これは したり ~笹木 砂希~

面白いこと、妙なこと、不思議なことは、み~んな私に近寄ってきます。

ものはためし

2014年01月30日 21時01分02秒 | エッセイ
 ときどき、家族で「庭の湯」に行く。バーデプールで遊び、温泉で温まってから、夕食を楽しんで帰宅する。遠出はできないけれど、ちょっとした気分転換にいい。
「お母さん、サウナに入ろうよ」
 高2の娘はサウナが好きだ。でも、私は暑いところが苦手なので、尻込みしてしまう。今まで、じっくり入ったことはない。
「いいじゃん。ものはためしでしょ」
 娘に引っ張られて、フィンランドサウナなるものに入った。
「暑ッ!」
 真夏の炎天下よりも、ジリジリ肌を焼かれるような灼熱地獄が待っていた。しかし、座ってジッとしていると、疲れ切った体がほぐれるような感覚がある。

 今週は忙しかったからね……。

 もし、疲れが蓄積していなかったら、サウナのよさがわからなかったかもしれない。冷えた足も温まり、食わず嫌いはいけないと反省した。
「もういいや。出よう」
 座っているのに飽きて、ドアを開ける。近くには、スチームサウナなるものもあった。
「じゃあ、今度はこれ」
 入っていこうとすると、娘に止められた。
「スチームサウナは好きじゃない」
「何で?」
「息が苦しいから」
「そうかなぁ。ものはためしでしょ」
 今度は、私が強引に娘を押し込む。中は、煙が充満しているかのように、水蒸気で空気が白く濁っていた。
 たしかに呼吸はしづらい。動かなくても、スチームが顔にも体にもまとわりついてきて、皮膚が濡れる。それとも、これは汗なのだろうか。体はリラックスするし、老廃物も流れ出すような爽快感があり、私はこちらのほうが好みである。
「お腹すいた。ご飯食べたい」
 サウナのあとはお風呂に入り、しっかり汗を流す。夕飯はそのあとだ。
「北海丼っていうのがあるよ。これにしよう」



 私も娘も、丼の上に、カニ、イクラ、ウニが円グラフ状に並んでいるメニューを注文した。食べる前から美味しいことはわかっている。歯ごたえのあるカニに、ジューシーなイクラ、とろける味わいのウニが、三位一体となって、舌を満足させてくれた。
 不意に娘がつぶやいた。
「さっきまで、のどがガラガラしてたんだけど、今は治ってる」
 娘は風邪ひきである。どうやら、スチームサウナで患部が潤い、のどの痛みがなくなったようだ。こんな効果があるとは思わなかった。
 お腹も体も大満足。
 さて、来月も行こうかな。


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (12)

女性健診を受けよう

2014年01月26日 18時58分51秒 | エッセイ
 私の職場では、任意で女性健診を受けることができる。40代ともなれば、乳がんや子宮がんのリスクが高まり、年に一度は検査したほうがいいと聞くので、前から申し込もうと思っていた。
 申込書をもらったのは6月だが、忙しさにかまけて、すっかり忘れていた。気づいたのは12月である。

 しまった!

 一応、医療機関に申し込みをしてみると、すでに予約がいっぱいだと言われた。
「12月24日であれば、空きがありますが、いかがなさいますか」
 オペレーターはそう続け、こちらの返事を待った。
「じゃあ、その日にします」
 電話を切ったあと、「クリスマスだから空いているんだな」と納得した。彼氏や家族とごちそうを食べたり、プレゼントを交換したりして楽しく過ごす日に、わざわざマンモグラフィを受けたがる女はいない。
 そういえば、前にも同じことがあった気がする。健診の申し込みは1月までなので、あわてて電話をかけたら、12月25日なら空いていると言われ、その日にした。街中ではクリスマスソングが流れ、手をつないで歩くカップルが目立つ。しかし、私はマンモグラフィで胸を押しつぶされ、子宮がんの検査で痛い思いをし、一人淋しく家路についた。
 何という差……。
 そしてまた、同じことが繰り返された。モタモタしている自分が悪い。
 日が落ち、華やかなイルミネーションに彩られた渋谷の街を、不機嫌な顔で通り過ぎる女がいただけの話である。
 そして先日、女性健診の結果が郵送されてきた。
 乳がんも、子宮がんも、「異常なし」という結果だった。



 よっしゃ~!

 私の母は、40代あたりから、健診を受けるたびに「がんの疑い」と診断されていた。50代のとき、ついに子宮の摘出手術を受けている。健康でいられるのは、非常にありがたいことなのだ。

 これって、クリスマスプレゼント?

 決めた。
 毎年、クリスマスに女性健診を受けるぞ~!


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (8)

お年玉切手

2014年01月23日 21時25分14秒 | エッセイ
 19日に、お年玉つき年賀はがきの当選番号が発表された。
「うーんと、今年は切手シートが2枚かな」
 残念ながら、今年は少なかった。
 過去の切手シートを見ると、これまた面白い。
 まずは、平成8年。



 娘が生まれた年である。1枚だけ残っていたが、使う気になれない。
 平成20年の切手は、やけに大きい。



 通常の倍に近い大きさだから、コストも余計にかかったことだろう。9月には、リーマンショックがやってくるとも知らずに……。
 平成14年の切手もあった。



 そして、今年の切手シートはこれ。右の馬がいやらしい……。



 ちなみに、ひと回り前の午は、こんなデザインだった。



 笑えるのは、平成6年だ。
 当時の郵便料金は、手紙が62円、通常はがきが41円であった。その後、80円、50円に値上がりしたので、追加分の切手まで用意してある。



 消費税の値上げにともない、20年ぶりに郵便料金が変わるらしい。4月から、手紙が82円、通常はがきが52円になる。
 つまり、4月以降、平成6年の切手を使うには、この下にさらに2円切手を貼ることになる。
ちょっと見苦しい。
 
 たしか、消費税は、2015年10月に10%に上がるのよね……。

 てことは、2円切手の下に、また別の切手が並ぶのだろうか。
「大事にとっておかないで、さっさと使え~い!」と言われたような気がした。


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (12)

留守番チーズケーキ

2014年01月19日 20時32分26秒 | エッセイ
 去年、某通販でベイクドチーズケーキの頒布会を申し込んだ。
 月に一度、生クリームやバターを使わないチーズケーキが、ホールで送られてくる。1月は「カマンベール・ド・ノルマンディ」で、口当たりのいいケーキである。



「おいしい、おいしい」
 私と娘は喜んで食べていたが、夫は手を出さない。
「食べないの?」
「いらない」
 これは珍しい。体重を気にしているのだろうか。大口消費者がいないと、予定が狂う。
 いくら美味しいケーキでも、女2人で1ホールは厳しい。幸い、賞味期限は一週間。数日かけて、毎日ちまちまと食べ続ける破目になった。食べ切るまで、冷蔵庫にはチーズケーキが留守番をしていて、結構なプレッシャーである。

 翌日は、仕事を早めに上がり池袋に向かう。その日は、夕方から研修会があった。
「笹木先生、奇遇ですね」
「あっ、永野先生、いらしてたんですか」
 会場で、前の学校で一緒だった先生に会った。まだ若いのにしっかりしている、2児のママである。久しぶりだったので、終わったあとは、ゆっくりおしゃべりしたくなった。
「お茶でもどうですか?」
「いいですね。でも、子どものお迎えがあって、もう帰らないといけないんです」
「まあ残念。近くに、タカセがあったものだから」
「タカセもいいけど、ロクシタンカフェもありましたね。珍しいと思いました」
「ロクシタンカフェ?」
 永野さんにはフラれてしまったが、そのカフェが気になる。興味を示したら、彼女が案内してくれた。
「あった、ここですよ」
「まあ、オシャレ。じゃあ、私はここに寄っていきますね」
「お疲れ様でした」
 カフェは、若い女性で混雑していた。メニューを見ると、スイーツが充実しているようだ。



 うーん、どれにしよう。

 スイーツを選んでいたら思い出した。うちには、チーズケーキが待っていることを。
 ……残念。
 泣く泣く、カフェオレだけを注文する。



 しかし、これが実にまろやかで、今まで飲んだカフェオレの中ではピカイチだった。
 ただし、カフェオレボウルには取っ手がないので、飲みにくいのが欠点ではあるが。

 パリのカフェオレより美味しいかも……。

 きっと、スイーツも美味しいに違いない。今度は何としても食べてみたい。
「チーズケーキ大好き! 僕が手伝ってあげるよ」
 同僚の先生にそんな話をしたら、来月から彼が大口消費者になってくれるという。これはありがたい。
 2月は「フェタ」というチーズを使ったケーキらしい。半分は同僚におすそ分けして、残りを娘と2人で片づければ、ロクシタンカフェのスイーツが近づいてくる。
 楽しみ~☆


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (12)

