地域情報支援ネット

皆の顔が見える安全安心な地域は、子どももお年寄りも住みよい豊かな町ですよネ!
シニア支援隊にアクティブシニアよ集まれ!

シニア支援隊サービスボランティア事業、守口からスタート!

2010-03-28 23:06:31 | まちづくり・NPO
大阪府社会起業家ファンドを受けた“シニア支援隊サービスボランティア事業”は、天王寺区清水谷の事務局において府より去る2月12日にヒアリングを受け進捗状況を説明したとおり、昨日27日に守口に『COCOIKU』1号拠点をオープン、AMの健康朝市からスタートした。
来店客で賑わう店頭風景及び、拠点オーナーの金山さんほかスタッフ写真です。

来月には、PMの楽習塾としてロボット教室の体験学習から始める予定である。
下の写真は、先行して開設している天王寺区清水谷事務局のフォーラム教室でのロボット授業風景です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

関西NPO支援センターネットワーク(KNN)第15回研究会

2010-03-24 22:50:45 | まちづくり・NPO
KNN第15回研究会がCE東大阪のホストで開催され、千葉さんの紹介で協力メンバーとして参加した。府下各地から中間支援NPOの皆さん約20名が参加された。
CE東大阪事務所に集まり、CE東大阪の概要説明と参加者紹介をした後、隣接の総合福祉センター会議室に移動し研究会が始まった。

東大阪における市民活動支援に関して、千葉さんからCE東大阪の取り組みが、西局長から東大阪市社会福祉協議会の取り組みとNPOとの連携について報告され、パネルディスカッションのあと参加者のみなさんとの質疑応答があったが、皆さんの話では、東大阪での社協とNPOの連携は非常に上手くできているようであった。これ偏に、千葉さんと西局長のご苦労のたまものである。今後ともよろしく。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まちづくり協議会の事務局オープン!

2010-03-23 09:28:30 | 自治会支援・広報誌発行

瓢箪山まちづくり協議会の事務局“キューたんステーション”がオープンした今日、伊勢市から視察団が見えた。商工会議所、商店街役員さん、市職員さんなど約20名。
商店街の会議室で、岡本理事長から瓢箪山地区での取り組みが縷々説明され、活発な質問や意見交換がなされた。

なお、商店街町興しに作られているひょうたんの絵付けを理事長自らがされていることを知りそのバイタリティには感心させられた。
その後、西仲事務局長が“キューたんステーション”に案内し、宅配便基地ほか今後の地域活動に開放していくことなどを紹介された。


一行が帰られた後、商大の滝本くんを交え食事をご馳走になりながら、理事長にはステーション活用(シニア支援隊サービスボランティア事業)のお願いに改めて伺うことを申し入れておいた。

岡本理事長、ありがとうございました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アクティブシニア連携ミーティング

2010-03-13 22:36:52 | 自治会支援・広報誌発行
3月1日上京の結果と吉戸さんの状況分析を報告し今後の取り組みについて、CE東大阪でミーティングを行った。(参加は千葉、宗近、橋本、幸田の4人)
橋本さんの環境活動を支援する方向で実績を積み上げたうえで再度、兼松会長の積極性を引き出す方向になった。

先立つ午後1時、表彰を受けられた下島自治会の東部長さんの記念写真を撮りに、社会福祉大会が行われた市民会館に立ち寄った。そこで、尾上連合会長と会ったので瓢箪山まちづくり協議会の次回会合の連絡を貰えるようお願いした。また、畑山連合会長とは自治協の広報誌発行への取り組み状況をお尋ねし、HP開設の必要性を訴えておいた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

政策提言、その後・・・再度上京・・・

2010-03-03 22:15:10 | 政治と行政
全国地域連携機構発足及びシンポジウム開催計画素案を作成、総務省・内閣府・環境省等へ支援依頼の上京に先立ち、兼松会長の了解を得るべく2月16日に千葉、橋本、幸田の3名で岡山市役所を訪ねた。森本事務局長(ネットワーク担当課長)に素案を提示し、会長へ説明と内閣府津村政務官への橋渡しを依頼した。

3月1日千葉さんと上京、環境省に谷津部長を訪ね“3R推進事業と連携したチャレンジ25キャンペーン”をアピールするシンポジウム開催素案を説明、各省の支援取り付け方法を教えていただいた。
そして議員会館に高島先生を訪ね趣旨を説明すると津村政務官のアポを取っていただけ、直ぐさま津村政務官を訪ねた。
ところが津村先生に兼松会長から連絡が入っていなかったようで、尚且つ年末に泉政務官にお会いした内容を持ち込んだと理解されたのか、泉先生と調整して連絡しますと分かれた直後に泉先生の小川秘書へきついお叱りが入ったらしく、直ぐ小川秘書から連絡があり訪ねると、今回の話は何が何でも無かったことにしたいようで国会中の忙しい最中、支離滅裂なとんでもない断りの理由を1時間も並べ立てられた。

国会開催中でもあり政務の先生方ばかりが忙しく、あの様子では政策を勉強する時間も無く況してや国民の話をじっくり聞いて理解する時間など無いはずである。また選挙区や縄張り意識も払拭できなければ行政の縦割りを取り払うのも容易ではないと同情したくなる。
国政に誤り無きよう、党の先生方も選挙区ばかりに目を向けず、もう少し前に出て歳費に見合った仕事をしてもらいたい。

支持率が落ちたからか、先生と上手くいっていないからか、組織としての行動に自信がもてないか、理由は分からないが、兼松会長には今一度踏ん張ってもらわねば!
戦略の建て直しに、後日アクティブシニアが集まることにする。

議員会館を出て、総理官邸の坂をメトロの溜池山王まで下り、“みまもりロボくん”開発メンバーの㈱りーふねっと・岡社長を本社に訪ねた。2年前に大阪難波から虎ノ門に拠点を移されたが、リーマンショック後のIT事情を見れば先見の明があったということだ。
お忙しい中、赤坂でご馳走になって永田町での気分転換になり、“みまもりロボくん”はもう一ひねりすればと元気ももらった。
岡さん、ありがとうございました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする