タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ゴルフの新ルールには、皆さん 慣れましたか?

2019年12月29日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 ゴルフにおいて今年は、100年の一度のゴルフルールの大改革があり、新ルール元年でした。
日本のゴルファーにとっては、令和元年の出来事でもあり 2019年は忘れない一年になるのかも。

12月に入り、知人でルールとマナーに薀蓄を持つシングルプレーヤーYさんが、“ 「自らが
審判」ということは、ゴルフ最大の特徴の一つであることを ゴルファーなら 皆 知っている。

 

だから新ルールになればルールブックを見たりするだろうと思っていたが、ブックを見たことが
ないゴルファーが、相変わらず8割を超えている。以前と全く 変わらない” と嘆いていました。

耳の痛い話です。欧米ではルールブックを見たことがないゴルファーは2割ほどしか
いないそうです。理由は、年始になれば、ゴルフコースのプロショップにて無料で

配布しているというのです。その総数は、欧米合計で40万部を超えるといいます。“日本も
どこかで無料で配布すれば良いのに” なんて 言ったら、Yさんに怒鳴られそうですよネ。

 

新しくなったゴルフがスタートして1年が過ぎようとしています。ゴルフを気軽に、快適に
プレーするために新ルールは作られました。“何だか分からないけど、簡単になるんだろう”

“良いことだと思うけどな” ”難しくなったのか” 等々、そんなゴルファーたちの会話を よく
耳にしました。 実際、旧ルールに較べる観点からすると、確かに簡単になりましたよネ。

 

偶然 起きてしまう事故的な違反は、違反としないという前提になっていますので、新ルールは
ゴルファーに優しくもなったと思います。世界のゴルフ規則を統括する英国ゴルフ協会(R&A)と

全米ゴルフ協会(USGA)が「プレーの簡素化とスピードアップを促し、競技人口の増加を目指す
こと」を目的に、スタートした新ルール。これで新しいゴルファーが増えれば良いんですがネ。

 

その新ルールですが、プレーしていて 皆さんは何か大きく感じるものはありましたか? プロでも
アマチュアでも「ドロップする際、肩から膝の高さの位置に変わったこと」そして「グリーン上で

パットをする際に、ピンを立てたまま打っても良くなったこと」の二つが戸惑ったことではない
でしょうかネ。 当初、膝の高さからドロップする光景は、プロでも滑稽に移りましたものネ。

 

アベレージゴルファーでも、今ではルールを詳しくは知らなくても、ルール改正があったことは
浸透したようです。 かかんでドロップするゴルファーを見ても、違和感がなくなりましたネ。

ピンを立てたまま打っても良い新ルール、当初はプロから “有利だ、変わらない”、と様々な意見や
感想が交わされましたが、プロの世界では、短いパットは旗を抜くことが主流になったようです。
皆さんはどうですか? 新ルールも違和感なくラウンドできていますか?


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« 子供の肥満は 運動不足も大き... | トップ | タイでの31日のカウントダウ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事