ルビーの森

京都三条と銀座並木通りにある、ミャンマー産無処理で美しいルビー専門店。鉱山から一貫したトレーサビリティーを実現。

天然無処理で美しいルビーの見分け方

2015年09月02日 18時28分40秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

ルビーと名前がついていれば価値がある

のでしょうか?

こたえは、「No」です。

そのルビーの価値を見分けるには、

まず、

①品質を見分け 

②需要と供給

のバランスを見ながら、

最後に

③伝統や慣習

などの歴史的な部分から

その宝石ルビーの価値を検証する

必要があります。


宝石ルビーを手に入れるとき…

同じルビーに見えても個体差によって価値が

大きく違う(還流市場では、何百倍の差異)

ということを知っているだけでも…

プラスです。

次は、その品質の見分け方に入っていきたい

と思います。


下記の写真は、少しづつ違うルビーの色の濃淡です。

 

 

コメント

ルビーはお守りの色

2015年08月31日 18時15分47秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

日本最古の色の名前は、「あか」といわれていますが、

その語源は、「アケ」だそうです。

そして、赤は、お守りの色といわれますが、

何故なのでしょうか?

そのルビー色(赤色)について下記のような興味深い

文章がありましたのでご紹介します。

視覚デザイン研究所の「和の色事典」より

(引用ここから)人類共通の普遍性があり、多くの言語で

血か火の色のどちらかの言葉から派生する。呪術的な意味合い、

魔除けの意味合いが込められているのも世界的に共通している。

縄文時代の土偶や古墳時代の埴輪には、

赤く彩色された人物像が多くあり、これら祭祀的な意味合いがあると

考えられている。(引用ここまで)

世界共通で、魔除けの意味合いがあるとのことですが、考えてみれば、

モリスが誕生した京都東山区の東福寺の隣にあるお稲荷さん

(伏見稲荷神社)も大切なところは赤色が使われている…

…というよりも伏見稲荷神社全体が真っ赤です。

なぜ、赤色が魔除けの色になったのか?

旧石器時代に、赤く光る炭火で大型肉食動物から身を守った

人類の祖先の記憶であるとか、唯一皮膚を透過していく「赤い光線」

を照射すると血中酸素が増えて血の巡りが良くなり、

抵抗力が増す=病気になりにくい…など色々な説がありますが…。

言葉もなかった時代から魔除け=お守りの色だったのは確かなようです。

コメント

モリスが宝探し(ルビー)を続けるわけ

2015年08月30日 12時38分27秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち
私たちモリスは、
 
ミャンマー産の無処理で美しいルビー
 
をなるべく多くの方々にお届けし、
 
「お宝」を手にする喜びを
 
味わって頂きたい…
 
と毎日、仕事に取り組んでおります。

「宝石は、景気が良い時なら分かるけど、
景気の悪い今は難しいのではないです?」
 
というご心配を頂くことが多い。
 
宝石のイメージが値段の高い雑貨品
 
になってしまっていることを
 
少し悲しく感じます。
 
価値の高い宝石は、逆です。
 
価値の高い宝石は、景気に左右されません。
 
むしろ景気が悪い方がルビーの仕事は
 
やり易い。
 
(価値の有無が分かり易くなるので)
 
 景気が良い時には、ルビーをお求めに
 
なられる目的が、
 
「高級そうなモノを買うこと」
 
なので、あまり細かいところまで
 
考えません。
 
細かいところをチェックしないので、
 
処理したものなど
 
「見た感じが同じもの」が
 
大量に売れていきます。
 
そして、それが、たくさん売れるので
 
更にたくさん作ります…
 

昔からある、宝石の定義は、
 
「美しく」
「希少性が高く」
「経年変化の無いモノ」

景気が良かった時に大量に売れた、
 
人為的に処理をして、美しさを改良したルビーが、
 
景気が悪くなった時に資産として需要が高くなる
 
ことは考えられません。
 
需要と供給のバランスから見て当然です。 
 
本当に良い宝石ルビーというのは、
 
いつの時代も見つけるのが難しい
 
「お宝」であり、「宝探し」をして探す
 
モノです。
 
 モリスが宝探しをし続ける理由です。
 
<div align="left"><a href="http://stat.ameba.jp/user_images/20121201/09/morisruby/af/2e/j/o0480048012310629315.jpg"><img src="http://stat.ameba.jp/user_images/20121201/09/morisruby/af/2e/j/o0480048012310629315.jpg" alt="photo:01" width="300" height="300" border="0" /></a></div><br clear="all" />
コメント

モリスルビーは、原石からトレーサビリティを大切にしています

2014年05月03日 22時50分41秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

ミャンマー産の無処理で美しいルビーが専門のモリスは、

原産地での採掘の現場からお手元まで直接お届け。

写真は、ルビーの原石。

銀座にお越しの際は、並木通りにあるモリス銀座店にお立ち寄り下さい。

💎Mori's ruby💎
http://www.morisruby.com
💍公式facebook💍
https://www.facebook.com/ginzamorisrubysalon

コメント

モリスのホームページがリニューアルしました

2014年04月24日 10時47分46秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

モリスのホームページがリニューアルしました。

新着情報では、ルビーにまつわる話を毎日更新…お楽しみに!

www.morisruby.com

コメント

www.morisruby.com 4月バージョンにリニューアルしました

2014年04月04日 09時17分06秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

www.morisruby.com が4月号になりました。

遊びにいらして下さい!

