大賀池日記

和歌山大賀ハス保存会のブログです。大賀池は和歌山県日高郡美浜町三尾にあります。since1962

発見70年記念事業

2021-05-03 08:40:58 | 大賀ハス
今年は大賀蓮が発見されて70年の節目に当たります。当保存会は10年前の60年目も記念事業を行いました。今回はコロナ禍でもあるので前回よりは規模を縮小した形で、①観蓮会と②記念誌の作成を中心に行います。①については従来通りの催しに加え、当池の保存株の故郷である千葉公園から大賀蓮栽培の歴史を示す貴重な写真をお借りして写真展と元千葉市中央・稲毛公園緑地事務所長の斉藤久芳氏による講演会を開催する予定です。②については60年目の記念誌に収めきれなかった大賀蓮に関する話題や情報、千葉市の大賀蓮保存に関わる方々からも寄稿を予定しています。現在コロナ禍第4波が広がりつつあり、今後の行方が見通せませんが、規模縮小や内容変更を行いながら実施する方向で考えております。
 なおこの事業を実施するにあたって、和歌山県の「令和3年度地域・ひと・まちづくり補助事業」を受けております。
また事業をより充実させるためにこの件に関してご賛同いただける方のご厚志も募っております。
ご厚志くださった方には、お礼として記念誌を差し上げ
ます。詳細はuskq88985-gmail.com (-を@に替えてください)へお問い合わせください。

大賀蓮発見現場
コメント

野生の証明?

2021-04-17 09:10:47 | ハス
もう10年以上前になるか、茨城県の蓮愛好家の方から中国古代蓮(東京大学保存株)をいただき栽培しています
が、この株は花付きはよいしきわめて強壮です。もう何年も放置し土も一部ヘドロ化していたので掘りあげて
みると、これだけの蓮根がとれました。大賀蓮ならとっくの昔に消失しています。
一部ヘドロ化した土壌。

採取できた蓮根。

この蓮根の中に昨年の蓮根が腐らずに付着した株がありました。旧蓮根はカスカスです。


中国古代蓮は中国遼東半島普蘭店(フランテン)の湖底跡から出土する500年から千数百年前の
古蓮実を発芽させた株です。大賀一郎博士が蓮研究を始めるきっかけになったハスです。

コメント

新大賀池造成

2021-04-03 16:34:12 | NPO日ノ岬アメリカ村
NPO日ノ岬アメリカ村が同じ三尾地内に新しい大賀蓮池を造成しました。




3月31日に大賀池の株10本を新池に植え込みました。



今後この池を含めた一帯で様々なイベントが展開される予定です。
内閣府ホームページ

プロモーションビデオもできています。
日の岬・アメリカ村

蓮の町
現時点で映像中の阪本祐二の生年が1925年(昭和元年)になっていますが、正しくは1925年(大正14年)です。
コメント

大賀池整備作業

2021-04-03 16:07:23 | 大賀池
長らく更新が滞っていました。本日、恒例の整備作業を行いました。
今回は美浜町教育委員会の応援もあって11名で1時間かけて池の縁のアシカキ除去と池畔の枯れ草を刈り込みました。



見違えるようにきれいになりました。明日にでも観蓮会ができそうです。

池の大敵アシカキは池の縁から池の中へ侵入しますので、まだはびこらないうちにできるだけ除去しておきますが、アシ
カキにはこれだけでは抑えきれない勢いがあります。5月になればもう一度除去作業が必要です。




桟橋はかなり老朽化してこのまま放置すると危なくなってきました。


もう一つ大敵のイノシシも度々来ているようで、池畔には大きな掘り跡が残っています。
コメント

猪禍は続く

2020-12-06 09:35:28 | 大賀池
一応大賀池は安泰ですが、周辺ではイノシシの活発な活動痕跡が見られます。

柵ギリギリまでイノシシの掘り跡が見られます。

北池は侵入による濁りが見られます。

2020年11月28日撮影
コメント (4)