追憶の彼方。

思いつくまま、思い出すままに、日々是好日。

破茶滅茶総理(3)…「コロナウイルス問題」(B) 

2020年03月23日 | 国際政治
破茶滅茶総理(3)…「コロナウイルス問題」(B) 

WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長はこの16日、「この1週間で中国以外の感染者と死者の数が中国を上回り感染が急速に広がった」と危機感を示し、「目隠ししたままで火事の鎮火は出来ない、感染者が分からなければコロナの流行を防げない。」と各国に検査の徹底を求めた。「上昌広、医療ガバナンス研究所理事長」も初期の段階から「感染拡大を防ぐ為に、真っ先に全力を投入すべきは検査体制の拡充である。感染者も発症後48時間以内というような感染初期段階であれば有効な治療薬も色々出てきており早期発見が重症化を防ぐ上で何よりも重要である。どうして入院を要する肺炎になる迄検査を待たなければいけないのか。これは医療倫理にかかわる問題で、常識ではありえない。」と述べており、至極真っ当な考え方である。
これに対し政府はそのような声は一切無視し、加藤厚労大臣が会見の席等で、新型コロナウイルスに関する医療機関への受診の目安は「37.5℃以上の発熱・せきなどの風邪症状が4日以上続く方」、「強いだるさや息苦しさがある方」或いは「持病持ちの方や妊婦等重症化するリスクのある方」は、帰国者・接触者相談センターへ連絡して欲しい。センターへ電話すると専門の医療機関を紹介してくれて受信出来ることになる」と説明している。
この発言には全く耳を疑った。4日間待たないと重症化しないなどと言う医学的根拠は何ら示されず、ウイルスの恐怖と戦いながら寝ていろとは、戦時下の野戦病院と何ら変わらないのではないか。その間に治療の機会を失うおそれが極めて大きく、国民の生命・財産を預かる政治家としての責任感ある発言とは信じ難い。
破茶滅茶内閣は政府の対策本部の下に医学的な見地から助言を得る為と称して専門家会議を設置したが、全く機能していない。過去にも多数の専門家会議や有識者会議が設置されたが、破茶目茶や所轄官庁のやりたいことを専門家の衣を被せて代弁させる組織に過ぎなかった為、中には国民の意識とかけ離れた、有識者の名前が泣く様な非常識な提言をすることも多かった。今回の専門家会議もご多聞に漏れず、その姿がよく見えず国民の不安を煽るような政府の発言にも異を唱えることもなく、だんまりを決め込んだ儘で頼りないと言うより、何か隠し事があるような気配で誠に胡散臭い。情報公開せず素人は黙って着いて来いと言わんばかりの態度は、過去数多くの苦い経験から余計国民の疑心暗鬼を増幅させている。
「マスクなど役にも立たない。手洗いとうがいだけすれば十分!」と言う大きな声があるかと思えば、今度はマスクは国が製造元から全部買い占めて北海道に送るとか言い出す声も出る始末。 メデイアも含め その時々で専門家らしき人間が思い付きで声高にしゃべる為、あき盲同然の国民が動揺し右往左往する。政府の広報活動の不足が国民を混乱に陥れているのである。要は政府の先ずやるべきことは国民が冷静に行動できるような意思決定の材料を提供することである。
平気で公文書を改竄し破棄してしまうような破茶滅茶が専門家の意見も聞かず意思決定のプロセスも不明なまま、「全国一斉休校」のような影響の大きい決定をする。成果は皆無、国民に混乱だけをもたらす様なその時々の気分・思い付きの政策、次は何が飛び出すことやら空恐ろしい。
検査の枠を広げれば軽症者で病院が溢れ医療崩壊を招くと言う理由を錦の御旗にしているが、この旗を降ろす気配は見えない。そもそも検査の目的は本人に早く罹患を自覚させ行動を自粛させて感染拡大を防ぐことにある。心配すべきは検査をしないために感染に気付かない軽症者が国内感染を広め、重症化リスクのある人間に迄感染させてしまって、重症者で病院が溢れることである。発熱外来の設置呼びかけや、症状・重度に応じ個々に収容施設を設ける等,医療崩壊を防ぐ対策を講じ、更には徹底した広報活動により、陽性反応が出たら自発的に活動を自粛・自重する社会的流れ・システムをつくるべきだろう。まともな人間なら感染拡大を防ごうと自重行動するのは自明の理である。病院が軽症者で溢れ返らないように交通整理するのが行政の仕事だろう。
この交通整理の障害になっているのが、破茶滅茶内閣が新型コロナウイルスを1月23日に「指定感染症第2種」に指定したことである。この指定により、感染確認者を隔離病棟など特殊な設備をもっている国の指定医療機関に隔離しなければならないことになった。しかし、コロナウイルス感染者の8割は軽症または無症状である。
この感染者を指定医療機関に入院させて隔離すれば病床が不足するのは明白である。早急に検査拡大の障害となるような指定を変更して、軽症者、無症状者は自宅での療養に切り替える道を開くべきである。兎に角一刻も争う事態であることを肝に銘ずべきだ。
厚労省は頭が悪いとか、やる気がないと言うより何かの意図をもって、色々訳の分からない障壁を作り、難癖・屁理屈をつけ検査拡大を妨害しているとしか見えない。
専門家会議の座長は厚労省の研究機関「感染研」のトップ脇田所長であり、専門家会議には感染研から3人が就任していて、実質厚労省の意向を代弁し,自分達の利権を守るために検査拡大を妨害していると言う疑惑さえ囁かれている。新型コロナウイルスは未知の分野、その検査データは、非常に貴重なもので、自分達が一元管理し独占できれば、製薬会社と結んでワクチン開発や特効薬の開発など、巨額な利益を生む可能性がある。検査が自由に行われるとデータが分散し他に流れる恐れが有ると言うのがその根拠である。民間会社の検査はその性能にばらつきがあり疫学調査データの収集が難しくなるという屁理屈も良く出てくるが、ロシュ試薬が感染研と同レベルの性能があると認められている。 感染研は,研究機関であり医療機関では無い為、疫学調査の精度を上げる方が,感染者を一人でも減らすことよりも重要だと考えているとしか思えない。

