古物商  showa 土花亭

          効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。

精工舎コロナ系プラコメット 3色

2021年07月30日 | 時計

前回は「グリーン」を修理再生した精工舎コロナ系プラコメット。

今度は「オレンジ」が入庫。プラケースの経年クラック等は致し方ないので出来るだけクリーニングを施す。

五輪の金銀銅ではないですが、こうやって3色並べてみると可愛いです。

 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ナショナル・デジタルクロック ラジオ RC-707S/1972年

2021年07月26日 | 家電

ラジオというと真空管以外あまり興味はないのですが、たまたま元箱付の状態の良いフリップカレンダー付きだったので

譲りうけることに。。。

動作は全く問題なく、前面のシールドカバー内の汚れが目立つぐらいだったので早速、その部分のクリーニングのため

上下のボディカバーを割る。

クリーニングが終わったところ。

これだけでも見栄えは相当違う。

1972年(昭和47年)ですから、これでも半世紀前のラジオになります。

販売当時、価格はこのブラックライト付となる「S」は¥21,500円。

当時のナショナル「ワールドボーイ」が¥15,000円ほどでしたので、結構なお値段してたようです。

ナショナル・デジタルクロック ラジオ RC-707S/1972年

 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする