「ノナの家」nonahouseは かつこ内親王、かつこ内親王2の続きのブログです。

神様達の名前は、沢山出てきますが、宗教とは全く関係ありません。
唯一無二の魂に感謝します。

阿豆佐味天(あずさみてん)神社

2018-10-29 07:30:00 | 日記
9月9日に、立川の阿豆佐味天(あずさみてん)神社に行きました。

行って欲しいと、少し前から言われていましたが、それを私のBirthday Partyの企画をしてくれていたヒロミさんに伝えていました。

私はもちろん行くのは初めてで、行ったことがあったのは、多分きょう子さんとお嬢さんのあづささんくらいだったと思います。

きょう子さんに聞くと、あづささんの名前と同じ名前の神社だったので、七五三のお参りに来ていたそうです。

🐶5月5日に


改めて調べてみると、


🌟阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)は、東京都西多摩郡瑞穂町にある神社であり、他の阿豆佐味天神社の総本宮である。

【主祭神】

少彦名命
(すくなひこなのみこと)
素戔嗚命
(すさのおのみこと)
大己貴命
(おおなむちのみこと)

社伝によれば、寛平4年(892年)桓武平氏の祖・高望王(たかもちおう)が創建したという。


高望王を調べると、平将門のお祖父さんだとわかりました。

平将門のお父さんは、高望王の三男で平良将(たいらのよしまさ)というようですね。
平将門が新天皇だと言っていたのは、この高望王の流れだったからだということでしょうね。



当日は、立川駅に10時半に集合して、バスに乗って向かいました。

私は立川駅に降りたのは、随分前に一度あったと思いますが記憶にはなく、とても都会的で、びっくりしました。

そして、立川駅の綿密な地図を作ってくれたり、バスの誘導係を決めてくれたりで、ヒロミさんのお陰様でスムーズに動くことが出来ました。

約30人を動かすのは、なかなか大変ですが、皆様が時間通りに協力しあってくれるので、ありがたいですね。





天気も快晴でした。



ここの手水は、珍しく狛犬なんですね。



沢山いますね。

ここでのミッションは、「スサノオノミコトの息子のモミの木の神を出す」でした。

🐶モミの木の神

「石があるから「澤乃井」を頼む」と言われていたのですが、石はどこにあるかわかりませんでした。

愛知から来てくれていたOさんが、奥の方に石があると教えてくれました。
振り子で聞いてみると、龍神の石像があり、そこだと言われたので、「澤乃井」を掛けました。



ここには、犬とか猫の石像があり、面白いと思いました。







キレイな光が入りましたね。


その後に全員で、記念写真を撮りました。
ヒロミさんが、頼んで下さったらしく、パイプ椅子も並んでいたので、私は真ん中に座らせて頂きました。





後ろを見ると、屋根の少し上に白い雲がポッカリ出ては消えていきました。
入れ替わり立ち替わりで、神様達が見に来てくれたみたいですね。

この後は、立川駅に戻り、Party会場の「JARDIN」さんに行きました。



私は皆様の席を回りながら、それぞれに相性の合う石を振り子で出したりしていました。

その中で、愛知のOさんの「三島の女」の話がありますが、それはだんだんと記事にしていきます。

二次会は、近くのカラオケボックスで。

しっかりと、プロデュースして下さったヒロミさんに、感謝します。

皆様が協力してくれて、楽しいPartyになりました。

改めて、ありがとうございました。

🐶Birthday Party in立川

そして、次の日にきょう子さんが送ってくれた立川の空と、愛知のららゆさみさんが送ってくれた虹の写真は、神様も喜んでくれたと感じました。

同じ日に、3年連続で富士登山をしていた、IさんとK会長とカメラマンZさん達のお陰様でもあると思います。



コメント (4)