「ノナの家」nonahouseは かつこ内親王、かつこ内親王2の続きのブログです。

神様達の名前は、沢山出てきますが、宗教とは全く関係ありません。
唯一無二の魂に感謝します。

セカヒロ「魂の会」をします

2019-12-11 07:30:00 | 日記
記事の中にも出てきたように、「魂の会」をしようと思います。

来年の1月26日(日)で、場所は、川崎大師を予定しています。

いつものことですが、まずリピーターの方々(前回の記事のMIHOさんにしていただきました)にご連絡をしたところ、すぐに40名くらいになってしまいました。

新規の方は、10名くらいしか増やせないかと思いますが、ご希望の方は私のアドレスに直接ご連絡してください。
私の方から詳細はご連絡致します。

条件としては、昨年も記させていただきましたが、私のブログを読んでいただいている方に限ります。

ご連絡はお名前とお電話番号、お住まいの大体の地域はお知らせください。
グループ分けをするようになると思いますので。

人数が達したところで締切と致しますので、よろしくお願い致します。

minako.22990908@gmail.com








画像は、やっと色づき始めた熱海のマンションの裏山と部屋のクリスマスツリーとアルパカちゃん。

コメント (1)

台風19号の後に その2

2019-12-10 07:30:00 | 日記
10月の三連休の最終日に、品川のお店でMIHOさん、Iさん、私の三人で会っていました。

Iさんは、泥だらけになった家の周りを町内の人達と掃除したりして大変だったようです。
でもいつもの如く、いろいろな話をしてくれていました。



私達の席は、品川駅前の窓の近くだったので、信号待ちの沢山の人達が見えていました。

丁度、ラグビーも盛り上がっていた頃で、大柄な外国人の人達も歩いているのが見えました。

ひとしきり話した後に、Iさんが突然、MIHOさんに


走った方がいいな。


と、言ったのでMIHOさんは、驚いたような顔をしていました。


走った方がいいよ。
考えてもみたこともないでしょ?

はい。そうですね。

今、変えた方がいいんだよ。
姿勢も前かがみになっているから、もっと胸を張る感じで。。。
そう、そう、
これを背中に入れるといいね。


と、言って持っていた軽量な傘をMIHOさんの背中に通していました。

Iさんは、耳を傾けるような仕草で、


自分を押さえていたから、もっと出してもいいって。
そう、言っているよ。


何だか不思議な感じですが、伝えている存在がいるようでしたね。

MIHOさんは、その後、走っているかは聞いていませんが、最近フラワーエッセンスの仕事を積極的にやっていて、とてもがんばっています。


💐MIHOさんのブログ



次の日の10月15日に話してきたのは、ミクネの神(天之常立之神)でした。


昨日は、MIHOとIを繋げて良かったな。

どなたですか?

ミクネだよ。
忘れていなかっただろう。
MIHOとM子が夫婦で、息子がIだったよ。
マダガスカルの時だな。
3000年前の時だよ。
日本に変動があった時だな。
タスマニアにいたのは、M子とMIHOだったよ。
1300年前だな。
魂はずっと続いているからな。
友達になるということだろうな。

Iさんと話していたのは、誰ですか?

Iに話していたのは、ニギハヤヒだよ。
MIHOの体のことは、今言わないと固まってしまうからな。
慌てることはないが、言われたことはした方がいいよ。
これから10年が大事だからな。

私はどうなのでしょう。

M子はIと会ったことで、若くなっているよ。
スサノオノミコトの薬だけではないよ。
脳に刺激が与えられているからいいのだよ。
シワが増えたということは、そういうことだ。
良かったな。
4年前に会ったというのは、本当に大事だったのだよ。
時(とき)が普通の3倍くらいだから、12年に匹敵するよ。
熱海にマンション買って1年だな。
あっという間に3年だろう。
来年になったら計画したらいいよ。
M子は私達の宝だからな。
ずんずん良くなるようにするよ。

Iさんもお願いします。

Iは大丈夫だ。
熱海に捨てた玉のお陰で、自分のコントロールが出来るようになったからな。
世界を変えて欲しいからな。
Iには。。。


IさんとMIHOさんを繋ぐことが出来て良かったです。
ミクネの神に言われた通り、この何年かを考えると、3倍速の速さだったと思います。
このブログの初回の冒頭に記したように、出会いによって、人生は変わるものだと思いますね。


🐶 記念日



次に話してきたのは、ノラタの神(神産巣日神)でした。


うわついていないからいいのだろうな。

どなたですか?

ノラタの神だよ。
鳥がいなくなっただろう。
Iがスペインに行っている間に、引っ越ししてしまったよ。
カラスに狙われていたからな。
かなり大変だったが、山に戻ったよ。

卵は無事でしたか?

