tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

2017年から週3~4回の投稿といたします。しかし中身はより一層充実しますので、引続きのご愛読よろしくお願いいたします!

NEXT-1300 NARA シンポジウム/観光地奈良の勝ち残り戦略(113)

2017年03月28日 | 観光地奈良の勝ち残り戦略
1300年前の奈良時代から、連綿と続く歴史に彩られた奈良。次の1300年を見据えたイノベーションを起こすため、「NEXT-1300 NARA シンポジウム」(主催:奈良市観光協会)が日曜日(3月26日)に開催されたので、聞きに行ってきた。全体テーマは「C-MICE(シーマイス)」の推進だ。
※写真はすべて東大寺・金鐘ホールで3/26に撮影。今回は「写真撮影自由、
どんどんSNSなどで情報を発信してください」とのこと、これは有り難かった

「MICE(マイス)」とは、企業などの会議、報奨・研修旅行、国際会議、展示会・イベントの頭文字で、観光庁はこれをテコとした観光振興を目論んでいる。「C-MICE」は、いわば「小さなMICE」で、今回作られた造語である。当日の模様は毎日新聞奈良版(3/27付)に紹介されている。全文を引用すると、



1300年後の未来へ発信 新しいアイデア シンポで発表
1300年後の奈良の未来を見据え、変革を生み出すことを目指す「NEXT-1300NARA」プロジェクトのシンポジウム(奈良市観光協会主催)が26日、東大寺総合文化センターで開かれた。奈良漬けの販売拡大、奈良を訪れる人々に提案する健康をテーマにした旅行、寺を拠点として世界中の人々から投資を募るアイデアなどが発表された。

講演した北河原公敬・東大寺長老は、唐招提寺を創建した奈良時代の渡来僧、鑑真らによる1300年前の国際交流を紹介。その影響は現代にまで及んでおり、「功績を忘れてはならない」と指摘した。



オーストリアで世界的なメディアアートイベントを開催する「アルスエレクトロニカ」の小川秀明ジャパンディレクターは「人々を受け入れるだけでなく、創造することが必要。奈良はこれからの世を語るのに適切な場所」と話した。

その後、前日から奈良を巡ってさまざまな案を話し合ってきた参加者がアイデアを発表。職人技を目線のカメラで撮影して追体験させたり、東大寺でビジネス合宿を開くプランが披露された。【矢追健介】




この日の見どころは「構想ジャーニー プレゼンテーション」だった。前日に行われた奈良市内ツアーとその後のディスカッションをもとに、プレゼン資料が作られ、それがステージ上で発表された。5チームが続々と登壇した。各チームの発表をかいつまんで紹介する。メモが追いつかなかったので、簡単にしか書けないが。

1.食:奈良漬BANKプロジェクト
本格的に作るには10年以上を要する奈良漬づくりを体験。材料となる野菜づくり(ウリ、キュウリ)、酒粕づくり、奈良漬づくりの3つのステップ(1年~18年)の一部または全部を体験してもらうというもの。それぞれのステップで奈良に足を運んでもらおう、というもの(いわばリピーターづくり)。資金はクラウドファンディングで募る。



2.ウェルネス(健康・美容):Naraウェルネス・ツーリズム
コンセプトは「観(み)る観光」から「健康になる観光」へ。ターゲット層は全世界の女性。ヘッドスパ(頭のマッサージ)、リラックス、座禅、ヨガ、薬膳茶などを体験してもらう。また米国などで経験を積んだ美容師を招聘する(英語で会話できる)。奈良特産の筆(化粧筆)や刃物(ハサミ)などもPRできる。

3.お寺でシェアハウス:テラハウス
小さな町寺(まちでら)のお堂をセカンドハウス的にシェアする。お寺の収入源となるし、泊まる人は奈良の歴史や文化を体感でき、またインスピレーションを得ることができる。

4.バーチャル体験:奈良の伝統工芸の制作過程をVR体験
ゴーグル型の器具などを使い、バーチャル・リアリティで伝統工芸の制作プロセスを見てもらう。また現地では実際に職人さんの技も見てもらう。



5.鹿型ロボットによる観光案内:金鹿プロジェクト
もともとお寺は、時代の最先端を行っていた(建築、食など)。AIを搭載した鹿型ロボットが観光案内。拠点は奈良の社寺とする。社寺を「インキュベーションセンター」として使う。




奇抜なアイデアが出され、これは良い刺激になった。私はもともと「高野山にはあんなにたくさんの宿坊があるのに、なぜ奈良のお寺は泊めてくれないのだろう」という不満を持っていたので、「3.テラハウス」には大賛成だし、いっそ「5.金鹿プロジェクト」も、くっつけてはどうだろう。

「2.ウェルネス・ツーリズム」も面白い。以前、職場の若い女子社員たちがこぞって「ホテルでのアロマテラピー(芳香療法)体験」に出かけていた。そのためにわざわざ高いおカネを出し、休暇を取ってホテルに泊まるのだが「ストレスが解消された」と喜んでいたので、マーケットはあるだろう。社寺の多い奈良は、高い精神性が売りなので、イメージ的にもマッチする。

プレゼンテーションとディスカッションの司会・進行を担当された藤沢久美さんは最後に「良いアイデアを出して盛り上がり、そのあとは何もしない、というのではダメ」とおっしゃっていた。まさにそのとおり。「NEXT-1300 NARA」プロジェクトはこれがスタートである。今後、このような良いアイデアをどのように展開していくか、奈良市観光協会の舵取りに期待したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良市で初!地ビール醸造所とレストラン「麦舎」がオープン/ならまちに 3月30日(木)!(2017 Topic)

2017年03月27日 | お知らせ
本年(2017)年3月30日(木)、ならまち(奈良市紀寺町956番地2)に、クラフトビール(地ビール)醸造所「なら麦酒ならまち醸造所」と併設のレストラン「麦舎(むぎや)」がオープンする(℡ 0742-95-9700)。レストランでは、主に観光客を対象に、醸造したクラフトビールと地元食材を使った料理を提供するほか、奈良市の「ふるさと納税返礼品」として活用される。これは南都銀行などが組成する「奈良県観光活性化ファンド」の第2号投資案件である。同行のニュースリリースによると、

「奈良県観光活性化ファンド」第2号投資を実行!
南都銀行(頭取 橋本 隆史)は、グループ会社である南都ディーシーカード株式会社(取締役社長 柴田順夫)、株式会社RD観光ソリューションズ(代表取締役 枩山聡一郎 氏)と協働して平成27年9月に設立した「奈良県観光活性化ファンド」について、第2号の投資を実行しましたのでお知らせします。

当行は、今後も、参画各社が有する専門的知見、ネットワークおよびファイナンスノウハウを活用し、奈良県内の観光産業の活性化に資する企業への成長資金の供給等を通じて、奈良県経済の活性化に貢献してまいります。詳細は、以下のとおりです。

1.投資額 2,000万円(社債引受)

2.投資先の概要
企 業 名 まほろのディアブルーイング株式会社
代 表 者 代表取締役 青山政義
所 在 地 奈良市紀寺町956番地2
設 立 平成27年3月30日
事 業 内 容 クラフトビール醸造・販売ならびに飲食店経営



3.投資先の取扱商品・セールスポイント等
○今回の新規案件は、日本酒発祥の地である古都奈良でクラフトビールを醸造・販売するもので、奈良市の「ふるさと納税返礼品」に取り上げられるなど、今後奈良町の活性化に繋がる魅力的な地域資源として期待できます。
○アメリカスタイルのコクのあるビールを用意し(6種類)、地元の食材を利用したビールに良く合うビストロ料理を提供します。
○今後、奈良県内の飲食店に卸す瓶詰め・樽詰めしたクラフトビールを用意する予定です。
○なお、同社(投資先)は、第3回「<ナント>サクセスロード創業部門賞」の受賞先です。当行の専属担当者が外部機関等と連携して、同社事業を幅広くサポートしてまいります。


場所は十輪院や「めしあがれ」の南側。狭い路地に面した瀟洒な建物だ。この案件は本年1月、「第3回「<ナント>サクセスロード」(ビジネスプラン事業化支援PROJECT)の受賞プランにも選ばれている。

先発の曽爾高原ビールは、よく頑張っている。ならまちには外国人をはじめとした観光客がたくさん訪れる。奈良市で初のクラフトビールが、多くの方に支持されることを期待したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜田公園と三室山(斑鳩町)/桜も紅葉も(毎日新聞「ディスカバー!奈良」第11回)

2017年03月26日 | 奈良にこだわる
NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」が毎週木曜日、毎日新聞奈良版に連載している「ディスカバー!奈良」、第11回(3/23付)は「ちはやふる 斑鳩町の竜田公園」、筆者は同会の落語名人・西川誠さん(もと落研)である。
※トップ写真は、桜の美しい竜田公園(斑鳩町)

町おこしの活動に異を唱えるつもりは毛頭ないが、正確に記しておかねばなるまい。紅葉の名所として知られる「竜田川」は、今の竜田川ではなく「大和川」下流のことである。昔は1本の川も、いろんな名前で呼ばれたのである。『日本歴史地名大系』によると、

平群谷から南下して大和川に出る竜田川は紅葉の名所であるが、古くはほぼその合流点以西の大和川下流を竜田川といった。古歌に詠まれる竜田川は大和川下流をさす。

また「三室山」(御室山)も複数の山があり、『日本国語大辞典』によると、

(1)奈良県桜井市の三輪山(みわやま)のこと。
*万葉集〔8C後〕七・一〇九四
「我(あ)が衣色取り染めむ味酒(うまさけ)三室山(みむろのやま)は黄葉しにけり〈人麻呂歌集〉」
(2)奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町の神奈備山(かんなびやま)のこと。ふもとを龍田川が流れ、紅葉・時雨の名所として知られた。
*古今和歌集〔905〜914〕秋下・二八四
「たつた川もみぢばながる神なびのみむろの山に時雨ふるらし〈よみ人しらず〉」


とあり、古今集に登場するのは今回の斑鳩町の三室山、つまり(2)の三室山である。なお生駒郡三郷町にも、また兵庫県宍粟市と鳥取県八頭郡若桜町の県境にも三室山があるので、混同しないでいただきたい。「三室=御諸(みもろ・みむろ)」で、神の降臨する場所を意味する。だから各地に三室山があってもおかしくはないのだ。では、記事全文を紹介する。


在原業平と能因法師の歌を刻んだ碑

ちはやふる
百人一首「ちはやふ(ぶ)る 神代(かみよ)も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」。詠み人は、平安時代の歌人で六歌仙にもかぞえられた在原業平です。

最近は人気漫画「ちはやふる」が話題を呼んで、競技かるたを始める方も多いそうです。アニメ化や映画化もされたので、竜田川を知った方も多いかも知れません。


 ちはやふる(34) (BE・LOVEコミックス)
 末次由紀
 講談社

数ある和歌から藤原定家が選んだ百首の中に、もう一首竜田川が詠まれています。能因法師の「嵐吹く三室(みむろ)の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり」と、こちらも秋の様子を愛(め)でています。

時は過ぎ、川の流れも変わりましたが、整備された竜田公園は今も美しく、春には河口近くの三室山で、桜が見事な景色を見せてくれます。業平や能因法師がこの景色を見れば、神代も聞かず(神様も見たことのない)と、桜を詠んでくれるのではないでしょうか。

メモ
三室山へは、JR・近鉄王寺駅より奈良方面行きバスで約5分、「三室山下」下車徒歩10分。竜田公園へは、法隆寺行・国道横田行バスで約8分、「竜田大橋」下車、徒歩3分。【奈良まほろばソムリエの会 西川誠】


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良シニア大学が、学生(第3期生)を募集中/入学式は4月13日(木)!(2017 Topic)

2017年03月25日 | お知らせ
55歳以上のシニア世代を対象とした「奈良シニア大学」が、第3期生(平成29年度新入生)を募集している。同大学のニュースリリース(3/21付)によると、
※写真は全て、奈良県 文化教育記者クラブ(県庁内)で3月21日に撮影。向かって左から、事務局長・矢澤実穂さん、私、学長・岩井洋さん、理事・林忠厚さん、理事・鐵東敦史さん

生涯学習の場 「 奈良シニア大学 」
平成29年度新入生(第3期生)募集中!入学式は4月13日(木)
~ 設立から3年目 生涯の友と出会う、55歳からの永遠の学び舎 ~


毎週木曜日、55歳以上の男女を対象に開催している「奈良シニア大学」(学長:岩井洋=帝塚山大学教授)では、毎週異なる分野の講師による一般教養講座とプロの先生による選択科目、学生の自主運営の同好会・サークル活動を行うことで生涯の友情を育み、健やかで自分らしいセカンドライフを送っていただける活動を行っています。
(注) 当校は、「学校教育法」、「大学設置基準」に基づく大学ではありません。



■ 奈良シニア大学について
・健康寿命の延伸はもとより、奈良の同世代が学校生活を通じて知識と共に生涯の友情を育み、健やかで自分らしいセカンドライフが送れるようにお手伝いすることで、少しでも高齢化社会に突入する日本に貢献ができればという想いで当校を平成27年4月に設立しました。

・午前の「一般教養講座」(10時~12時)は、近鉄奈良駅前の「奈良商工会議所」ビル内。午後の選択科目授業(13時~15時)のうち、「史跡探訪」(座学)は奈良もちいどのセンター街の「きらっ都奈良」内、「書道」「絵画」は「奈良商工会議所」ビル内で行っています。

・第1期生は37名、第2期生は28名で、現在、第3期生を募集中(定員40名)で、現在30名からすでにお申し込みをいただいていいます。



■ 奈良シニア大学の特徴
① 地域に根ざした独自のカリキュラムを厳選
 幅の広い分野に触れていただくために、毎週異なるジャンル(歴史・文学・美術。音楽・自然科学・医学など)から奈良に縁のある講師を招聘し、学生の好奇心を満たす一般教養講座を行っております。
② 平均年齢69歳の在校生が組織を運営
 定期的に開催される運営委員会では、選挙で選ばれた役員が学生の代表として活発に意見を交換し、現場の声を活かした運営改善策が事務局のもと実行されます。また、選択科目ごとにお世話役と呼ばれる生徒が各授業をサポートする体制を整えております。これは、学生一人ひとりが主役であるとの考えに基づきます。

