おどろき森の季山野の記

山、花、木、草、空、季節の表情をお届けできたら~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋吉台の草花

2011-06-28 | 草花

秋吉台を散策していると、遠くから雷鳴が聞こえてきました。

ヤマトキソウを探そうかと思いましたが、草の丈が高くスニーカーでは無理でした。

これから先、秋吉台でいちばん多く群生しているのはこのウツボグサです。

透明感のある青がきれいですね~。

そして、こちらも初夏の代表選手、オカトラノオ。

 

 

にわか雨を気にして近場をうろうろ散策。

展望台売店の横にはオカトラノオと、園芸種の紫色の花がコラボっていました。

人の往来が多い場所には、やはりそれなりの草花が咲いてました。

秋吉台は車で走るだけではもったいないっ!

ぜひ、自分の足で草原を歩いてみてください~。

さやかな風や可憐な山野草たちが癒してくれることうけあいです~。

 

さて、おまけの動画、カッコウなどの鳴き声も聞こえていましたが、

残念ながら風が強くてかき消されていました。

梅雨の秋吉台

ちなみに、帰りはザアザア降りの雨となりました。

コメント

梅雨の草花

2011-06-26 | 草花

梅雨の秋吉台に咲く草花を求めて~。

とはいえ、天候も怪しいのでトレッキングシューズではなくスニーカー。

予想外に草が伸びていて、メインの遊歩道しか歩けません。

失敗したなあ、長靴でも持ってくれば良かったと後悔しました。

と、遊歩道わきで待っていてくれたのが、カキラン。

今回、一番の収穫!です。

こんな華麗な花がふつうに咲いているのが秋吉台のスゴイところ。

ふつうのネジバナも秋吉台でみると、なぜか新鮮~。

山野草はつづく~。

コメント

梅雨の秋吉台

2011-06-25 | やまぐち

梅雨の合間をぬって、秋吉台をのぞいてきました。

途中、道端にはホタルプクロ。

左手、龍護峰とお鉢山、右手、西の西山。

台風の影響かけっこう風が吹いていました。

手前、ドリーネ、遠く、桂木山。

そして、遠くで雷が鳴っています。

緑はずいぶん濃くなっていますが、曇天のため画像にするとイマイチですね~。

野草たち~はつづく。

コメント

きららあじす

2011-06-23 | やまぐち

こちら、宇部市に近い山口市阿知須にある道の駅です。

イチオシは、くりまさるのソフトクリーム、画像はバニラとのミックスです。

くりまさるは、栗にも勝るあまさが名まえの由来のかぼちゃ。

濃厚な味がおすすめです~。

そして、数々のお弁当は勿論地元のもので甲乙つけがたし・・・・。

イチオシはつるやの巻きずし、素朴ながらもうまさは感動的!

先日は山口の郷土料理、けんちょう(下画像、左上)も入ってました。

味心のうなぎもいいですけど・・・・。

定番、割烹菊水のドレッシングも忘れず購入~。

10月においでませ山口国体も開催されるきららドームの入口にありま~す。

宇部市丸尾からみた日ノ山(左)ときららドーム(右)です。

コメント

梅雨の朝

2011-06-21 | 四方山話

どんよりとした朝、かえってバラのピンクが梅雨空に映えます。

九州南部では千ミリを超える雨とのこと、一昨年の豪雨災害の記憶がよみがえります。

どうかもちこたえてくれ~、と祈るばかりです。

しかし、そんな雨も「恵みの雨」の側面ももっています。

自然の中で生かされている我々は、自然との共生が永遠のテーマです。

コメント