古物商  showa 土花亭

          効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。

結界装備

2016年05月30日 | 家具

以前、ご紹介した「ツバサ自動金銭分類器/昭和初期~中期」の説明の折、

「上部に帳場仕切(結界)飾りは無いタイプになります。」と一旦、説明させて頂きましたが

色々と調べて行くと、やはり「結界」は装備されていたものと判明。

何故「無いタイプ」と説明したかと申しますと、本体上部の板を固定してあるビス以外に

結界を固定していたであろうビス穴の跡が無かったことが理由。

それが、たまたま入手出来た「結界」を合わせてみるとドンピシャで上部の板の固定ビスの間隔と一致。

つまり、板と結界を1本のビズ(計3ケ所)で止めていたことになります。

早速、取り付けてみるとこんな感じになりました。

以前の「ペン立て装備」の折に書きましたが、改めましてこれでやっと完璧となりました。

ツバサ自動金銭分類器/昭和初期~中期 : 非売品

 

 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビクター製真空管テレビ・14型

2016年05月23日 | 家電

とても希少な真空管(ブラウン管)白黒テレビが入荷。

製造年は不明ですが多分、昭和中期(30年頃)のビクター・テレビジョン14型白黒テレビになります。

当然、現在の環境では改造しなければ視聴は出来ませんが、このポッチャリしたテレビは十分インテリアとして成り立ちます。

キャビネットは木製で大きな損傷もなく状態は良い方だと思います。

ご紹介にあたりブロアーでの清掃や拭き掃除を施しておりますが、清掃の過程でもその状態の良さには

驚くくらいの状態です。

本体下部から覗くシャーシ部です。当然、蓋も備わっております。

そして、背面の真空管他機器類。

シャーシ背面の品番エンブレム部。

背面の蓋も健全な状態で何やら付属部品も当時の袋に入れられたままの状態です。

背面、蓋をした状態。コンセント用プラグ及び配線も当時のオリジナルのままです。

右側面、調整ノブ類。紙製ラベルも残っています。

正面、左が音量及び電源スイッチノブ。右がダイアル部。電源ノブは少し渋いように感じます。

お約束の「ニッパー犬」エンブレムも健在です。

正面、画面プラスチックフレーム右側に少しヒビが入っておりますが、これだけの状態の真空管テレビは滅多に

ないと感じますので、この機会にどうぞ。

ビクター製真空管テレビ・14T-590:¥25,000円 (送料別)

 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

精工舎コメットフラワー(ピンク系)/昭和26年

2016年05月16日 | 時計

以前、ご紹介した「精工舎コメットフラワー(ブルー系)/昭和26年」の(ピンク系)になります。

この時計については前回の記事の中でも書きました通り、日本初のTVCMに使われた「コメットフラワー」として有名。

当時、何色を使ったかは白黒放送だったため不明です。

今回、入荷した段階では外装は汚れ果て、時計側のゼンマイの固着に目覚まし側スイッチ不良と色々と

ございました。

裏面のムーブメントケースには少しの錆が観られます。

そして、裏面プラケース(ベークライト)に一部欠けによる欠損がありました。

その部分については樹脂にてリペアを施しております。(色については樹脂素材のままです)

欠けたままだと何だか可哀想だったため、取り敢えず形のみ補修です。

しかし、この「コメットフラワー」はいつ観ても可愛いですね。

記念に(ブルー系)と一緒に並べて記念撮影です。

精工舎コメットフラワー(ピンク系)/昭和26年:非売品(ブルー系共)

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スベリ板の再々生

2016年05月09日 | ミシン

以前、ご紹介した「NEW HOME MIDGETミシン/1912年製」の再生スベリ板。

当時は形のみをアルミ板で再生したためスライド機能は持たず、ただ蓋としての置いてある程度。

今回はそれを再度、造り直しスライド機能を持たせることに。

丁度、「奇跡のNEW HOME MIDGET キャビネット型ミシン/完品」が有ったため、それを参考に製作。

本来の機能を持つ「スベリ板」が再々生出来ました。

 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

精工舎スリゲル8号

2016年05月02日 | 時計

今まで「精工舎スリゲル」については「1号」「4号」とご紹介して来ましたが新たに「8号」のご紹介になります。 

実物は写真より小さく感じる宮型で、欅の木目が大変美しい時計です。

ムーブメントの状態です。左時打ち用のゼンマイは後年、交換されているようであまり見ない「T」の刻印がゼンマイ端部にございます。

各金物(丁番、レリーフ、ビス類)は一旦、取り外し洗浄の後磨きを掛けておりますので大変綺麗です。

文字盤は定番のセルロイド製。状態も良く剣もオリジナルのユンハンス型です。

こちらも、「1号」や「4号」と共通する女神のレリーフ。オリジナルです。 

下部の飾りもオリジナルのまま数珠飾りも健在です。 

精工舎スリゲルシリーズの内でも人気の「8号」。 

あっさりした外観がどんな部屋にも合う逸品です。 

当時のカタログから。。。

精工舎スリゲル8号/大正期:¥65,000円(送料別)

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする