なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

安息の地...

2017年03月22日 | Life

秩父と言う地はZUYAさんにとっての“安息の地”と断言できる。自然が沢山あり趣味の山歩き(軽登山)も出来れば、美味しい食べ物やお酒もある。東京に住む16年の間に訪れた回数などもう数えきれない

先日、久々に家人と休日が重なった(年に数回ある)。ZUYAさんは近頃ちょっと心が穏やかではないので、“都会の喧騒”から抜け出そうと秩父に行くことに。車を借りようと以前から登録済みなのに、まだ1度も利用したことのない 『 Timesカー・シェア 』 を使ってみることに

昨今の“何でもかんでもスマホで出来るよ~”が苦手なZUYAさん。わざわざコーヒー・ショップに入って着席して落ち着いてスマホでの予約を試みたのですが、もたついている間に“満車”に...

まぁ良い電車で行こう


池袋乗り換えで西武線で横瀬駅で下車。先ずは 『 武甲温泉 』へ。何度か訪れている施設なのだが、あまりの“ガラガラ感”に唖然とした。最近は秩父エリアには他にも多くの湯処が出来ていので、こちらのように内風呂、露天風呂各1つずつと言ったシンプルな設備では集客は厳しいのかもしれない。だいたい貴重品ロッカーも有料と言うのはちょっとせこいかも


お昼時とは思えない...


まぁ今回は“人混みを避ける”が目的で秩父へ来たのでこれはこれで良しとしよう



          



ひとっ風呂浴びた後、家人が“イチゴ狩りがしたい”と言い出したので、温泉から近い農園を調べて向かうも無情にも 『 本日予約のみ 』 の貼り紙...

そのまま秩父市市街地へ入り秩父神社と地元の酒蔵へ。市街地をじっくり堪能するのは久しぶりだが、ずいぶんと様変わりした印象。“洒落乙”な店もちょこちょこ見かける。この何のイベントもない時期のひっそり感だけは全く変わらないが




以前気に行った食事処に向かうも跡形もなく消滅...15時過ぎと言うなかなか店が開いていない時間帯でようやく滑りこんだのが 『 手打そば 武蔵屋 』

こちらは“当たり”で舞茸の天ぷらもボリュームたっぷり、お蕎麦も申し分なく美味しい。まったりしていると店員さんが外国人客にいろいろ質問されて困っていたので、飲んではいたが少々お助けを。男女二人組だったのだが、男性はカナダ人でしたね


お通しは名産のこんにゃく


舞茸の天ぷらもサクサク~


量も味も文句無し!


さて、ZUYAさん夫婦は行き当たりばったりの旅に出て夕方になるとパタリと手持ち無沙汰になることが多い。まぁ二人とも昼間っから飲んじゃいますからねぇ

西武秩父駅にはお土産屋や食事処が並ぶ何となく情緒のある 『 仲見世通り 』 言うのがあったのですが、来月リニューアルオープンを目指し工事中。温泉もある複合施設になるようだ...

あ~あ~、こういう変化はあまり望まないZUYAさんなのですがね~


洒落乙な駅舎の奥に建設中の複合施設



帰りの特急列車の時刻まで駅前にあるその名も 『 駅前 』 なる居酒屋に入る。こちらは3度目の訪問。一皿100円のお通しがゾロゾロと出てくる


2階が 『 駅前 』 だ。もちろん1階でも“駅前”...(笑)






焼き魚で〆て家路についた。もちろん二人とも車内ではぐっすりだ。どうせ寝るだけなのでわざわざ700円ほどの特急料金を払うのもどうかと思うが飯能での乗り換え、一般車両の座席での醜態をさらすことを考えれば決して高くはない

ちなみに本日は2人(主にZUYAさんか...)で

ビール中瓶4本

缶ビール2本

お酒3合

意外に飲まなかったなぁ


自宅用のお土産~




〈 番外編 〉

奇妙なゆるキャラ1号


(笑)


奇妙なゆるキャラ2号


こ、れで良いのか!? (笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加