「ノナの家」nonahouseは かつこ内親王、かつこ内親王2の続きのブログです。

神様達の名前は、沢山出てきますが、宗教とは全く関係ありません。
唯一無二の魂に感謝します。

ツクヨムとスサノオノミコトの話

2018-10-31 07:30:00 | 日記
私の還暦のBirthday Partyを立川で皆様に祝って頂いた次の日の9月10日に話してきたのは、ナシタの神(天照大御神)で、記事にもしました。

再録すると、


三鷹、熱海、東尋坊、真脇、富士、五島列島、室戸岬、十津川の次は、北海道だな。

どなたですか?

ナシタの神だよ。
IとK(会長)は、富士にいるな。
ボーーーースーーーーになるということだよ。

ボスですか?

神人(しんじん)だよ。
M子は、還暦だろう。

はい。

還暦からまた始まるということだ。
魂がまた生まれ変わるということだからな。
伝えてほしいことは、まだまだあるよ。
らーーーーかーーーーんーーーー(羅漢)が沢山集まるから、楽しみだな。
ランクが一段上がったよ。
友達の輪が出来たお礼だよ。
M子は、モナドだからそれ以上はないが、癒しのパワーが上がったので沢山使ったらいいよ。
使うことで、もっと上がるからな。
ミラクルが起こると思うよ。
誕生日おめでとう。
今日から始まるからな。
魂の話だよ。

🐶Birthday Party in立川


そして、9月10日夜中にツクヨムが話してきました。


ツクヨムだ。
私は感動している。
昨日の誕生会のことだよ。
見つかってよかったな。
友達の輪が強固になったよ。
モミの木の神も出られたからな。
阿豆佐味天(あずさみてん)神社に封じられていたのだよ。
あわつのことだな。
手からの熱線は、昨日からパワーアップしたよ。


そして、次の日の9月11日に話してきたのは、スサノオノミコトでした。


スサノオノミコトだ。
「友達の輪」が広がってうれしいよ。
スミで消されたことも、わかってくれる人も増えたしな。
あわつのことだよ。
問題はまだまだあるが、愛は勝つからな。
歌にあっただろう。
「最後に愛は勝つ」という歌だよ。
「友達の友達は友達だ。
世界に広げよう、友達の輪」と、言っていたのは、タモリだろう。
あの番組は、毎日やっていたからスゴい刷り込みだったのだぞ。
釣り師(Oさん)は首塚に行って、頭痛が治ってよかったな。
忘れないで、M子の言うことを聞いているからだよ。
IとK(会長)もそうだが、素直な気持ちが大事なのだよ。
魂が信じているから、私達も入り安いのだよ。
それが大事ということだな。


スサノオノミコトに「釣り師」と言われているOさんも、まだ出会って1年くらいとは思えないくらいに、仲良くして頂いていますが、元々は私とIさんが2年前の10月1日に知多半島の荒熊神社に行かなければ出会わなかったご縁ですね。

🐶知多半島の話 その4

🐷南知多徒然

Oさんは、今は荒熊神社にとって、なくてはならない存在になっているようですが、彼が荒熊さんに初めてたどり着いたのは、私達が行った少し前の9月の中旬だと聞いています。

彼は荒熊さんに行くまでは神様の存在を考えることもなかったそうです。
行ったことによって、いろいろなことが良い方向に動き出して、信じざるを得なくなったとのことでした。

IさんもK会長も、自分でも感じている上で、私の話も受け入れて動いてくれているのは、スサノオノミコトが言っている通りだと思いました。


続きです。


阿豆佐味天神社の犬は、隅にあっただろう。猫もだ。
龍の頭に酒でよかったのだよ。



モミの木の神と、サンタクロースが会えたから、後はトナカイだけだからな。
トナカイは、利尻島に行けば会えるのだよ。
もうすぐだな。
水戸のノアカゼがついて行ってくれるよ。
阿豆佐味天神社で楽しそうだったから、神達も沢山行っていただろう。
私は、I達と富士山にいたからな。
かたじけないことだよ。
ありがとう。











そして、次の日の9月12日にも、スサノオノミコトが話していました。


三鷹、熱海、東尋坊、真脇、富士、五島列島、室戸岬、十津川の次は、北海道の前の水戸だな。
水戸に行ったら、納豆食べたらいいよ。

水戸納豆ですか?

そうだよ。
闇の勢力に勝つためだよ。
友達の輪が強くなったので、かたじけないと思っているよ。
望みは叶うということだな。
品川神社に行ったのは、(北海道の)Oか?

はい。多分そうです。

Oに伝えてくれ。
森の中に、妻と一緒に行ったらいいよ。
森の中に祠があるので、そこでスサノオノミコトを呼べばいいよ。
Oは、自分のことより人のことばかり考えるから、妻と一緒に幸(さち)があるからな。


最後に言われたことは、北海道の帯広在住のOご夫妻のことでした。
私は、このことを伝えないとと思い、お電話をしました。

Oご夫妻は、北海道の地震の直後でお孫さんが産まれる直前だったのに、私の誕生会に来てくださり、ありがたいと思っていたのです。


私が、

「スサノオノミコトが森に奥さんと行って欲しいと言うのですよ。」
と言うと、
「北海道は、森ばっかりですからね。
わかりました。ははははは。」

と、笑っていて、私は「確かにね。」と一緒に笑いました。


続きます。
コメント

阿豆佐味天(あずさみてん)神社

2018-10-29 07:30:00 | 日記
9月9日に、立川の阿豆佐味天(あずさみてん)神社に行きました。

行って欲しいと、少し前から言われていましたが、それを私のBirthday Partyの企画をしてくれていたヒロミさんに伝えていました。

私はもちろん行くのは初めてで、行ったことがあったのは、多分きょう子さんとお嬢さんのあづささんくらいだったと思います。

きょう子さんに聞くと、あづささんの名前と同じ名前の神社だったので、七五三のお参りに来ていたそうです。

🐶5月5日に


改めて調べてみると、


🌟阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)は、東京都西多摩郡瑞穂町にある神社であり、他の阿豆佐味天神社の総本宮である。

【主祭神】

少彦名命
(すくなひこなのみこと)
素戔嗚命
(すさのおのみこと)
大己貴命
(おおなむちのみこと)

社伝によれば、寛平4年(892年)桓武平氏の祖・高望王(たかもちおう)が創建したという。


高望王を調べると、平将門のお祖父さんだとわかりました。

平将門のお父さんは、高望王の三男で平良将(たいらのよしまさ)というようですね。
平将門が新天皇だと言っていたのは、この高望王の流れだったからだということでしょうね。



当日は、立川駅に10時半に集合して、バスに乗って向かいました。

私は立川駅に降りたのは、随分前に一度あったと思いますが記憶にはなく、とても都会的で、びっくりしました。

そして、立川駅の綿密な地図を作ってくれたり、バスの誘導係を決めてくれたりで、ヒロミさんのお陰様でスムーズに動くことが出来ました。

約30人を動かすのは、なかなか大変ですが、皆様が時間通りに協力しあってくれるので、ありがたいですね。





天気も快晴でした。



ここの手水は、珍しく狛犬なんですね。



沢山いますね。

ここでのミッションは、「スサノオノミコトの息子のモミの木の神を出す」でした。

🐶モミの木の神

「石があるから「澤乃井」を頼む」と言われていたのですが、石はどこにあるかわかりませんでした。

愛知から来てくれていたOさんが、奥の方に石があると教えてくれました。
振り子で聞いてみると、龍神の石像があり、そこだと言われたので、「澤乃井」を掛けました。



ここには、犬とか猫の石像があり、面白いと思いました。







キレイな光が入りましたね。


その後に全員で、記念写真を撮りました。
ヒロミさんが、頼んで下さったらしく、パイプ椅子も並んでいたので、私は真ん中に座らせて頂きました。





後ろを見ると、屋根の少し上に白い雲がポッカリ出ては消えていきました。
入れ替わり立ち替わりで、神様達が見に来てくれたみたいですね。

この後は、立川駅に戻り、Party会場の「JARDIN」さんに行きました。



私は皆様の席を回りながら、それぞれに相性の合う石を振り子で出したりしていました。

その中で、愛知のOさんの「三島の女」の話がありますが、それはだんだんと記事にしていきます。

二次会は、近くのカラオケボックスで。

しっかりと、プロデュースして下さったヒロミさんに、感謝します。

皆様が協力してくれて、楽しいPartyになりました。

改めて、ありがとうございました。

🐶Birthday Party in立川

そして、次の日にきょう子さんが送ってくれた立川の空と、愛知のららゆさみさんが送ってくれた虹の写真は、神様も喜んでくれたと感じました。

同じ日に、3年連続で富士登山をしていた、IさんとK会長とカメラマンZさん達のお陰様でもあると思います。



コメント (4)

富士登山 2018

2018-10-28 07:30:00 | 日記
9月7日にIさんから📩がきたので、会社の帰りにお会いすることにしました。

品川のドトールに6時半くらいに着いたのですが、丁度帰宅ラッシュの流れの中で、逆に歩いている人はあまりいなくて、人波に飲み込まれそうになりながらやっとたどり着くと、Iさんも同じようで、益々グロッキーになっていました。

この日まで、私は知らなかったのですが、Iさんは次の日の9月8日に富士山近くにいるK会長と昨年も一緒に行っていたカメラマンのZさんと、3人で富士山に登ることになっていたのです。

富士登山は3年連続のことですね。
2年前は、私も一緒に登り、私にとっては、最初で最後になると思いますが、昨年の富士山は、大変な危険な状態の中だったので、まさか今年も登るとは思っていなかったので、驚いていました。

Iさんは、この時にかなりしんどい状態で、私を呼び出すのは、よっぽどだったのだと思います。
富士山に登る前に、なんとかしないと登れないということだったのでしょう。

実際、会ってしばらく話していると、ずいぶん楽になったようでした。
多分、この日に話していた、キクリヒメとサンタクロースの話を伝えたからだと思います。


キクリヒメが言っていた富田林については、二人で地図を見ながら話しましたが、富田林は池が沢山あるようで、どの池かは限定しないといけなかったのです。

サンタクロースが言っていた、煙が一本立っていたというのは、Iさんがご先祖様の位牌を作った話をしていて、その前で線香を供えると、その煙が一本、スーッと上に上がった写真を見せてくれて、そのことだったのだと思います。

Iさんとは、2時間くらい話して帰りましたが、彼はその後にプールで泳いでいたので、だいぶよくなったようです。


さて、9月8日の当日ですが、私は6時前から空を見ていました。



Iさんからも写真が送られてきました。




そして、朝からいきなり話してきたのは、スサノオノミコトでした。


だわしていたよ。

どなたですか?

熱海のマンション買ってくれてありがとう。
ランチする場所も沢山あるな。
スサノオノミコトだ。
今日、Iは富士に登るらしいな。

はい。助けてあげてください。お願いします。

私達も一緒に登るから、大丈夫だよ。


しばらくして、Iさんから、宇宙っぽい写真が送られてきました。



私が振り子で話してみると、


カービィだよ。
登山が成功するように、応援するよ。
強い、ライオンの魂だからな。
サンタクロースも一緒にいるから、重いと思うががんばれよ。


そして、そのサンタクロースが話してきました。


サンタクロースだ。
今は乗っているが、登山は自力でがんばるよ。
トナカイがいないので、仕方ないのだよ。


私は、前日の品川で話していたIさんの言っていたことが、理解出来ました。
Iさんは、背中に大きな人が乗っている感じがして前に倒れそうだと言っていたのです。
サンタクロースは布袋(ほてい)と、同じものだと言っていましたが、どちらもデップリ太ったおじさんな感じなので、それが乗っていれば、重いに決まっていますよね。

