羅須地人クラブログ

テレマーク、釣り、登山・・・
岩手の山の恵みに感謝

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リハビリ登山@稲庭岳&岩魚釣り

2017-09-07 22:10:52 | 登山

久々の山登りです。。昨年は山にも行く暇が無い感じでしたが、今シーズンは何とか時間を取ることが出来ました。
そんな中、今回行こうと決めた場所は「稲庭岳」標高1000m位しかない山ですが、周りに高い山も無いので360度のパノラマが楽しめます。

登山道も綺麗に整備されて歩き易いお山です。

ゆっくり歩いて1時間弱で登頂。。ハイキングコースって感じですかね。

しかし景色は最高です。麓には風力発電、放牧された牛たちに癒されます。

下りはブナ森コースを下山したのですが、なかなかのキノコ畑でした。過ぎてしまったボリが沢山ついていました。

下山後、本来なら馬淵川を釣ろうと捜し歩いたのですがこの日は増水していて毛鉤釣りにはちょっと不向きだったので、ホームグラウンドに戻る事に。。
久々に入渓しましたが、下流は昔よりも渓相が良くなった感じ。。

上流に登るにつれ、岩魚も出てくるようになり、本来の川を取り戻しつつある感じ。。。

「ふるさとの川に向かひて言ふことなし ふるさとの川はありがたきかな」

ふとそんな事を思ったのでした。

KO太、お疲れさん


by口だけ番長
コメント

長靴山行@松川温泉~姥倉山~黒倉~七滝登山口

2016-07-15 01:26:35 | 登山
今季初山行。。。
本来ならKO太、主席、私(番長)3人山行の予定でしたが、KO太がダウンし欠席。。二人での山旅となりました。

まずは七滝登山口に1台デポし、松川温泉に移動、6時半に出発。梅雨空が続くココ最近、本日は長靴山行です。

ギンリョウソウも雨の影響なのかピロピロ伸びて見事な群落。。黄色が綺麗なイワオトギリ。

途中、長雨のせいなのか沢を渡る所も・・・でも、長靴は問題なし。

何も言わなくても、何かを語りかける存在感。

今年はシャクナゲの当たり年なのか?イイ感じで咲いてました。

姥倉山ピークへ…わかり難かった山頂も標識がついたおかげでわかり易くなりました。

アカモノ、ウラジオヨウラクが道を挟んで咲いてました。

大地獄谷。綱渡り的な感じで慎重を強いられます。

七滝ルートを下ると至る所で滝に出会う。佐々木主席曰く、「岩手山に上るなら七滝ルートが一番楽しい」という。

泥んこ泥濘も何のその、長靴サイコーです。

昼めしは一服峠で…超冷えたノンアル、ちくわのコラボで最強の一服。。

最後の締めは七滝、長靴でジャブジャブ水に入って行って記念撮影!!

この行程、実は私初めてだったのですが、きつく無くとても歩き易い。
大地獄谷だけちょっとビビる人がいるかもしれませんが、アップダウンが激しくないので長靴でも疲れませんでした。
久々の八幡平満喫です。

主席お疲れさんでしたね。

by口だけ番長

コメント

岩手山@馬返し→焼走り

2015-07-18 00:25:40 | 登山
アップ遅れ申し訳ありません。
カメラ水没により、遅れ遅れて…
何とかコマクサだけ残ってました。。

お客様2名を案内し、K太ガイドと4人。。
今回は健脚向きなコース、馬返し~焼き走りまで。。朝7時~登り出し、焼き走り登山口に着いたのは5時前…一日を満喫した山行でしたね。

結局残ったのは、イチバン株の良かったコマクサ。

この時期、岩手山はお花の山、皆さんどうぞお越しください。。

by口だけ番長




コメント

2015五葉山楢ノ木平@トレイルラン

2015-06-09 00:10:28 | 登山
2週続けて五葉山。本日は走りなので楢ノ木平登山口から登ることにしました。

来週日曜日に、七時雨マウンテントレイルフェスにエントリーしたので、無理やりカラダ慣らしに走ってきました。
楢ノ木平登山口~山頂まで、2時間攻めた走りだったので写真はこの1枚で勘弁してください。
ちなみに今回エントリーしたのは、一般の部34キロ。さて、どこまでカラダをもって行くことが出来るか…残り1週間頑張りますよ。

興味のある方はどうぞ皆さん足を運んでみてください。
ピクニック気分で楽しむことも出来るし、石井スポーツさんが出店しているのでいろいろ楽しむことが出来ますよ!!

