goo

Negicco 「1000%の片想い」

「1000%」の片想い」

2014/12/2リリースのNegiccoさんのNewシングル「光のシュプール」のカップリング曲です。

(このジャケットは初回限定盤B)

作詞・作曲:connie
編曲:Shiggy Jr

やはり、この曲の第一印象のインパクトは、イントロからモータウンビートで刻むリズムです。
この弾むリズムは、これまでのNegiccoの曲にはなかったもので、また一つ音楽の世界が確実に広がってます。
詞、メロディ、サウンド全てが相まって、Negicco史上最高にカワイイ曲と言っても過言ではないでしょう。

ギター、ベース、ピアノ、ドラムに電子音等を使ってますが、比較的シンプルなサウンドに仕上げているので、弾むリズムに乗せる3人の歌声が引き立っています。
歌声の表現、と私は時々書いたりしてますが、この曲での3人の歌声は細やかに心情、情景を表現しているのが伝わって来ます。

あと、サウンドでの自分のお気に入りは、(表現が的確かどうか分かりませんが)サビ部分をコード音?で一つずつ辿って響く透き通った音色の電子音、メロディの裏でこの音色が胸の奥まで響いて来ます。


表題に「片想い」とありますが、詞の内容を見るとお互いに気持ちを伝えられないだけで、実は両想い。ただし、「キミが思うより私の方が10倍好きだよ」その想いの強さゆえに片想いのように感じてるということかなと。

ニューシングルがリリースされる度に言っているような気もするのですが、
出る度に毎回最高のシングルだと思ってしまうNegiccoの作品はやはりすごいと思うのです。


歌詞についてですが、自分がこういう内容の要約を書くと、ベタになってしまって自分でも恥ずかしい文言になってしまうのですがそれでも書いて見ました。
どうぞご容赦ください。

余談ですが、先日リリースイベントでこの曲を生で初めて見たのですが、ダンスもとてもかわいらしい内容、でもやっぱり格好いいと感じさせられました。
この曲に限らず、ダンスパフォーマンスもじっくりと見せてくれるダンスに特化したDVDもリリースして欲しいと常日頃思ってます。


歌詞の要約
*****

夢見たキャンパスライフ
全て完璧にこなしてる・・・
はずだったのに
心奪われて全て予定外

気づけば心の中は
キミでいっぱいになってる
でも、好きになるほど寂しさが募ってる
まるで私じゃない私ばかり出て来る毎日

思いがけず誘われたドライブ
横顔を見つめてたとき
思いがけないキミの問いかけ

こんなに好きなのに
気づかないわけないよね

まさか私のこと好きなの?
私から言いたいけれど、でも言えない
ハッキリ伝えてよ

自分のキモチばかり大きくなって
もう押しつぶされそう

毎日キミのことばかり夢見てる
私のキャンパスデイズ

*****

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Negicco 「光のシュプール」

「光のシュプール」

2014/12/2リリースのNegiccoさんのNewシングル曲です。

  (このジャケットは初回限定盤A)

作詞・作曲:connie
編曲:田島貴男

connieさん提供の作詞作曲のシングルは「あなたとPop With You!」以来、そして編曲はORIGINAL LOVEの田島貴男さん。
メロから変則16ビート?で刻むドラムのスピード感に切ないメロディ、キラキラした音色はかなり極上のPOPSだと思います。
2コーラス目からはconnieさんもアレンジでよく使うグロッケンの音色も入ってくるあたりは意識的なのかも知れないとも邪推しております。

前サビで始まる曲ですが、一般的にサビがキャッチーで魅力的なのはもちろんですが、connieさんのメロディはAメロがそれと同じくらい魅力的で、切なさが全開になるこの曲のAメロは特に好みです。

