♪あなたに逢いたくて

眠れない夜は、旅の思い出や、私の想いを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

撃沈→復活?

2009年04月01日 | 介護のお仕事
1月に受験した国家試験
昨日合格発表がありました。

このブログに書けなかったことで自信のなさがわかるでしょ

試験なんて大学受験以来?
学生時代は勉強だけしてたらいいけれど
この歳で試験なると、受験生の娘、息子かかえ、
家事、仕事やりながらというわけで
でも仕事休んでいた期間もあり、準備期間は十分とばかり
学生時代これだけ勉強してたら、もう少し成績よかったのにな~思いながら
受験日を迎えたわけですが、
「子供たちには忘れものないの?」
「早めに行きなさい」と言ってるくせに、上靴は忘れ、
トイレ行ったら時間せまってたり、反省しきり

で、試験、過去問、傾向と対策、いっこも出てないやん
えっ~そんな用語、聞いたことない
すっかり戦意喪失
でもこの歳で学んできたこと
最後まであきらめない。
わかるところからやっていく。
何度も何度も見直しする。

午前の科目難しかった~
午後の科目に気持ち切り替え全力集中
午後は比較的簡単だったけれど、終わったら帰る人もちらほら
でも、答え書くトゴちがってないか、何度も見直す。
子供らには「何でも無理~って言うな」~って言うけれど
ほんま無理~帰りの電車、誰かになんか言われたら泣き出しそう。
友達からの飲み会の誘いも「無理~」

この試験、点数は合格でも一つでも科目で0点があれば不合格
もう恐ろしくて自己採点もできん
なんか今年は問題作った人変わったとか
この業界人手不足やのに、ひっかけ問題作ってどうするん(全然ひっかけでもなく勝手にひっかかっただけかも
試験に落ちて、仕事やる気なくしたら、もっと人手不足やん。
とぶつくさ言いながら、わざと試験のことは思い出さないようにして2ヶ月
昨日を迎えたわけです。

昨日は仕事で休憩時間「ネットでみようかな?」
同僚が「やめとき、落ちとったらその後仕事手につかんで~」
「いけるよ~私はプロです
落ちた前提
でもよう見ん。
いつもはタイムカード押してダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ で帰るのに
なんか帰るのもモタモタ~

で、帰ってから息子にネットで見てもらおうかな~
でも落ちてたらいややし~
「どうやった?」友達からメールが
まだ見てないっちゅうねん。

で、合格番号探すけれど・・・・
ず~っと番号続いてる。いけるんちゃう?

ありました。
やっぱりうれしいもんです。
何度も何度も、娘にももっぺん見て~と。
「もうしつこいって。」
同じ職業の娘、「あんたもお母さんに続くんやで~。」
「無理~」
私「無理って言うな」説得力ありません。

ここで自己採点、問題の難易度で補正せずとも101点ありました。
なかなかやるやん≧(´▽`)≦アハハハ
もっとはやく自己採点しとけば、よかったと

120点中、合格点76点
昨年は82点ぐらいやったから難しいと思ったのはみな一緒~
合格率52パーセントだって?

たぶん筆記試験より実技試験が難しかったんやろか?
友達が絶対試験緊張するから先行っときといっていた実技講習。
講習とはいえきつかった~
実際の試験に準じて行う試験があり
昨年4月にこれも半泣きで通ったのを思い出した。

その辛かったのも、睡眠時間削って、ほんと眠たかったのも
友達のお誘い断ったんも
なんかいろいろ思い出した~

娘よ~息子よ~母であっても勉強してた姿を目に焼き付けときなさい

さ~て仕事探そ~

自分で自分のごほうびに
スラムダンクとドラゴンボールのデラックス版
リアル、H2を数冊、大人買い~
もちろん、ブックオフです





コメント (6)

いろいろその後・・・

2009年04月01日 | 私の想い
すっかりまたまたご無沙汰です。
何度も見にきていただいた方、メッセージ下さった方ありがとうございます。
いろいろご心配かけました

まず手が痛い件、手根管症候群
こうやってブログに残していると有難い、いつごろから痛かったかよくわかる。
って思い出さないといけないほど
あれから痛みはないのです
女性ホルモンの影響か、月のものがあってからや
にわか野球ファンとなり、WBCに熱中して、中島くんやらにお熱あげてからや
なんか市販のビタミン剤飲んでから、不思議と痛みが止まっている

で、調子のって、メールしたり、ずっと受話器もったまま長電話してたら
しびれてくるんだけど
でも前みたく激痛ないからいいかな~って思ってたら
慢性化して、症状も麻痺してるんちゃう?とも

なんか、のだめの二ノ宮先生もこの手根管症候群だとか
資格も取れたことだし、転職して
その間に手術しようかなって
ただいま思案中であります。


義母退院
骨折、手術で入院してた義母
4~5ヶ月かかると思いきや~40日で帰ってきた~
途中転院やら急に外泊するやら、あいかわらずふりまわしてくれましたが
とにかく元気でよかった。よかった
結構甥っ子達と過ごす夕食、時間楽しかったから
義母がもどってからも、義兄に「まだ毎日ごはん作りにくる~」とねだるが
義母がぼけると困るので、「できることはさせてやってくれ」と。
まったくふだんと変わりなく、用意した杖は脇にはさんで歩いてるし
うれしいかな、悲しいかな~元の生活にもどりました。
なんか入院保険やら、たくさんかけてたらしいから
もっと病院にいてくれててもってか
退院の日にカラオケ一緒にいって
「またいこね~。」「はい、お義母さんのおごりなら
私の夜遊びも解禁です

甥っ子や姪っ子も無事志望の高校に合格したり
息子や娘も卒業式終え、
PTAのお別れ会には、思いもかけず皆さんからのねぎらいの言葉と
校長先生から花束いただき感激しました。

卒業式やら、合格祝い、退院祝いのたびにケーキでお祝いしてたのですが
やっぱりうれしかったのは、だんなが忘れずにいてくれた私のお誕生日祝いケーキと、
0時とともにの息子のお祝いメッセ(この子は女心おさえるのがうまい
娘の忘れたころに送ってきた
「お誕生日おめでとう~ッ
これからも頑張って下さい~」って画像つきのメール
頑張ってってあんたやろってつっこみながら見ました。

そんな忙しかったけれど、充実した2009年3月でした。




コメント (2)