングへどうぞ♪ 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

家具補修

2018年03月09日 | 家具

最近は家具づいてますが・・・。

先日、引き上げて来た「欅の水屋箪笥」。欅と言っても見えないところは杉を多用しているのがほとんど。

この水屋も例に漏れずなのですが、いかんせん床に接していた部分に虫食いの被害が・・・。

食われていた部分(巾木)は全て取り除き、新材の杉にて入れ替え作業です。

どちらにして塗装はやりかえなので、この方法しかありません。家具の補修。

 

 ←ランキングへどうぞ♪ 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする