タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

松山英樹プロと大谷翔平選手は、日本の誇りですね!

2021年10月25日 | 日本のゴルフツアー あれこれ

 松山英樹プロ、イーグルで優勝を決めるなんて、こんな格好いいゴルフ、久しぶりに観ました!

開幕する前は、”調子は良くない” と自身でも言っていたので、最終日はミスが出たら、そのまま

 

ズルズルと落ちてしまうのか、ヒアヒアしながら観ていました。中盤にK・トリンガーリ選手

(34 米国)に、1打リードされた時は “危ない” と思いましたが、すぐさま引き離しました!

 

結果は、2位に5打差の15アンダーで、二年ぶりの日本開催となった米国男子ゴルフツアー

「ZOZOチャンピオンシップ」を勝ち取りました。今年4月のメジャー「マスターズ」以来と

なる、米国ツアー通算7勝目を挙げました。日本開催の大会では 実に五年ぶりの勝利でした。

 

大会を通じて、“マスターズの調子を「10」とすると、最終日も「2か3くらい」” と

不安を口にしていたそうですからネ、これで15アンダーを出すなんて信じられません。

 

確かに、一つひとつのショットに対してのリアクションも、本調子では無かったようでした。

でも、粘り強くプレーしていたように思います。その辺の集中力はさすが、凄かったですよネ。

 

彼が言うように、多くの日本人が応援してくれていることが、素晴らしいショットを打てる

ようにしてくれたのかも知れません。何せ、マスターズ王者としては、日本のファンの前での

プレーは初めてでしたからネ。 ギャラリーとテレビ観戦者の熱気を味方につけたようです。

 

最終日は、松山英樹プロのスタート前の練習、そして1番ホールの第一打から18番ホールの

イーグル、さらには表彰式の最後まで、テレビ朝日の地上波とBS放送で放映してくれました。

 

ここまでライブで観戦できたのは初めてかな。ネット社会になっても、スポーツ放映で録画

放映をしているのはゴルフだけです。今の時代、ライブでなくては、視聴率は取れません。

これをきっかけに、ゴルフもライブ放映が多くなるでしょうネ。

 

「マスターズ」に勝つまで三年半以上 空きましたのに、すぐに結果を しかも日本で出すことが

できての通算7勝目は、素晴らしかったです。後は、アジア人最多勝利のチェ・キョンジュ選手

 

(崔 京周)の8勝を追い抜くまで2勝です。追い抜いて、改めて「世界の松山英樹」と言わしめて

欲しいですよネ。 まだ1992年2月25日生まれの29歳、10勝 20勝を目指して欲しいなぁ~(笑)

 

世界が、アジアが、日本が、コロナ禍で実に暗いニュースが多い中、松山英樹プロと

大谷翔平選手は、日本中を明るくしてくれています。 この二人は日本の誇りですネ。  


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 松山プロの強さと人気で日本... | トップ | 日米ツアーでは選手の実力も... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ギャラリー (新井)
2021-10-25 16:16:01
タイでもゴルフチャンネルでライブで見る事が出来ました。大満足
テレビ観戦してて、なんとなく気になったことがあります。
上位にいる日本人選手は松山選手一人。最終に近くなって金谷選手が7位に入ってきました。
もし、松山選手が不調のままだったら、ギャラリーは最終組につくでしょうか?
ギャラリーの少ない最終組になんてなったら、米PGAツアー開催も危ぶまれてしまわないか心配になります。
新井さんへ (nagaichi)
2021-10-26 05:25:11
ご意見をありがとうございます。 おっしゃる通り、同感ですね。
最終日に松山英樹プロも上位に居なかったら、こんなには来場しなかったでしょうね。

コメントを投稿

日本のゴルフツアー あれこれ」カテゴリの最新記事