★オープンフリーク★

OpenFreak
~ドライブとクルマと、時々、出来事~
最近は、家庭菜園が主流になってます。

4代目ダイハツ・タント

2019年11月21日 22時08分41秒 | 
4代目「ダイハツ・タント」を見てきた。

軽スーパーハイトワゴンのパイオニア。
販売台数がトップの時期もあったが
今では、「ホンダ・N-BOX」にお株を奪われてしまった。


「軽スーパーハイトワゴン」の失敗も許されず、奇抜なデザインもできない。
4代目ともなると
歴代「ダイハツ・タント」との違いもわからん。

エクステリアは、簡素で愛嬌がある。

が、インパネまわりは、可愛くないしお洒落でもない。
簡素で安っぽい。


使えない目玉機能を盛り込んでいる。

「ウエルカムオープン機能」
降車時に予約スイッチを押していれば、クルマに近づくと自動でスライドドアが開く。
どんだけ両手が塞がる買物予定があって、予約スイッチを押すんだろうか?

「ミラクルウォークスルー」

「ダイハツホームページ」より
画像を見てもらいたい。助手席を一番前に倒している。
ここまでしないと通行できない。

運転席を後方にスライドして、助手席を一番前に倒して、後方へ行く。
こんなことするだろうか?
助手席に荷物を置くだろうし、助手席から出れば、十分じゃないかな?



後部座席がスライドするので、荷室の広さが調整できる。
が、バックドアからスライドが出来ない。

大きな荷物があっても、一旦、後席ドアから後部座席をスライドさせてから
バックドアから荷物を入れる必要がある。

シートアレンジが豊富だが、後席・荷室の利便性が悪い。



とは、言うものの
1からプラットフォームを作り、新開発のCVT
最新の安全装備、考え抜かれたアイデア。
快適で、楽しくて、満足するクルマであることは、間違いないだろう。





動画で見る4代目ダイハツ・タント






2代目「ダイハツ・タント
コメント   この記事についてブログを書く
« 第14回かがみの健康マラソ... | トップ | 倉敷市立図書館20191122 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事