厚労省は過去に薬害エイズ問題や、消えた年金等曰く付きの省庁である。破茶滅茶総理に忖度し、オリンピックにストップがかからない様に、表面上の感染者の数を押さえて置きたい、或いは韓国に比べ検査体制の遅れを非難されるのを避けたいと言うような思惑も見え隠れする。
この様な疑惑を払しょくする為にも世界で普通に行われているドライブスルー方式の検査を奨励し、隠れた陽性者発掘に努め、国民の訳の分からない不安を取り除く努力をすべきである。韓国のドライブスルー方式を含めた検査体制は世界の賞賛を浴びフォローする国が大幅に増えている。日本だけが政権擁護派連中が中心になって韓国は医療崩壊を招いているという偽情報まで流して「検査能力韓国の十分の一以下」を何とか維持し、検査拡大を拒んできたが最近になって内外の批判に抗し切れずやっと重い腰を上げ始めた。

2月24日、専門家会議は「この1~2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際だ」という見解を発表した。副座長の尾身茂氏が「これまで国内で確認された方のうち重症軽症にかかわらず約80%の人はほかの人に感染させていない」とし、一人がどれだけの人に2次感染させるかという実効再生産数について、概ね1程度で推移していると発表したが、そもそも検査もせず、数字の根拠も示さないでこんな楽観論を唱えてよいのだろうかとの疑念が沸く。災害対策や危機管理は「最悪の事態を想定する」ことから始めるのが基本であろう。

専門家会議が瀬戸際としていた2週間後の3月9日には緊急事態宣言が出された北海道での対策を分析する必要があるとして、それまでの自粛継続を求めていたが19日新たな見解を示した。北海道について、週末の外出自粛やイベント自粛、休校などの対策が進み、クラスター(集団)感染を把握して制御下に置くことができた結果、「一定程度、新規感染者の増加を抑えられている」と評価した。一方都市部を中心に流行がじわじわ拡大、3月10日以降感染者数が全国で50人を超える日があり、高齢者福祉施設での集団感染も発生している。特に懸念されるのが東京、大阪などの都市部で感染源が特定出来ない患者の散発的増加で、「今後、感染源が分からない患者が継続的に増加し全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を伴う大規模流行につながりかねない」とする新たな提言をまとめた。
 現状は何とか持ちこたえており、拡大防止の取り組み強化が必要だとする一方、感染が確認されていない地域では学校活動や屋外スポーツなどの再開も奨励した。政府は、臨時休校などの自粛要請の一部を解除する方針だ。
2月の瀬戸際発言に比べ「爆発的感染拡大の可能性」に言及するなど楽観視する姿勢が消えた感じはするが責任回避の姿勢が見え隠れする。
只、検査拡大への前向きな取り組み姿勢は相変わらず見られない。そんな中到頭、海外メディアが新型コロナのグラフから日本を除外することにしたと報じられるに至った。 「日本は検査数が少ない」「見えない患者が多数いる可能性がある」、
ブルームバーグの記事では「日本は十分に検査していない」従って、日本の数字を含めると全体の統計数字を歪める恐れがあると言うのが、その理由である。
破茶滅茶麻生大臣が中国のコロナ感染者数は信用できないと広言したが国際的に信用されていないのは日本なのである。
テレビ報道によると連休中大都市でのライブ、イベントは若者を中心に盛況を極めた様子が報じられている。
隠れコロナ保菌者が居なかったことを祈るばかりだ。
コメント

破茶滅茶総理(3)…「コロナウイルス問題」(A)

2020年03月17日 | 国際政治
破茶滅茶総理(3)…「コロナウイルス問題」(A)

2日間web-確定申告に没頭し過ぎたたせいか花粉症が極端に悪化し、クシャミ・鼻水が止まらなくなった。買い物先の店先で大きなクシャミをしたら女性店員に怖い顔で睨み付けられてしまった。時節柄、女店員を責めることは出来ない、マタニティーマーク同様、花粉症マークの配布が必要になって来たと思っていたら、案の定最近それらしき物が色々出て来たと報じられている。何とも住み難い世の中になったものである。
千葉市川のスポーツクラブで感染者が出たとのニュースでスポーツクラブはガラガラ、不気味な様相を呈している。ここで今感染したらニュースになり笑い者にされる恐れがあるとの忠告を受けて、止む無く4月末までの休会届を提出し、外出も極力控え、眠っていたスポーツ器具を次々取り出して、体力維持は専ら自宅で行うこととしている。
スーパーのネット通販は一時ネット回線混雑でログイン出来ない事態となり、マスクやアルコール消毒液は元より、米やテイシュペーパー迄売切れ状態、世の中得体のしれない不安感にかられた群集心理でパニック状態に陥っている。運転免許を自主返納してしまった為、買い物は専らネット通販に頼るようになった身にとって、重い米が買い漁りの煽りを受けてネットでの購入は不可能、店頭に並ぶのを根気よく待って、自分で持ち帰る以外ないと言う事態は甚だ残酷で、一刻も早く正常化することを祈りたい。