便秘撃退ドリンク

2014年01月16日 21時23分42秒 | エッセイ
 去年の終わりから便秘気味だ。
 原因に思い当たる節はないが、体が冷えるからと、ヨーグルトをやめたせいかもしれない。
 便秘になると、下腹が重いだけではなく、太りやすくなる。何とか解消したい。
 困ったときにはまず情報。こんな本を買った。



『腸の大掃除でやせる! 健康になる!』
 これによると、冷え体質の私には、「オリーブココア」なる飲み物が効くらしい。作り方は簡単だ。ココアを熱湯で溶き、オリゴ糖とエクストラバージンオリーブ油を加えるだけ。夕食後に一杯飲めば、翌朝はスッキリするとあったので、まずは試してみた。
 ココアとオリゴ糖をスーパーで買い求め、お湯で溶いたあと、家にあったオリーブ油を垂らしてみる。どうも、オリーブ油の匂いは苦手だが、薬だと思って我慢する。
 次の日は、朝から楽しみだったのだが……。
 シーン。
 残念ながら、お通じはなかった。ふと。オリーブ油の賞味期限が気になり、ラベルを確かめてみた。



 2002.11.24.

 なんと、12年前に切れていた……。
 干支が一周しているから、2002年も午年だったはずだ。当時、私はまだ30代で、子どもは5歳。こんなものを飲むとは、我ながらスゴい。道理で、マズくて効かないわけだ。
 自分のずぼらさを反省し、新しいオリーブ油を買ってくる。新鮮なものは、あの独特の匂いが弱く、少しは飲みやすかった。



 ところが、翌朝も「シーン」。
 あれれ?
 ずぼらなだけでなく、反応も鈍いらしい。
 ようやく、3日目にしてお通じがやってくる。しかも、一日に2回。4日目も5日目も、今のところ順調に老廃物が排出されている。
 体重計に乗ったら、5日で2.5kgやせていた。

 やった~!!

 腸の大掃除、成功した模様です。


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (14)

見る富士、食べる富士

2014年01月12日 20時38分53秒 | エッセイ
 富士急ハイランドに行ったら、富士山鑑賞も忘れてはならない。
 1月4日の富士山は、シルエットがくっきり見えて、とても美しかった。だが、私は乗り物に夢中だったから、かろうじて撮れたのが、FUJIYAMAの順番待ちの最中のこの一枚である。



 一泊するのだし、富士山は明日撮ればいいや、くらいの気持ちでいた。
 翌1月5日も晴れたのだが……。
 雲が多かったため、ホテル前からの富士山は、こんな感じになった。



「ダメだ、中腹が見えないよ!」
 ブーブー言ってたら、夫になだめられた。
「またあとで撮ったら」
「そうする」
 朝食後は部屋でテレビを見て、のんびりしてから富士山駅に向かった。



 ところが、雲がいなくなってくれない。
 時間をおいても、こんな富士山しか撮れなかった。



 なめとんのか~!!

「まだ電車が来ないから、お茶して待ってようよ」
 食いしん坊の夫が、待ちきれないように言う。富士山をあきらめ、私も駅ビルに入っていった。
「地下1階にフードコートがあるね」
「じゃあ、そこにしよう」
 まったく期待していなかったが、「La・おきらく」というこのフードコート、実はレベルが高かった。
「何だ、このカレーは!」



 いきなり、看板の写真に目を奪われる。
 強烈なインパクトを持つカレーである。ご飯を上手く配置し、富士山らしさを表現している。欲をいえば、山頂のギザギザは3つに減らしたほうがいいけれど、富士山を愛する心が余すところなく伝わってくる。ゆで玉子がいいアクセントになっており、安定感も抜群だ。これは、グッドデザイン賞ものであろう。
 でも、私はお腹が空いていなかった。後ろ髪を引かれつつ、スルーする。
 スイーツの前で足を止めた。



 フレーズ・ドゥ・フジヤマと名付けられたこのケーキ、飲み物つきで475円というお得な値段だから、迷わず購入した。中にはチョコレートムースが入っていて、イチゴの酸味とチョコの甘味がいい塩梅だ。値段の割にはメチャメチャ美味しかった。

 何だ、このケーキは!

 ちなみに、お皿はウェッジウッド、カップはロイヤルコペンハーゲンで、やたらとグレードが高い。店主とおぼしき方も、「オバちゃん」と呼ぶには品がありすぎる女性だった。カフェラテは、苦みとコクが泡立てたミルクからも感じられ、絶妙の味である。東京でも、十分やっていけるのではないだろうか。
「吉田のうどん、うまい~!」
「…………」
 夫は、富士吉田名物のうどんを頬張っていた。気付いたらもう食べ始めていたので、写真を撮るチャンスがなかった。まあ、こんなもんだ。娘が横取りしてそれを食べ、親指を立てていた。
 このフードコートは侮れない……。
 富士山駅に行くチャンスがあったら、ぜひお試しあれ。

 1月4日の、富士山の雄姿を娘からゲット。車窓からとはいえ、いい絵である。
 


 本日は、これでお別れします。
 また木曜日~☆


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (10)

冬の富士急ハイランド

2014年01月09日 21時17分40秒 | エッセイ
 三が日が明けてすぐ、高2の娘と富士急ハイランドに行った。



 大月から特急で50分弱、雪化粧した富士山を間近に見ての乗車である。



「寒ッ」
 電車を降りると、ピリピリした寒気が襲ってきた。その日の最低気温はマイナス2度、最高気温は7度となっており、園内にはところどころ雪が残っている。
「じゃあ、最初はドドンパからね」
 最高時速172kmでぶっちぎるコースターは、1時間待ちだった。あまりの速さに、1189mのコースでも、わずか30秒ほどで終わってしまう。もの足りないので、3倍くらいの長さにしてもらいたい。
「次はフジヤマ」
 高さ79mが売りのコースターも、待ち時間が同じく1時間。じっと立っていると、冷たい風が頬や足元をなでていく。行列の人たちと、おしくらまんじゅうでも始めたい気分になった。
 我慢のかいあって、ようやく順番が来たときには、体が浮かび、空を飛ぶような爽快感が味わえた。コースターの魅力は、まさにここにある。
「楽しかったね! 次はええじゃないかかな」
 すっかりハイになって娘を振り返ると、意外や浮かない顔をしている。
「どしたの?」
「何か……調子悪い」
「じゃあ、レストランで休憩しようか」
 どうやら冷えらしい。上半身こそ、ヒートテックにパーカー、ジャケット、マフラーと重ね着をしているが、下半身はジーンズとくるぶし丈のソックスだけ。これでは、体調も悪くなるだろう。
 私はというと、裏起毛のスラックスに、お尻がすっぽり隠れるチュニックを合わせ、ハイソックス、レッグウォーマーのみならず、こっそり毛糸のパンツまではいている。おかげで、全然寒さを感じない。服装の面倒まで、しっかりみてやればよかったと後悔した。
 途中で、カイロをいくつも買ってお店に向かう。
「こんなに寒いなんて思わなかった」
 娘は予想を超える冷気に戸惑い気味だ。温かいスープにカレーライスを注文し、体がポカポカしたところで、ええじゃないかを目指した。
 このアトラクションでは、靴を脱がねばならない。また冷えるのではと心配になったが、上になったり下になったり、グルグル回る不思議な動きに夢中になり、すっかり元気を取り戻した。
「今度は高飛車~!」
「おー!」
 5年前にはなかったので、ワクワクしながら乗り込んだが……。まあ、ソフトな乗り物だったかな。
 1回でいいやと、意見が一致した。
「じゃあ、最後に、もう一回ええじゃないかで終わりにしよう」
「そうしよう」
 待っている間に日没を迎えた。



 日が沈むと、ますます気温が下がってくる。厚着していた私でさえ、しもやけになるのではというほど、つま先が冷え切ってしまい、徐々に感覚が鈍ってきた。
「寒~い」
「ブルブルブル」
 まだ時間はあったが、寒さに耐えかね、アトラクションのあとはおみやげ屋さんに直行するしかなかった。
「これ、辛そう」



 真っ赤な煎餅が気になり、買ってみた。
 東京に戻ってから、ゆっくり食べる。ひと口だけで、口の中が火事になった。ふた口目で、くちびるがヒリヒリしてきた。3口目で、鼻水が出てきた。
「かっら~い!」
 これは、絶叫マシンならぬ、絶叫煎餅である。とても全部は食べきれない。
 4口目を頬張ったとき、あごから汗がふき出した。体中が燃えている。

 そうだ、待ち時間に、これを食べていればよかったんだ~!

 冬の富士急は、凍死しそうなくらい寒い。
 アトラクションに並ぶ前に、ぜひこの煎餅をお買い求めあれ!


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (14)

かさ まさか!

