古物商  showa 土花亭

          効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。

ALL LEAD製初期型手回しミシン/その2

2016年03月28日 | ミシン

ALL LEAD製初期型手回しミシン

外箱の状態は以前、ご紹介した「ALL LEAD製初期型手回しミシン/三越エンブレム付き」より程度は良いです。

各金具類は錆を落とし磨いた状態で留めております。但し、マイナスビスについては新品に入れ替えております。

当然、錆びを落としたとは言え錆びた状態のままですので趣がございます。

こちらの付属アダプター類も同じく錆を出来るだけ落とした状態です。

カマ(ヘッド)部分についてはベース部分の板が相当、錆びていましたので錆を落とし再塗装を施しております。

多少の段付きは残っておりますが仕上がりはご覧の通り、金模様も出来る限り温存しておりますので

決して見劣りするものではございません。

ヘッド部分は捕色程度で抑えておりますが状態は良いです。

カマを上げた時の内部。「検品済証」はレプリカコピー品を張り付けております。

当然、いつものように試縫いを行い使用出来るものとなります。

前にも書きましたが、LEAD製手回しミシンについては、丸こい後期型の現存率は比較的高いのですが、

この初期型は段々と品薄となって来ておりますので、この機会にどうぞ。

ALL LEAD製初期型手回しミシン/その2: 現状¥35,000-(送料別)

 

 ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

精工舎スリゲル4号完成

2016年03月24日 | 時計

今回でスリゲル4号を修理するのは2台目となりますが、いつ観ても小ぶりでデ゛ザイン的にも優れ

スリゲルシリーズで人気があることがよく理解できます。

修理内容としてはケースの塗装の劣化が一部に観られたため、特に酷いところは一旦、塗装を剥がし

再塗装を施しています。

上宮レリーフ部分はオリジナル純正品。汚れを落とし磨き込んでます。

文字盤部分についてはセルロイドのクリーニング及び一部の文字及び外周ゲージ部分に剥げがございましたので

補色を施しております。

又、ガラス部分はクリーニングの上、出来る限り白濁を取り除いております。

振り子室部分。こちらもガラスをクリーニングの上、出来る限り白濁を取り除いております。

各金具(丁番に各ビス等)は今回、程度が良かったため錆落としに磨きのみで、マイナスビスは全て

当初の物を再使用しております。

この精工舎スリゲル4号については以前の記事「精工舎スリゲル4号」もご参照ください。

兎に角、人気のスリゲル4号。少々、値段は張りますがこの機会にどうぞ。

精工舎スリゲル4号/大正期:¥60,000円(送料別)※左側

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お問い合わせの「セルロイド製ペンシルケース」

2016年03月19日 | 雑貨

以前、ご紹介した「セルロイド製ペンシルケース」について、お問い合わせを頂きましたので

在庫分をご紹介いたします。。。

当時、5本有ったのですが今現在、在庫は写真の2本のみとなります。

新品ではございますが長期保管による薄汚れ等はございますことご了承願います。

大きさは2本共、20センチ×4センチ、高さ1.8センチ程です。

写真でどちらかお選び頂き、又のご連絡をお待ちしております。

1ケ価格:¥2,000-(送料別) 

 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

精工舎スリゲル4号分解

2016年03月14日 | 時計

精工舎のスリゲル4号が入荷。。。但し、状態は色々と手を入れる必要が・・・。

ムーブメントは問題なし。但し、ケースの手直しにガラスの汚れ白濁除去に文字盤の補修等々。

とっ言うことで分解をすることに。

 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

奇跡のNEW HOME MIDGET キャビネット型ミシン/完品

2016年03月07日 | ミシン

以前、ご紹介した「NEW HOME MIDGETミシン/1912年製」と同年代のキャビネット型ミシン。

キャビネットの状態は元より全てにおいて「奇跡の完品」と言っても良い状態です。

蓋を外すと各金模様の文字などほぼ残っている状態のヘッドがお目見えします。

キャビネットを上から観た状態。

左側は開きでヘッド前と後ろはスライド式収納になっております。

経年を考慮してもメッキ部分の錆も非常に少ないです。

ベース部分。前回ご紹介した「NEW HOME」は欠品していて自作したスベリ板もご覧のように揃っております。

流石にゴム製の下糸巻き用のゴムは経年劣化しておりましたので新品に交換済です。

そして、極小の下糸ボビンが収まる小型の砲弾型(シャトル)ボビンケースの動きを注視しながらの試縫い。

問題なく縫うことが出来ます。

ここからが「奇跡の完品」の所以。

当時の使用法説明書に油差しに、これ又当時の収納箱。

収納箱の中には専用工具(マイナスドライバー、ボビンの予備、定規に三ツ巻きアダプター)が入っております。

何と、当時の針まで残っております。(当然、錆びてはいますが使用可能のようです)

そして、圧巻は当時のミシンオイルが未使用のまま瓶で残っていると言うこと。

正直、ここまで完品のアンティークミシンは今まで観たことがありません。

当然、それなりのプライスとなりますが二度と出ない逸品と思います。

「New Home MIDGET キャビネット型ミシン」:現状¥120,000-(送料別) 

  ←ランキングへどうぞ♪

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする