「ノナの家」nonahouseは かつこ内親王、かつこ内親王2の続きのブログです。

神様達の名前は、沢山出てきますが、宗教とは全く関係ありません。
唯一無二の魂に感謝します。

サンタクロース?

2018-10-23 07:30:00 | 日記
9月5日の朝に話してきたのは、ミクネの神(天之常立之神)でした。


ミクネだ。

朝早く地震が起こっていましたが、何かありましたか?

台風の後の地震は、サンタクロースが来たのだよ。

サンタクロースですか?

サンタクロースがIのところに来ているよ。
土を替えたからだよ。



Iさんが、土地の浄化をしていたので、来やすくなったのでしょうか?

次に話してきたのは、座敷わらしのツカヘイでした。



ツカヘイです。
サンタクロースがいます。
ミッフィーと一緒に話しています。
ヤスケとキミは、もらっていました。

何をもらったのですか?

乱数表です。
あわつの乱数表なのでよかったです。
うわついていないから、サンタクロースが来てくれたようですよ。
新しい車には、豊臣秀吉の鍔(つば)があるから、最強ですよ。


少し前に乱数表の話をしていたので、それは繋がりました。
そして、豊臣秀吉の刀の鍔のレプリカは、Iさんの車の前に置いてあるので、やっぱり合っているのです。



🐷鍔とアイヌ 4


でも、サンタクロース?って感じになってしまいますね。

Iさんは、私がこの時にサンタクロースがいると言うと


サンタ、、か、、、
凄い力だったんだよ。飛び起きた。

そのあと揺れたから地震かと思ったんだけど、寝ちゃったな

体の中?魂?から痺れて、
震えが止まらない感じなんだよね。
強い龍神さんに似てる感覚なんだけど、また違っていてさ。初めてでコワイ感じすら抱く様な震え。

忘れないわ。あの感じ。

サンタさんならいいことあればいいなー(´ー`)


と、言っていたのです。


ところが、サンタクロースは以前にも出てきたのですね。
だから、話は繋がってはいるのです。

2018,3,5の記事にありました。

サンタクロースは、11月6日に話してきました。

ノートは、一冊前に遡ります。


たーーーーすーーーーと、80の80乗になった、片身の弟に言って欲しいことがある。

どなたですか?

私はサーーーーンタクロースだよ。

え?サンタクロースですか?

サンタクロースは、作られた人になっているが、本当にいるのだよ。
クリスマスの時しか知られていないけどな。
私は、普段から埼玉の三峯の奥宮にいたのだよ。
穴の神(ハデス)が出られたので、本当に良かったよ。

Iさんには、何を伝えればいいのですか?

Iに伝えて欲しいのは、「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」の腕輪のことだよ。

何か問題があるのですか?

問題はないのだが、玉が付いただろう。
青い玉だよ。
玉が1つではいけないので、後2つ付くと言ってくれ。
1つは、五島列島で付くよ。
もう1つは、溜池のある四国だな。
四国の金比羅さんに行ったら付くと教えてくれ。頼んだよ。
私は、サンタクロースだよ。
就いていいか?

はい。

サンキュー


ということで、サンタクロースは、192番目の神様になりました。

🐶ノウとサンタクロースの話


という訳で、昨年の11月に話していたのですね。


そのサンタクロースが9月6日に話してきました。


サンタクロースだ。

Iさんのところにいるのですか?

Iのところに来たよ。
せーーーーかーーーーいーーーー(世界)は、土が大事だと言っていただろう。
M子は、阿豆佐味天(あずさみてん)神社に行くと言っていただろう。
阿豆佐味天神社にいる、モミの木の神は、友達なのだよ。
私とモミの木は、クリスマスには欠かせないからな。
後は、トナカイのソリだろう。
サンタクロースは、いるのだが、スミで消されていることが多いよ。
私は、七福神の布袋(ほてい)と同じなのだよ。
大きな袋に入れているのは、プレゼントではなく「災い」だよ。
「災い」を集めて、捨てに行っているのだよ。
捨てに行っていたのは、北極と南極の氷に入れに行っていたのだよ。
最近、氷が溶け出しているから、災いが多くなってしまったな。
れーーーーいーーーー(零)度以下にしないといけないにのだが、、、
地球の温度は、上がっているからな。
温暖化は、災いも溶かしているのだよ。
魅惑の話が出来るとは、思わなかったよ。
Iと一緒に動くことにしたよ。
ツカヘイと仲良くなったよ。
ミッフィーともね。
Iの家には、片目の武士がいるのだな。
鎌倉権太郎と柳生十兵衛だと、言っていたよ。
ライオンもいるし、ガタガタいうと思ったら龍神も沢山来るのだな。
楽しいので、しばらくいることにしたよ。
また頼むよ。

何か欲しい物はありますか?

欲しい物は、特にないよ。
Iは、いっぱい食べるから驚いているよ。


本当に久しぶりに出てきた、鎌倉権太郎と柳生十兵衛でした。
やっぱりいるのだという感じですね。
過去記事を、探してみました。

🐶鎌倉権五郎景政と柳生十兵衛の話


阿豆佐味天神社は、私のBirthday Partyの9月9日に、行くように言われていた神社で、何をすればいいかは、この時までわかっていなかったのですね。

調べると、平将門のお祖父さんが建てた神社らしいことがわかっていたので、愛知県在住のOさんも来てくれることもあり、だからかな?と思っていました。

サンタクロースの話は、9月9日当日に必要な話だったみたいです。


続きます。
コメント (2)

「マルドンの塩」の話

2018-10-22 07:30:00 | 日記
9月3日に話してきたのは、十津川のイシの神でした。


話したい。
十津川のイシの神だ。
熱海にマンション買ったらしいな。
M子は、いつも素直だな。
熱海から初島、大島に繋がるから土地がいいと思うよ。
魂にとっては、アワが取れるのだよ。
リンゴ食べてくれたらしいな。
ハワイ島のサニーだよ。
ミラクルの出会いだったな。
四隅に置いた塩のパワーが変わらなかっただろう。
鳥が帰ってきただろう。
全部が私達の思いだよ。
M子は、いつも正確に素直に聞いてくれているからな。
ノナの魂だからな。
ノナは、私達のかわいい妹だった。
私達は11人いるよ。
「白鳥の王子」だな。
あと、二人まできただろう。
来年には全部揃いそうだな。
そうしたらM子のお祝いしてあげるよ。
催しがあると思うよ。
鳥が話したいと言っているよ。



イシの神の話し方は、断片的なのですが、全部この頃にあった話ばかりでした。

四隅に置いた塩のパワーとは、毎月1日に自宅の四隅に置いてある、金龍さんの塩のことです。

いろいろな塩のパワーを振り子で見てみましたが、大体はプラス10くらいだったのです。
ところが金龍さんの塩はプラス20に振れるので、やっぱりパワーがあると思います。

塩を置き出した頃は、わからなかったのですが、しばらくしてわかったことなので、その時から毎月パワーを見て、替えることにしていました。

初めの頃は、1ヶ月置くとマイナスに振れていた玄関の塩が、0になりプラス10になりと上がっていったのですが、対極にあるリビングの塩はプラス30になり、最近はプラス50に上がっていたので、必要な人に差し上げたりしていました。

9月1日に替えた時には、3ヶ所がプラス20で変化がなく、リビングはプラス60になっていたので、イシの神が言っていた通りなのです。

私自身のパワーがアップしたのと、いろいろ置いてある物のお陰だと思います。


イギリスのロンドン在住のゆかPさんから、一緒に川崎大師に行った時に頂いた「マルドンの塩」がありました。
私は、何もわからなくIさんにもと言われていたので、会った時に渡すと、実は「マルドンの塩」は、料理人だったら絶対に知っている有名なお塩らしいです。

奥さんのコニャさんは、調理師なので、とても喜んでいたらしいですよ。

「マルドンの塩」で検索してみると、



🌟よく料理の味は塩で決まる、などといわれたりしますが、「マルドンの塩(マルドンシーソルト)」というものがあるのをご存じですか?イギリスの塩で、2012年に英国王室御用達の塩としても認定された商品です。

世界中の有名なシェフが愛用しており、「塩の芸術品」とも呼ばれているマルドンの塩。でも、私たちが日常の料理に使っても、その味の違いがわかりやすい満足度の高い商品なんです。

近年になって英国王室御用達として名を上げたマルドンの塩ですが、日本でいうならば「宮内庁御用達」のようなものです。日本では、お店側が「御用達です」と自由に名乗っても構わないのですが、日本と違ってイギリスでは王室許可制となっており、しっかり認定を受けなければ「英国王室御用達」と名乗ってはいけないんですって。この点で、日本より制度がしっかり確立されています。

マルドンの塩の歴史は古く、200年以上も前から伝統的製塩方法を受け継いでいます。イギリスの東部、エセックス地方で塩の生産に従事しつづけているのが「マルドンクリスタルソルトカンパニー」です。

塩分濃度の高い海水をくみ上げ、ろ過をしたのちに平釜で15~16時間煮詰めます。小さなピラミッド型の結晶が鍋の底に沈殿し、水分がほとんど蒸発してから結晶を特製の熊手で鍋のまん中に集めます。その後乾燥の工程を経て、純度の高い、中がからっぽになった透明なシーソルトができあがるのです。


実際に見てみると、塩の結晶がピラミッドの形になっているのですね。

「マルドンの塩」のパワーは、プラス30になっていたので、並の塩ではないことがわかりました。

ゆかPさんには、改めての感謝ですね。
知らないことを教えてもらいました。
Iさんも、奥さんが喜んでくれなければ、わからなかったと思いますよ。


イシの神の話で、ずいぶん長くなってしまいましたが、後の話は何度も繰り返し言われていることですね。

最後の鳥が話したいと言っていたのは、Iさんの家の近くにいる、ハトのセタとカヤのセタでした。



ハトのセタです。
昨日は、笑っていましたよ。

何を笑っていたのですか?

座敷わらしの子供達の誕生会だったのです。
サンドイッチ食べていたでしょう。
サンドイッチは、大好きみたいですよ。
「きな粉餅」は、卒業だとツカヘイが言っていました。
座敷わらしの友達も来ていましたよ。
「問題ない」と言っていました。
信じる心があるから、問題ないということです。



ハトのセタは、ツカヘイと仲良くなっていたので、Iさんのこともちゃんと伝わっているようですね。


そして、9月5日の朝の4時半過ぎに、Iさんから📩がきました。


何か?に起こされた。
なんだろ。


5時過ぎに


地震だ。カミナリも。台風後にスゴイな。囲まれてる。



私は地震に気付きませんでしたが、台風は調べると21号の時だったようです。


朝から話してきたのは、ミクネの神(天之常立之神)とツカヘイでした。


続きます。
コメント (6)

ヤスケとキミの誕生日 その3

2018-10-20 07:30:00 | 日記
Iさんにサンドイッチのことを伝えると、ヤスケが話してきました。


ヤスケです。
物差し、ありがとうございます。
誰でも一度だけ経験するって何ですか?

何でもそうだと思いますよ。

何でも初めては、そうですよね。

お誕生日おめでとうございます。

お誕生日なので、Iさんがサンドイッチ食べてくれると言っていました。
玉子サンドお願いしますと伝えてください。
今日は、大山(だいせん)の父の友達が来ているので、食べさせたいのです。
私達も好きですよ。
キミが話したいと言っています。



キミです。
サンドイッチは、ツナサンドと玉子サンドと、果物のサンドイッチが欲しいです。
飲み物は、洋ナシのジュースでお願いします。
私が好きなのです。
いつも、コニャ(Iさんの奥さん)さんは紫蘇(しそ)ジュース飲んでいますが、洋ナシもいいのです。
いつも、お菓子ありがとうございます。
紫蘇ジュースが効いています。
土地の浄化が出来ましたね。



