日々の記録

ほどよく書いてきます。

Powerful green laser pointer available in 2017

2017年04月16日 17時48分44秒 | 光り物

*Never point laser beam to airplane nor eyes*

High power output laser pointer is not allowed to sell in some countries. But it is good for astronomy events or some hobbies.

But somehow we can buy and import from Alibaba.com in China.

What I bought is SDlaser303 in Alibaba.com with only $9.11.

They shipped with bubble package and it took about 3 weeks from China to Japan.

This is the unscrewed parts. Safety key at the bottom end, you can remove keys when the safety switch is on. Keep the key turn off when not in use.

At the top end, there's grating to scatter beam to multiple beam point as next picture.

You can see the grating (foggy filter). but you can easily remove it, just unscrew it.

 

Now I see the single, strong beam like this. yay!

ISO400 F2.0 SS=2.5sec

The output power is good enough. The beam is easily visible at night. Easy to point stars, it is a good tool to explain stars.

 

How strong? I am not sure. I have no power meter.

So I try to point the wall at sunset time.
you see a green dot on the parabola?

 A green dot on the white wall.

 

If you want to burn something, you can unscrew objective lens so you can focus the laser to nearer.

 

Green DPSS lasers are sometimes sensitive to temperature, I bought 4 lasers then chose the best.
 

 

 

The label says it is less than 10W!! Yes, definitely it is less than 10W. I think it is around 100mW, maybe. 
And ClassIIIA is not correct, it should be class IV or class IIIB.

コメント (1)

デジタルサーモスタット

2017年04月16日 14時04分49秒 | AVR

以前、温度調整制御をしようとマイコンでちょっと作ったものがあったが、実は電力が足りなくて加熱が不十分というオチだった。

で、新しく作ろうかと思っていたら、こんなのを見つけた。

アマゾンで、220円。

あれ、マイコンより安くないか?

制御は至ってかんたん。

目標温度、ヒステリシス幅、極性(加熱or冷却)を設定すれば、よい。PIDとかそういう制御ではなく、温度が下がったらオン、温度が上がったらオフというかんたんな制御。

何がすごいって値段だよね。送料いくらだよと思ってしまう。

 

で、もちろん買ってみた。動く。出力を示すLEDが消灯しているとき、8Vくらいの逆バイアスがかかっているので、そこは解消が必要だろう。

マイコンが3.3Vで動いており、電源を5Vにしたらよいが、そうするとリレーが動かない。

リレーを取っ払ってSSRに取り替えれば5Vで動くのでそうしよう。SSRならカチカチ音もしない。ただ、SSRは少々ドロップ電圧が気になるので、放熱には気をつけたいところだ。

 

コメント (1)

30W LED

2017年04月16日 13時21分59秒 | 光り物

30WなるLEDを買ってみた。

LEDチップが黄色い蛍光剤の下に並んでいる。

弱めの電流で点灯してみたが、意外や均等に点灯しているようだ。そして気泡があるな。これは3列で光っているが、一列10Wで、列数を増やせば50Wや90Wなんていうのも可能かもしれない。

なお、手持ちの電源がkikusuiのPAK35-10となんとか35Vまで電圧出せるので光らせることができますが、発熱もまたひどい。

12Vからブーストコンバーターで光らせられれば使い勝手の良いものになるだろうか。

コメント (1)

スーパーキャパシタ

2017年04月16日 13時01分22秒 | 電子工作

スーパーキャパシタを探し求めていたが、FIT(GK3)に搭載されているEDLCが12Vの電圧直接入力OKっぽいということで、探してみた。

ヤフオクで12,000円だったが、高いな。6500円で落札という記録もあったので、少々悔しい次第。

もうちょっと小さいかと思ったが、結構でかいのが来た。写真の色味が異なるが、撮影環境が違うので勘弁してください。

 

セルバランス回路が入っているようだ。

EDLCそのものは裸で取り付けっれている。

 

チップ抵抗がたくさん付いているが、あれで放電させるのだろう。一定電圧を超えたらチップトランジスタをONにして放電するようだ。

冬はバイクのセルモーターが心なしか弱々しく回るで、これでアシストしてやろうかと思っていたのだが、少々でかかった。

 

 

さて、容量の実測だが、放電してから電源装置の1A出力にて充電し、電圧の上昇っぷりから容量を算出する。

きれいな直線となった。ここから計算される容量は175F。あれ、一つ1200Fが6直列だから200Fくらいあると期待したが、中古品なのでしょうがないだろう。

キャパシタそのものの内部抵抗は測定できていないが、EDLCメーカーのデータシートを見る限り、0.8mΩ程度らしい。一つ1mΩとしても全体で6mΩしかない。

200A流したとしても1.2Vしか電圧降下しないから、これ車のセルモーター回せるのではないかと思ってしまう。私の車はアイドリングストップ車なので、鉛電池の充放電サイクル数が高くなりがちで、バッテリー寿命弱いのではないかと思う節があるので、鉛電池に並列に接続するなどしたら鉛電池の劣化による内部抵抗増大をこいつで賄えないだろうか。

でも、搭載位置が問題なのよね。

特に活用するでもなく、部品が増えてしまいまいました。

コメント (2)

2017年レーザー購買記録

2017年04月16日 12時47分36秒 | 光り物

さて皆様、ヤフオクやアマゾンでは一掃されてしまった強力な出力のレーザーですが、まだ海外から購入することができます。

Alibabaという中国の通販から一つ9.11ドルで買いました。一つは電池と充電器がついたので14ドル程度でした。

なお、到着まで2週間から3週間程度かかるので、辛抱強く待たねばなりません。
 

というのは、一つ目を買ったときに気温が低いのもあってか、出力が不安定だったので、これは数を買ってあたりを引くのがいいのではないかという単純な発想から追加オーダー実施。

少々寒いときでもある程度安定して出力が得られているものがあるので、まあ良しとしました。温度で少々安定度がないものは、友人にあげちゃった。

しかし、1000円でこれほどのレーザーが買えてしまうのは危ないような気もしますが・・・

 

その後手持ちの18650が2本しかないこともあって18650のLi-ion電池を2本Amazonで買いました。パナソニックセルがいいなと思って買ったけど、レーザーより高かった。

 

なお出力は以前にも書いたように、こんな感じ。

以前レーザーを買っていたのは、

Z-Bolt

WickedLasers

だったが、いずれもアリババの値段を見てしまうと高値ですね。

コメント (2)