扨て、昨年12月初旬中国湖北省武漢市の海鮮卸売市場で働いていた女性が最初の罹患者と言われる新型コロナウイルス(2019-nCov)は、1月18日に4人であったものが20日前後には武漢で198名(内4人が死亡)、北京5人、上海、深圳を合わせると218人にまで膨れ上がっていた。海外でも1月中旬,タイ2人、日本1人、韓国1人の罹患者が報告された。
中国保健当局は27日には、新型ウイルスによる肺炎の死者は80人に増えたと発表(内76人は湖北省)、感染から症状が出るまでの潜伏期間にも感染が広がるため、流行を抑えるのが困難になっているとの見解を示し、発症者は3000人近くに上っていると危険信号を発した。武漢市当局は移動の禁止等、事実上の閉鎖状態にしたが、事前に多数の人間が武漢市を離れ中国各地や世界に迄散らばったと報じられていた。中国政府は新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が世界各地に広がる中、1月24日から始まる7日間の春節休暇中に、これ以上国外への感染拡大を防ぐ為、中国から海外への団体旅行を27日から事実上禁止することを決めたが、個人旅行は一部地域を除き野放しであった。
米国の対応は早かった。1月30日には中国全土からの渡航を中止にし、中国国内の大使館・総領事館員の大部分を引き揚げた。シンガポール、オーストラリア等も中国全土からの入国を拒否したのに比べ、日本は2月1日から湖北省に滞在していた外国人らに限定した入国拒否であった。習近平国家主席の国賓来日を控え中国への配慮と、国内観光業・国内経済への影響を考慮したものである。この様な対応は感染症対策=安全保障問題と言う視点、危機意識が欠如していたことを現しており、その後の国内混乱の原因となったのは明らかである。

しかし現代のようなグローバル社会では、海外で発生した感染症を水際で防ぐことは完全な鎖国政策でも取らない限り不可能である。中国全土からの渡航禁止を行っても、不顕性感染者(症状は出ないが、感染している人)が世界中に居る以上、その水際作戦の効果は極めて限定的で感染ピークを遅らせる効果しかない。結局その遅らせた時間を最大限利用して必要なソフト・ハード両面の対応策を検討し、何処迄具体的にそれを準備することが出来るかが極めて重要なポイントとなる。「PCR検査体制の拡充、重症患者の受け入れ態勢、人工呼吸器等の医療器具の増設、マスク・グローブ・防護服・等々の充分な確保及び買占め防止策」と言うように、医療崩壊を招かぬ為の、事前にすべきことは山ほど有った筈だが、危機意識が欠如し緩み切った破茶滅茶政権の無責任さが市中に大きな混乱を招いた。国家存亡の危機と言われるコロナウイルス問題を前に破茶滅茶の無知・無能・無責任が一挙に露呈した形である。
学校を閉鎖し、国民に不要不急の外出を控えることを求めながら、海外メデイアに迄取り上げられた様に、自らは「会合」という名目で外出・会食を繰り返す。コロナ対策会議では官僚の作ったフリガナ付きの原稿を読み上げるだけ、僅か10~20分程で会議を抜け出して、右翼やお気に入り側近を集めて有名料亭での濃厚接触の会食三昧、これを国会で取り上げられると、状報集めの会食のどこが悪いと開き直る鉄面皮、情報収集など官邸での仕出し弁当で十分だろうと言う声が聞こえる。緩み切った親分を見習って破茶滅茶政権幹部もその殆どが、やれ誕生会だ、政治資金集めパーテイーだなどと対策会議を放り投げ「エエじゃないか!」で大忙し、やっている風だけの体裁を作るだけで高級を食むことが出来る破茶滅茶政権御一行様、お膳立てをする官僚のモラール低下も甚だしい。萩生田文科相に至っては支援者の土建屋を集めて大盛り上がり、「全国小中高一斉休校はやり過ぎ! 俺は反対だったんだ!」と叫んでいたと伝わっている。破茶滅茶の思い付き・対策無き休校宣言、世の中を混乱させ子供達の学生生活をぶち壊してしまった。
大型客船ダイヤモンド・プリンセス号で発生した新型コロナへの対策不手際で世界の耳目が日本の対応の甘さに集中した。「新型コロナウイルスに対する日本政府の対応は、スローモーションで起こりつつある電車の衝突事故を目撃しているようなものだ」と言うワシントンポストの厳しい指摘に代表されるように破茶滅茶をよく知る海外の反応は誠に手厳しい。
米国のクルーズ会社が運航する英国船籍のこの豪華客船は2月3日に横浜に入港したが既にその時点でCOVID-19の実質的な船内伝播が起こっていたとみられ、船内における感染防止策がマニュアル通り十分に行われていなかった可能性が強い。香港下船者が新型コロナに感染していたとのニュースが流れた後もダンスパーテイーやゲームにカラオケ、更にはバイキング料理が通常通り振舞われ船客の接触も自由であったと報じられている。運航会社や船長の責任は重いと見られる。
船内は閉鎖的空間に多数の船客、それも高齢者が多く、濃厚接触の機会が多い等伝染病伝播の条件が揃っている。
乗客2,522人(内日本人1,285、香港470、米425、カナダ215、その他127)乗員1,189人 合計3,711人 、言語も異なるこれだけの人数を隔離収容する場所も手段も無いに等しい。結局政府は2月5日から検疫作業を始め、19日までの14日間は船客は自分たちの船室にとどまり続けることになった。もしPCR検査が韓国並みに出来る体制が出来ていれば陰性が判明した外国人は早い機会に各国に引き取ってもらうことが出来たのではないか。そうすれば海外からの非難も防げたはずである。
検疫作業期間中の作業等についても、作業に当たっていた厚生労働省の職員や検疫官に感染者が出たりしたことから考えると、防疫体制の不備から乗員・乗客同士での2次感染がおこっていたことが容易に想像され、海外からは船内は「ウイルス培養皿」と同じ状況になっていた、全員が感染の可能性がある等と非難されることになった。専門家が指摘している通り船内の感染対策は感染症の専門家ではなく厚生省の役人が作り、実際のオペレーションも自分達で行ったこと、結局厚労省役人の縄張り意識が感染者を増やすことに繋がったことになる。船内での2次感染を考えなかった為14日間の検疫を行い検査が陰性になったので下船させ、帰宅させると言うような素人目にも信じがたい事を行った。ウイルスを市中にばら撒く様な失態である。米・カナダ・韓国・イスラエル等は下船した乗客を更に自国の施設で2週間の隔離を行い経過観察を行っている。案の定日本では下船後スポーツクラブに行った人が発症し、クラブの臨時休館や接触者の追跡調査等混乱を増幅することになった。