Iさんの奥さんのコニャさんは、ツカヘイが好きだと言っていたラムネとお菓子を買って来てくれたりするようです。
だからキミが言っていたのですね。



丁度、この時にIさんが、「みーたん」という、ネコのクッションを取り寄せていました。



それに対してツカヘイが、


ツカヘイです。
コニャさんが 、ラムネ買って来てくれました。
こーーーーせーーーーいーーーー(個性)的なネコが来ましたよ。

みーたんというらしいですよ。

みーたんだと言ってきました。
ミッフィーのボスが笑っています。
ライオンが威嚇(いかく)しています。
みーたんは、「問題ない」と言っています。
もっと、強くならない方がいいと思いますけどね。


ツカヘイは、新参者だから、初めはおとなしくしていた方がいいと言っている感じですね。


Iさんは、ヤスケとキミのリクエストのサンドイッチを沢山買って来ていたようです。


Iさんからの📩


洋梨のサンドイッチもあったので買ったよ(^。^)



専門店があるんだよ。
豪華だよ(^。^)
ツカヘイさんたちこの店知ってるんじゃないかな。
仕事帰りに毎日のように通ってるから。


そうなんだ。洋ナシは珍しいね。
振り子を持ったら、

洋ナシは、私が好きです。キミです。
ツナはヤスケが好きです。
父は、玉子サンドが好きです。
果物は、おいしいですね。

だって。


コニャが、夜洋梨のジュースを買ってくると言ってるから、帰ってきたら一緒に食べようと思うので、夜まで待っていてもらって下さい。
すいません。


そして、洋ナシジュースが、登場しました。



ありがとう。
なんか、紫蘇ジュースばかりだったからと、キミは言っていたよ。



スッゴイたくさん来てる。
部屋が暖かい。

ご先祖様も食べたそうだったので差し上げました。

楽しそうです(^_^)


私が振り子を持つと、キミが話してきました。


キミです。
誕生日に言った通りの物があって嬉しいです。


ヤスケです。
幸せです。
Iさんは、今のままでいけばいいですよ。
幸せは、愛する家族がいるだけで、幸せなのです。
新しい車も良かったですね。


ヤスケは、8月15日にきた、Iさんの新しい車のことを言っていました。

とても、楽しい誕生日だったようです。


後日Iさんに聞いてみると、Iさんは洋ナシジュースは、ちょっと無理だったそうです。
ネクターみたいだったと言っていました。

私は、洋ナシジュースがあったことに驚いていて、それをコニャさんが、すぐに買って来てくれたことに、やっぱりヤスケが言っていた、愛する家族がいて幸せなのだと思いました。


逢うべくして逢った素敵なご夫婦ですね。
コメント (4)

ヤスケとキミの誕生日 その2

2018-10-19 07:30:00 | 日記
9月2日のヤスケとキミの誕生日当日、話してきたのはお父さんのツカヘイでした。


ツカヘイです。

今日は、ヤスケとキミの誕生日ですね。

そうなんです。
だから、朝から(ハナちゃんの)お参りに行きました。
水木(しげる)さんの墓です。
手伝ってくれたのは、新しい友達です。
座敷わらしの友達が来てくれました。

大山(だいせん)からですか?

変わらないアワがいっぱいらしいですよ。
大山は、人が少なくなって空き家が増えているらしいです。
座敷わらしは、家に就いているのですが、空き家には居られないのですよ。
人がいないといけないのです。
変わらない話ですよ。
私はIさんについて来て良かったです。
疑いがないので、私も子供も幸せです。
「チコちゃんに叱られる」は、面白いですね。
昨日は、M子さんと見ていましたよ。
「白毫(びゃくごう)」がすぐわかって良かったです。
ヤスケが話したいと言っています。


9月1日朝に「チコちゃんに叱られる」の再放送を見ていて、問題が「大仏様のおでこから出ているアレッてなーに?」
でした。



答えは、

大仏様のおでこから出ているのは”毛”です。

詳しく教えてくれるのは、駒澤大学で仏教美術史の教授、村松哲文さんは、駒澤大学に入学した萩本欽一さんのゼミの先生でもあります。

—-大仏様のおでこについているのは、とぐろを巻いた”毛”です。

神奈川県鎌倉市にある高徳院の、有名な鎌倉の大仏「銅像阿弥陀如来坐像」は、1252年に造られて以来、ほぼ造立当初の姿を保っている仏像です。

この大仏のおでこを見ると、とぐろを巻いた毛らしきものがあるのが、良くわかります。

—-白い毛が巻きついていて、仏教用語で、白毫(びゃくごう)と呼ばれています。

仏様の白毫を伸ばすと、1丈5尺:約4.5メートルあると言われています。

白毫(びゃくごう)は、世界をあまねく照らす光をイメージしています。


私がすぐにわかったとツカヘイが言っていたのは、7年前私が初めてキトラ古墳に行くために奈良に行った次の日の朝に、ナセの神(国之常立之神)が朝から言ってきたのは、「白毫寺に待っている神がいるので、行って欲しい」というものでした。

私は、「白毫寺」というお寺があることは知りませんでしたが、ネットで調べると確かにあることがわかり、そこに行ってみると、風と共にやってきたのは、「カラツの神」だったのですね。

だから、「白毫」について調べていたので、すぐにわかったのです。
ツカヘイが、そのことを言ってくるとは思わなかったので、驚きました。


その話は、2011,12,10の記事にありました。

🐶カラツの神



ツカヘイの次には、ヤスケが話してきましたが、その前に入れないといけない話がありました。


Iさんからの📩


ちなみに、この前凄い話があってさ、友達の女の子が突然俺に木製の柔らかい、洒落た物差しを買ってきてくれてさ。

なんで?突然そんなもの?と言ったら、

「なんか、設計とか好きと、突然思って、、」

と言うわけよ。

それでピンときて、ツカヘイさんたちだな、、と言ったら、 

「やっぱりー、、」

と。それでヤスケとキミの話もして、 今日、物差しを置いて、彼女にお礼の写真を送ったら、



こんな返事が来たんだよ


「測量好きだよね⁉️そんな気がした。まじ。

喜んでくれたらよかったです。たぶん、つかへい君は鬼太郎みたいな髪型してない?
わたしは去年、大仙ゴルフクラブに行ってすごく感動した。
ゴルフ自体はもちろん、その存在感が、、わかってもらえると嬉しいけど。」


なんて、そんな事を言うのだよ。

普段から霊感なんてわからない!なんて言っている彼女が座敷わらしや、

ましてやツカヘイのことなんかわかるわけないのに。

だから本人もワケが分からなくて、自分の感覚を疑っていたらしいから、

俺がツカヘイの話をしてあげたらすごく喜んだのだね。

衝撃的な出来事だったよ。

 

それに対してツカヘイが、物差しは使っていて、乱数表が欲しい、建物を建てるのに、使うと言っていたのです。

乱数表?って感じですけどね。。。


私の📩


今日は、朝からツカヘイと話したよ。

ヤスケとキミの誕生日だから、水木さんのお墓に行ったんだって。

大山から、座敷わらしの友達も来ているらしい。



そうか。
ケーキでも買ってあげようかな。

ツカヘイファミリーのコーナーがとても賑やかになったんだよね。ゆうべから。
お部屋のレイアウトを少し変えてみたんだ。



なんか、サンドイッチが欲しいらしいよ。



そうか。探してみるね。



続きます。
コメント (2)

ヤスケとキミの誕生日

2018-10-17 07:30:00 | 日記
座敷わらしのツカヘイの子供のヤスケとキミは昨年の9月2日に生まれました。
ヤスケとキミは、男女の双子だったのですね。

悲しいことに、お母さんのハナちゃんは、産後の肥立ちが悪かったのか、急に死んでしまい、ツカヘイは悲しみに暮れていました。

お墓は、調布にある水木しげるさんのお墓のところにしたと言っていたので、Iさんとみこちゃんと私は11月にお墓参りに行っていたのですね。


それは過去記事でみると、2018,1,3の記事でした。


11月8日


ツカヘイです。

何かあったのですか?

ハナちゃんが死んでしまったのです。

え?本当に? いつですか?

昨日です。

子供達は、大丈夫ですか?

