果報は寝て待て!

浮世は疲れることばかり…
いそがず,あせらず,のんびりいきましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鎌倉大仏

2008年05月31日 | 旅日記,郷土の歴史
私はこれまで鎌倉に何度か足を運びましたが,どういうわけか,鎌倉大仏を拝むことはほとんどありませんでした。
本日,雨の中,仲間内で鎌倉散策に出かけましたが,久しぶりに長谷方面まで足を運ぶことになり,中学生時代の修学旅行以来,十数年ぶりに大仏様を拝むことができました。

東大寺の大仏と違い,こちらは大仏殿が大津波で流されたまま現在に至りますが,逆に閉鎖された空間に閉じこめられていない開放感がこの大仏にはあるように思えました。

しかし,青空の下で大仏様を拝みたかったなぁ…

懐かしの愛車

2008年05月28日 | 雑談

この前,コンビニで某缶コーヒーを買ったら,オマケで懐かしのラジコンカー「グラスホッパー」のミニチュアが付いていました。
しかも,チョロQのようにフルバック式ゼンマイが内蔵され,自走する芸の細かさ!
このクオリティで単なるオマケとは,缶コーヒーメーカーは採算がとれるのかすこぶる疑問ですが,ワタシの心配することではありません

ワタシが小学生のころブームを巻き起こしたラジコン。
当時の小学生にとっては高額な買い物であり,ようやくシリーズで最もリーズナブルなラジコンカー「グラスホッパー」を買ってもらったのは懐かしい記憶です。
さすがに安価な機体だけあって,高性能なバッテリーやモーターを導入すると,ステアリングがついて行けず,カーブ時に車体がスピンしてしまう現象が起き,それらを改修するためには諸所いじくる必要が生じるため,チューンナップに要する小遣いがついて行けず,いつの日かお蔵入りとなった悲劇の機体でした…(…って単にワタシの無計画,無責任さが原因なんですけどね。)

今の時代,ラジコンを走らせるのに十分な広場とかって,都内にはどのくらい存在するものなのでしょうか?
遊び場が制限される以上,子供たちは室内でゲームをする方に流れるのでしょうねぇ。
ちなみにワタシは室内でこのオマケを走らせています…

コメント (2)

篤姫(第21回)

2008年05月26日 | 大河ドラマ
今回は,「上様お渡り大作戦」からはじましました。
ヘアースタイルひとつで上様が振り向く世界というのはどういう世界なのか,ワタクシにはよくわかりませんが,少なくとも高そうなカンザシをたくさん着けると確かに目立つことは目立つのでしょうね。
一見,そんなに重くなさそうなカンザシでも,24金のものを5~6本着けたら,ヘルメットを被るような重さになるのでしょうか。
一夜のお渡りのために,相当なビッグマネーが動く…さすが大奥ですね。
ともあれ,熟女4人の知恵の絞りあいは愉快でした。

それに対し,お渡り遊ばされる上様が毎回持参する小道具は質素ですね。
毎回ネズミのオモチャが登場するのが笑えます。

さて,篤姫はお志賀の方から家定サマ攻略法を聞き出そうと,お志賀を呼びつけましたが,逆にお志賀から「女」というものを教えられたようですね。
上様も変わり者なら,お志賀も相当の強者でした。
上様がウツケだろうと何であろうと,そんな上様に惚れたお志賀のあまりの自然さに,篤姫は女としての敗北を味わったに違いありません。
次回からは「女」篤姫の真の戦いが始まるのでしょうか!?

<余談>
滝山サマの居室シーンって,なんでいつもあんなに薄暗く妖しいのでしょう?
コメント (7)

かわった鳥

2008年05月24日 | 雑談
近所の野火止用水を散策していたら,見慣れない鳥を発見しました。
カモやサギのようなものはよく見かけるのですが,今回見つけたのは,なんとなくカモメのような風体で,ペンギンのような青黒いボディペインティング。
足も水かきになっているようなので,水辺に生息する鳥の一種なのでしょう。
どなたかご存じの方はいらっしゃいます?
コメント (2)