破茶滅茶総理(3)…「コロナウイルス問題」(B)へ
コメント

破茶滅茶総理(2))…「桜を見る会、検事総長人事、」

2020年03月01日 | 国際政治
破茶滅茶総理(2))…「桜を見る会、検事総長人事、」

先ず第一弾は新宿御苑での「桜を見る会」、今年の場合、地元の山口県下関市の「安倍晋三後援会」の会員らが前日に飛行機で東京入りし、ホテル・ニューオータニの大広間を借り切って「安倍晋三 桜を見る会 懇親会」という前夜祭を行ない、破茶滅茶夫妻が支援者らをおもてなしをした。その人数、なんと850人、翌朝、ホテル・ニューオータニから大型観光バス17台を連ねて新宿御苑へ向かい、新宿御苑が開門する1時間前に「首相案件」ということで特別に開門させ、他の招待客が入苑できない間に、支援者らが個々に桜の下で破茶滅茶夫妻との記念写真を撮ったのです。その後、他の招待客が続々と到着し、新宿御苑では1万8,000人を超える大宴会が始まった。樽酒を始め本来苑内に持ち込み禁止のアルコール類がすべて無料で振舞われ、オードブルや高級スイーツなども並び、帰りには記念の升などがお土産に配られた。実際に参加した後援会員のブログには「去年は土産を10個だったが、今年は3個しか貰えなかった」などと書かれている。更に御一行様の夜の部は、一般人立ち入り禁止が原則の公的な場所・公邸に自分の支援者を招いて、写真撮影のサービスを行い、しかも公邸動静の記述から、支援者が公邸を出たのは写真撮影から2時間後20時30分頃、時間帯を考えれば、夕食が振る舞われた事先ず間違いない。費用は支出が一切公表されない官房機密費、正に公金横領であろう。

「エエジャナイカ! エエジャナイカ! タダで宴会エエジャナイカ!」…… 山口県から大挙押し寄せた欲の皮を突っ張らせたハチャメチャ応援団一行の浮かれた声が響き渡る、その醜悪さと裏腹の美しい御苑の桜を汚す4月恒例の行事である。地元後援会の会員らを招待し、お酒や料理を振舞い、お土産まで持たせて接待したのだから、完全に「政治資金規正法違反、公職選挙法違反、公金横領」である。この時の破茶滅茶の挨拶は「今回の桜を見る会(略)、……(公明党)山口さんや皆さんと共に政権を奪還してから、7回目の桜を見る会となりました…」何と、こういう挨拶をすることは、自分達破茶滅茶政権の為の桜の会だという事を誇示しており上記犯罪を裏付ける証拠である。
やりたい放題、したい放題、倫理観の欠片もない破茶滅茶連中、この桜を見る会の招待者数は毎年増え続け、予算は当初の3倍の5,000万円を超える規模になっていた。増加した招待客の多くが、破茶滅茶本人始め、自民・公明の破茶滅茶政権議員の地元の後援会員。その他には狂人の如き奇声を発する女装タレントや意味不明の一発芸売り物の吉本タレント、これを真似て相好を崩す破茶滅茶総理夫婦、中にはこの夫婦が招いたとしか考えられない詐欺師や反社勢力と思しき人物、勲章狙いの有名タレント、更にはケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司等々破茶滅茶取巻きの茶坊主・職業似非右翼達、バカ面連ねてエエジャナイカ!…何と新宿御苑は破茶滅茶人間で溢れ返った。
小生の目には破茶滅茶総理夫婦を先頭に、「タダで宴会エエジャナイカ!勲章貰えてエエジャナイカ!」の掛け声よろしく煮えたぎる油地獄の釜の中に次々と踊り狂って消えてゆく破茶滅茶の群れ、子供の頃、何処かのお寺で見た地獄絵図を見る思いで心底寒気が消えない。