コメント

2014クラブ山行@岩手山馬返し

2014-09-14 04:58:43 | 登山
第2弾は岩手山!9月7日に行ってきました。。
この前の三ツ石山行の時、そういえば最近行ってないな…なんて話になり馬返しから登ることに。
と言っても私、実は馬返しはお初。。登山口も数あるとなかなか全部制覇は以外とやっていないもの。
登山口が違うと別の山に来た感じで新鮮!
朝7時過ぎ出発、駐車場は早くもいっぱいでした。

最初の1合目までが結構長い…0.5合目ってのがあったけど私の記憶ではお初かも?

いつになくシャリバテのK太、おどけたポーズで疲れを隠す。。

10時7合目到着、ここまで登ると一気に山頂が見えテンションも上がる!

8合目避難小屋で休憩しピークまで足を運ぶ。久々のお釜も楽し、外輪も楽し。。

11時、無事山頂に登頂、展望が望めないな…なんて言っていると一気に晴れ間が…慌てて記念撮影!!
(2ショットもあったんですがK太カメラだったので…)

不動平避難小屋でまったりランチを取り即下山。

すでに山は秋の装い、ススキにたなびく岩手山でした。

K太お疲れさん

by口だけ番長
コメント (2)

2014クラブ山行@三ツ石山~大松倉山

2014-09-14 03:01:04 | 登山
1ヶ月半ぶりの更新、実は私もK太もパソコンが1ヶ月前に壊れてしばらく何もできない状態でした…
でも、山にはちゃんと行ってましたよ~!って事で、8月24日の出来事から報告。
この日、本当は裏岩手縦走の予定でしたが、何と私が寝坊し遅刻(前日の海水浴のせい…)
結局、やや遅れで三ツ石を松川から登ってきました。

三ツ石山荘から見る展望、久々のお山はやっぱりイイですね。

遅刻したので足早に、でも最初、この急登にやられる人が結構多い。。まずは焦らずゆっくり登る。

しばし登ると、道標、熊がこすり付けて存在感をアピールしてました。まず最初に出会ったお花はウメバチソウ。。

エゾオヤマリンドウ、オオノアザミも木道脇に咲いていました。

久々の三ツ石山荘、ここでまったり休息。。

時間的にも遅いので大松倉山頂まで足を延ばす…

遠くに薄っすら岩手山を望みながら歩く稜線歩きの旅

あまり山頂感はありませんが、大松倉山山頂。。

そろそろ気になるキノコを横目に即下山。。
まずは第1弾、K太お疲れね。

by口だけ番長
コメント

早池峰山

2013-08-25 03:30:46 | 登山
お盆前のこと、パソコンはぶっ壊れ、買い換えたWINDOWS8に大苦戦、その間にK太と一緒に早池峰山に行ってました。。。

久々の夏山登山、そして、久々の早池峰山。


まさに盛夏と呼べるようなお空、それに映える早池峰山から見える山並み。(御座走りからの展望)


今回のルートは河原の坊~小田越までのベーシックルート、コメガモリ沢沿いの登山道を上る。
頭垢離を過ぎ御座走りと順調に上るも、さすがに真夏の山登りは超汗だく。。

夏のお花のクルマユリ、かろうじて固有種、早池峰ウスユキソウも咲いてました。

青い空に新緑の早池峰、まさに夏山シーズンに相応しい日和

鎖場もこんなお天気だと楽しく登れる。。千丈ヶ岩からさし込む陽射し。

山頂は大賑わい、花季を過ぎたとあっても、そこは百名山。「日本百名山」の著者である、深田久弥さんの言葉で
「早池峰という響きのいい名前で、この山は早くから私の胸にあった」という位、印象の強い山なのである。