2014年01月05日 16時47分32秒 | エッセイ
 その日は朝から冷たい雨が降っていた。
 折りたたみではなく、長傘を持って家を出る。駅の人口も多く、電車はすし詰めだ。なんとか乗れたのはよかったが、後から強く押された弾みで、手元から「ボキッ」という鈍い音がした。
 音の正体はわからなかった。どこも痛いところはないので、気にせず本を読む。たしか、桐野夏生の『ハピネス』だった。ママ友の一人が、別のママ友の夫と不倫しているのに、昼間は子どもを一緒に遊ばせ、何事もなかったかのように繕っていた。ドロドロしてきて、ちょうど面白くなってきたところだ。
「終点、池袋に到着します。お出口は左側のドアが先に開きます」
 佳境に入ったところで乗り換えだ。混雑していると、降りるのにも苦労する。押し合いへし合いしながら、ドアの外に吐き出されると、地下通路に続く階段にはすでに行列ができていた。
 行列に続く前に、手元の長傘を左手から右手に持ちかえようとして、異変に気づいた。
「ほえ?」
 何と、私の手には、傘の取っ手しかない。



 さきほどの「ボキッ」音は、プラスチックの柄が折れた音だったのだ。
 ということは、本体はおそらく車内に転がっているのだろう。人波に逆らって、出てきたドアに戻ったら、案の定、床に倒れていた。
 外はまだ雨が降っている。私は壊れた傘を拾い、再び階段に向かった。
 地下通路を歩いていると、だんだん笑いがこみあげてくる。

 柄を引いたら、その先は何もないんだもんなぁ。ぷぷぷ、まいった。

 電車を降りてからは、取っ手をバッグに入れて、本体のみを差して歩いた。「こういうデザインなんです」といえば、それで通用するかもしれない。



 途中で、同僚に会った。
「聞いてくださいよ、今、電車に乗ってたら、傘が……」
「きゃははは、何それ、ビックリしますね」
 朝から会話も盛り上がる。
 しかし、この傘では不便だ。
 早いうちに、新しい傘を買わなければ。
 そういえば、前に「いいな」と思った傘があったっけ。



 傘を開くと、青空が広がるなんて、とてもユニークだ。
 残念なのは、外側が黒一色というところ。オジさんぽいところがマイナスである。

 赤とか緑とか、別の色が出たら買おうかな……。

 メーカーさん。
 確実に1本は売れますから、カラフルな色で作ってください!


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (12)

お絵かきシェパードパイ

2014年01月02日 15時10分06秒 | エッセイ
 新年あけましておめでとうございます☆
 おかげさまで、当ブログも開設6年目を迎えることができました。
 今年もご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 元旦は、毎年恒例の新年会があった。妹の家に親族が集まり、飲んで食べてしゃべって、新しい年を祝う。
 今年は、好評のシェパードパイを持っていくことにした。
 ひき肉と玉ねぎを炒め、クリームチーズでまとめてパイ皿に載せる。あとは、ケーキのデコレーションのように、上からマッシュポテトをしぼり焼くだけだ。



 しかし、余計なことを思いついた。

 マッシュポテトを平らにのばして、絵を描いたらどうかしら?

 絵柄は、みんなの好きなものがいい。となると、姉や妹、義弟に甥、姪そして私が夢中になっている「ガンダム」以外に考えられない。
 結構、難しそうなので、ガンダムカフェの看板を真似することにした。



 クリームチーズを加えたひき肉の上に、マッシュポテトを広げ、キャンバス代わりにする。



 箸を取り出し、ガンダムの横顔を描く。失敗したら、バターナイフでポテトをならし、元の状態に戻して再チャレンジすればよい。何度もやり直しができて助かる。
「これでどうだ!」
 


 ようやく、ガンダムっぽい絵が完成した。
 次に、この線に沿って、黒ゴマを並べていく。
 


 簡単そうに見えて、かなり根気のいる作業だった。人間の子どもと違って、ゴマは勝手に整列してくれない。「はい、並んで並んで~」と声をかけたところで、動き出すはずもなく、「お前はこっちだ」「アンタはあっちに行きなさい」と誘導せねばならない。全部の線をゴマで埋めたら、30分もかかってしまった。



 あとは、150度のオーブンで20分焼く。
 食欲を刺激する、いい匂いがしてきた。
「できた~!」



 どや顔で得意になり、もう一度ガンダムカフェの看板画像を見直してみたら、大変なことに気づいた。
 
 こめかみ付近のバルカン砲を描き忘れたのだ。



「うえーん」
 せっかく長時間かけて作ったのに、忘れ物をしたとは……。私は泣きたくなった。
 しかし、味の方には問題なかったようだ。
「ガンダムうまい!」
 シェパードパイはあっという間に売り切れ、喜んでもらえたらしい。
 一年の計は元旦にあり。
 今年は忘れ物をせぬよう、何度も見直しをして、慎重に行動していこうっと。
 よろしくお願いしま~す!


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
コメント (10)