兎に角、反社勢力や詐欺師を招待し彼等がその招待状や破茶滅茶達との記念写真を詐欺道具として使った為、誰が招待状を出したか明らかになれば、被害者から巨額の損害賠償を請求される恐れがあり、道義的責任も極めて重く一巻の終わりとなる。その為招待者名簿は野党から問い合わせのあった翌日に公文書管理規定に従って捨てた、電子記録も消したので復元出来ない等と次から次へと子供だましの嘘八百を並べ立て頑強に抵抗を続けているのである。この余りにも必死の抵抗の様子が逆に破茶滅茶達の犯罪行為が黒であることを如実に証明している。
公文書管理法には「国及び独立行政法人等の諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的とする。」
と明白に謳われており、行政は国民に行政活動の「説明責任」を果たす為に「文書による記録」や「数字のデータ」が不可欠であり、要求があれば何時でもそれを提示する義務を負っていることになる。破茶滅茶得意の口先三寸の説明など説明では無いのである。従って記録やデータの破棄は完全な犯罪行為であり、破茶滅茶ご一行は行政責任を放棄した反社勢力と言うことになる。
もう一つの問題は「ANA及びニュー大谷」二つのホテルでの桜を見る会前夜祭の費用の問題である。破茶滅茶後援会が主催した前夜祭一人5千円の会費を徴収して行われたが、両ホテルともこの種パーテイは最低でも1万1千円、それ以下では引き受けられないと言っている。
その差額は何処から出たのか、もし破茶滅茶が主張するようにホテルが5千円で引き受けて居たらホテルの後援会=政治家への寄付行為に当たる。
破茶滅茶はこの夕食会は850人個人とホテルの個々の契約で後援会はお膳立てをしただけ、破茶滅茶夫婦も顔を出し挨拶しただけ、一切無関係とこちらも子供だましの嘘を重ねている。
見かねた「税金私物化を許さない市民の会」が2019年11月20日、破茶滅茶を公職選挙法と政治資金規正法違反で告発状を提出した。市民の会は18日の会見の場で、告発の内容は破茶滅茶が後援会などから約850人を「桜を見る会」に招待し、食事や酒を無料提供したことは、公選法上の買収に当たるとし、又前日に都内のホテルで行われた夕食会の会費5000円以外の差額を安倍事務所が負担したとすれば、公選法上の寄付に当たると指摘している。
更に本年1月14日上脇博之さんら憲法専攻者を中心とする研究者13名が「桜を見る会」疑惑をめぐり、破茶滅茶が自分達のために同会の招待者数を増やし、国に総計1億5千万円以上の損害を与えたとして「背任の疑い」で東京地検に告発状を提出した。その説明会見で【桜疑惑は多くの犯罪成立の可能性に満ちている。公職選挙法・政治資金規正法・公用文書毀棄等々。もしかしたら、贈収賄までも。森友疑惑の既視感がある。 しかし、多くの場合、破茶滅茶本人の罪責にまで行き着くのは一苦労である。 背任罪なら、破茶滅茶の責任が明らかだ。何しろ、「桜を見る会」の主催者であり、内閣府の長として予算執行の責任者でもある。その立場にある者が、国民に対する信頼を裏切って、行政を私物化し、国費を私的な利益に流用して国に損害を与えているのだ。】と述べられている
愈々被告訴人だが、突っ込み処満載のこの事件、他のメンバーも告発の準備を進めているとの話も出てきており、一体過去にそのような総理・総裁がいたのだろうか、日本は破茶滅茶により末期的症状を呈している。
次に検事総長問題であるが破茶滅茶は「検察が告訴状を受理すれば真実は一挙に明白になる、従ってこれを阻止するのに必死」であると考えれば、全て説明がつく。
黒川と言う東京高検検事長60歳定年の直前に半年だけの定年延長し、半年後慣例として1年前倒しで退任時期を迎える稲田伸夫・検事総長の後釜に据えようという魂胆なのである。検察庁法の規定を無視しての定年延長、ゴーンに虚仮にされた破茶滅茶森法相は「重大かつ複雑、困難な事件の捜査、公判に対応するため黒川氏の経験が不可欠」と述べたが、全く意味不明、凡そ理由の説明になっていないし、そもそも立法府が決めたことを行政府が法改正もせず、口頭決済で解釈を変更するのは3権分立を無視する憲法違反も甚だしい。 法相の理由説明を深読みすれば、破茶滅茶を不起訴処分にし救うためには過去の実績に照らし自民党番犬の黒川しかいないと読める。三権分立を破壊し独裁体制を築こうとする破茶滅茶政権の目論見である。
破茶滅茶は自分は立法府の長だと言って中学生から失笑を買ったが,未だにそう信じ込んでいる証拠である。
破茶滅茶法務大臣も特別法である検察庁法を無視し国家公務員法を適用したと言っているが法令適用順序のイロハを無視したこの発言は例えば「会社について会社法の規定を無視し全て民法(社団)を適用する」と言うに等しい。法務大臣失格である。
定年を延長してもらい次期検事総長と目される黒川なる人物は小沢冤罪事件を画策したと言われており、麻生政権時代から検察と政治の間を小器用に立ち回ってきたと伝えられている。後援会観劇ツアーで有権者を買収した小渕優子・元経産大臣、URへの口利きで現金を受け取った甘利明・元経済再生担当大臣。明白な証拠がそろっているこの二人の事件を潰したのは、当時の黒川法務省官房長だったといわれる。昨年7月札幌で破茶滅茶が選挙応援演説中にヤジを飛ばした男性が私服の警察官に取り押さえられ排除された有名な事件、その男性が特別公務員職権乱用罪等でその警察官を刑事告訴したが札幌地検はこの排除行為を「正当な職務行為」として不起訴処分とした。
大音響で軍歌を流し拡声器の威嚇で野党の選挙演説やデモ隊を妨害する団体は放置したままの警察,地検。
破茶滅茶政権に忖度し、栄達を望む醜い官僚達、日本のモラル崩壊は取り返しのつかないところまで来ている。
民主主義最後の砦を守るため稲田伸夫検事総長は、後一年65歳の検事総長正規定年まで在職し続ける選択肢を考慮すべきと思う。
 明らかに制度を捻じ曲げた、おかしな「東京高検検事長定年延長の閣議決定」に対抗するには、根拠不明の「慣例」を無視することが法治国家を守る事になる。

茶滅茶総理(3)…コロナウイルス問題 へ
コメント

破茶滅茶総理(1)

2020年02月26日 | 国際政治
破茶滅茶総理(1)

国語辞典によれば破茶滅茶とは「常軌を逸しているさま」とある。
最近の日本の政治の動き、国会の様子を見ていると、トランプが共和党を「トランプ党=破落戸党」に変質させてしまったのと同様、日本でも破茶滅茶安倍総理が自民党・公明党及び官僚組織を飲み込んで破茶滅茶政権に変えてしまった感がする。総理は元より閣僚、官僚の答弁等を聞いていると全くのハチャメチャ,正に常軌を逸したかの如き様相を呈しており、滑稽を通り越し哀れと言うほかは無い。
破茶滅茶政権は2012年の第2次政権発足から既に8年目に入り、在任期間の史上最長記録を更新し続けているが、何か政治的遺産(レガシー)と言われるものがあったのかと言うと、在任中に解決すると豪語していた「北方領土返還問題」「北朝鮮拉致家族問題」は糸口さえ見えず暗礁に乗り上げたままの状況であり、経済の安倍を標榜する割には自慢のアベノミクスは金融の異次元緩和による円安で株高となったが、マイナス金利と言う大きな副作用を現出させ経済に歪みを生じさせておりその反動の大きさが日本の大きなリスク要因として潜在化しつつある。更に消費税増税にも拘らず放漫財政で懸案の財政再建は逆に財政悪化を続け,片や個人消費の落ち込みで経済悪化が懸念されル始末、目ぼしいものは何一つ無くアベノミクスは名前倒れで完全に失敗と言う惨状を呈している。
この政権にあるのは相次ぐ数々の疑惑や不祥事と、それに伴う政権、官僚のモラル低下と言ったマイナス面ばかりである。森友問題に始まり加計、桜を見る会、何れもが政治・公金の私物化が絡む犯罪に繋がるものばかりだ。今、早咲の「河津桜」開花が報じられているが、破茶滅茶政権が野党の鋭い追及の矢をかわすのに四苦八苦、国会で桜問題をかわす破茶滅茶総理の「かわす桜」の状況を毎日メデイアが伝えている。

ジャーナリスト青木理氏によると安倍は16年間成蹊学園で凡庸を絵に描いた様な学生生活を送ったが、大学時代の恩師でもある加藤節成蹊大名誉教授は、安倍政権の特質は「2つのむち、無知と無恥である」と述べている。即ち反知性的であると同時に、恥を知らない誰が聞いても分かるウソを平然と口にすると言うことである。
ネットで語られ、成程、的を射ていると同意できる破茶滅茶総理の特性は上記に加え「無能・幼児性・軽薄・虚言癖・無責任・無教養・エゴイズム(自分1st)・自己顕示欲・依怙贔屓」、更には「漢字が読めない、緩急・軽重の判断が出来ない」等もある。
漢字が読めない…ミスは誰にでもあり、揚げ足取りはしたくないが、昨年4月30日「退位礼正殿の儀」で、おそらく歴史に残る大失言・読み間違いをしてしまった。「国民代表の辞」のほぼ末尾、「天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであらせられますことを,,,,,あれせられますことを願って…(巳)みません。…の所でで少し考え「いません」と言ってしまったのである。新聞は報じなかったが多くの雑誌やYou-Tubeの録画放映で有名になってしまった。「安倍の云々(うんぬん)→でんでん、背後→せいご、麻生の未曾有→みぞうゆう、踏襲→ふしゅう」は笑ってアホウ!で済ませることが出来る。しかしこの歴史的儀式と言う重要な席での総理の誤読は歴史上例が無くこんな人物が良く総理になれたもんだと末長く語り継がれるような大失態である。全て官僚や秘書が作った文書を代読しているだけなのでこのような問題が発生する。国会でも事前通告の無いイレギュラーな質問には頓珍漢な答弁で失笑を買い,或いは周囲を唖然・茫然とさせる答弁に出くわす場面が良く出てくる。
昨年2月衆院予算委で、立憲会派の小川淳也議員がブログ「破落戸大統領」で記したようなトランプの数々の暴挙を前面に打ち出して、「ノーベル平和賞に推薦するなんてことはありえないし、日本国として恥ずかしいことだと思いますが、総理はどう思われますか」と質問した。
これに対して安倍総理は驚く勿れ何とこう答弁したのだ。
「いま、同盟国の大統領に対して口を極めて批判をされたわけでございますが、米国は日本にとって唯一の同盟国であり、その国の大統領に対しては一定の敬意を払うべきだろうと、私はそのように思うわけであります」 「まあ、御党も政権を奪取しようと考えているんであれば、ですね、トランプ大統領はあなたが言うようにトンデモない大統領で、私も同感です。しかし、日本はアメリカの属国だから、“一定の敬意”で付き合わなければならない。  それができないのなら、野党は政権を担うことなんかできませんよ」 正に驚愕の発言、こんな露骨な本音を国会で言い放っていいのだろうか?「私は好んでトランプのポチになっているわけではない、 同盟国で無ければ敬意なんか払うわけがないと言い放ったのだ。この発言の反動として破落戸からカネ、カネ。カネ、の要求で返ってきたら国民の大きな負担・損失、大迷惑である。
有名な破茶滅茶発言を備忘目的で記すと次の通りである。
*** 大量破壊兵器がないということをですね証明できるチャンスがあったにもかかわらずそれを証明しなかったのはイラクであったということは申し上げたい。悪魔の証明を知らない破茶滅茶
*** ま、この、憲法についてですね、考え方のひとつとして、言わば「国家権力を縛るもの」だという考え方はありますが、しかし、それは嘗て王権が絶対権力を持っていた時代の主流的な考え方でありまして…。憲法のイロハを知らない成蹊大・法学部出身の破茶滅茶
*** 議会についてはですね、私は立法府、立法府の長であります。「山尾議員は議会の運営ということについて少し勉強していただいた方がいいと思いますヨ!」と野党議員を叱咤したうえで飛び出した中学生以下の破茶滅茶発言、山尾氏絶句。
*** 法律の説明についての私の説明は全く正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから…ネットでトンデモ発言一位に入った破茶滅茶発言。総理大臣が言えば正しいと本気で思っている。そう言えば私は森羅万象担当していると言う迷言もあった。
書いているこちらの頭がオカシクなって来たので次回へ

