♪あなたに逢いたくて

眠れない夜は、旅の思い出や、私の想いを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もよろしくお願いします。

2014年01月01日 | このブログを読んで下さるあなたへ
10年ぶりぐらいの元旦休み。
うれしいなぁー。
コメント

いつも有難うございます

2013年12月31日 | このブログを読んで下さるあなたへ
コメント

ありがとう

2012年12月31日 | このブログを読んで下さるあなたへ
近況も載せるヒマもなく
忙しい2012年でした。
やりたいことがありすぎて
伝えたいことがありすぎて
思うようにならないこともあったけれど
うれしい瞬間は数多く
そしてまわりの人達が元気でいるだけで
幸せなんやね。

2013年はもっとゆっくり落ち着きたいな。
2012年お世話になったみなさん
ありがとうございました。
2013年もよろしくお願いします。
コメント

母からの手紙

2012年10月15日 | このブログを読んで下さるあなたへ
いよいよ本題~

そのサイン帳の一番後ろに母からのメッセージが書かれていた。
母は、私が高校を卒業した年に病気で亡くなった。
この頃の自分に言ってやりたい。
親孝行しなさいよ。 母との時間をもっと持ちなさいよ。
もっと一緒においしいもの食べたり、いろんな話したり・・・

もっと一緒にいたかったよ

私が母になり、子どもたちにこうして、自分の思いを伝えたいように、母からもこうして30年以上たって
メッセージが届いた奇跡に涙がとまらない。

あなたを知らない孫たちにも あなたの思いを残します。
母が私に言いたかったこと。
私も子どもに言いたいことと同じことであることに
また涙があふれる。


「卒業おめでとう。
お母さんもすごく感激しています。
(私)ちゃんが生まれた時からお母さんにとっても始めての経験で
幼稚園小学校入学そして卒業する。

いろいろなことがあった。
転校、転校と何度も学校をかわり悲しい思いをしたでしょう。
でもね、みんなが味わったことのない楽しい思い出もあったと思うの。
幸い、あなたは明るい性格だからどこへ行っても すぐにお友達がたくさんできたし
いまだに文通しているでしょう。

少し気の弱いところもあるけれど・・・・
負けん気の強い時、運動会のかけっこなどお母さんも一緒になって胸をドキドキさせた思い出
市の展覧会で入選してうれしかった事

お世話になった先生の中で 自信をつけていただいて 
ずいぶんがんばった事もあった。

もう中学生になったら「自分の進む道は自分で考え」成長してほしいと思います。
そしてお友達はこれからも仲良く相談しあうようになって下さい。
人生の中で学生時代の友達ほど心に残ることはないと思います。
                                  昭和50年3月18日」

小学校までは父が銀行員だったこともあり
名古屋や、桑名、大垣へと引っ越ししたっけ。
その度に、私や妹はおお泣きだったっけ?
引っ越ししなくなったのは、
今思えば、母が病気になり、おばあちゃんの家の近くにずっーと住むことになったから。

どんな思いで、子どもの成長を楽しみにして
どんな思いで、死を受け止めて逝ったのだろう・・・・

お母さん、私は今、とても幸せですよ。

そしてあなたが子どもの幸せを祈ったように 私も子どもたちの幸せ祈ります。

↑あまり残っていない母との写真
私はやっぱり、父親似だ


コメント (6)

小学校のサイン帳

2012年10月15日 | このブログを読んで下さるあなたへ
昨日のつづき~

おばあちゃんちの片づけをしていると私の小学校卒業の時のサイン帳が出てきた。
なにげに見ていると

やたら、芸能人をきどった自分の名前をくずしたサインを書いている。
今思うとチョーはずかしい

当時の先生が、字がきれいとほめてくれていた。
たしかに、今よりきれいかも

当時私は背が低く、「ちび」と言われていたこと。
たしか、前からは2番目やったと思う。
これから過ごす青春時代、やはり背はそんなに伸びることはないが
「ちっちゃくてかわいい」と何度も言われたことをこの時の私に言ってあげたい

私は桜田淳子が好きで、山口百恵ファンの友達と
切り抜きを交換してたらしい。

○○くんとアイアイ傘で冷やかされていること。
いや~この○○くんのことは好きやなかった

息子がサイン帳を見て、「ブスとか死ねとかひどくない?」って言う。
「この子はお母さんのこと好きやってん。」
この頃は、そういう言葉が飛び交っても、ほんと平和な時代だった。

「離れても友達だよ。私のことわすれないでね。一生友達だよ。」
って言葉が連呼されているが、そのまま小学校から、中学校へほとんどの子があがるので
たいした別れにはならないのである。

で、一生友達にもほとんどならない。
高校へ行くと、高校の友達が一番になるのである。
実際、このサイン帳をあけるまでは、この時の友達のことはすっかり忘れていた。
みんなどうしてるんかなぁ?
たぶんどこかですれちがってもわからないんやろな?

