タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイ人女子プロ二人、ファイナルQTの上位に入れなかった!

2022年12月04日 | タイのプロゴルファー

 国内女子ゴルフの来季前半戦の出場権を得られる「QTファイナルステージ(予選会)」が

終了しました。 29日の当ブログで「今季の最終プロテストで8位に入ったタイ国の

 

パナラット・タナポンブンヤラス選手がQTに出場していなかった」と、報告しましたが、

JLPGAへ登録名を変えて、出場していましたねぇ~ 気がつきませんで、失礼しました。

 

 <8位でプロテストに合格したP.サイパン選手>

第一ステージを11位タイで通過し、ファイナルは岡山県「JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部」で

行なわれ、96名中72位タイと来季の前半戦が出場できる30位以内には入れませんでした。

 

O.サタヤ・S.ランクン選手もそうですが、タイの人たちは、名前が長いのでニックネーム

などを登録名にしています。 パナラット選手もニックネームの「P.サイパン」として

登録したそうです。来年は下部のステップアップ ツアーで新たなゴルフ人生のスタートです。

 

 <プロデビューした2016年のホンダ LPGAに出場したP.サイパン選手(左三人目)>

P.サイパン選手(24歳)は、2015年の17歳の時にプロ転向。翌年から米国ツアーに参戦し、

その後も米国を主戦場としてやってきましたが、7年目の今季はレギュラーツアー5戦で

 

予選落ちが4回と苦戦していました。そこで、タイ国に居る家族も近くになり、以前から

好きな日本だし、悩んだ末 思い切って日本ツアーのプロテストに挑戦したといいます。  

 

ファイナル戦は、70 70 74 80 の6オーバー(1位は藤本舞衣子プロの11アンダー)でしたが、

最終日の80スコアは、“寒すぎた。寒さに負けてしまった” と残念がっていたようです。

三日目までは通算2アンダーの25位で、30位以内にしっかりと食い込んでいたんですがねぇ~

 

でも 最初の難問であるプロテストに一発合格し、日本での目標は「レギュラーツアーに出て

優勝」だそうです。 来季は是非 ステップアップ ツアーから這い上がってほしいですネ。

 

同じくファイナルQTに出場していたO.サタヤ選手も 96位と力を発揮できませんでしたネ。

5月の「ツインフィールズ」にて、下部では2010年の「山陽新聞レディース」以来の2勝目

(レギュラーツアーでは通算3勝)を挙げ、その資格でファイナルから出場していました。

 

 <戦いを終えて、清々しいサタヤ選手、JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部にて>

今年の中盤戦あたりから左肘のケガでツアーに出場できず、ラウンドに立ったのは11月

初旬でした。痛みがなかったのでファイナルに臨みましたが、“練習と準備ができておらず、

そんな結果になってしまった” と、自身のフェイスブックに語っていました。

 

O.サタヤ選手(38)、来季に向かい、まずは左肘を治し、一年を通してケガをしないように

トレーニングを積み、練習を重ねることを誓っていました。 来季も下部からレギュラー

ツアー出場を目指すそうです。サタヤ選手の飽くなき挑戦は続きます。 頑張って!!   


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 西郷プロが来季も好調なスタ... | トップ | 谷原秀人選手会長の二連覇と ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのプロゴルファー」カテゴリの最新記事