空いた時間

2008年05月22日 | 雑談
昨夜は久々に飲みで午前様をしてしまいました(汗)
かなり早めに集合場所に着いてしまい、時間稼ぎにフラフラ歩いていると、臨時設置と思われるワンショットバーを発見!
水割りを片手に対面の花屋を黄昏れる優雅な数分間を楽しみました。

真の目的である飲み会はその後…

ワイン飲み過ぎ+寝不足で、さすがに今日は一日きつかったです(涙)

篤姫(第20回)

2008年05月19日 | 大河ドラマ

番組の回数も20回を数え,ようやく篤姫が将軍御台所になりました。
さすがにフジ系「大奥」のような華やかな演出はありませんが,これが本来なのかもしれませんね。

いよいよ婚儀当日,嫁に行くよりは戦争に行くような感じでした。
もはや奥様になるというときめきなどほとんどなく,興味は「公方様はウツケか否か?」という一点に注がれていました。
このドラマでは,将軍家定サマは現段階まで超ウツケとして演じられて来ました。
信長みたいに実はウツケではなかった…ではなく,今回の家定サマは本当にウツケであってほしかったものですが,どうやらウツケではない片鱗が今回見え隠れしてしまいました。

次回からの家定サマの動向が気になりますね。
余談ですが,家定サマ役の堺雅人氏を見ると,知る人ぞ知る,金曜の深夜に放送されている「恋愛新党」の「堺党首」を思い出してしまい,思わず吹き出してしまう自分がかなり危険です

今回はこの辺で!

 

コメント (4)

撮り貯めた写真から

2008年05月17日 | 写真とひとりごと

普通に外を歩いているときに,なにげなくデジカメで撮影した風景が,日の目を見ずに,ワタシのパソコン内部に数多く眠っています。
正直,最近ネタもあまりないので(汗),このようなものを少しずつ放出していくのもいいかなと思います。

今回の写真は,今年の2月ころに撮ったものかどうか…
現在,西新宿に建設中のビルを撮影したものです。
周囲のビルに比べてもかわった形です。
何のビルなのか,完成がちょっと気になります


グリーンマイル

2008年05月14日 | 雑談

先週の土曜日,地上波で名作「グリーンマイル」が放映されました。
この映画は実際に劇場で見ましたが,今回あらためて見ても非常に良い作品でした。
下手なアクションシーンや無駄なカーチェイスなどもなく,淡々とヒューマンドラマが進んでいくにも関わらず,常に目が離せなくなる不思議な魅力をもった映画です。
真の正義とは何なのか?
人は運命からは逃れることができないのか?
主人公ポール(トム・ハンクス)がジョン(マイケル・クラーク・ダンカン)の死刑を執行する場面は,この映画のテーマの集大成であり,まさに涙なしでは見ることができないシーンです。

ちなみに原作は確か,薄っぺらい文庫本が6冊構成だった記憶がありますね。
やる気になれば上下2冊くらいにまとまる量なのに,あえて6分冊なのは作者か出版社の陰謀か?

忘れた頃に,ふと見てみたくなる映画の一つですね,この作品は。

コメント (4)

篤姫(第19回)

2008年05月12日 | 大河ドラマ

篤姫,いよいよ伏魔殿へ!

先週から登場した大奥総取締・滝山サマ!
他の女中たちと比べて背も高く,すらっとして,それでいて美しい!
お部屋で煙管を蒸かしているお姿もこれまた絵になります。
NHKさん,よくぞこの役に稲森いずみサマを起用してくれました!
次回からの篤姫の楽しみが増えました~!

まあ,それはさておいて…
今回は,お城に上がったばかりで,嵐の前の静けさというか,意外とのんびりした展開に思えたのは私だけでしょうか?
将軍母上・本寿院サマとの対面も,篤姫と一悶着あるのかと思いきや,いきなり好印象を与えてしまいましたし…
まあ,滝山サマと幾島サマとの小競り合いはありましたが,次回以降はあのようなことが頻繁に起こるのでしょうかねぇ
今回のはどちらかというと幾島サマが滝山陣営に喧嘩をふっかけたようにしか見えませんでしたが…

一方,尚五郎サンはお近サンと幸せな新婚生活を送っているようでなによりです。
尚五郎サンはあまりにも平和な生活にある種の不満があるようですが,それは贅沢な悩みというものですよ!