ひとり、この時は、そんなに仲良くなかったけれど、中学で仲良くなり
高校離れたけれど、最近ミクシィでまた再会した友達がいる。
その子はもちろん、その子のお父さんまで、私のこといまだに「ちび」と呼ぶ
たぶん、あんたより、おっきいで

まだまだつづく




コメント

おばあちゃん

2012年10月14日 | このブログを読んで下さるあなたへ
まもなく数えの100歳を迎える大好きなおばあちゃん。
春には食欲が落ちどうなるか心配していたが、なんとか夏を乗り越え、今また自力で食事ができ元気を取り戻してきた。

しかし、問題になってきたのが、おばあちゃん入院後、空家になっているおばあちゃんの家。
なんとかそこで最後のお別れをしたいと思っていたが、立ち退きだという。

そこで親戚総動員で、片づけにあたる。

何でも大事に置いていて、おばあちゃんが家族に注いできた愛情があふれていて、胸熱くなるが
今となれば、それもがらくた。
あまりの物の多さに、作業が捗らず、連日の疲れもあいまって どなりあいになることもあるという。

まぁこれも、何か意味あり、おばあちゃんがさせていることかなと
孫である私は、時々しか手伝いにいかず
第三者的に、父や、おじ、おばを見ているわけである。

たぶん、時にはケンカし、時には出てきたもので思い出語り
いつかくる、おばあちゃんを送る日の心の準備をさせてくれているのではと思う。


で、なぜか、私の小学校卒業のサイン帳がでてきたのである。
そこには、30年前に亡くなった母からのメッセージが書かれており・・・・・つづく

↑の写真
母とおばあちゃんと私と妹が映っているめずらしい写真
娘の小さい頃、いちびった写真ばかりで笑っていたら 私も変わらずとみんなに笑われる
このおうちとも、もうすぐお別れ
コメント

iPhone

2012年09月07日 | このブログを読んで下さるあなたへ
とうとう愛用していた携帯が通話できなくなり、先日変えました。

新しいことを覚えることがおっくうになってきた今日この頃。
娘をはじめ、まわりのお友達に教えてもらいつつ、使い始めたiPhone。
しかし、そこがB型ハマってしまいました
なんでもっと早く変えなかったんだろ・・・
カメラもきれいに写るし、速い!むちゃくちゃ便利
毎月の支払いも以前より安い。
もうすぐ5が出るそうですが、これで十分

LINEや調子にのってFacebookまで始めちゃいました
さっそくアメリカの従姉妹を見つけ感激
そこから別の従兄妹へと。
すごいよね~世界はつながっている
小中高のお友達はもちろん、できれば、幼き頃過ごしていた大垣や桑名のお友達に出会いたいものだ。
でも名前も変わってるしなぁ~
従兄妹のお兄ちゃん、いとこ会も是非お願いします。


交友関係が、情報がダダ漏れになるとのこと。
注意をしなきゃね。
これまた、かなり先にいっている娘や息子に教えてもらいながら
日々格闘しております。

プロフィールに写真はいれてみたものの、その後パソコンの調子悪く、写真が入れ替えれない
iPhoneをまだうまく使いこなせない。
いつの写真や!詐欺や!と言われています
失礼な~まだ2年前やって

そちらで出会えたなら、皆様どうぞよろしくお願いします



コメント

私の想い

2005年10月25日 | このブログを読んで下さるあなたへ
ホームページの方が、gooに移転してからまもなく一年。
30000人余りの方がご訪問下さりありがとうございます
ブログの方は、その倍ぐらい・・・
一般ピーポーの主婦のブログにしたらほんと多くの方に読んでいただいて
たいへん有り難く思います
うれしい反面、はずかしさもあり
私を直接知ってくれてる友達も見にきてくれてるんで、
なかなか書けないこともあったりとσ(^_^;)アセアセ...
でもね~自分の思いがちゃんと書けないと、
ここは私の居場所じゃなくなってしまいます。