3個のうち、1個だけ孵ったな。
だから、大丈夫だと伝えてくれ。
Iの家はギリギリだったな。
あと、1センチだっただろう。
土が良くなっていたから、守れたということだろうな。
池だったから、本来は全部いくところだったからな。


Iさんがスペインに行っていて帰ってきたら、ユーカリの木にいたハトさんがいなくなっていたので、どうしたのだろうと思っていたそうです。
そのことをちゃんと言ってくれましたね。


巣を作っていたハトのアイが話してきました。


アイです。
元気ですよ。
妻と仲良く暮らします。

子供は1羽ですか?

子供は1羽だけ残せました。
また、Iさんの家に行くと思います。


神様達は、小さな命のことも、よく見ていてくれているのですね。
また、来年にハトさんとは会えるのかもしれません。

コメント

台風19号の後に

2019-12-08 07:30:00 | 日記
Iさんの10月は散々な感じになっていましたね。
スペインでの飛行機トラブルを何とか回避して日本に帰って来たら、台風19号の直撃で、あと少しで床上浸水になるところでした。

台風の直撃は、丁度三連休の時で私は最終日にIさんに会う約束を元々していました。
それは、今回のスペインでの大変な時に助けてくれたMIHOさんとお友達の通訳のAさんにお礼のワインを渡すためでした。

私が預かってMIHOさんのお家に持って行こうと思っていたら、MIHOさんが品川まで来てくださることになって三人でお会いすることになりました。
もしも、Iさんのお家が床上浸水していたら、なかったことだと思います。

この日の朝に話してきたのは、ミクネの神(天之常立之神)でした。


ミクネだ。
IとMIHOは、会わせた方がいいよ。

なぜですか?

前世の繋がりがあるからな。

いつ、どこでですか?

3000年前に親子だったよ。
MIHOが母でIが息子だった。
マダガスカルの時だった。
マダガスカルがまだ分かれていない時だ。
寸断されたからな。
だから、マダガスカルは昔のままだったのだよ。
かつての忘れられた土地の記憶だな。

私は繋がりはあったのですか?

M子とMIHOは、笑ってしまうかもしれないが、前世で恋人だったよ。
M子は男でMIHOは、女だった時だ。
タスマニアにいたのだよ。
1000年以上前だな。
だから、会うのだよ。
会う人は縁(えにし)があるのだろうな。
地理の勉強になるだろう。
クナシリの神が話したいそうだ。


ミクネの神に、以前にも同じようなことを言われたことがありました。
MIHOさんのお家に遊びに行った時です。
その時と多少違った話でしたが、マダガスカルとタスマニアは変わらない話でした。

マダガスカルもタスマニアも、そこにしかいない動物がいたりするところは似ていますね。


次にクナシリの神が話してきました。


クナシリの神だ。
とんでもないことばかりのIは、寸前で助かっているな。
スペインでも台風でも、寸前の話ばかりだったな。
友達に助けられたということだが、日頃のことが大事だということだな。
愛は勝つということだな。
清々しいということだな。


その後に話してきたのは、久しぶりの神様でしたが、いきなりでした。


Iさんの家は、「明神池」という池でした。
池の場所だったので、危なかったのです。
土地の気を上げていなかったら、無理だったでしょう。
土地の気を上げていたので、寸前で大丈夫だったのです。

どなたですか?

私はアワツの神ですよ。

え?巨人だったアワツの神ですか?
桃太郎さんは、今も一緒ですか?

桃太郎さんと子供達は、また冒険に行ってしまいました。
私は1人で淋しいので、Iさんの家にいることにしました。
ツカヘイに子供が生まれるので、乳母としていることにしました。

何か欲しい物はありますか?

私は、ライオンのところにいます。
カステラ貰いましたから、ツカヘイの好きな物でいいです。


アワツの神も、初期の話に出てきました。
大天使ガブリエルとアラーの子供は、出身の星が違うので、出来た子供は巨人になってしまうという話でした。
そのうち、小さい桃太郎さんと愛し合うようになり、ランプの精の魔法で同じ大きさにしてもらったので、子供が次々生まれたのですが、みんな桃太郎さん寄りの冒険好きで、結局アワツの神は1人になっていたのですね。
なんとも懐かしいアワツの神が、まさかのIさんの家にいることになったようです。


🐶 アワツの神(巨人)が帰ってきました



次に話してきたのは、座敷わらしのツカヘイでした。


ツカヘイです。
アワツの神は、台風の時に水が来ないように溜まった水を掻き出してくれていたのです。
鳥が来れるように、ユーカリも守ってくれていました。
イビサと仲良くなったみたいですよ。
ライオンの背中に二人でいたりします。
子供が生まれても安心ですね。
桃太郎さんは、飛んで行ったままみたいです。
縄次郎達もそのままみたいです。
だから、お願いします。



そして、最後にイビサが話してきました。


イビサです。
アワツの神と仲良くなりました。
ニケがたまに来るので、ギリシャにいたと言っていて、嬉しそうでした。
アワツの神は以前巨人だったと聞いたのですが、今は私より少し大きいくらいです。
かわいらしい顔ですよ。
だから、ライオンのところで仲良くしています。
世界的になりましたね。
片目のおじさん達は、いつもお酒を飲んでいますよ。
本当に楽しいです。
ありがとう。



本当にIさんの家は、相変わらず賑やかみたいですね。

アワツの神は、大天使ガブリエルに因ると、巨人で生まれたので、ギリシャのゼウスに預けていたと言っていたのです。
だから、話は繋がっています。
座敷わらしの家族もいるし、片目のおじさんは、柳生十兵衛と鎌倉権五郎です。

私としては、アワツの神は久しぶりで嬉しい話でした。




続きます。
コメント

羅臼神社の話

2019-12-05 07:30:00 | 日記
9月の終わり頃に、北海道の帯広在住のOご夫妻の奥様のひろみさんと電話で話していました。

仕事で10月に知床の方に行くので、羅臼神社に行ってみようと思うのですが、何か欲しい物があればというお話でした。

私達(Iさん、K会長、みこちゃん、いくちゃん、私)が知床の旅に行っていたのは、今年の7月7日からのことでした。
Oご主人様は火薬を扱うお店の社長さんですが、花火師さんでもあるので、夏の間は忙しいのにお二人で仕事着のまま、女満別空港に見送りに来てくださいました。

お人柄かと思いますが、お仕事はどんどん増えているようで、FBを見ていると、いつも出張していて、お体は大丈夫かと心配する感じです。

昨年にやっぱり知床に仕事にお二人で行っていた様子は記事にしていました。
今回のお仕事も昨年の続きになっていたようです。


🐶 知床の話



私は、ラウスの神に欲しい物を聞いていましたが、お酒と粕汁と言われて、粕汁?と思いながら奥様のひろみさんに伝えてると、ひろみさんは、粕汁ですかぁ、、、とおっしゃっていました。

そして、10月10日にひろみさんから📩がきました。


知床に来ています。
おはようございます!

北海道は粕汁ってあまり作らないのですー。
ハードル高っ!て思ってたのですが なぜか材料が揃っていたので「鮭粕汁」を作って持参しました。

鮭は網走の知り合いから釣れたと 一本ちょうど届きました(笑)
粕は我家の冷凍庫に旭川の「男山」の粕がちょうどあり(笑) 
味噌は我家の手作り味噌です!
出汁に使った昆布は日高産!ある!
牛蒡、人参、大根、油揚、長葱
すべて北海道産(笑)

材料ある!

美味しくできたと 一番満足してるのは私だったりして。。。

昨夜、無事にウトロでの仕事を終え、先程、羅臼神社へ参拝に参りました。
羅臼権現水も美味しかったです!
お天気も最高に良く、御礼に伺ったのに主人も私もとても楽しい時間を過ごしています!

ラウスの神さまに届きましたでしょうか?
本当にありがとうございます。




ひろみさんは、粕汁が本当に美味しく出来たと喜んでいらっしゃいました。

お酒については、「北の勝」がいいと言われたので持って行っていただきました。

「北の勝」というお酒は知らなかったので調べてみると、北海道では有名なお酒のようでしたよ。
地元で8割が消費されるので、内地にはあまり来ないみたいですね。


ひろみさんの📩の続きです。


知床峠から国後島を初めて見ました。
主人も私も国後島を見たのは初めてです。
とにかく 知床は十勝とは全然違う力強さに圧倒されっぱなしです。
ここに来られた事に感謝しています
M子さん、ありがとうございます。



10月10日の夜に話してきたのは、ラウスの神でした。


ラウスの神だ。
粕汁ありがとう。
美味しかったよ。
知床から国後島は、土地の気が感じられたと思うよ。
かつては、同じ郷土だったのだがな。
テラ(地球)の未来は人にかかっているのだよ。
利他の心で伝えてくれよ。
忘れないでね。


そして、次の日の10月11日に話してきたのは、クナシリの神でした。


クナシリの神だ。
昨日、O夫妻が羅臼神社に来ていたな。
「北の勝」は、やっぱり旨いな。
あと、粕汁も旨かったよ。
誰も知らないことがわかってくれて嬉しいよ。
M子は、いつも正確に伝えてくれるからありがたいよ。
先手が取れるようになったIはまた一段高くなったらしいな。
信じることが大事だよ。
本当のことはわからないことが多いからな。
世界は、どんどん変わると思わないと変わらない。
実際に変わってきたと思うが、まだまだだな。
スサノオノミコトが元気になったのは、3000年ぶりのことだからな。