 

コメント

モリスのホームページ…お気に入りのルビーの見つけ方

2014年02月25日 21時20分23秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

モリスのホームページの新着情報に

価値の高い宝石ルビーの見分け方や

お気に入りのルビーの見つけ方など、

モリスがミャンマーの社内で使っている

手法についてご紹介しています。

www.morisruby.com

コメント

スイスのGubelin Gem Labのダニエル博士とセミナー

2014年02月19日 07時03分59秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

昨日までの3日間は、国際的な美術品、宝飾品などのオークション

クリスティーズやサザビースなどで、使われる宝石鑑別機関である

スイスのグベリン宝石研究所のダニエル博士(Dr. Daniel Nyfeler)と

共同でルビーのセミナーを行いました。

博士は、ルビーの色目、処理の有無の見分け方、そして

投資対象としての宝石のあり方などを、

モリスは、価値のあるルビーの見分け方などをお話ししました。

共通していたのは、ルビーの場合、

天然無処理で美しいミャンマー産ルビーの品質の高いモノには、

世代を超える絶対的な価値があるという部分でした。

 

…モリスのホームページがリニューアルしました。

www.morisruby.com

コメント

今日一日を大切にしたい

2014年02月02日 20時11分45秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

私の手の上にあるルビーを見るといつも

おもいます。

ミャンマー産のルビーは何億年もかかって、

大陸が移動して、今の場所で接触変成岩が

できる環境が整うまでに、何億年もかかった

そうです。

そして、偶然が重なって奇蹟的に、

この小さな宝ものができるのです。

ルビーは一体、何歳なのでしょうか?

間違いなく、私よりもお年寄りです。

多分、恐竜よりもお年寄りです。

私たちの人生は、ルビーの寿命に比べると

一瞬なのでしょう。。。


私たちの一生は、ルビーから見たら

1日ぐらいかも知れません。

ルビーから見たら、あるのか? ないのか?

分からないぐらいの人生かも知れませんが、

でも、確かに生きているのです。

短いからこそ、今日一日を

大切にしていきたい。

コメント

モリスのホームページをご覧下さい

2014年01月28日 06時45分03秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

モリスのホーム-ページは、分からないぐらいの

スピードで、日々、進化しています。

www.morisruby.com 是非、ご覧下さい。

 

コメント

Rubyの価値の見分け方

2014年01月25日 12時56分23秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

宝石ルビーの価値は、

そのルビーの品質と需要と供給の

バランスできまります。

品質は、

宝石種、原産地、処理の有無、

美しさ、色の濃淡、欠点、サイズ

の7つで見分けることができます。

そして、需要と供給のバランスに

ついては、鉱山でどのくらい産出

しているのか?

そして、どのくらいのお客さまが

欲しいと思っておられるか? を

把握している必要があります。


モリスは創業以来、ミャンマーの

ルビー鉱山の採掘の現場で活動し、

銀座、京都三条にお店を開けて、

ルビーの本当の価値について研究

しているのは、そのためです。

 

コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014年01月10日 09時22分34秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

ミャンマーの中部モゴック鉱山に

あるルビー鉱脈は、白雲石灰岩

(大理石)を砕きながら探します。

深いところで600m…

岩が崩れてきたらひとたまりも

ありません。

現地の鉱夫に「怖くないですか?」

とお聞きしたら、

「それまでは生きているのだから
 ハッピーだ」

と言われました。

そりゃそうだ…

コメント

人類とずっと一緒のルビー

2014年01月08日 05時56分44秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

ルビーはとても歴史の古い宝石ですが、

旧石器時代には、集められていた形跡

があると言われています。

[MOGOK] arther: Ted Themelis

from; Chronological table

ニューヨーク市立大学鉱物博士である

ゼメリス氏の著書では、さらに古い

時代から集めれていた証拠が発見され

ているという記述があります。

 About 2million years ago...
evidence of prehistric life- Discovery of
fossils in the caves at Mogok along with
Rubies...