破茶滅茶総理(2)…「桜を見る会、検事総長人事、コロナウイルス問題」に続く
コメント

破落戸(ゴロツキ)大統領

2020年02月22日 | 国際政治
破落戸(ゴロツキ)大統領

破落戸の国語辞典の定義は「他人の弱味につけこみ、ゆすり・たかり・嫌がらせなどをする無頼漢」とあり、まさにトランプの性格を語るのにピッタリの命名である。
怪しげなカジノや脅迫・脱税等悪知恵の限りを尽くして財を成したが、その演説やツイートから人間の品位・品格とは全く縁の無い下品・粗野を絵にかいた様な、一介の不動産屋像しか浮かび上がってこない。
キリスト教福音派を中心とする共和党支持者の多くは大統領に世界の尊敬を集めるような人格や教養、見識を望んでいるのではなく、他国へのゆすり、たかり等手段はどうあれ,如何に自分達の欲望を満たしてくれるか、「アメリカ1st」を達成してくれるかを期待しているのである。
しかし良く考えてみるとアメリカは常に「アメリカ1st」であった。
NATO、日米安保、米軍の海外駐留,中東への派兵何れをとってもアメリカの国益に沿ったものであり、世界の警察官を名乗って外国の為にボランテイア活動をして居る分けでは決してない。今迄は各国との摩擦を避ける為、自国1stをぼやかす手段として包み隠していたオブラートをトランプが破り捨て、明け透けに言い出したに過ぎないのである。
トランプが異質なのは強欲の度が過ぎアメリカ1stを通り越し、「自分1st、大統領選に勝つ為」だけが自己目的化され、「今だけ」良ければよいと言う政治を推し進めた為、長期的な視点が全く欠如してしまっている点にある。大統領に再選されることだけが最優先課題、「後は野となれ山となれ」だから極めて恐ろしい。
大方の選挙民の関心事は雇用とテロ(治安)にあり、彼らの視線は環境や世界平和には向いていない。
「TPPからの離脱」、「パリ協定からの離脱」、「イラン核合意からの離脱」、「国連人権理事会脱退」、「INF全廃の破棄」、米主導で形成した国際秩序を次々破壊したのも「アメリカ1st」=「自分1st」を実現する為である。TPP=農民、パリ協定=石炭・石油業界、イラン核合意=キリスト教福音派・ユダヤ教徒、全ては選挙対策である。これが行き過ぎてイランの英雄・革命防衛隊司令官を殺害してしまった為、自分の首に懸賞金迄かけられてしまい安閑としておれなくなった、自業自得と言うべきだろう。
イギリスのEU離脱をけし掛け、サポートし更には絶えずEU各国に内政干渉しEUを瓦解させようと画策しているのも、TPP離脱と同様に一対一の方が脅し・強請がし易い,当にTPP離脱と同じ発想と考えれば理解できる。

トランプは共和党を「トランプ党」に塗り替えてしまったように見える。共和党員は選挙でトランプの支持を得る為、僅かな良心もかなぐり捨て、完全に沈黙してしまった。「パワーによる秩序」と「強力な同盟関係による安全保障策」「小さい政府」が共和党の内政・外交の基本であるが、巨額の減税と国防費やインフラ投資を大幅に増やし、未だにメキシコとの国境の壁建設に未練を残している為、財政赤字は膨らむ一方である。この赤字を補填する為に始めたのが同盟国への「カネ、カネ、カネ、」の要求である。
「日本、ドイツ、韓国…米国の同盟国はコストが掛かり過ぎる」とし、同盟国の重要性を説くマテイス元国防長官の進言を受けつけず辞任に追い込んだが、マテイスの側近は「兵役を恐れ逃げ回っていたトランプ」が立派な元軍人に期待していたのは「同盟国に金の要求に行きます」と言う言葉だけだったと述べている。エスパー新国防長官はトランプのご機嫌を取る為、「韓国は同盟国であって、扶養家族ではない」と述べ、日韓には貿易赤字の削減を求め、新たな貿易協定を締結、更に「米軍兵士を韓国の傭兵にすべきでない」といった批判の声も無視して、昨年米軍駐留経費の負担を韓国に現行の5倍となる50億ドルを要求、今年から始まる日本との交渉でも現行の5倍の増額を求める意向が伝わってきている。トランプが再選された時には日本も重大な決断を迫られる時が来るかもしれない。
NATOにも不公平だと不満を投げつけ特にドイツには国防費をGDP比2%まで引き上げるよう要求している。同盟関係という意識は無く同盟国とのゼロサムゲーム、不動産屋的感覚での交渉と捉えているのである。