③ 充実した同好会・サークル活動
 学生の方々が自主運営を旨とし、活動の自由度を高めることで学校生活に充実感を持っていただいています。そのため、幅広い活動(健康トレーニング、英語、料理、茶道、篆刻、ウォーキング、自然観察、映画、麻雀)をコミュニティサロンである西大寺事務局などで行っております。

【 お問い合わせ 】 奈良シニア大学 事務局
〒631-0817 奈良市西大寺北町3丁目2-19-1 ☎ 0742-81-7372 📠 0742-87383
ホームページ http://www.naraseniour.net/
事務局長 矢澤 実穂



【 募集要項 】
■ 対象 55歳以上であればどなたでも。

■ 教室
①一般教養講座(午前)とおよび選択科目(午後)の「書道」と「絵画」
奈良商工会議所 4階中ホール
所在地:奈良市登大路町36-2 (〒630-8586)近鉄奈良駅より徒歩1分、JR奈良駅より徒歩15分

②選択科目(午後)のうち「歴史探訪」(座学)
きらっ都 奈良 2F 研修室
所在地:奈良市橋本町3-1 (〒630-8217)近鉄奈良駅より徒歩5分、JR奈良駅より徒歩10分



■ 入学金 10,000円(本科・大学院)

■ 授業料  8,000円(1ヵ月)

■ 修業課程
・本 科 (4年)4月開校。
・大学院 (4年)本科卒業生は、どなたでも進学可能
・研究科 (無期限)本校の大学院卒業生は、どなたでも進学可能

【 運営団体 】
■ 団体名  一般社団法人日本ライフエンディング協会
■ 代表者  代表理事 矢澤 実穂
■ 設立   平成26年4月1日
■ 所在地  〒631-0817 奈良市西大寺北町3丁目2-19-1
■ 事業内容 奈良シニア大学の運営


NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」は、「歴史探訪」(座学および現地訪問)の授業を担当している。座学は「大和の社寺」「伝統行事」「万葉集」「ゆかりの人々」などがテーマ。現地訪問(ウォーキング)は、県北中部の社寺や万葉歌碑、古墳、花の寺などをガイド付きで巡る。毎週木曜日に開催され、これで月8,000円とは、とてもリーズナブルだ。

4月13日(木)の入学式までに、ぜひお申し込みください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良まほろばソムリエ合格をめざす皆さんへ

2017年03月24日 | 奈良検定
昨日(3/23)の当ブログ記事で、奈良検定(奈良まほろばソムリエ検定)の「奈良まほろばソムリエ」の合格発表の話を書いた。合格された方はぜひ、NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」に、ご入会いただきたい。惜しくも不合格になった方、また1級に合格されたばかりで次に奈良まほろばソムリエを初受験される方は、ぜひ合格していただきたい。
※トップ写真は、奈良商工会議所主催「認定支援セミナー」(2級対策 2016.12.11撮影)

そのための対策としては、
1.こちらの合格体験記および合格者の推薦図書を参考にしていただきたい。
2.以下の対策講座の受講をお薦めしたい。
(1)奈良市中部公民館の「奈良検定受験対策講座」
1級およびソムリエ対策として、NPO法人「奈良まほろばソムリエの会」の精鋭が実施している講座がある。1回の参加費は、わずか300円である。同講座のチラシによると、

ソムリエ合格者が交代で講師となり、受験対策講座を自身の成功体験を基に講義形式で進めています。過去問をテキストに、関連する項目を深堀し、出題傾向を考えながらの実践的な講義です。
今年も多数の合格者が出る事をめざして勉強して行きます。多数のご参加をお待ちしています。
■開催日時 毎月 第2、第4土曜日 10 時~12 時
■費 用 300 円(資料代、教室使用料)
■場 所 奈良市中部公民館 奈良市上三条町23-4
■申込・お問合せ NPO 法人 奈良まほろばソムリエの会所属
前田康 一 kouichi.maeda@leto.eonet.ne.jp(☎ 090-3657-5445)
西川 誠 ☎ 090-8524-5000


(2)クラブツーリズム奈良旅行センター「奈良検定受験対策講座」
毎年8~9月に開催。今年(2017年)は、9月10日(日)に開催予定。講義はもちろん、実践的な記述式対策が人気を博している。場所は同センター(近鉄奈良駅ビル5階)。申し込みは、同センターへ(TEL 0742-90-1005)。

(3)奈良商工会議所「認定支援セミナー」
毎年10月頃に開催。今年(2017年)の講座は未定だが、近づいてきたら同所のHPでご確認いただきたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加