またここで知り合った友達との出会いにも感謝して、
やっぱり伝えたいことはちゃんと書こうと
それが私のブログの意義でもあると感じました。

ってわけで、今一番伝えたいこと
愛する家族のために、今やるべきことは何か?
先日、実は、乳がんのマンモグラフィーの精密検査にひっかかりました。
まぁ~結果からいうと、きつねにつままれたかのように、
な~んにもなかったんですけど

不思議と、ガンや死に対する恐怖よりも、
母や義姉が若くで亡くなってることもあり
人生長い短いより、いかに充実した人生を送るかのが大事と
いつも思っていたので
どんな結果であれ、そのことにも意味があり、
すべて受け入れ、運命と思っていました。
まだ、この世に私が必要であれば、まだ生かされると思ってました。

でも、やっぱ家族、子供達のこと考えたらどうしようかなぁ~っと
うろたえたのも事実。
結果出てから言えばよかったのに、父親に言ってしまい、一番心配かけた。
友達にも常々「私にもしものことがあっても、子供達には、
「あんたらのお母さんは好きなことして充実した人生送ってたんやから、いつまでも悲しんではいけません。笑顔で人生送りなさい。」
って伝えてな~。」って言ってます。
こうやって、ここに書き残せるのもありがたいね~。
ほんの数日間の出来事でしたが、命の尊さはもちろん、
先日の「飛鳥へ・・・」にもありましたが、あたりまえであることの幸せ
励ましてくれた友達のありがたさ
いろんなことに気づかせていただきました。

そして、まわりの人達には言ってます。
「みなさん、ガン検診を受けましょう!」
奇しくも、検査する前から、うちのブログのテンプレート
女性のしあわせと笑顔のために「乳がん」の早期発見の重要性を訴えるピンクリボン運動のキティちゃんでした。
乳がんは女性の22人に1人がかかる時代
36歳から60歳の女性のガンによる死亡原因のトップは乳がんだそうです。
でも、早期に発見、治療すれば、生存率は95%
家事や、仕事で忙しいと後回しにしないで
いや~実際ガンが発見されたらどうしよ~・・・
あとであの時行っておけばよかったって思ってもしらんよ~
早期だとほとんど助かるといっていいそうです。
マンモは痛いんやろぉ?たしかに痛いです。
でも手術の痛みに比べればきっとマシ。
私はちなみに、子宮ガンと大腸ガンの検査もしました。

ピンクリボンの理事長さんが
「患者さんのご家族は「第二の患者さん」だということ。
世間は患者さんは慰めても、家族のつらさには気づかない。
このご家族の苦しみを周囲の方々が理解してあげることも大切」
って書いてありました。
患者自身を一番支えてくれるのはやっぱり家族・・・
そんな時の家族の絆って、ほんとにすばらしいと思う。
うちの家族はそんな支えになれるのかってちょっと不安やけど

でもそんな家族に少しでも苦しみを与えないよう
「みなさん、愛する家族のために検診を受けましょう!」
今この時の大切さを感じる今日この頃でした。

コメント (10)

死ぬまでにしたい10のこと

2005年07月03日 | このブログを読んで下さるあなたへ
ちょうど1年前おじいちゃん(父)が検査入院しました。
どんな結果であれ、乗り越えられる!頑張れると祈り続けた1週間でした。
結果はOK!おじいちゃんいつも有難うね。いつまでも元気でいてね!
どこにいてもおじいちゃんに孫達の様子を伝えられる。
それがHPを立ち上げるきっかけでした。

それからgooに移転して、このブログを始めたんやけど
一周年記念に、ちょっと書いておこうと「死ぬまでにしたい10のこと」
ちょっと前にこの映画を観て考えてました。

1、グアムかハワイへ昔一緒に行った友達と思い出の旅に出る
子の手が離れたら行こうって約束したけどあんた三人産むし、
もう一人は嫁に行ってない。
今から産んだらそれこそ、いつ行けるんだか

