おどろき森の季山野の記

山、花、木、草、空、季節の表情をお届けできたら~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅はさいたかまだかいな

2012-02-27 | やまぐち

梅はさいたか、梅はまだかいな~、というわけでちらほら咲いてるのもありますが・・・・。

ほとんどがこのとおり、まだつぼみ~。

ことしは、例年より2週間以上開花が遅いそうです~。

で、ここは梅の名所のこれです。

 

参拝者というより・・・・。

観光客・・・・?

この瑠璃光寺には、国宝の五重塔があるんです。

そして、観光客だけでなく、ここへ通う地元のひともいます。

目当ては瑠璃光寺だけに瑠璃色の・・・・つづく。

コメント (3)

飛行する飛行せん!

2012-02-26 | 四方山話

見上げれば飛行船が飛んでいました。飛行するのに飛行せん、とはっ!

きょうは、雨こそ降りませんでしたが、どんより~の寒い一日。

秋吉台の山焼きも25日は雨で、26日も延期、で3月3日に変更~。

 

 

 

 

 

山焼きも延期、山歩きもお休みで不完全燃焼~。

コメント (4)

カーネーション、カネー。

2012-02-24 | 四方山話

好きな花は?ときかれてもすぐは答えが出てきません~。

まあ、山に咲く山野草かねぇ!いや、カーネーションかねぇー?

で、無茶ブリですが、カーネーションと言えばいま流行りの朝ドラ~。

でも、昭和の私は「カーネーション」で思い浮かぶのが、井上陽水の曲、

♪カーネーションお花の中ではカーネーション~です。

白いカーネーション-井上陽水

いかがでしょうか?なかなか素敵な曲でしょう~!

 

で、朝ドラの方ですが盛り上がってきましたね。すっかりはまって毎朝、観ています~。

コシノ3姉妹、特に次女はリアル感あふれ、時々本物かと錯覚してしまいます。

それにしても、本当はあんなに仲悪くなかったんでしょうね~きっとドラマだからと信じてます。

そういえば、三女の「ミチコロンドン」のTシャツ、以前持ってました~。

 

まあ、いずれにしても3姉妹の将来は見えていますが、

気がかりなのは北村こと、ほっしゃん。

この先、どうなるのかとても興味深い~。てゆうか、何者っ?

 

そして、そのあとの「朝イチ」イノッチの視聴者目線のコメントも、

セットで楽しい、「カーネーション」のネタでした。

 

コメント

やぁはずかしやはずがだけ

2012-02-22 | 

恥ずかしい、矢筈ヶ岳のお話しのはじまり、はじまり~ぃ。

何が恥ずかしいかと言って、こんな恥ずかしいというかぶ様なことは初めてです。

実は、トレッキングシューズを忘れて山へ行っちゃいましたぁ。(笑)(汗)(泣)!

忘れた事情はともかく(←ショックであまり語りたくないらしい)、折角登山口まで来たからには、

と、とりあえず履いてきた安物の運動靴で出発~。

敷山神社~、ここまでは運動靴でも余裕~。

その後、登山道も狭く急になり、やはり滑るし足元に不安あり~。

ともあれ、尾根までたどり着き、標高430メートルの西峰展望岩へ到着!

防府市街方面~。

防府市江泊山(左)、向島(右)。

三田尻方面、向島~。

 

瀬戸内海、周南市の大津島方面~。

西に、山口尾の鉄塔(右)、遠く西鳳翩山、東鳳翩山も見えてます。

こちらは、一級河川佐波川~。

佐波川大橋、防府新大橋を経て、瀬戸内海へ注ぐ~。

大平山も間近かです!

飛行機も間近かです?

で、下山後、国道2号沿いからの矢筈ヶ岳。

結局、尾根道はまだ濡れていて、運動靴がびしょびしょになる(前日、竜王山で経験済み)のと、足元が滑ることもあり本峰山頂への登山は勇気ある?撤退!とあいなりました~。

やっぱ、トレッキングシューズは必須アイテムすっ!

コメント (3)

辰年の竜王山

2012-02-20 | やまぐち

辰年にちなんだ山を巡るシリーズ?第二弾は山陽小野田市の竜王山へ。

麓の焼野海岸、日本の夕陽百選に選ばれた~きららビーチ。本当にキララ!

時折小雪の舞うこの日、夕陽は期待うす、竜王山はここから車ですぐ~。

で、こちら竜王山の駐車場~。

山頂は右手の小高い山、歩いて1分~。

おおっ、西側にはまだ雪が~。

山頂公園の三角点、標高135メートルながら絶景パノラマが~。

 

お隣りの宇部市方面~。

山口宇部空港への着陸態勢~。

山頂からは360度の展望が開けます。瀬戸内海~。

行き交う船~。

対岸は九州の山々~。、

ちなみに、竜王山は低山ながら山野草やヒメボタルなど豊かな自然に恵まれています~。

辰年の山、2座目ゲット!ただし、今回は登山なしで車でした~。

 

コメント (2)