松村知也、猫が大好きな爺さん

自身の忘備録です、日記風の記述だが政治的な意見や専門領域(電子工学・品質管理)の記述は意図的に避けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

短命なご先祖様のこと

2018年02月26日 | 親戚
結婚と同時に本籍を山口県光市室積から神奈川県に移動した、そして金婚式を迎える一昨年になると前述の本籍に関わる人は誰一人存命するものはいなくなり寂しくなった。せめて菩提寺とのご縁でも切らさずにいられたら救いもあったのだろうが、救いとは自分のご先祖さまが何処から来てどこに住みついたのか、くらいの事を明確に伝えることは生き残った人間の務めではないかと思うからである。そこで松村家であるが、その素性は明確ではない。まあ日本のほとんどの家では4代遡って先祖が何をしていたかなど明確にできる家など多くはないと思われるが、私の祖父は植民地に移住して彼の地で夭折したのだが彼の素性や先祖のことなど戸籍謄本の除籍簿の記載を見ても3代前までしか辿れない。先祖の悪行の報いなのか、あるいは遺伝子のせいなのか松村家はみな短命で古稀を迎えたのは私が最初の人物だ、ちなみにご先祖様親兄弟の寿命とその死因を列挙すると、祖父の松村芳太郎は事故死で52歳、父の松村俊雄は上顎癌で62歳、叔父の松村正は事故死で43歳、弟2人はともに癌で65歳と69歳で逝っている。そこでここから先は想像というか創作であるが当家の宗旨が西日本では極めて少数派の曹洞宗という事から室町時代末期に関東から安芸国(広島県)に大挙して移住した野伏の一団ではないかと思う。いやというか前述の事象は頻繁にあったらしい、かの菩提寺の過去帳などから推察すると水先案内や船による戦闘を生業とし戦国時代、我が松村家の先祖は五軒屋五人集と言われる海賊グループの親玉で海岸を通行する船から金品を巻き上げたり、一攫千金を夢見て江戸時代初期には小舟で日本海を経由して蝦夷地の探検などもやっている。曹洞宗の人々の分布を俯瞰すると圧倒的に関東以北が多数派だ、某電子機器メーカーを60歳で定年退職して70歳までの10年間は全国を出張して回る仕事をした。また前述のメーカー勤務のころも転勤で東北地方を転々としたが、東北地方の宗旨は曹洞宗が圧倒的に多い。という事は仏教に帰依したがらない多神教の神信心の母系種族で肉食の遊牧民か大陸の騎馬民族を遠い先祖に持つB型の血液型の要素が多い蝦夷の分布がこの地域では多数派だったのであろう。そして東北や坂東を食い詰めたこれらの種族の一部が米作の肉食を禁ずる温和な人々が暮らす西日本に移住して傭兵として周囲からは厭われながら戦闘を生業とする集団を形成していたのではないだろうか。
コメント

自動車電話

2018年02月10日 | IT親爺
ドイツや英国では会社が貸与する車(company car)で仕事をする、日本のように電車に乗って顧客を訪問するということは殆んどありえない。
従って業務報告や会社内部への指示などはすべてハンズフリーの携帯電話で運転しながら行うのが効率的だ、何故ならばロンドンの事務所からウエールズの顧客に行くにはモーターウエー4号線を3時間ドライブする必要があるのだが往復6時間の移動時間を活用しない手はない。ところが日本では道路交通法 第71条 5の5には下記の記載がある。
自動車又は原動機付自転車(略)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。以下略)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。以下略)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(略)に表示された画像を注視しないこと。
ということは車載タイプの電話機、というか携帯電話と車の電話サポート機能とを接続して使用する場合、完全に車を停めて電話しなければならない、ウエールズの町で車を停めて1時間も電話していると帰社は何時になる?残業時間は?
コメント

続けていてよかった

2018年02月09日 | 親戚
拙い文章で誠に恥ずかしいかぎりだが、このようなブログだって続けていてよかったと思う、またこのブログの題も何度か変更しているが、個人情報の保護という名目で仮名で通してきた。
しかしながらFacebookでは本名を出しているのでこの機会に思い切って題名も変えておく。
何故続けてよかった?に関しては追ってまたこのブログに記述する。
コメント