ミャンマー連邦共和国ルビー鉱山

モゴックエリアの洞窟では、

200万年前の原人の化石と一緒に、

ルビーの結晶を集めていた形跡が

見つかっているそうです。

この時代は、人類が、真夜中に

トラなどの大型肉食動物に襲われ、

捕食されていた時代ですが、

火を使って自分たちの身を守った

そうです。

暗闇にキラキラと光る恐ろしい

トラの目と、そばにある身を守って

くれる炭火のルビー色。

火種の輝きがどのくらい心強かった

でしょうか…。


文明が発達するはるか以前より

大切にされている宝石ルビーを

持つと何となく守られているような

気になり、安心するわけです。


写真はWikipediaより引用したもの

ですが、猿人(アウストラロピテクス)

と原人(ホモ ハピリス)の間ぐらいの

話です。

コメント

あけまして、おめでとうございます。

2014年01月02日 09時56分42秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

明けましておめでとうございます。

2014年は、皆さまにとって最高の

年でありますように…


「希少なお宝」

ミャンマー産の無処理で美しいルビー

をご縁のあった皆さまにお届けし、

「よかった!」と喜んで頂けるように

精進して参ります。

皆さまに「価値あるルビー」として

お持ち頂ける…という部分については

自信を持ってオススメできますが、

「買って良かった!」

と感動してただけるには、どうしたら

良いのか?

まだまだ、これからです。

今年もご指導、ご鞭撻の程、何卒宜しく

お願い申し上げます。

 

コメント

高級結婚指輪は、伝統的にルビー

2013年12月30日 10時12分36秒 | 無処理で美しいルビー(非加熱ルビーとはち

「結婚指輪にルビー」といえば

日本では馴染みがありませんが、

ジュエリーでは先進国である欧米では、

下記の理由から一般的ではないものの

ダイヤモンドよりも高級なイメージで

捉えられています。


その理由について…

日本に結婚指輪を贈る習慣が伝わった

のが明治時代で、大正時代に富裕層に

流行しましたが、未だその時代は、

舶来品といわれ欧米のモノを取り入れて

いった時代です。

(加工技術は、宝石を留め方など
 日本独自のモノが登場しましたが…)

今の中国のようにその時代、

ジュエリーでは新興国である

アメリカや日本に、海外の貿易商が

ドンドンと宝飾品を販売しました。


数量的に多く、品質管理がしやすい

ダイヤモンドに対して、輸入されたルビー

の多くは、人工合成ルビーでした。

その時代は、まだ人工石と天然石の違い

が分かっておらず、売られていました。

戦後は、その合成ルビーに加えて、

処理をして美しさを改良したルビーが

大量に売られ、ルビーの数は激増しました。

数多い宝石ダイヤモンドよりも多くなり、

結果的に「価値の分かりにくい宝石No1」

になりました。

例えば…

昨年の5月のクリスティーズの落札価格

(欧米のオークション)

では、加熱処理されたものと無処理で

美しいルビーの価格差は…

加熱処理した美しいルビー 9ct 400万円
無処理で美しいルビー   6ct 2億3千万円

であり、「ルビー」という呼び名と

美しいかどうかだけで選ぶと大変、

ルビーは玄人の宝石と呼ばれる理由です。

無処理で美しいルビーは、数が少ないので、

買うことも売ることもできますが、

人工合成ルビーや処理ルビーは、

売ることはとても難しい…

買うときに値段はあまり違わなくても、

売るときには、カラット当たりの値段は、

100倍ぐらい違うのが現実です。

無処理で美しいルビーは、そうでない

ルビーの数千個にひとつあれば良いほうです。


このような歴史的背景があって、

「ルビー」という名で呼ばれる

宝石は、「価値があってないようなモノ」

と呼ばれるようになりました。

 

それから50年経ち、インターネットが

できて、やっと天然無処理で美しいルビー

と人工合成ルビー、処理をして品質を改良

したルビーは、その希少性が全く違うため

違ったモノとして取り扱うのが良い…

という価値観が、世に広まるように

なりました。


中国では、結婚指輪といえばダイヤモンド

という価値観が浸透しましたが、

先に進んだ日本は、そろそろ高級品といえば

結婚指輪も含めて「天然ルビー」という

時代が来ると考えます。


あまり知られていませんが…

雅子様がご成婚時に美智子妃殿下より

受け継がれたのがルビーリング。

フェイスブックのザッカーバーグ氏が

結婚するときに贈ったのがルビーリング。

アメリカンシンガーのジェシカシンプソン

が婚約指輪で貰ったのが、ルビーリング。

エリザベス女王のインペリアルステート

クラウンにはルビー、右手にはルビー、

イタリア最後の王妃マリアジョセが結婚

するときに贈られたのがルビーリング…

などなど、言い出すときりがありませんが、

豊かになった日本は、ダイヤモンドよりも

少し高いけど、高級品として通るルビー

を結婚指輪に使う時代が近いと思います。


上述の通り、ルビーは品質保証が

ダイヤモンドのように容易ではありませんが、

その話は、また今度。

 

コメント (1)