下界の展望を見ながらの下り、これも早池峰山特有の醍醐味ではないだろうか。
簡単ですがひとまずアップはここまで。。。

K太お疲れさん


by番長
コメント

五葉山楢ノ木平@トレイルラン

2013-06-05 23:36:03 | 登山
いよいよ6月9日は七時雨マウンテントレイルフェスが開催される。
その前に最終トレーニングとして五葉山の楢ノ木登山口から五葉山を走ってきました。

木漏れ日の中、落葉を踏みしめながら走る私。結構MAX状態でした。。

久々の楢ノ木登山口、実は五葉山を登るルートとしては私的にはイチバンのお気に入りルート。
鳩ヶ峰までは広葉樹が広がり見通しも良く登りやすく走るにも道幅もあり気持ちがよい。

鳩ヶ峰を過ぎて林道出合からは木がガラッと変わり針葉樹林帯となる。この変わり具合もココを上る時の楽しみのひとつ。

七不思木という分岐に来ると更に驚かされる。
ヒバ、ネズコ(クロベ)、コメツガ、アオタモ、コヨウラク、ツツジ、ナナカマド、ダケカンバの7種が入り組んだ木である。
何故こうなったのか、まさに七不思木、昔の人も洒落が利いた名前をつけたもんだなと思う。

七不思木を過ぎ稜線に出ると一気に視界が開ける。釜石側の山並み綺麗に見える。

日の出岩に到着。本当なら山頂まで行きたい所だったが午後から予定があるので時間の中で走れる所の限界はココと判断し休憩もそこそこに即下山。。

本当ならゆっくり登りたかったんですがね。。でも、このルートは走りにも適してる感じ。
陽射しを木が隠してくれるし、急登も少なく景色の変わり具合もイイし、ちなみに今回の往復タイムは1時間25分(登り50分下り35分)、距離は往復10キロ。
登りは写真撮りが多かったのでもっと頑張れると思いますが、下りは本気走りしました。

まぁ初めてのトレランレースですからね、楽しんで走りたいと思います。

by番長

コメント

クラブ山行@八幡平稜線歩きの山旅

2012-09-20 00:13:39 | 登山
9月も半ばを過ぎ、普段ならば当に朝晩の空気の澄んだイイ季節なのだが、まだ麓は暑さが続く日々・・・
久々にK太と休みが合ったので、モッコ岳~モロビ岳~前モロビ~ケンソ森~大深山荘~源太ヶ岳~松川温泉という稜線歩きの旅山行を行った。


ケンソ森を過ぎた稜線上から、下に見えるは鏡沼。

まずは、6時過ぎに松川温泉の源太ヶ岳登山口に1台デポし、樹海ラインを通りモッコ岳登山口を目指す。
7時、まだツーンと鼻に来る寒さは無いものの、澄みきった空と空気に心を躍らされモッコ岳入口を出発。


さすがに花季を過ぎたこの季節、山で目立つのはリンドくらいですかね・・・


モッコ岳手前の湿原、どこの山も水場が枯れる状況になってますが、この湿原は保たれていました。

モッコ山頂へは行かずそのまま稜線を歩き、笹の森へ・・・綺麗に刈り払いされており、とても気持ちの良い道筋になっていました。
これも、山を愛する自然保護監視員の方々の努力です。

8時、モロビ岳に到着。さっきまでの青空は雲に閉ざされる。。。

モロビ岳を過ぎ、1438m地点の沼地の点在するエリア・・・見事に枯れていました。

前モロビ(1481m)での展望、春スキーに滑るんですがこの時期見ると、結構斜度ありますよね。

10時前、稜線をはずれ大深山荘へ到着。
久々の山行ながらも快調なペース、これも稜線尾根歩きだから出来るコト。
早めながらもココで昼食、まだ新しい大深山荘はとても居心地も良くまったりする小屋には最適。
ここで、偶然K太の昔アルバイト時代の大先輩に遭遇し昔話から始まり沢登り話、スキー話と花が咲き1時間以上の大休憩・・・たまにはこんな贅沢な時間の過ごし方もアリです。


