♪あなたに逢いたくて

眠れない夜は、旅の思い出や、私の想いを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画の思い出帳 追記

2012年07月04日 | 映画・テレビ
TSUTAYAのT-SITEのマイ棚を作ってみた。
この頃、人の名前が思い出せない
ボケ防止にちょっと観た映画思い出すのに書きとめておこう。


ジャンルにすごい偏りあるよなぁ~

ちなみに今までのベスト5
スティング」「オーロラの彼方に」「ショーシャンクの空に
カサブランカ マディソン郡の橋



好き
今度は愛妻家
パーマネント野ばら
オカンの嫁入り
パッチギ
チンソクの夏
いつか読書する日

サンザシの樹の下で
ラブストーリー
猟奇的な彼女
インファナル・アフェア
初恋のきた道

めぐり逢えたら
ラブ・アクチュアリー
コーラス
恋人たちの予感
恋におちて
恋愛適齢期 
ユーガットメール
ゴースト もういちど抱きしめたい
 


期待せずに観ておもしろかった作品
ツーリスト
ゴールデンスランバー
アフタースクール
アヒルと鴨のコインロッカー
ゴッドファーザー
カールじいさんの空飛ぶ家
メンフィスベル
クロサワ映画
アンフェア the answer
モテキ
スパイダーマン


まぁ好き おもしろかった作品
僕が結婚を決めたワケ
ストーリー・オブ・ラブ
ビフォア・サンセット
死ぬまでにしたい10のこと
アバウトアボーイ
フォーウエディング 
ノッティングヒルの恋人
 

ちょんまげぷりん
僕の初恋をキミに捧ぐ
星守る犬
ナヴィの恋
空中庭園
結婚しようよ
キサラギ
ピアノの森
阪急電車 片道15分の奇跡
毎日かあさん
 
イルマーレ  
ラストプレゼント 
八月のクリスマス
まほろ駅前多田便利軒
 



好きなジャンルじゃない、むしろ嫌い。でもおもしろい。見ごたえあり。
真実の行方 告白 悪人 親切なクムジャさん 
バタフライエフェクト シックスセンス 殺人の追憶 重力ピエロ
八日目の蝉


まぁまぁ。
雷桜 君に届け 私の優しくない先輩
僕と妻の1778の物語
FLOWERS -フラワーズ- 
てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ バッテリー 
アンフェア シュガー&スパイス
手紙 名探偵コナン水平線上の陰謀
引き出しの中のラブレター お・と・な・り ぐるりのこと
ハウルの動く城 Returner
ゲロッパ
世界の中心で愛をさけぶ スイングガールズ
東京公園 

僕の彼女を紹介します LOVERS
オオカミの誘惑   友へチング シュリ 純愛中毒 危険なめぐりあい 
彼女を信じないでください  マラソン 子猫をお願い 
永遠の片思い カンフーハッスル  RONIN  敗者復活戦 ロストメモリーズ ノーウェア~情け容赦なし
私の頭の中の消しゴム 

ハリーポッターと炎のゴブレット  
ブリジットジョーンズの日記~きれそうな私の12ヶ月
ニューシネマパラダイス  最後の恋のはじめ方  ショコラ ウォークザライン君につづく道 
ターミナル セレンディピティ 
遠距離恋愛 彼女の決断
ナイト&ディ 新しい人生のはじめかた ライラの冒険 黄金の羅針盤
ナイトミュージアム エクスペンダブルズ
ゴッドファーザー2
幸せのチカラ 星に願いを 幸せのレシピ
デイアフタートゥモロー オーシャンズ11 
ブリジットジョーンズの日記  トロイ
ハリーポッターとアズカバンの囚人 オペラ座の怪人
パールハーバー
シカゴ エターナルサンシャイン
恋するための3つのルール ウェールズの丘 9ヶ月 おいしい生活 
10日間で男を上手にフル方法 50回目のファーストキス
コールドマウンテン アメリ
英国王のスピーチ      
   


後味悪い。
もしくはあまり好きじゃない(←そもそも元から観ないんだけどね
シークレットウインドウ
ぼくはやってない
ハルベリー 
空気人形 シャッターアイランド  ダンサーインザダーク セブン
スカーレットレター


期待して観ただけにちょっとがっかり
ノルウェイの森
ハナミズキ
ソーシャル・ネットワーク
夜明けの街で
四月の雪
酔いがさめたら、うちに帰ろう
きみに読む物語 
東京タワー チャーリーとチョコレート工場
クローサー
セカンドバージン
コクリコ坂から
抱きたいカンケイ


子供に観せたい、一緒に観たい映画
ビッグ・フィッシュ」「グッバイ・レーニン」「僕はラジオ」「耳をすませば」「フォーチュン・クッキー」「きいてほしいの、あたしのこと~ウィンデキシーといた夏」「スチュアート・リトル」オカンの嫁入り




コメント

ノーラ・エフロンさん

2012年07月01日 | 映画・テレビ
誰?って思うけど
たまたま見かけた新聞記事。

アメリカの脚本家、映画監督さん。

ウォーターゲート事件を追及した夫との離婚を題材にした小説「心みだれて」を映画化
「めぐり逢えたら」「恋人たちの予感」「ユー・ガット・メール」などを手がけ
ロマンチックコメディの名手として知られたそう。

全部好きな作品だ。

6月26日 71歳、白血病でニューヨークでお亡くなりになったそうです。

同じものの見て、同じように感じる人ってなかなかいない。
だから人間関係はおもいろいってか・・・

でもこの人の作品を見たら絶対おもしろい、感動する、泣けるっていう映画監督さんにはなかなか出会わない。
残念だ~

ご冥福をお祈りします。
コメント

オカンの嫁入り

2011年12月13日 | 映画・テレビ
残りの時間のなかで何をすべきなのかを考えました。
私が今すべきこと、
それは私の人生を私らしく幸せに生きることであり
そしてそれをつきちゃんに見せることによって
つきちゃんにも自分の生き方を見つけてもらいたい。
そう思いました。

こんな身勝手でわがままでどうしようもないお母さんですが
どうか最後の日までどうか一緒にいて下さい。

よろしくお願いします。

このセリフがよかった。
娘に残したいと思います。

それにしても、最近の大竹しのぶはいい。
昨日の「看取りの医者・バイク母さんの往診日記」といい おね役の「江」「それでも 生きてゆく」
完全にイッテしまってる(失礼!)ところにすごさを感じる。

さすが紫綬褒章受賞、おめでとうございます。
 
コメント   トラックバック (2)

明日の光をつかめ 2

2011年09月05日 | 映画・テレビ
昨年夏に放送した昼ドラ「明日の光をつかめ」のパート2

心に傷を持ちながらも一筋の光を見出そうとし、前向きに成長していく少年少女たちと、
彼らを応援する主宰者”おっちゃん”こと北山修治(渡辺いっけい)の姿を描いたドラマ

月~金ながら 毎回録画し見ている息子につられ、
娘、私 そして最終回にはだんなも涙したという
今夏我が家のマイブームであったこのドラマ

最終回のおっちゃんのセリフ
「もしこの子の周りに 誰か一人でも 話を聞いてやる大人がいたら
この子はこんなふうに何度も事件をおこすような生き方になっていなかったかもしれません。

家庭であったり、学校や社会であって
生きている環境の何か一つでも歯車が狂うと
しわ寄せは まちがいなく 一番弱い子供にいくんです。

だから私達は 子供から目を離しちゃいけないんです。

だって、子供達は 虐待をされたり、事件をおこすために
この世に生まれてきたわけじゃないんですから。」


最終回のこのおっちゃんのセリフに号泣でした。
大人がどうあるべきかを、つきつけられました。

もうひとつ、毎回見ていて、いろんなことを考えさせられる
「それでも 生きてゆく」

これらのドラマを見て何を感じたか。
世の中の実際におこっている未曾有の自然災害や凶悪な事件を耳にし目にし
実際ボランティアに行き、いろんな環境の人達と関わり、今生きている自分の環境についてどう考えるか。
自分が今何をすべきで、将来何をしようと思うのか。

今夏、バイトするわけでも、教習所にいくわけでもなく
部活と、ボランティアと 漫画やテレビを見る日に明け暮れた息子に
ともすれば、「何やってるの?」と言ってやりたかったが
このドラマの子達と共に、成長したと思う息子を信じて見守りたいと思う。