2、ラスベガスやディズニーワールドへ行く。
元気なうちに絶叫マシーン乗らなくちゃ
あなた!今すぐベガスに連れてって
とりあえず、長島スパーランドとディズニーシーでええわ

3、小さい頃住んでた町にじいちゃん(父)と一緒に行きたい。
駅前で柿ヨウカン食べる。
駅の向こうへ行くのに長く続くガード下、怖くて耳ふさいで走ったっけ!
まだあるんやろか?
虎かなんかの敷き物応接間にしいてあって、おっきな家に住んでて
おもちゃは何でも持っていた仲良しだったみっちゃんに会いたいわ。
そうやね~他にも会いたい人に会いに行く!
初恋の人とか、お世話になった先生、長いこと会ってないいとことか

4、このブログをちゃんと整理して娘にメッセージとして残す。
母がどんな思いで生きてきたか、あなたが私ぐらいになった時、あなたがもっと幸せでありますようにって思いをこめて、娘のために書き残す
息子には見せられないや

5、写真を整理して思い出を振り返りメッセージをいっぱい書くわ
子供達が強くたくましく生きれるように

6、映画や本を見まくりパソコン三昧する。
これは、あえて死ぬ前じゃなくても
今でも十分・・……(-。-) ボソッ

7、だんながひとりで困らないように、息子が一人で何でもできるように
家事一般を伝授する。
これって今からもう伝授しておけば、私は楽になるかもしれない
銀行や生命保険の証書とかも教えとかなきゃ!
あっ!やっぱだんなは何にもできんでもえーわ。
私が先にいなくなったら、身の回り世話してくれる若い嫁さんもろてええよ。
その方が安心。けっして毎晩飲み続けないでね
息子の行く末がとっても心配
たぶん死んでもどっかでこっそり見てるわ(わぁ~きもいって言われそう

8、映画の中でも本の中でも多くの女の人があげていたのがやっぱりこれっしょ(爆)
デートがしたい
ドライブ行ったり映画見たりカラオケ行ったりっていうやつ。
って言う前に相手見つけて恋がしたい(笑)
私の好きな岸谷五朗のドラマ「恋人よ」みたいに心で燃える恋ちゅうやつをしたいです

今日、関空行きの電車乗ってたら
70才ぐらいのスーツケース持ったカップル!
てっきり夫婦と思ってたら敬語使ってるのよ(*_*)
こんなんもあり!って(゜▽゜=)ノ彡☆ギャハハ!!まだまだ私死ねません

9、知ってる男に「実はあんたのことが好きやってん」と語る
これは本でよんだやつ。室井佑月さんが書いてた。
「死ぬことが怖いんじゃなくてほんとは忘れられるのが怖い。」
今、好きやと言っても、なにゆうてるねん!きもいねんってゆわれるかも(爆)
室井佑月さんいわく
「男はロマンチストだから、彼らの思い出の中のあたしの顔は菅野美穂ぐらいに変えられ、
そしてやつらは自由になる女がいない時、薄暗いバー・カウンターの片隅で
「こんな俺でも愛してくれる女はいたんだよ。いい女だった、死んじまったけどな。」」
って思い出すのだそうです(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

なるほどいただき~って( ̄w ̄) ぷっ
私に愛を告られた方、私、後わずかの命かもしんないよ~大事にしてね
って、いつ死ぬかもわかんないから、かたっぱしから告っとこかな

10、まわりの人に私はとっても幸せだったと感謝を語る。
そして私亡き後、子達が悲しむことあれば、
あんたのお母さんは好きなことやってほんま幸せやった
あんたらの幸せをいつも願ってると言ってもらう(あ~涙でてきた

カラオケ喫茶のチーママや、ケーキやさんでケーキ売る人やりたいし
(いや~もういらんって言うほど食べたい(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪ )
まだまだ、やりたいこといっぱいあるわ

まだまだ私は死ねましぇん
コメント (3)

HNはmimi3で

2005年04月19日 | このブログを読んで下さるあなたへ
ホームページがみみりんママなんでこっちはみみ。
あくまでもこっちではママを忘れたい(爆)

で、三つめのみみ(耳)は
聞こえなくても、子達には心の耳で聴いてほしい!そんな願いをこめて。
ってやっぱり子達の幸せ一番に願うママを忘れらんないや。

3には、もうひとつ意味があるんやけど
それはひ・み・つ(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪
コメント