ドリームの気まま日記-高知ブログ-

高知のドリーム不動産のオヤジ、ドリームのブログ。お客様・イベント・食べ歩き・B級グルメ等、高知の情報を気ままにご紹介

高知城下の青空将棋

2013-02-08 | 高知の名所

高知城の追手門より本丸が望める藤波公園。

 

 

 

 

日曜市西端よりスグ北、県立図書館南入口でもあります。

お堀や山内一豊像などがあり、独特の風情です。

 

その藤並公園に青空将棋があります。

オヤジが保育園児の頃(50年前)からあるので、出自は何時からなのでしょうか?

昔はちょいとダーティなオヤジたちが大声で怒鳴りながらの喧嘩将棋が見受けられましたが、今や平穏なようです。

きっと、悪しき面子は自然淘汰されたのでしょうな。

 

将棋を愛する人達で脈々と引き継がれる青空将棋、これもまた高知の稀少な財産ですな。

寒いながらも、日曜の昼下がり穏やかな雰囲気が漂い、良き風情。

 

将棋はヘボでも観るのは好きなオヤジです。

当事者でなく横で観ていると、冷静に読めます。

しかし所詮ヘボ、3手・・・5手・・・7手で遂に目まいがしてギブでした(-_-;)

 

青空将棋、只のサークルに非ず、将棋好きの庶民が自主運営し構築した財産です。

ここが連綿と継続することを願っております。

そしてまた、日曜市取材ついでに寄るとしましょう。

 

 


  

  

 

 


高知の不動産はドリーム不動産

コメント

龍馬郵便局

2012-09-25 | 高知の名所

坂本龍馬生誕地である上町に存する、龍馬郵便局。

なんせ全国区の大ヒーロー、あやかりたい気持ちはわかります。

 

 

龍馬コーナーが設置されております。

 

なんだか間延びした龍馬ですな(笑)

龍馬から「もうちくと本物の方が男前ぜよ」。と聞こえてきそう。

 

あれこれ資料が揃えてあります。

 

 

借金の調達、踏み倒しの達人、龍馬。

一介の素浪人が大名や御三家相手に、無担保にて借金を取り付ける。

いやはやなんとも痛快、そして踏み倒す(爆)

流石に商家の息子、武士の息子ではできぬであろう芸当。

龍馬の輝かしい数々の功績よりも、この龍馬流金銭調達術に鳥肌が立つ程に感銘を受けます。

ただ、ちょいとグラバーの背景がほの見えますが・・・・・

 

オヤジは公務員の小倅、商売下手なんですな(-_-)

 

只今、高知におきまして リョーマの休日 開催しております。

ローマの休日をもじったのでしょうが、ちょいとイタいタイトルですな。

美人を乗っけた尾知事がやに下がっており、親近感アリ。

龍馬に触れ合える高知に、遊びにいらっしゃいませ。

 

龍馬郵便局

所在:高知市上町1-8-18
電話:088-823-4782
地図

 


 

 

 

 

 

高知の不動産はドリーム不動産

 

 

 

コメント (4)

日曜市探訪13

2011-12-15 | 高知の名所

近年は若い女性のお客さんも多く、取材の楽しみが増えております(爆) 

ここから西詰までの、日曜市西端ブロックは少し毛色が異なっております。

 

 

 

ここのブロックは、生鮮食料系の店は少なくて。 

 

 

 

花木、日用品、刃物、骨董品等が大半を占めているブロックです。 

なんともイイお顔の御仁、一献頂いたら縁起が良さそうですな。

 

 

 

土佐打刃物 の店。 

国指定の伝統工芸品であり、質実剛健な生活に密接した刃物です。 

 

 

 

くじらナイフ。 

なんとも愛嬌のあるフォルム、切れ味はオヤジのアタマの真逆で鋭い。

 

 

 

骨董品店、このテの店は心ウキウキになりますな。 

 

 

 

玉石混淆、値踏みには売り手の説明に惑わされてはなりませぬ。

はしゃがぬように、己の眼力と感性に頼るのみ。

この瞬間が、なんとも楽し・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

味覚バターボール、缶入りってのがお懐しや。 

ここのゾーンはノスタルジックに浸れます。

冷やかしだけでも充分に楽しめました(笑)

 

そして、ひろめ市場に流れて行くのみ・・・・・。

ふふっ、日曜市取材は堪えられませぬ。 

 

 

日曜市のホームページ:日曜市ガイド 

 


 

 

 

 


高知の不動はドリーム不動産

コメント (2)

久礼大正町市場

2011-07-19 | 高知の名所

中土佐町久礼にある「大正町市場」を訪問。 

 

久し振りに来てみると、どえらくアカ抜けしておりました。

新規店舗が多数出店しており、まるで浦島太郎。 

 

海の幸をメインにいろんな食べ物が豊富。

 

 

 

 

「くれ天」魚のすり身の天ぷら。

いつ食べても美味しく、不変に安定した味はご立派。

 

永谷園の「あさげ」のロゴの書家が書いて下さったそうな。

「あさげ」に「くれ天」ぶっ込んでみますかな(笑)。

 

ここで外せぬもう一品。

 

名物「ところてん」おろし生姜に添えられた「ぶしゅ柑」の外皮の摺ったのが良き風味。

 

 

新規の店、歴史ある店、心地良き混在がここの風情のようですな。

少し出遅れたので生鮮ものが捌けてたのが無念。

次回は早く着くようにしませう。 

 

久礼大正町市場:公式ホームページ

 

 


 

 

 

 

 

 


高知の不動産は、ドリーム不動産
 

 

 

 

コメント (2)

ひろめ市場

2011-07-01 | 高知の名所

日曜市の取材終了すれば、ひろめ市場に辿り着きます。 

 

 

まぁ軽く一杯飲って帰りますかな。

地場産品やアテになるものが、よりどりみどり。 

 

 

刺身はお馴染みの「王子水産」にてゲット。

 

 

ここの刺身達は常に安定していて、レベル高し。

 

 

皆さん、パワフルに飲っておりますな。

 

 

スィーツを食べる女子学生の隣席で、オヤジが飲酒。

それに違和感の無い風土、土佐ならではでしょう。

 

 

「王子水産」より「枝豆」の施しを受けました。

いつもながら、なんとも施しを受けやすき風体のようですな(笑)。

ささやかながらも、充実の酒盛り。

 

 

餃子発注後、供せられるまではこんな立て札にてウエイト。

龍馬も呟いたであろうか、「早う持ってきとうせ・・・」。 

 

 

こんな所場にゃ、ややくどいニンニク風味も良しか・・・。 

日曜日のオヤジの取材は、充実の軽く一杯にて終了。

取材→ひろめ市場、黄金の日曜コースにちょいとハマっております。

 

 

ひろめ市場:ホームページ

 

 


 

 

 

 

 

 


高知の不動産は、ドリーム不動産

コメント (6)