元牛久市議会議員 沼田かずとしのブログ

若い力が政治を変える!!

年内最後の夜警活動

2013年12月29日 07時51分55秒 | 消防活動
年内最後の夜警活動を行いました。
火の元が多い時期でありますので、年明けも定期的に夜警を行ってまいります。

コメント

ホームページ写真アップ

2013年12月28日 08時28分05秒 | 活動
久々にPCでの写真整理を行い、ついでにホームページの活動写真もアップしました。


クリック → 沼田かずとしHP


コメント

議員全員協議会での報告

2013年12月27日 16時05分39秒 | 議会報告
 昨日、年内最後となる議員全員協議会が行われました。内容は、牛久市が行った東京高等裁判所への控訴審判決の結果報告でした。

 この裁判は、元々、牛久市が法人市民税等を滞納した企業の財産を差し押さえたことを巡って争われたものですが、牛久市は第一審の水戸地裁で敗訴したために、これを不服として、議会の同意(私を含む賛成18、反対3)を得て、控訴したものです。

 しかし後日、私は、東京高等裁判所へ控訴するために行われた執行部の議会への説明と裁判の争点とに著しく異なる点があることに気付きましたが、同様にこのことに気付いた他の会派から、今回の控訴を撤回すべきであるとの決議案が提出され、採決したところ、私を含めて賛成者が8名に対して、反対者が13名もあり、控訴の撤回をすることが出来ませんでした。

 その後、次に行われた定例議会で、同僚議員が第一審の裁判結果に対する一般質問を行ったところ、市長の答弁は「裁判官は不動産の知識については無知ですから、それについてちゃんとこちらのほうの、私どもは被告側になったわけですが、被告側として、その不動産の知識に無知な裁判官に対してその物件の全体像をちゃんと知らしめる、その行為が非常にいい加減だったという反省がございます」と、驚くことに敗訴の責任を裁判官のせいにしておりました。

 この様な経緯を経て、12月18日に第二審である東京高等裁判所の判決があり、結果は「控訴棄却」で、牛久市は再び敗訴となったわけでありますが、執行部は市民からの貴重な税金で裁判を行い、しかも相手側の裁判費用まで面倒をみなければならなくなったことに対して、謝罪すらなく、裁判自体に納得がいかないとの釈明でありました。

 また、この件について質問した同僚議員に対しては、市長から議員の皆さんが最高裁に上告をせよと言うのであれば、上告する旨の発言が出る始末で、敗訴の不満を議員にぶつけていました。
いずれにせよこの件について、牛久市は顧問弁護士の意見に従い、最高裁への上告をせず、東京高等裁判所の判決を受け入れることになりました。


   
コメント

茨城市町村政策研究会定例会

2013年12月24日 09時50分21秒 | 茨城市町村政策研究会
昨日、大洗町にて所属する茨城市町村政策研究会定例会に参加いたしました。
今回の講師は、自民党衆議院議員の新谷正義代議士。テーマは「安心医療・充実福祉、厚生行政の可能性」です。
新谷正義代議士は、医者であり、その立場から医療福祉の現状と未来について本音で語っていただきました。
講義終了後は、研究会メンバーから多くの質問がありました。


講師をしていただいた新谷正義衆議院議員。


質問する木本信太郎水戸市議。


同じく質問する国井ゆたか大洗元町議。


謝辞を述べる沼崎光芳美浦村議。


私もこの度の司会を突如託され、予想通りグダグダとなりました。
力不足を感じた時間となりました。
コメント

今年最後の議会だより編集委員会

2013年12月20日 22時01分40秒 | 活動
本日、議会だより編集委員会がありました。
年内最後の委員会であり、原稿の読み合わせ。
今議会から議会だよりの編集の仕方も大幅に変わり、メンバー1人ひとりの責任が増えました。
ですから、担当となったものについては今まで以上に目を配り、編集を行わなくてはなりません。

コメント