Negicco「光のシュプール」MV


三人の歌声についてですが、この曲を聴いて一番変わったと感じたのはMeguさんでした。
この曲でのMeguさんのソロパートを聴くと、これまでよりもずっと柔らかくて膨らみのある歌声になっているように感じられます。
そのため、3人のコーラス、ハーモニーパートでも以前よりも厚みが増しています。

Meguさんだけでなく、もちろんNao☆さん、Kaedeさんについてもリリースする毎に歌声の表現が上がって来て「歌」でのチャレンジの幅が今後増してくるのではないかと想像してます。


曲の世界観ですが、詞の内容を見るとは恋のEXPRESS TRAIN、ニュートリノ・ラヴにつながるものを感じます。
主人公は同一人物ではないのでしょうが、同じ空の下でのオムニバス的な物語の繋がりを表現しているのではないかと思ってます。

さて、歌詞の要約ですが、大サビ部分で「コート」がキーワードとして出てくるのですが、これについては以前connieさんは「コートを買ってから運命の人に巡り会った」という趣旨のことを呟いておられました。
要約の中ではコートについては触れてないですが、聴き手としての自分の解釈は「巡りあってこの胸に灯った暖かさが冬の寒さの中で消えないように」という意味で巡り会ってからコートを買ったのだろうという解釈です。
そのことが背景にある要約となってます。

歌詞の要約
*****
頬に刻まれた涙のあとは
消えることはないと思ってた
もう夢見ることもないとさえ

でもあなたと巡り会った日
全てが変わり始めた

ふたりで過ごした日々は
この胸に暖かさを運び続け
何気ないひとときでさえも、
ふたりなら全てが輝いて見えた

あなたとめぐり会えたこの季節
そばにいるだけで伝わる想い

この胸がときめきで
満たされて行くのを感じるから
もう迷わない。これからもずっと
もう悲しい想い出が私を
追い越してゆくことはない

ふたり手を繋いだままでかけだそう
ふたりが巡り会ったこの季節

寒ささえもきらめきに変えて行く
ふたりの冬がやって来る
ふたりの未来へと続いてる

*****

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お誕生日おめでとうございます

7月24日。この日付を見るとやはり特別な想いで胸がいっぱいになります。

最近では、近況を伺い知る機会もほとんどなくなってしまいました。

きっと、心穏やかに過ごされていると願いながら、いつの日か歌声が届いて来る日を待ち望んでます。

お誕生日おめでとうございます。

 

PS.個人的な状況ですが、ブログ更新をほとんどサボっていて申し訳ないです。

本当に年2回だけの更新になってしまいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

デビュー34周年

ブログ更新を最近サボっていて、ほとんど更新出来ていないです。

ゴールデン☆アイドル 河合奈保子1980年6月1日のデビューから今日で34周年。

河合奈保子さん、おめでとうございます。

メディア等への映像の放映や、近況情報は次第に少なくなって来てはいますが、

復刻CDが来る7月30日にリリースされます。

ゴールデン☆アイドル 河合奈保子

アナログ盤時代のシングル、A面、B面が収録された作品のようです。

 

これからも奈保子さんを応援し続けます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

河合奈保子さんテキストコメント

思いがけない形で奈保子さんのメッセージを見ることが出来ました。

WARNER MUSICのアーティストサイト、竹内まりやさん関連のニュースが掲載されていました。

デビュー35周年を迎えた竹内まりやさんに対してのお祝いとして寄せられたメッセージが動画で紹介されています。

河合奈保子さんテキストコメント

奈保子さんの近況に関する内容ではありませんが、奈保子さんが竹内まりやさんの提供楽曲に対する想いと当時の思い出を改めて知ることができます。

竹内まりやさんデビュー35周年記念のコンピアルバムがリリースされています。まりやさんが提供した楽曲のオリジナルアーティスト歌唱による2枚組CD。

奈保子さんの「けんかをやめて」と「Invitation」も収録されています。

Mariya's Songbook

 

楽曲リスト見ると、どれも聴いてみたい曲ばかりです。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