向こうに見えるは源太ヶ岳、一筋の道が続いて見える登山道の気持ちよさ・・・足取りも軽くなります。

12時前、源太ヶ岳山頂に到着。アトは松川温泉を目指し下山のみ、途中の水場を覗くと枯れてはおらず冷たくて美味しい水でした。

下山するにつれ、巨木の森になるのが松川の森。木漏れ日の中を涼しい風を感じながら歩く・・・途中、キノコ探索もして見ましたが見つけることはできず・・・雨が降ってないからですかね。

13時15分、松川温泉到着。距離にして15キロほどの行程でしたが、距離ほど辛さもなくイイ山行でした。
紅葉はもうちょっと先ですかね・・・それでも山はちゃんと秋に入っています。
K太お疲れさんでした。

by番長
コメント (2)

五葉山@ツツジ情報

2012-05-22 01:10:46 | 登山
田植えも無事終り、ツツジの状況を見に五葉山に行ってきました。


この日、快晴無風の好天に恵まれ山頂からは山開きしたばかりの栗駒山、焼石連峰、岩手山、早池峰山など岩手の名だたる山々を望む事が出来ました。
写真は山頂より黒岩方面、左手に栗駒山

赤坂登山口駐車場前の山並み、いつもなら赤い絨毯と化するこの場所もまだ緑にもならず・・・

7時15分出発、午後から用事があるので早めの行動、畳石まで30分で到着。
久々の登山道、今までのシール登行と違い一気に汗が噴出す。前日の田植え疲れを吹き飛ばすのもあったので早足登山。。

唯一のお花といったらこの二つのみ、オオバキスミレと・・・これもスミレかな(分かる人教えて下さい)

8合目には入ると石楠花が見えて来る。蕾はまだ小さく、辺りには雪が残っていた。
ちなみに前日の山頂の気温は5℃、やはり今年寒い。。。

まだ開ききっていない石楠花の葉っぱ、なんかプロペラがいっぱいある感じで今にも回りそうな感じ・・・

ツツジの葉っぱの蕾がまだこんな感じですからね~、例年より10日以上は遅い感じじゃないですかね。

今回はNEWザックの試し背負いでもありました。
私が選んだのはマックパックのトレース50ってヤツなんですが、これが背負い心地が最高なんです。
重いもの入れても遊びが少なくストレスを感じさせない感じ。
今まで使ってた40ℓだとちょっとモノ足りないし、重くなりすぎるとザックが負けちゃってカラダに負荷がかかってたんですが、これは問題なさそう・・・これから頼もしい友になりそうです。

8時40分山頂到着、山頂で地元の人としばし談笑、時間も早かったのでちょっと黒岩方面も下見、こちらは人通りが少ないので登山道も狭く、もうちょっと緑が濃くなると歩きづらいかも・・・でも、この岩の感じ、自然の凄さを感じますよね。
しゃくなげ山荘に戻ると、ちょうど自然保護管理員の方と逢い、ちょっと聞きたかったこともあり話し込み。
いつの間にか小屋の掃除をお手伝い・・・水場の清掃などし話して、深話、聞いてみれば、実はこの管理員さん、ウチの父親と同じ職場だったとの事。。。ここで話しが盛り上がりイイお話しを聞くことが出来ました。
しかし、このしゃくなげ山荘の綺麗さといったら他にはないんじゃないですかね。
ホント、この山が好きなんだな・・・って想いが伝わってきます。

盛り上がり過ぎて予定よりちょっとオーバー、慌てて下山し12時前に赤坂口に到着。
ツツジは咲いてなくてもこの日は登山者でいっぱい、山ガールも結構来てましたよ!
親子で来るこんな光景もこの山には似合います。

私の予想ではツツジはあと10日はかかるでしょうか・・・でも、花がなくても楽しめる山です。

皆さんどうぞいらして下さいね。







コメント (2)