最後で運命的な出会い(!?)を果たした将軍家定と篤姫!
あのお面で隠れているつもりになっているところがさすが将軍様!
次回はいっしょに「かくれんぼ」でもするのでしょうか!?

というわけでまた来週!

<追伸>
今回登場した滝山サマの手下の常磐井サマ…顔,おっかね~

コメント (4)

「少林サッカー」について

2008年05月10日 | TV番組,アニメ,ゲーム
昨日,金曜ロードショーで「少林サッカー」が放映されていました。

この作品は,これまで何度か見たのですが,初めて見たときにはある種の衝撃を覚えましたね。
チャウ・シンチー監督の「これでもか!」と言わんばかりのおバカな演出の数々…あそこまでいくと,おバカも芸術まで昇華するという良い例でしょう!
さらに劇中前半の,なかなか本題まで入らない一見無駄にも思える時間も,なにげに後半戦への伏線だったりするおもしろさ。
特に主人公のガールフレンド・ムイちゃんが,どういうわけか太極拳の技で饅頭を作っているのですが,果たしてこれに何の意味があるのだろうと思っていると,実は最後の大どんでん返しにつながるというあのミラクルには,初めて見たとき思わず拍手・喝采してしまいました!

まあ,何度も見ると徐々に色あせてくるのですが,昨日あらためて見てもやはり面白い映画でした。

ちなみについ最近,チャウ・シンチー監督の「カンフー・ハッスル」が地上波で放送されていたのを見たのですが(これは今まで見たことなかった),確かにチャウ・シンチー流なおバカ演出は健在でしたが,少林サッカーのときのような新鮮さはなかったように思えました。

柴崎コウさんの「少林少女」は果たして「少林サッカー」を超えることができるのか!?
コメント (2)

連休明け

2008年05月07日 | 雑談

昨日でGWも終わり。
今日からまた仕事生活が始まりました。
GW中はほぼどこにも行かず,ゲームをしたり,溜まっていたビデオを一気に見たりとぐうたら生活を繰り返していたのが災いしてか,今日は一日中からだが重く,さらに一日中眠い状態が続きました
やっぱりニートな生活は身を滅ぼしますね・・・

さっそく今日から例の階段登りも再開!
早くGW前の状態に戻したいですね。

みなさんのGW明けはいかがでしたでしょうか?

コメント (2)

篤姫(第18回)

2008年05月05日 | 大河ドラマ
今回は,篤姫も尚五郎サンもとにかく「おめでとう」という回でしたね。

お近さんが尚五郎より7つ年上であったことが今回の判明。
この時代にしては,お近さんは遅い嫁入りだったのでしょうね。
そんな年上の妻をも包み込んでしまう尚五郎サン。
あのような包容力をいつの間に身につけたんだ,彼は…と思ったりしました…
婚儀に乱入してきた大久保一派のあの「歌」は,聞いていて眠くなってきたのですが,あれは現在に例えると,結婚式で同僚がスマップを合唱するようなものなのでしょうかねぇ…???
いずれにせよ,今まで苦労ばかりだった尚五郎サン,よかったね。

一方,篤姫もいよいよお輿入れ。
篤姫の,幾島に対して「そなたが嫌いであったことを忘れておった」という一言に,なんとなくジーンときました。
幾島サマもこれまで苦労してきた甲斐があったのではないでしょうか。
さらに,顔を隠し続けてきた母上・英姫サマも最後の最後であばた顔を義娘に披露。
閉ざされた人の心まで開いてしまう篤姫のオーラというのはほんとにすごいものですね。

ではこのへんで
コメント (4)

のんびり連休

2008年05月03日 | 雑談
↑今日,駅のホームで意味もなく撮った写真

連休に入ったというものの,天気の悪さも災いし,家でぐうたらな毎日…
連休の残りの日にお天道様を期待しつつ,今日は久々に床屋に行ってきました。
気持ち,駅のホームも閑散としていた感じがしましたが,人々は遠くへ旅に行ってしまったのでしょうかねぇ。

頭もさっぱりしたところで,明日はショッピングにでも行こうかと思います。

コメント (6)