磁器装飾アトリエ&教室 ピアットスカーナ(東京)な暮らし

伊フィレンツエ18世紀からの伝統技法で磁器に装飾しています。「自由な発想で普段の生活は魅力的に変えられる」を合言葉に。

ピアットスカーナの春の花:Febbraiopiattoscana 2019

2019-02-21 13:20:12 | 教室見本&生徒作品(陶磁器)/オリジナル

何日か前は、北欧を感じた我が家の窓際


今朝から、硬い蕾がポンポンっと開きはじめた


(写真)花の名前は、春の花、あおもじ

▼関連記事「ミモザのデミタスカップ&ソーサー:Trial Lesson / cup and saucer」
コメント

今日が眩しい:Febbraiopiattoscana 2019

2019-02-16 12:48:39 | 水彩画・デザイン画



知人や先輩方から譲り受けた書籍を積み上げる。

レッスン前に、突然、思いついたことがあるから。

ありがたいなあ…。

今日がまぶしい。
コメント

愛の翼を広げて: Febbraiopiattoscana.2019

2019-02-15 12:51:51 | 教室見本&生徒作品(陶磁器)/オリジナル


毎日がハッピーバレンタインのように
その日その日が私からのギフトです


Lさんの月1プライベートレッスンは
自分らしく使えるものを描くこと


Mさんの月2のレッスンは
私のお気に入りを描くこと


これから焼きを待つ色装飾された陶磁器
縁ぎりぎりまで生徒さん達のパッションが描かれている


今日もハッピーバレンタインのように
教室見本でテーブルをコーディネートしていく

描く時間+くつろぎの時間=15.Febbraio.2019

*****

そろそろ、レッスンがはじまる。
あれ?きょうも、雪も模様だ!
コメント

音楽の泉を聴きながら:Febbraiopiattoscana 2019

2019-02-10 14:04:00 | 水彩画・デザイン画

雪の中、バームクーヘンを届けてくれた人がいる。
朝から並んで買ったという。
私の大好きなマッターホーン(学芸大学)の銘菓。
純粋な材料でひとつひとつ手作りされている。

*****



*****

今朝、母と美味しく頂いた。
切り口の波形に朝日が斜めから降り注ぐ。
コーヒーを入れながらそれを眺めていた。
優しく広がる年輪の起点はどこだろう?
様々なことが思い出される。




器がいっぱいになると、
今度はカップの側面が愛おしかった。
徐々に無数の点と点が線になり
そして、線がまた点にかわった。




10.Febbraio.2019

*****

今日もそろそろ、レッスンがはじまる。
おやつは、もちろん、バームクーヘン^-^
コメント

Today:Febbraiopiattoscana 2019

2019-02-09 12:41:53 | 教室見本&生徒作品(陶磁器)/オリジナル


<<フィレンツエ便り>>

こんにちは、磁器装飾家の笠原知子です

本日よりピアットスカーナの2月
まもなく1回目のレッスンがはじまります



レッスン、注文のご相談は、事前完全予約制
メールアドレス:tmksimmon@gmail.com

皆様のお越しを心よりお待ちしております

コメント

アリスの手紙に、もうすぐ春を:Febbraiopiattoscana 2019

2019-02-01 18:07:18 | いろんなオリジナル



イタリアから届いた手紙に入っていた、もう1つの封筒。
取り出して広げてみる。



温かい。
そう思える。



1.Febbraio.2019

nel caso in cui tu voglia servire alcune sorriso, non importa fare il chat con visione. E' sufficiente creare di lettera cosi. Grazie Alice! Ne ricordero' piu di 100 anni infornare meglio il cuore d'amore.

コメント