がみがみ怒らなくなったお母さんの成長、愛も感じてね(笑)






コメント

『今度は愛妻家 』

2011年07月31日 | 映画・テレビ
だんなの誕生日夜勤で家を空け
翌日、夜勤明けでも昼仕事があり
夕方爆睡している間に帰ってきただんな。

いつ帰ってたん?それが第一声でございました(^_^;)
いつもと変わりなく、テレビ観て
「トランスフォーマー リベンジ」を観て
途中、私は何度も寝てしまい
たぶん子ども達が巣立っていった後もこうやって、時を過ごすんかなと・・・しみじみ。

「トランスフォーマー リベンジ」だんなはこの手の映画が好きだ。
おもしろかったし、嫌いじゃないけれど私の好きなジャンルとは少し違う。

で、思いだしたのがちょっと前に観たこの映画
「今度は愛妻家」
こういう映画は大好きです。

薬師丸ひろ子がすごくかわいくて、こういう風に歳を重ねたいと思った

愛する人や周りの大事な人が突然知らない間にいなくなってしまったら・・・
悔いが残らないよう、優しくなろうと思う。

で、先日の健康診断の結果が返ってきた。
いつまでも若く元気だと、生命線も長いし、
私のが絶対周りの誰よりも長生きすると思っていたが
え~ちょっと気をつけなあかんやん

あわてんぼうやし、自転車とばす。事故にも気をつけよう

っていうか、後から後悔せんように あなたも私を大事にしてよ

夫婦にはさよならの前にやらなければいけないことがある。


「今度は愛妻家 」予告編
コメント (4)   トラックバック (1)

『サンザシの樹の下で 』

2011年07月26日 | 映画・テレビ
「初恋の来た道」のチャンイーモウ監督の作品

前々から観たいと思っていた映画。
どっぷり純愛もの。
だんなに「行こうよ。」と声かけてもスルーされるし
こんな時、いてくれてよかった。娘と一緒に観にいきました
こういう映画を娘と観れるってことに幸せを感じる。

ストーリーはよめるのだけど
ひとつひとつのシーン、チョウ・ドンユイの表情のひとつひとつがせつない。

棒きれを持ち、手がだんだんとふれあい初めて手をつなぐシーン
彼女の将来のためとはいえ、会えない辛さで涙ながら、彼女の足に包帯を巻き直すシーン
彼との会えない時間を思い出の場所で過ごすシーン
川の両岸で互いを思いあうシーン
エッチどころか、キスシーンもないのだけどそれ以上にドキドキする

ある意味、娘と観てよかった。
彼女が何を感じたか、
戦争でこの樹の下で日本兵が中国農民を虐殺し
その血で赤い花が咲くことになったという冒頭の反戦メッセージ

国が違い、今とは時代が違い、好きになること、会うことも許されない。

時代にさからうことなく、懸命に今を生きる。
真剣に 親や家族、相手のことを思う。

ラストシーンの天井に貼られた、あの日の幸せそうな笑顔の2人の写真
いうまでもなく、号泣

「泣きすぎやで。」と隣で言う娘。
結構みんな、泣いてはったで

自由に恋愛できる今の世の中を幸せに思えよ

1年1ヶ月も待てない。25才になるまでも待てない。でも一生待ち続ける

サンザシの樹の下で - goo 映画サンザシの樹の下で - goo 映画

『サンザシの樹の下で 』予告編 (ちょっとネタばれや

コメント (2)   トラックバック (3)

パーマネント野ばら

2011年05月02日 | 映画・テレビ
小池栄子ふんするみっちゃんのぶっとびぶり
パンチパーマのおばちゃんの下品なトークとかに笑わせてもらったけれど・・・・
だけどなんかせつないの

いい男なんか全然おらん・・・でもどうして女はそんな男に惹かれるのだろう。

唯一まともっぽい男、江口洋介ふんするカシマ

なおこふんする菅野美穂

このなおことカシマのシーンが大好きだっただけにとてもショックな結末
泣けた~

「人は二度死ぬ
一回目は生きるのが終わる時
二回目は人に忘れられてしまう時
 
人の心の中におらんようになったらいよいよ最後」


のようなセリフやったかな~池脇地千鶴ふんするともちゃんのセリフ

そうやな~たとえ会えなくなっても、心の中に残れたら幸せやな。




パーマネント野ばら - goo 映画パーマネント野ばら - goo 映画
コメント   トラックバック (1)

てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~

2011年05月01日 | 映画・テレビ
三線始め、密かにマイブームの沖縄
いつか行きたい、沖縄の海が見たいと、このDVDを借りた。

沖縄の美しい海を子供たちに残したいという思いで
どんな困難でもあきらめず夢を追いかけた感動の実話らしい。


松雪泰子、きれいで、強くて、そして優しい、いい女。

「みんなあんたの夢信じとるのになんであんたが自分の夢信じられんの」

「みんながあんたがにこにこして夢を追いかけることに
いつのまにか協力してくれた仲間なんだよ。
お金があるのが幸せなの?
そう思ってたら最初からあんたのかあちゃんになるわけないでしょ。」


子どもたちもいい。

「貧乏でもさぁ海をピカピカにするお父さんがいい。」


意外によかった。
夫婦愛、家族愛、母の愛、友情、コピー通り 優しい涙があふれ出した。




てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ - goo 映画てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ - goo 映画
コメント

引き出しの中のラブレター

2011年04月16日 | 映画・テレビ
亡くなった父からの手紙とか、父と息子、母と娘
泣かせるツボやとわかっていながら、やはりうるうるきてしまう。
私はなんと単純だ~
いや~純粋だと言ってほしい
あえて自分で言っておこう

学生時代、勉強するのが目的か、ラジオを聞くのが目的かわからんけれど、
よく勉強しながら、ヤンタンやヤンリク、オールナイトニッポンとかを聞いていたのを思い出した。
ながらの勉強は、もちろん集中できなかったのは言うまでもない

常盤貴子のDJってどうよって思いながらも 
伝える手段が手紙や、ラジオからの声だけでいうこともあり
印象的な言葉がたくさんあった。


人と気持ちがすれ違ってしまった時そのままにすると
その時生まれたわだかまりはひとりでにふくらんでしまうから
大切な人が離れていってしまう前に連絡しなければ。

思いはちゃんと口に出して言わないと通じないよね。


よく君を幸せにするというセリフがドラマにあるけど
人を幸せにできる人は言わなくても、自然に人を幸せにできるんじゃないだろうか。
反対に身近な人も幸せにできない人は…誰も幸せにできない。

私はあなたたちを幸せにするぜ。と言ってみる。


心の引き出しにしまってしまった思いはそのままでは届きません。
たとえ大切な人が遠く離れていたとしても
ちょっとだけ勇気を出して一歩を踏み出してみて下さい。
思いはきっと相手に届くはずです。

この思いが届くことを祈って
函館もっぺん行きたいなぁ~


引き出しの中のラブレター - goo 映画引き出しの中のラブレター - goo 映画

コメント (2)   トラックバック (2)

セレンディピティ

2011年04月16日 | 映画・テレビ
セレンディピティとは幸せな偶然

ヒロインのサラいわく「でも偶然は信じない。すべて運命よ。」って。

「自分で決めたつもりでも
運命はサインを送って私たちを導くの。」

「運命が導くならまた会える。
今はその時じゃない。」

「人生は自分の力で切り開く。」

「物事にはすべて理由がある。
人生は無意味な偶然の積み重ねではない。

すべての出来事は見えない力によって定められていると。
人が宇宙の調和によって従って生きるのならば
すべては定められたとおりになるのだ。
それは私たちがいう運命という不思議な力なのだと。」

映画としては、最後の結末も予想できるけれど、一気に見てしまった。
わかっちゃいるけど、おもしろい。

最後ふたたび出会うシーンにはもう少し工夫もしてほしかったけれど
私自身、このサラの価値観に共感し運命を信じる派なんで、
いやなことも、辛いことも、悲しいことも、きっと私を幸せに導く出来事なんだと
実際、今まで生きてきて そう思える。

私におこる出来事も 偶然じゃなく運命なら
あはは~まだまだ人生半分。
楽しみにします

セレンディピティ - goo 映画
セレンディピティ - goo 映画

コメント

ナイト&デイ

2010年11月06日 | 映画・テレビ
トム・クルーズかっこいいに尽きる。

展開速いし
ハラハラドキドキ息もつかせずおもしろかったけれど
何か物足りないのはなぜ?
胸キュンがないからか・・・・
アクション映画なのに、キャメロン出てるとコメディかと思ってしまう

しかし、洋画はお金かかってるよな~

最近はじっくり観せる邦画のがいいって思うのは私だけ?

試験終わり、待ってましたとばかりに映画&DVD三昧
仕事やあらゆるストレスも映画観てぶっとばせ~

ナイト&デイ - goo 映画ナイト&デイ - goo 映画

映画『ナイト&デイ』新予告編
コメント

遠距離恋愛 彼女の決断

2010年11月06日 | 映画・テレビ
ドリュー・バリモア好きです。
ちょっとお下品な笑い方も
この二人って?まぢできてた?

まぁ何も考えず、ギャハハと笑い元気になる。
アクション映画より、やっぱこっちのが好きや
ちょっと下ネタ多すぎやけど

トップガンの音楽もかかるし・・・あれがかかるとそりゃ燃える?

遠距離したことないけど、ある意味遠距離のような恋愛ってのを思い出した。
やっぱせつないですな

遠距離恋愛 彼女の決断 - goo 映画

映画『遠距離恋愛 彼女の決断』予告編
コメント

エクスペンダブルズ

2010年11月06日 | 映画・テレビ
シルベスター・スターローンが脚本・監督・主演と3役をこなしたアクション最新作。
スタローンいくつになったんや? 彼やからこの豪華キャスト?
やっぱすごいな。
スタローンの映画はこれはこれでいいんやろけど、殺し合い多すぎ~
えぐいよな


ジェイソン・ステイサムがかっこよかったから許す
どうみてもジェットリーは中田カウスボタンのボタンにしか見えん

エクスペンダブルズ - goo 映画

『エクスペンダブルズ』予告編
コメント

君に届け 

2010年11月02日 | 映画・テレビ
一番大好きな人と観にいってきました。

っていうか、息子よ、一緒に観にいく彼女おらんのかいっ!
とりあえず、母のわがまま聞いてくれてありがとう。

アニメ→映画→マンガとハマった「君に届け」

いよいよおとな買いしそうです
まんまと、乙メンの息子にハメられたか・・・
映画も母のおごりやし


春馬くん前から好きやったけど、ほんま爽やかすぎ~
爽子ちゃんも、私的には多部未華子ちゃん全然OKです
「夜のピクニック」の彼女も好きだったよ。

いいなぁ~この高校時代の胸キュンは
好きだけど、どうしていいかわからない。
かっわいいな~
この想い、君に届け~~~って

この時代に戻りたい?ちょっとはそうね~
でも言いたい放題の今も幸せだからいいや


君に届け 原作/アニメ/実写mix 
コメント

雷桜

2010年11月02日 | 映画・テレビ
観てきました。映画「雷桜」
こんなに寒い寂しい日には、ほんとせつなくなっちゃいます
斉道が「ゆう~~~~」名前を呼ぶたびドキドキ

愛する人と結ばれることが
許されなかった時代。
運命に挑み,愛を貫いた二人。
日本版「ロミオとジュリエット」が誕生した・・・

「あなたは恋した人を手にいれるためすべてを捨てることができますか」
いやぁ~できん。っていうかあかんやろ

「たとえ離れていても 相手を想う気持ちがあれば心は通じる。」
そうかなぁ~?

「命つきるまで共に。」
いや~私、生命線長いから、私のが長生きするでしょ~

あのお祭りのシーンはせつなかったなぁ~泣いちゃった

母のセリフもよかったね。
「何がおころうが、あなたは私の娘です。」

榎戸あっぱれ
友達が先日手術して、「切腹した武士はほんと勇気がある・・・
って言ってたけど、「武士も切腹してから、痛い!やめときゃよかったって思ったんちゃう?」って話してた
って笑いごとちゃう
ほんと悲しい、せつない話。

この世に生まれ、私はまだ幸せだと思った
まだどころか、全然幸せなんだけどね

「あなたは、一番好きな人と、結ばれましたか?」
当時はそう思ったんだけどね

「殿がほしい。」
今度言ってみましょうか

ラストはよかったです。かわいそうなのは斉道~


雷桜
コメント