おどろき森の季山野の記

山、花、木、草、空、季節の表情をお届けできたら~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海から山、久々の山歩き?

2011-08-31 | 

久々の山歩き~、と言っていいのかどうだか・・・・。ひと月前の高尾山以来です。

まあ、散歩と言った方がいいかもしれませんが~。

尻川湾を後に、すぐ上にある国民宿舎あいお荘へ。

あいお荘の駐車場から遊歩道へ入ると、串山連峰の縦走路です。

しかし、しばらくは舗装路でやはり山歩きとは言い難い・・・・。

眼下に広がる中道湾、尻川湾の東に位置しています。

南側には草山と草山灯台。

 

10分も歩けば海抜151メートルの行者嶽山頂。

低山ながら三等三角点(白い標柱の左)もあり、やはりりっぱな山歩きか・・・・。

 

山頂広場には東屋もあって、ゆっくりまったり、151メートルの高さとは思えない、

開放感あふれる展望を満喫できます。

そんな素晴らしい景色はつづく~。

コメント

山から海へ

2011-08-30 | やまぐち

長門峡から帰り、もみじ茶屋はゆるやかなカーブのところに。

 

さらに国道9号を南下すると、自然のまんま屋さん。

初めて立ち寄ったんですが、新鮮野菜が並んでいました。

某県民ショウでやっていた、ソーメンウリなど野菜類を調達~。

ちなみに、ソーメンウリは酢の物がサイコー、テレビでやっていたソーメンと同じ食べ方はイマイチ・・・・。(見ていない方、意味不明ですいません)

ここにもあゆがありましたが、食べたばかりでパス。

で、ここから一挙に距離にして50キロ、標高差200メートルを下ります。

着いたところは、竹島を望む山口市秋穂~。

 

尻川湾から草山~。

さすがに夏のおわり、以前来た時に比べ砂浜で遊ぶ人もまばら~。

 

 

つづく。

コメント

長門峡グルメ

2011-08-29 | やまぐち

長門峡(ちょうもんきょう)は、爽やかな高原のまち山口市阿東にあります。

その長門峡梨ゲットを兼ねて、知人おすすめのあゆ料理の店へ~。

これまでは国道9号を通るたびに素通りしていた、わらぶき屋根の超素朴なみせ。

しかし、目から鱗~、田舎料理とあなどることなかれ~。

   やまめ定食

特にあゆの塩焼きは、素材がいいのか焼き加減がいいのか川魚オンチの私にはさっぱり分かりませんが、超絶品ですっ!

   定食のうなぎ

隣の人のざるそばやおむすびもおいしそう、それにやまめのフライも食べてみたい~。

と、次回のオーダーも心のなかにひそかに決めて帰りました。

「もみじ茶屋」さんにはトンカツや焼肉などの定食、丼ものにうどんなどのメニューもありました。

長門峡梨もなかなかイケます~。

そもそも鮎とか山女とかは得意じゃないこの私、まさかグルメネタで紹介することになろうとは、

恐るべし・・・・!

コメント

とくぢの花火大会

2011-08-28 | やまぐち

昨晩は、花火大会へ行ってきました。

場所は一級河川佐波川の中流にある山口市徳地地域。

いろんなイベントに中山間地域とは思えないものすごい人出で大賑わい~。

花火は午後8時から45分間、休みなしにつづきました~。

目の前で打ち上げられる花火は迫力満天!

その割にはお粗末な腕前で、コンデジ画像の方はイマイチですねぇ。

仕方ないので、動画でごまかしましょう~。

とくぢ花火大会 その1

コメント (2)

朝焼け

2011-08-27 | 四方山話

「朝焼け小焼けだ大漁だ~」・・・太陽だ?

郷土の詩人、金子みすずの詩ではありませんが、今朝はこんな朝焼け~。

 

 

 

そのうち朝焼けは~?

「おおばいわしの大漁だ~」ではなくて、秋のいわし雲に・・・・。

そして、郷土の詩人と言えばもうひとり、中原中也。

「ここが私のふるさとだ、さやかに風も吹いている~」

と、さわやかな朝でしたが、午後にはまたまた大雨洪水警報発令!

で、さすがにきょうは雨も降りました~。それにしても、豪雨でなくってよかった。

コメント