羅須地人クラブログ

テレマーク、釣り、登山・・・
岩手の山の恵みに感謝

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

渓流釣り

2009-04-26 14:58:27 | 釣り
八幡平から下山後、まだ天気がもっているのでいつもの沢へ今期初の渓流釣りへ向かう。ゆきしろも入っておらずベストの状況である。

これはもしかしていきなりつれる予感。

 
今期二回目のRST氏               きた~!!K太の竿に26~7cmの岩魚ちゃん。

しかし、この後興奮のあまりデジイチカメラ落とす。運よく無傷。あぶね~!


川沿を彩るカタクリ、キクザキイチゲ、ふきのとう。

久しぶりの感触。最高でした。これだから釣りはやめられない。

毛ばり巻いておかなければ。 番長~またおすすめあればよろしく。
コメント (2)

八幡平

2009-04-26 08:57:59 | テレマーク
先日、ゴールデンウィークの下見を兼ねて八幡平周辺へ。樹海ラインからアスピーテラインをまわりながら、ちょこっと前山に立ち寄る。

                 
                 前山より茶臼、前山斜面を確認する。なんとか連休まではもちそうかな。
                 
                 前山斜面をエンジョイ。RST氏
                 
                 雪質は思ったより良い。

この日の八幡平はみぞれがちらつく。天気は下り坂予報だったので早々に下山。

今のところどこも十分に滑って楽しめそうでした。RST氏お疲れ様でした。
コメント (5)

八幡平アスピーテライン開通

2009-04-17 20:59:14 | Weblog
本日、岩手県、秋田県をまたぐ八幡平アスピーテラインが予定通り開通となりました。

今年は両県同時開通となり岩手県側は例年より一週間ほど早い開通となりました。

ちなみに樹海ラインは24日開通予定。

                 
            八幡平山頂レストハウス付近の雪の回廊。約8m。昨年より1mほど高いとのこと。

               
              アスピーテより眺めるモッコ岳

雪の量は十分。これからが八幡平山域の春スキーツアー本番です。車の運転、駐車スペースを十分考慮しながら楽しんでいきたいところです。
コメント (4)

月山ツアー

2009-04-13 20:27:05 | テレマーク
先日、山形「IDEHA」石沢氏のガイドのサポートとして月山ツアーへ。
ETC割引1000円でだいぶ月山も金額的、時間的にも近くなり滑りに行く機会も多くなりそう・・・

最高のツアー日和でコースも湯殿山スキー場へのロングコース。広大なスケールの魅力を思う存分に楽しめるコースです。

  
今回、参加されたおでん屋倶楽部の皆さんとM吉夫妻。本当楽しい方々でした。
見ていてこちらも楽しませていただきました。

               
             IDEHA恒例の下山後の集合写真。皆さんいい笑顔です。

参加された皆様、ありがとうございました。

石沢氏、210さんお疲れ様でした。お世話になりました。またよろしく!
コメント (5)

大白森

2009-04-12 21:56:52 | 登山
日本有数の原生林・葛根田川源流部。その岩手県雫石町と秋田県仙北市(旧田沢湖町)の県境にある山の一つが大白森(おじろもり)。


離れて見ると、まるでカッパの頭みたいな山。
アルシンド(おぉ、懐かしい…)、フランシスコ・ザビエル…。
いろいろ連想する。

頂上部が広い高層湿原となっていて、花盛りの季節はまさしく雲上の楽園。
4年前の夏、局地的集中豪雨で葛根田源流部から決死の脱出の果てに辿り着いたのがこの大白森の湿原。
我々にとっても、まさしく天国でした…。

今日は、このエリアの国立公園の現場管理を担当しているYさんと、大白森避難小屋の状況確認に同行した。



歩き出してから4時間。
ブナ原生林の合間に、ひっそりとたたずむ大白森避難小屋が現れた。
1階部分はすっぽりと雪に覆われていた。
夏場の、鬱蒼とした根曲がり竹に覆われている様子が、嘘のようだ。



今日は、歩きがほとんどだったけど気持ちのよい森歩きを楽しめた。
Yさん、ありがとうございました。

やっぱ山はいいな。

By 会長





コメント (4)

秋田駒キャットツアー 2

2009-04-05 22:18:52 | テレマーク
秋田駒ツアーに、山の母さん宿に来ていたOしまさん、Mとうさん、地元Yおかさん、会長、K太で行って来ました。

 
しかし、ご覧の通り800m付近からすっかりガスに覆われ、我々は八合目小屋で天候の回復祈り待機することに・・・

残念ながら回復は見込めず、そこで昼食をとりキャットの跡を滑り下山することにした。

ようやく、スキー場跡途中から視界が開けて、まともに滑ることができた。
 
Mとうさんの滑り

 
Oしまさんの滑り
            
             Yおかさんの滑り
            
             会長の滑り あれ?舌が出てる。また奇怪な表情である。

今回は天候には恵まれませんでしたが、山小屋で昼食をとり久しぶりにのんびりした時間が過せました。
みなさん、ありがとうございました。
コメント (2)

山で滑るということ・・・

2009-04-04 01:42:51 | Weblog
その斜面を滑る思いは

自分のみならず家族の思いも背負っている。

絶対はないけれど

得ることの出来る情報を理解する事によって

リスクを一つでも少なくする。


滑り終わった笑顔の為に・・・

BY番長

PHOTO RST
コメント (3)