子供は無事です。


私は、いきなりの衝撃に、泣いてしまいました。


続きです。


ハナちゃんは双子を産んだので、体が壊れてしまったみたいなのです。
ハナちゃんの魂は、大山(だいせん)に連れて帰りました。
そして、水木(しげる)さんの墓の近くに埋めました。
子供達は、私では無理なので、大山の長老に預けてきました。
みゆきさんと、Iさんには伝えに行きましたが、わからなかったようですね。
だから、しばらくは泣いています。

🐶織田信長とツカヘイの話


そして、今年の9月1日に話してきたのは、クナシリの神でした。


うわついていないからいいのだな。
変わらないからいいのだな。
世界は少しずつ変わってきたよ。

どなたですか?

ツンデレのクナシリの神だ。
もしもピアノが弾けたならー思いの全てを歌にしてーー
君に伝えることだろうー

合唱コンクールは、出るのですか?

出ることにしたよ。

カラツの神達とですか?

カラツの神達と出ることにしたよ。
誰でも一度だけ経験するのよー誘惑の甘いワナーー

山口百恵ですか?

山口百恵は、M子と同い年か?

はい。そうですよ。

歌謡曲の全盛の時だな。
私はランちゃんのファンだったからな。


これは、ずいぶん前に聞いた話でした。
クナシリの神は、キャンディーズのランちゃんのファンだったと言っていたのです。
やっぱり、変わらないのですね。

🐶クナシリの神の話 その2

続きです。


ランちゃんのどこが好きなのですか?

卑弥呼(ひみこ)のような顔だからだよ。
卑弥呼のような顔の人は、人気が出るのだよ。
ハニワのような顔だろう。
土偶に女が多いのは、女は大事だったからだよ。
子供を産んで死んでしまう女は沢山いたからな。
母が死んでしまった子供のために、母の代わりを作っていたのだよ。
子供は村の人達で育てたよ。
だから、縄文時代はみんな仲がよかったのだ。
男は狩りに出ないといけなかったから、村に残っているのは、女子供だったからな。
強い男はいつも子供を作っていた。
女は子供を作るためにいた。
子供が出来ない女は子供の世話をしていた。
それが普通だったから、争うようなことはなかったよ。
その中で長生きの女が卑弥呼になっていた。
昔はM子の年まで生きていることはなかったからな。
M子は強い女で子供もいないから、今のようになったのかもしれないな。
死が別つまで、あと30年くらいしかないだろう。
30年しかないのだからな。
だから伝えてくれよ。
私達の言葉を。。。


私は夏休みにたまたま電話したMIHOさんから聞いた上野の国立博物館で丁度開催していた「縄文展」に行ったことが、この話に繋がったのだと思いました。





MIHOさんのお友達が10人くらい各地からいらしていて、なぜか私も混じらせていただいて、初対面の方々と一緒に夕食をすることになるとは思いませんでした。

皆様の中には私のブログを読んで下さっている方もいらして、そして私が気になっていたブログを書いている方にもお会いすることが出来ました。

ご縁はやっぱり不思議ですね。

私達が縄文展の撮影場所で集合写真を撮ろうとしていた時に、テレビ朝日の取材クルーが来ていて、もしかしたらテレビに出るかもで、みんな女子高生のようにテンションが上がっていたのですが、次の日の特集では、しっかりカットされていて残念でした。

今、「縄文女子」という人達がいるらしいことも、その特集で知りました。


🌟今年の夏、日本では縄文ブームが爆発している!

それを象徴する大事件が、東京国立博物館での特別展「縄文―1万年の美の鼓動」の開催であった。7月3日に始まった展示は、8月半ばに入場者が20万人を超え(展示は9月2日まで)、その人気はとどまるところを知らない。

(中略)

とにかく、その言葉を超えた造形美の力こそ、縄文の魅力、さらにその時代がおよそ1万3千年前に始まり、約1万年間も続いていたと知ると頭がクラクラする。


「縄文にハマる人々」という映画も公開されたそうですね。

私は何よりも、私の姪の子供の四才児がこの「縄文展」を見たいと言って行ったと最近聞いたことに驚きました。

いつもは、「シンカリオン」に嵌まっている彼に一体何が訴えかけてきたのでしょうか。


続きます。
コメント (6)