トランプが選挙用に作った赤い帽子のロゴ「Make America Great Again」はトランプが尊敬するレーガン元大統領の物真似である。トランプの場合は「アメリカの国益=自分の利益が第一」という意味だが、レーガンの「強いアメリカ」という場合には、少しは「アメリカを強くすることが世界の安定に役立つ」という意味合いも込められていた。レーガンは「アメリカは世界の警察官である」ということを前面に出し「共産主義」や「人種差別」への反対など、世界に目を向けた哲学も多少は持ち合わせていた。「You're fired(お前はクビだ)」を売り物にした低俗番組「アプレンティス」の司会者・トランプと保安官が活躍する西部劇の俳優・レーガンの違いだろうか。
メキシコ人を「レイプ魔」と罵って国境に壁を作り、ハイチ人は「みなエイズ」、ハイチを「野外便所国家」と言い放った。昨年7月、民主党のオカシオ・コルテスなど非白人の女性下院議員たちに対して「(彼女たちはもともと)どうしようもなくひどい国からやって来た」「この国に文句ばかり言っているなら出て行け」と追い討ちをかけた。 7月17日に米ノースカロライナ州で開かれたトランプ陣営の選挙集会は、「送り返せ!」「送り返せ!」の罵声が鳴り止まず、異常な熱気に包まれていた。トランプが、ソマリア難民出身の民主党のオマール下院議員を「悪意をもって反ユダヤ的演説を行った」と非難すると、熱狂的な連呼が始まった。トランプが野党の非白人女性議員に対して、「もと居た国に帰ったらどうか」と批判していたのを踏まえての愚かな聴衆の反応である。これは「人種差別+女性蔑視」発言であり、自由・平等を基盤とするアメリカ国家の価値観に反する。
トランプの戦術は、理想化された「古き良きアメリカ」へのノスタルジアを掻き立てることである。その基本にあるのは
白人保守層の「ナショナリズム、人種差別主義、宗教的原理主義」であり、今日これを、「アメリカ第一主義、移民排斥、キリスト教福音派」に置き換えたのである。 
最近の報道によればトランプの司法介入が一段と露骨になり民主主義瓦解の方向に進みつつあると報じている。
2016年の大統領選でロシアが大統領選に介入したとされる疑惑で検察は当時トランプの選挙顧問であったR.ストーンに対し7~9年の禁固刑を求刑したのに対しトランプが「不公平でひどい」とツイートした結果、司法省は4人の検察官を首にし求刑を撤回、結局裁判所は3年4か月の禁固刑を言い渡した。司法長官は司法への介入であると非難したがトランプはこれを一蹴、「自分が司法の最高指揮者、関与する権利がある」として裁判のやり直し,恩赦迄示唆し三権分立、民主主義の破壊行為は止まるところを知らない。
一般的に町のゴロツキは弱者や無抵抗な人間には至って強いが、敢然と刃向い、抵抗する相手には弱腰なものだがトランプも全く同じである。
メキシコに知性派の大統領が就任した途端メキシコの壁建設要求を取り下げ自分で建設すると言い始めたし、北朝鮮との罵りあい・チキンレースもトランプの完敗である。当初「ちびのロケットマン」と上から目線で臨んだが金正恩からトランプに対し「米国の老いぼれ狂人を必ず火で罰するであろう」とバッサリ切って捨てられ、北朝鮮は太平洋上での水爆実験の可能性まで言及したところで勝負有った、トランプは板門店迄出かける羽目に陥ってしまった。北朝鮮は着々と核保有の充実を図っており「正恩氏は優れた能力を持ち賢い」と迄言い切った。ロシアのプーチンに対しては「世界の第一線のリーダー」と持ち上げ、習近平はとても尊敬され毛沢東以上と迄述べている。その中国との貿易戦争も習近平の粘り腰に会い一進一退、互いに譲歩を余儀なくされており、がっぷり4っつに組んだままの体力勝負になっている。民主党大統領候補に出馬する富豪のブルンバーグ前ニューヨーク市長に対して「とても小さい、彼は討論で上に乗るための台が欲しいそうだ」とからかったが、ブルームバーグから「トランプは病的なうそつきだ。偽の髪、肥満度、スプレーで塗った日焼け肌など、何もかもうそだらけだ」と反撃を受けるとプッツリ口を閉ざしてしまった。
こういった中で、一番御し易い相手と踏んでる節があるのが日本の破茶滅茶総理。トランプが身の程も弁えずノーベル平和賞を欲しがっていたことは周知の事実だ。オバマがもらったのだから、金正恩とトップ会談をした自分がもらえないわけがないと考え、「自分に媚びへつらう男」破茶滅茶総理に推薦を頼んだのである。  日本政府の広報紙、読売・産経系メディアが言う「シンゾー=ドナルド」(オトモダチ関係)は、ただの虚像だ。破茶滅茶総理はトランプからなんでも言うことを聞く“茶坊主”と思われているに過ぎないのだ。 必要もない、役にも立たない兵器を法外な高値で兆円単位で買わされている。日本訪問の際は国賓として初めて天皇陛下に拝謁し、やれゴルフだ相撲だと下にも置かぬ歓待ぶりだったが途中立ち寄ったハワイでは日本では騙されないぞとの意味を込め「リメンバー・パールハーバー」とツイートし終始横柄に振舞った。これこそ日本の主権を牛耳る植民地宗主国の長として、その主従関係をこれ見よがしに見せつけるものだったと言えるだろう。一方破茶滅茶総理は、必死になって、トランプの“茶坊主”であることを日本国民に隠そうとする。昨年妥結した日米FTA交渉を恥ずかしげもなく「ウインウイン」などと言い張る。情けない限りである。
トランプは「フェイクな魔女狩り、モラーの捜査詐欺、不当な大統領弾劾などに反して、経済、雇用、軍隊、退役軍人、銃保持権利などもろもろを考えれば、オレの支持率は70%ぐらいはあるぞ。さあ、どうする?」と恐怖のツイートをしている。

 

破茶滅茶総理に続く
コメント