私達が知床に行った時は、霧が濃くて国後島は残念ながら見ることが出来ませんでした。
Oご夫妻のお陰様で見ることが出来ました。
ありがたいことです。
コメント (4)

台風19号の話 その2

2019-12-02 07:30:00 | 日記
10月12日の台風19号の多摩川の洪水で、Iさんのお家は奇跡的にあと1センチのところで、床上浸水から免れました。

彼の家が境目になっていて、下流は全て床上浸水していたそうです。

その時、周りにお住まいの方々は既に避難をしていて、Iさんのご夫妻だけがギリギリまでは頑張ろうと二階のリビングにいたのですね。


6時過ぎに停電して、地震が起きた後に、多摩川の龍神が話していました。


多摩川の龍神です。

Iさんを助けてください。

寸前だったということです。
多摩川は命の川ですからね。
宇宙の怒りは、強く出てしまうのです。
もう、これ以上自然を失くさないでという警告です。
人が主役ではないのですよ。
知って欲しいということです。
先手が取れているから大丈夫です。
信じてくださいね。



7時半過ぎに、Iさんから📩がありました。


今、一階に降りたんだけど、水が減り始めてる!

玄関開けたところの写真。

ギリギリ!

水が家に入ってきてない!

このまま引いてくれればと!
奇跡を願う!



本当にギリギリだったと思います。
家の前は池になったらしいです。





そして、その後家の近所を走り回って、これ以上にならないのを確かめたようで夜中に📩がきました。


ツカヘイさん達とカステラ祝いする。



ソラタマのみんなやあちこちの人が祈ってくれて、
龍神さんまで起動してくれて、本当に感謝してます。
スペインといい、人に助けられてばかりの1ヶ月。
いろいろ思うことがあります。
まだ片付けとかが沢山ありますが、まずは車を取りに行って、その後、何日かかけてゆっくりやります。

本当に助けてくれて、ありがとうございました。

感謝です。


本当に良かったですね。
次の日に座敷わらしのツカヘイが話してきました。


ツカヘイです。
忘れないで伝えてくれて、ありがとうございます。

何かありましたか?

カステラですよ。
おいしかったです。
熱海のマンションに行ってくださいね。
温泉に入りたいです。
いつでもいいですよ。
頼みます。


ツカヘイも家族が増えていたので疲れていたのかもしれませんね。
最近、神様の人気のカステラを食べたいと言っていたのを、伝えていたみたいです。


この時の状況は、Iさんも記事にしていました。


🐷 Tough



私は、前回にナシタの神(天照大御神)が言っていた話を調べていて、こんなグラフを見つけました。



これは、世界の国別のCO2の排出量のベストテンです。

日本は5位に入っていますが、桁違いの国は中国だということです。
以下は、グラフの記事を抜粋させていただきました。


人口14億人、国土は日本の26倍と何もかもが巨大な中国。

年間二酸化炭素排出量も世界1位の94.1億トンです。

さらに化石エネルギーも豊富にある国です。

原油埋蔵量は世界14位とトップクラスではないものの、石炭産出量は世界1位で、そのうえ2位と7倍以上の差があります。

地球温暖化対策は世界中のあらゆる国が行うことが前提ではありますが、これだけの資源と人と土地を持つ中国がどう動くかは非常に重要です。

中国が何もしなければ、ほかの国以上に地球環境に与えるダメージは大きいのです。

中国の不思議なところは、世界最大の石炭消費国でありながら、世界最大の太陽光発電能力を持つ国でもあるということ。

2017年には再生可能エネルギー発電量が全発電量の26.5%に達し、世界平均の25.1%を超えました。

背景には、太陽光発電によって経済が潤っていることが挙げられます。

2018年までは、太陽光発電パネルの生産・販売、太陽光発電設備設置の支援策が豊富だったため国内需要が高い状態でした。

それ以降、支援策の見直しによって国内市場は狭まったものの、海外への輸出が急増。

中国にとって太陽光発電関連機器は、輸出による収入を支える大事な産業なのです。

現状の政策では、2040年までに段階的に石炭使用を廃止する予定です。



中国の動向は、どの場面でも大きな影響力なのだと感じましたし、やっぱり人間の数が多いということは、二酸化炭素の排出量が多いということなのでしょうか。

最近、森林が世界的に無くなっていくのを、神様達は悲しんでいるのでしょう。

酸素を生み出すことが、どんどん出来なくなっていることが、近年の異常気象に結び付いているように感じます。


コメント