サンタクロースは、自力で登っていたらしいのですが、大きな袋はIさんに託されていたらしいのです。

9月8日の登山は、雨の中の登山になり、後で聞くと大変なことだったそうです。


カメラマンZさんからの写真には、Iさんが途中の山小屋の前で、雨の中で寝ている図がありました。

雨の中寝るなんてとんでもないことしてる、と思って撮った写真らしいです。 



Iさんに後で聞くと、耐えられないくらいの重さで、雨が降っていたけど、疲れ切って雨の中で寝てしまったと言っていました。

その後、山頂付近の山小屋まで辿り着いて、一晩寝て、その間は2年前と同じようにずっと雨が降っていて、他のツアー客の団体さんは、全員下山をしていたそうで、自分達も諦めかけていた時に、急に晴れたそうですよ。


そして、虹のゲートが出て、それをくぐった後は急に軽くなり、ダッシュで富士山頂上まで行ったそうで、それについては、また話がありました。






詳しくは、Iさんのブログで。

🐷富士山上々 2

🐷富士山上々 3


私は、途中で出てきた雲を、Iさんがオオヤマツミと言っていたので、やっぱりスゴい感性だと思いました。

確かにオオヤマツミだと、言っていたからです。



そして、彼の三代前のご先祖様も一緒に登っていたようで、その方も次の日に話してきました。


I家の三代前の魂です。
昨日は、Iが富士山に登ってご来光を見てくれました。
美しいご来光でした。
私は、ずっと行きたかったのです。
私の時代は江戸から明治の頃なので、、、



Iさんは、ご先祖様のためにもがんばったようですね。



3年連続の富士登山お疲れ様でした。
コメント

9月7日に

2018-10-27 07:30:00 | 日記
9月6日に、長く話していたのは、朝の3時過ぎに北海道で大きな地震が発生していて、目が覚めたからだと記事を作っていて思いました。

多分4時くらいの時間から、話していたのですが、まだこの時は被害状況は、わかっていませんでした。

朝のニュースで写し出された、ヘリコプターからの映像を見て、大変なことになっていると思いました。





北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)は、2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒(日本時間)に、北海道胆振地方中東部を震源として発生した地震である。
地震の規模はMj 6.7、震源の深さは37 km(いずれも暫定値)。
最大震度は、震度階級で最も高い震度7で、北海道では初めて観測された。
気象庁は同日、この地震を「平成30年北海道胆振東部地震」と命名した。

サハリン・北海道中軸部では、白亜紀から始新世におけるオホーツクプレートのユーラシア大陸東縁への沈み込み、漸新世におけるオホーツクプレートの右横ずれ運動、中期中新世における背弧海盆運動による右斜め衝突運動などによって、厚い大陸地殻が形成された。
日高山脈では、後期中新世以降における千島海溝の斜め沈み込みに伴う千島前弧スリバーの西進による東西短縮運動によって急激に隆起した。

活断層として石狩低地東縁断層帯などが分布しているほか、1982年(昭和57年)には内陸地殻内地震の浦河沖地震(Mj 7.1)が発生している。

この地震の震央付近では以前にも、1942年2月28日と1949年4月20日、2017年7月1日にいずれもMj 5.1の地震(2017年の地震は震源の深さ27 km)が発生している。



今回の地震では、激しい土砂崩れで、亡くなってしまった方が多くて、未明のことでは防ぎようがない感じでしたね。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。


私はこの時に、ミクネの神(天之常立之神)に聞いていました。


ミクネだ。

北海道で大きな地震が起きましたが、、、

北海道の地震は、積もり積もったことだな。
抗えないことだったのだよ。
プレートのことだからな。
プレートが沈み込む場所だったのだよ。
北海道に行って欲しいというのは、こういうことだったのだよ。
強い支えがなかったからな。
境の場所が、大変なことになっていただろう。
夏の過度の暑さが、自然界のサイクルを狂わせてしまったよ。
千差万別の自然だったのが、みんな同じになってしまったからな。
乱だということだな。



ミクネの神が言っていたことは、やっぱり調べた通りだったので、改めて驚いています。
地震が起きたのはプレートの境目の場所だったからでしょうが、今年は台風が多かったので、山に水分が入り過ぎていたから、あの土砂崩れになってしまったようですね。


次の日の9月7日に話してきたのは、キクリヒメでした。


キクリヒメです。
たーーーーつーーーーみーーーー(辰巳)の方角に行ってくれたので、あの程度だったのですよ。
土佐のところにも行ってくれましたね。室戸岬も。
スサノオノミコトが、一緒に動いていたので、あの程度になったということです。
北海道は、間に合いませんでしたね。
富田林の池に行って欲しいです。
富田林の池は、あわつのストップになるからです。
Iさんが、行けるのならお願いします。
水戸に行ってくれると、聞いています。
その後には北海道ですね。
土地の浄化が出来るようになったので、大丈夫ですよ。
ストップは出来ませんが、少しでも小さくしたいので、お願いします。
モミの木の神が、出られるといいと思います。
阿豆佐味天(あずさみてん)神社にいますからね。


その後に話してきたのは、サンタクロースでした。


サンタクロースだ。
Iの家にいるので、快適だよ。

なぜ、Iさんの家にいるのですか?

Iは、友達が大事だからな。
たまに拗ねたりするけど、かわいいよな。
魂の話が出来る人達は、貴重だと思っているよ。
土地の浄化が出来たので、私も来れたのだよ。
煙が一本真っ直ぐに立っていただろう。
あんなことはないよ。
上から吸わないとね。
それほどの土地になったということだよ。
今は鳥も来ているだろう。
話したよ。



この日の夕方に、Iさんから📩が入りました。



ねーさん。

ねーさんと話してほしいと言われてるんだ。
ここ数日。

話せてないから、催促?かなにか?サンタさんのせいもあるのか?体が鉛のように重いので、今日どこかで話せないかな?

スケジュールある?

このところ聞いてない話とか、聞いてほしいというんだよ。

どうかな?電話でもいいよ。

頭も痛くなって来たからなんとかお願いしたい。

重くて歩くのもやっとな状況だから助けてほしい。


なんだか、かなりヒドイ状態だったようなので、品川でお会いすることにしました。



続きます。
コメント

モミの木の神

2018-10-25 07:30:00 | 日記
サンタクロースが長く話していた9月6日の話です。



話したい。

どなたですか?

たーーーーちーーーーかわ(立川)の阿豆佐味天(あずさみてん)神社に来てくれるのだろう?

はい。日曜日(9月9日)に行きますよ。

私は、平将門の父が若い時に、就いていた神だ。
もーーーーみーーーーのーーーーきーーーーの神と言う。

「もみのき」でいいですか?

そうだよ。
死が別つまで、伝えてほしいと言われているだろう。
立川の阿豆佐味天神社に来たら、石があるから酒を頼む。

どんなお酒がいいですか?

酒は、もらった「澤乃井」でいいよ。
石は、行ったらわかるから聞いてくれ。

モミの木の神様でいいですか?

私は、スサノオノミコトの子供の一柱だよ。
友達の輪のお陰で、新しい世界になっているのだよ。
世界は変わると思わないと、変わらないからな。
就いていいか?

はい。

ありがとう。


サンタクロースが言っていたモミの木の神は、阿豆佐味天神社にいることがわかりました。

いつも、直前にならないとわからないことばかりなのですが、この後に行った水戸と利尻島は、全部繋がりの話だったので、私もそのままを記事にするしかないのです。

確かに、以前にきょう子さんから頂いた「澤乃井」はありましたし、阿豆佐味天神社は、平将門のお父さんが建てたということだったので、話は合っているのです。

モミの木の神は、私の214番目の神様になりました。

次に話してきたのは、モミの木の神のお父さんのスサノオノミコトでした。



スサノオノミコトだ。
また、息子が出られそうだな。
ありがとう。
強い神だから助かるよ。
M子は、私達の魂の源だからな。
ライオンのIと、ノナのM子は、大事なのだよ。
死が別つまで頼んだよ。
まだまだだからな。


