ワンダースター★航星記

写真を撮るとは、決して止まらない時間を止めること。旅や日常生活のインプレッシブな出来事を綴ったフォトエッセイ集です。

ひまわりの咲くころ ~盛夏彷徨

2021-07-28 | 花めぐり~7・8月

ひまわりの咲くころ ~盛夏彷徨

 

 向日葵には表情がある。

 盛夏の真っただ中で、敢然と太陽に向かって挑むように咲く、この花が笑顔に見えることが多い。

 メダリストに贈られた向日葵は、まさに輝くような笑顔!

 やがて、枯れゆく向日葵に中にも、何かをやり遂げた満足を見ることだろう。

 

 京田辺市にひまわり畑ができたと聞きつけて、ギラギラ照りつく太陽の下、出かけて行ったが誰もいない。

 畑の堆肥用で、全く手入れもされていない、ひまわりの花だけに、ワイルド感が半端なかった。

 見頃はまだまだ先のよう。

 続いて、木津川市州見台のいつもの夕焼け名所へ。

 ここには、手入れされた、鑑賞用のひまわりが穏やかに笑っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             人気ブログランキングへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村

コメント

奈良のまつり アーカイブス ③ 7~9月

2021-07-24 | 奈良の催事・イベント

奈良のまつり アーカイブス ③ 7~9月

      奈良の夏から秋への歳時記でもある、数々のまつりやイベント。

  コロナ禍のため、 今年も昨年に続き、中止や規模縮小されることもあるようだ。

  せめて、過去写真で振り返ってみたい。

 (画像をタップしていただくと、記事にジャンプします。)

 <2017.7 風鈴まつり おふさ観音>

 

 <2019.8  なら燈花会 奈良公園>

 

 <2017.8 天平たなばた祭り  平城宮跡>

 

 <2017.8   地蔵会・万燈供養 元興寺>

 

   <2015.8   天平祭・夏  平城宮跡>

 

 <2013.9   あすか光の回廊>

 

 <2017.9     ならバサラ祭り   奈良公園、奈良市街>

 

 <2015.9    生駒聖天まつり 宝山寺>

 <2018.9    明日香かかしまつり>

 

 <2017.9   采女まつり  猿沢の池>

 

 (年度により、開催時期が変わることもあります。)

 

     

             人気ブログランキングへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村

 

 

コメント

五條文化博物館 「ごじょうばうむ」

2021-07-21 | 博物館・美術館

五條文化博物館 「ごじょうばうむ」

 

 五條市にバームクーヘンのような形の博物館 (安藤忠雄氏設計) がある。愛称「ごじょうばうむ」、正式には「五條文化博物館」。

 建物自体は市の内外に伝わる文化遺産を収蔵・公開するとともに、新たな五條文化の発信基地をつくろうという目的で1991年に完成した。

 地上からはあまりわからないが空撮だと一口つまみ食いされたバームクーヘンのような形なので、この愛称になったという。

 

 入口まで長い階段で、まるで城壁のよう。

 

 城壁?には木槿やアガパンサスの花が彩を添える。

 

 

 

 展示物で目を引くのは、念仏寺の「陀堂(だだどう)の鬼走り」の鬼面。

 毎年1月14日夜、父・母・子の3人の鬼が、燃え盛る松明を手に茅葺き屋根の堂内を練り歩く。

 人々に福をもたらす「春来る鬼」として、室町時代から500年以上続く重要無形民俗文化財の行事である。

 

 

 

 天平時代の建築物、栄山寺の重文「八角円堂」。法隆寺夢殿と並ぶものがある。

 同じく、国宝の鐘楼。

 

 

 江戸時代の面影残す新町通り。

 

 

 ひとつ残念だったのは、展示されていると思っていた新町通り、「ジオラマ工房」野口さんの鉄道ジオラマの展示がなかったこと。

 五條の名物のひとつとして、「五新鉄道」跡(かつての五條・新宮間の計画路線で着工したが、中途で中止。)があるが、鉄道とは切り離せない町・五條。

 また、復活させていただきたいものである。

 

 

 

 

             人気ブログランキングへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村

 

コメント

平野・案内ページ「平野すてんしょ」 

2021-07-17 | 平野HP

 平野・案内ページ「平野すてんしょ」 

 「すてんしょ」とは平野の昔言葉で、「ステーション」のこと。

 ここから、いろんな平野に出発します。

 

 <2021年夏の西脇だんじり>

 コロナ禍により、2年連続で平野郷まつり(杭全神社夏まつり)は中止となった。

 そのなか、西脇だんじりは感染対策に配慮しながらも曳行を実施した。

 下記写真をタップしていただくと、平野西地域活動協議会さんのサイトにジャンプします。

 

 これより、平野区案内のページです。其々のカテゴリーを写真バナーで表示しておりますので、写真をタップしてください

※ 記事にジャンプします。

※ページの最後まで見られましたら、「前ページ」をタップしてください。

(どんどん、ページを繰っていただけます。)

1.平野すてんしょ   

平野の5っの圏域(平野・加美・喜連・瓜破・長吉長原)の紹介です。  

 画像クリック

2.平野ギャラリー 

 
 デジブックやフォトチャンネルに編集したものや区民ギャラリーの展示など。

 画像クリック    

3.平野の伝統行事  

杭全神社・御田植神事、大念佛寺・万部おねり、杭全神社(平野郷)夏祭り、旭神社夏祭り、正覚寺だんじり祭り、川辺八幡神社秋祭り、赤坂神社秋まつりなどを収録。

画像クリック   

4.平野のイベント


あかる姫まつり、古代市、平野の町づくりを考える会・事業、喜連環濠地区まちづくり研究会・事業、加美SORAガーデン・ふれあい体験フェスタ、区役所、福祉団体事業など収録。
        

画像クリック        

5.着物で歩こう!     

 「平野郷を着物で歩こう!」第1~第5回、「今井町発・平野郷を着物で歩こう!」、「加美南を着物で歩こう!」第1~第4回、「浴衣で涼もう!」、「喜連(伎人郷)を着物で歩こう!」第1・2回、「あかる姫と着物で歩こう!」など、“平野を着物で歩こう!プロジェクト”事業収録。

 画像クリック       

 
 
6.平野探訪

  
 平野まちあるき・平野探索など。全興寺の「令和池」は必見!
          

画像クリック           

7.平野・町ぐるみ博物館

 
  「平野の町づくりを考える会」を中心とした「町ぐるみ博物館運動」。       
          

画像クリック      


8.平野うまいもん 

 
 平野グルメの紹介。
          

画像クリック       

 
9.平野の元気もん

  
 平野のNPO、企業、市民団体、市民活動家、アーティストなどの紹介。
          

画像クリック           
 

10.平野・絵葉書~コミュニティ・ビジネス

  
 「平野を着物で歩こう!プロジェクト」と特定非営利活動法人もなか会「紙再生工房」、「平野地域活動協議会」協働による、C.B事業。        

画像クリック          

 

11.平野ヒストリー

 平野の歴史や伝説にアプローチしました。
          

画像クリック           

12.地域活動協議会

平野には22の地域活動協議会があり、それぞれ、特色ある事業をされています。

 


画像クリック          

 


平野区まちづくりセンター 

 平野区22地域活動協議会情報のポータルサイト。

画像クリック

            


         
 

 このページが平野の紹介・案内ページとして、お役にたてれば幸いです。
              
                                         (あずき煮えた)



 

コメント

蓮の咲くころ 生蓮寺 ② ~てるてる坊主に願って

2021-07-15 | 奈良の旅

蓮の咲くころ 生蓮寺 ② ~てるてる坊主に願って

 

 生蓮寺は平安時代に嵯峨天皇の皇后の安産を祈願して創建されたことから、「安産祈願のお地蔵様」として、有名である。

 また、弘法大師は寺の前の旧街道を高野山に向かって歩く道すがら、寺に立ち寄り、道中の晴天を祈願したと伝えられることから、「晴れ祈願の地蔵様」として親しまれている。

 ご本尊の地蔵菩薩は3m以上もあり、大らかで優しい表情で人々の願いを聞いてくださっておられるようだ。

 折しも、コロナ終息の願いを込めて、世の中が晴れ渡るようにと、全国から「てるてる坊主」が送られてきているという。

 

 

 

 

 

 私も何十年かぶりに「てるてる坊主」を吊るしてみた。

 

 賓頭盧さんの天真爛漫な笑顔は、どことなく、猪木に似ている。

 

 

 本堂内はちょっと、ワンダーな空間が広がっていた。

 

 

 

 境内もやっぱり、ワンダーである。

 

 

 

 

 

 

 

 

             人気ブログランキングへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村

 

コメント