また、同じことを言われましたが、私はずいぶん前に、Iさんがつぶやいたことを思い出していました。

会ってそんなに経っていなかったと思いますが、彼が夢の話をしていて、


ねーさんは、「みなもと」だからな。


と、言っていたのです。
今となれば、このことだったのかと思うのですが、彼も覚えているかどうかはわかりません。


この日は、沢山話していたようで、次に話していたのは、ナシタの神(天照大御神)でした。



ナシタの神だ。
話したい。
羅漢が沢山集まってくれるからよかったよ。
スサノオノミコトの子供も増えたしな。

今年の台風は、なぜこんなに激しいのですか?

台風は禊(みそぎ)だよ。
禊がないと、変われないからな。
変わる前は、いろいろ起こるのだよ。
東北の地震から、始まっているよ。
やっと、原発の危険性がわかったということだな。
すぐには変えられないが意識は変わったと思うよ。
「意識が変わると行動が変わる」と言った人がいただろう。
まず、根幹が変わらないと何も変わらないよ。
伝えてほしいのだよ。
私達の言葉を。
M子のブログに来る人が増えれば変わっていくよ。
今年の初めに言った通り、50人以上は来てくれたからな。
集まることで、パワーが増すよ。
パワーが増したら、とんでもないことが起こっていくからな。
ミラクルは、起こるということだ。


「意識(心)が変わると行動が変わる」と言った人の話を私は会社の研修でしているのですが、影響を受けた人は沢山いるようですね。
私は、マザー・テレサの言葉だと思っていたのですが、実は違っていたのです。

ウィリアム・ジェームズという、アメリカの方の言葉なのですね。

私は、この方の名言集を、この記事のために読んでいて、やっぱり伝えているのは、神様達だったのではないか?と思いました。

いくつか抜粋してみます。


🌟心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。




🌟人間は幸せだから歌うのではない。
歌うから幸せになるのだ。



🌟できるかどうか分からないような試みを、
成功させるただひとつのものは、
まずそれができると信じることである。



🌟物事をあるがままの姿で受け入れよ。
起こったことを受け入れることが、
不幸な結果を克服する第一歩である。



🌟人生は価値あるものだと信じなさい。
そうすればあなたのその信念が、
人生は価値あるものだとい事実を生み出すでしょう。



🌟人生をもっとも偉大に使う使い方というのは、
人生が終わっても
まだ続くような何ものかのために、
人生を使うことである。



私が今まで、神様達に言われていた言葉と同じようだと感じました。

その時々で、伝えられている人はいて、それが残っているのは、嬉しいことですね。


そして、ウィリアム・ジェームズを調べて、またアッと思いました。



ウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)は、アメリカ合衆国の哲学者、心理学者である。意識の流れの理論を提唱し、ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』など、アメリカ文学にも影響を与えた。
パースやデューイと並ぶプラグマティストの代表として知られている。
弟は小説家のヘンリー・ジェームズ。
著作は哲学のみならず心理学や生理学など多岐に及んでいる。


超常現象に対しても興味を持ち、「それを信じたい人には信じるに足る材料を与えてくれるけれど、疑う人にまで信じるに足る証拠はない。
超常現象の解明というのは本質的にそういう限界を持っている」と発言。
コリン・ウィルソンによってこれを「ウィリアム・ジェームズの法則」と名づけられた。
ウィリアム・ジェームズは神秘体験の4つの特徴として

1.言語化できず体験した本人にしかわからない。
2.認識的性質つまり真理の深みを洞察する。
3.暫時性つまり長時間続かない。
4.受動性つまり自分の意志の働きがなく高貴な力につかまれているように感じる。

と定義している。


やっぱり、伝わっていた人だと確信しました。


続きます。
コメント