東京老人Tokyorojin

こごとじじい増山静男のブログです。

元の会社、社員の定年の会

2012年05月31日 09時00分33秒 | Weblog
5月30日2012年

元部下2人が定年だそうで、会に呼んでくれた、私は52までしか勤めていないので、定年までの勤めは尊敬に値する、銀座の居酒屋にいったのだけど満席である、景気も回復してきたのではないか、

一人会社を作っている人が居て、介護施設に対する講習をやっている、そのひとは53でやめたので、私と同じような環境だ、事務所も構えて仕事をしているようで、順調に業績が伸びるといいなあ、

いい会社に勤めたと思っている、そのころの同業社はみんななくなっているし、ところが今期は大赤字だという、だけどうちだけではない、○ナソニックや、偉大な会社であった○ニーも大きな赤字だ、

前回は去年の12月だったので、それからポルトガルにいき、リオのカーニバルにいき、来月は東欧だ、次回は11月なので、オーストラリアで日蝕がある、それを避けて会をやってほしいといっておいた、みんなで、日蝕鑑賞に出かけるのがいいと思うのだが、
コメント (6)

つくかねの日章旗

2012年05月30日 07時13分54秒 | Weblog
5月29日2012年

このあいだ三田国際ビルにひるがえる日章旗を見たマッサージの先生が、
三の橋の弁当や、つくかね の日章旗もあると教えてくれた、



そういえば、このブログでもご紹介したことがある、
我が家から一番近いバス停留所、三の橋の角である、

こういう店が増えると嬉しい、

ブログ友達のマオママさんから教えてもらったのだが、アメリカなどの日本料理店で、
日章旗を飾るようにしてほしい、実はアメリカでは日本料理と書いてあるお店の大半が
k国人経営なのだ、そういうお店でも日章旗を出すことによってより本質に近い和食を、
提供するようになるだろう。
コメント (2)

ウイーン

2012年05月28日 17時45分29秒 | Weblog
5月28日2012年

東ヨーロッパにいこうと思う、この間ブラジルで出会った3姉妹と、ポーランドであってこようと思ったのだが、名前とメールを書いた紙をなくしてしまったので、しょうがない、オーストリア、ウイーンに行き、列車で各地にいくつもりだ、

ネットで価格を調べてみると、為替があがったにもかかわらず、結構な値段がする、結論としてオーストリア航空直行便で、146,070円、これもHISのページを開くたびに値段が変わって、最初に164800円、つぎに159800円、そして田町にできたお店に行って見ると1日早く帰ってくれば146,070円だというので、これに決めた、6月10日~6月21日である、

ちなみにホテルなども1月にポルトガルに行ったときよりもずいぶん高くなっている、きっと冬価格であったのだろう、

風輝く初夏のウイーン 
期待できる、
コメント (4)

食器洗浄器

2012年05月28日 08時25分59秒 | Weblog
5月28日2012年

食洗機が水漏れして困っている、キカイのそこに材料を入れて底上げし、観察するといろんなところから水が漏っている、

機械も問題なのだが、排水管の位置に問題があった、機械の排水口よりも高い位置に、壁についているのだ、これでは配水管にスラッジがタマって次第には詰まってしまう、しかも水漏れした漏水はどこにもいけない、

水道の業者はこのように自分勝手な設計をやって平気で居る、家の設計では排水などは業者に任せてしまうことがおおいので、困ってしまう、それはともかく、



一番いいのはこのまま機械の下にビニールなどをひいて、漏れた水をシンクに流すことである、しかしこれもかなり面倒である、

○シザキに電話すると、訪問するだけで8200円だという 、このメーカーは家庭用の機械から撤退して今は売っていない、

ということで新しい機械を買うかだが、

 新しい機械 価格    20,000~50000円
       洗浄時間  99分!!

 ○シザキ  洗浄時間  6分~10分

このように洗浄時間がまるで違うのだ、

オーバーホールには相当な金額がかかりそうである、

どうしようか考えているのだ。      
コメント (4)

緑一色(オールグリーン)

2012年05月26日 16時09分33秒 | Weblog
5月26日2012年

きょう緑一色を上がった、



ごらんのように上家から 3そー がでた、
緑一色は始めての経験だ、これもめったにできない手である、





麻雀では全部のヤクマンをあがったけれども、
願わくば人間相手にやりたいものである、

解説
この麻雀ゲームは「麻雀フラッシュ」といって、インターネットで検索すると直ぐ出てくるものである、かなりうまくできていて普通にリーチをかけてもほとんど降りられてしまう、また、国士無双、リーチの筋待ちなんかが特に好きなので、気が置けない、画面が特別に綺麗で、よくできている、お好きな方におすすめする。
コメント (2)

ながさきチャンポン、皿うどん

2012年05月26日 06時46分16秒 | Weblog
5月25日2012年

近所にチャンポンやができた、家内に誘われていってみると、



奥に廊下を伝わっていく、庭がある、平屋、
という、なんとも贅沢なつくりだ、

チャンポンと、皿うどんを食べた、





これが量が多い、
なかなかおいしい、
少し食べてから写したので下のほう少しカット、

家に帰ると、大福があった、これも重い、
26日体重を量ると予想通り500グラム増加であった。
コメント (4)

三田国際ビル

2012年05月24日 11時31分30秒 | Weblog
5月24日2012年

お散歩で一回りしていたら、
三田国際ビルの前を通った、



国旗が

あがっている、普段なんでもない日に、
このように国旗を飾るビルがあるだろうか、
確かにあるのだが、、
もっと普及するようにしてもらいたい、

綱の友引き坂



道路拡張に残っていた最後のビルの前が広がった、このビルは立て替えを同時にはじめたらしい、いや、もう一軒道路の出口に面してコンビにがあるのだが、早く道路を広げてほしいものだ。
コメント (4)

スカイツリー2

2012年05月22日 17時33分43秒 | Weblog
5月21日2012年





ここ常泉寺の前を通るとおばさんがしきりに呼び止める、ついていくとツリーとお寺の建物が調和しているから是非写真を撮っていけと薦められる、



それがこれだ、確かに電線が入らなくて素敵だ、このお寺は、むかし徳川家の信仰があつく、ものすごく広い寺領を持っていたそうである、このあたり歩道が広くなったりしているが、まだのところも多い、開業の時期は決まっていたのだから、もっと早くやればよかったのに、









スカイツリー駅からツリー下、ごらんの通り足元を歩いていく、真下には防御用の屋根がついているけど、その前後は無防備だ、冬季、ツリーにつららがついたとき、風でとばされて大変なことになるだろう、この歩道は少なくとも全線にわたり屋根をつけるべきである、

道は押上駅前の交差点だ、ところが見回してみても駅入り口がない、ようやく探していってみると京成・都営の駅だ、半蔵門線の駅を聞いていってみると、



ここは駅入り口なんだけど、このまま入ると回り道になるから、矢印で左に行けと言う意味なんだろう、左に行くと100メートルくらいいったところにあるのだがわかりにくいこと、最初の入り口から入ったら、どんな変な通路になっていたのだろう、こんな出入り口は閉鎖したほうがよい、


コメント (2)

浅草駅、スカイツリー

2012年05月22日 11時42分06秒 | Weblog
5月21日2012年

東武浅草駅の外装がとれて、本来の建物が出てきたとのことなので見にいった、これは私が長らく主張していたことで、アルミの外装はホントにどうしようもないものだった、





今できるのに、50年も変な外套を着た姿は哀れを誘った、現在入っている松屋デパートは4階までしか営業していない、改装を機会に上まで営業しているのかと思ったらまだであった、当然外装改良をキカイに全店開業・セールをしないといけないのに、



吾妻橋のたもと、みんなもうすこし左によっているので見てみると視界にツリーが入った、







電車は快速、この電車は春日部まで通過でいいのだが、さいきん区間快速に変更になり停車駅が増えてしまった、スカイツリー線に名前を変えたところで、少しサービスをしないといけないと思うけど、東武のやることはちぐはぐである、

ところで、東武浅草駅は6両までしか入線できない、10連が入れないと困るので、入る方法だが、ポイントを橋の上に移して10両が入線できるようにしてはどうか、客が少ないのだから浅草よりの6両で客扱いをすればいいのだ、特急列車も最大10両にできればいいと思う、







ガード下にしゃれた茶屋があったが、現在は営業していないようである、ガード下と言ってもこんなに緑が多いとほっとするのだが、



だんだんツリーに近づくと、アタマまで写すのが困難になるのだった。
コメント (4)

金冠日蝕

2012年05月21日 08時15分35秒 | Weblog
5月21日2012年

金冠日食の日、早朝からやきもきしていたが、
雲が切れて居ることもある、

バルコニーの、クーラーに腰掛けて東の空を見る、
あたりがだいぶ暗くなってきた、
向かいのマンションでは廊下の電気がついた、

 



上にあるのが日蝕めがねである、
あまり見えないが、なんとか、なんとか、

見える、

 





全体はよく見えなかったが、次は170年後に
みることにしよう。
コメント (8)

また、藤野の温泉

2012年05月20日 18時51分57秒 | Weblog
5月20日2012年



きょうは家内と一緒である、この間は食っては寝、食っては寝で1キロ太ってしまったので、きょうはとても気をつけた、



私のはヨーグルトつきカレーライス、このところ毎食ヨーグルトを食べている、この店で、唯一ヨーグルトつきなのだが、よく出ていた、700円



家内の食事、1000円余り内容はよくなかったらしい、1000円、
入場料は、週日550円なのだが土日は850円、ただしバスタオルつきである、例によって3回入り、充分寝て休養をとった、土日でも電車の席はあり、往復は楽ちんである、

帰りの電車は相模湖で特急を待ち合わせたのだが、もう一つ側線に団体列車が退避し、特急の次に発車していった、



この列車はなのはな号といって、JR東日本房総支社の車だそうである。
コメント (2)

マリア、ニューイングランド

2012年05月19日 09時57分46秒 | Weblog
5月19日2012年

オーストリアにいた、トラップ・マリア、

サウンド オブ ミュージックの原作、トラップ一家の次女マリアさんは現在ニューイングランドに住んでいると、NHKBSのアーカイブスで放送があった、うつくしいニューイングランド地方に移って本当によかったのであろう、

アメリカに移住しているヨーロッパの住民はみんなそうだが、USAの移民風景をみると、とんでもない虐待に見えるけれども、それでもわけありでの移住を許してくれたUSAに感謝して、国旗を出している、マリアさんの家でも、祭日でない普段の日に外に国旗を飾っていた、

日本国に居続けている○ん国、北○鮮の人たち、国籍を隠して日本人の振りをしている人たちもおおい、彼らは日本人以上に、日本に居られることに感謝していることだろう、本国では、徴兵制度があるのに逃れているし、それこそ北では生きてゆけるかどうかも怪しいものだ、

もっと日本人以上に日本を愛し、
国歌を歌い、
室内や玄関に日章旗を飾ってくれないものかしら、
コメント (2)

再び藤野の温泉へ

2012年05月18日 09時39分49秒 | Weblog
5月16日2012年

もう一度出かけたんだが、本当の意味は京王株主券がまだ残っているため、

 

この下の湯の花トンネル、終戦マジカ米軍戦闘機に攻撃された中央線列車は湯の花トンネルに逃げ込もうとしたが間に合わず、多数の死者がでた、その湯の花トンネルはほんの短いもので、逃げ込んでもほとんど外にでたのではないか、どうやら入り口は写せないらしい、



きょうは午前中から来ているので、ゆっくりとはいれた、
食事は野菜のてんぷら、たけのこの煮たものなど、おいしかったのだが、






シェフオススメの4色デザートなどを食べて寝ていたら、翌日

一キロ!!

も太ってしまった、5月16日、66.6キロ(標準)5月17日67.6キロ、
これは大変である、調節して今日5月18日あさは、66.8キロになった、

やれやれ、温泉も大変である、


コメント (2)

厚木の庭

2012年05月16日 19時15分01秒 | 住宅
5月13日2012年

 



厚木の家の庭をご紹介しよう、次男一家は生活が忙しく、なかなか庭の手入れをやってくれない、そこで、たまにいくと、家内は庭の手入れで忙しい、私も小さな木のカットに呼び出される、



この絵は半分向こうが隣の家の庭である、最近途中の木がかれてしまって、一体化してしまった、家を建てたときこんな具合になるといいなと思っていたが、ちょうど、そのようになった、



2階正面に大山がある、冬至の日、大山の天辺に日が沈んで、夕日が一直線に、玄関まで差し込む、



この柿の木は最初から元気がなく、なかなかならなかった



実は来週インドの娘さんがホームステイに来るそうだ、これを機会に少し家の中が片付くといいと思う。
コメント (2)

宮が瀬ダム

2012年05月15日 11時37分24秒 | 環境
5月12日2012年

厚木に帰ったとき宮が瀬ダムに寄った、厚木に引越ししたとき工事が開始され、ずいぶん時間がかかったダムである、巨石が転がる石小屋渓谷はつぶされてしまった、



長らく水のない渓谷にかかっていた虹の大橋も、今は美しい風景に調和している、



低く見える柵も渡ってみるとこんなに高い、この柵ができるまで何人も飛び込みがあった、途中バンジージャンプを設ければいいのではないかな、







道の駅の立派な設備がある、あ、道の駅ではない、ここは県道なので道の駅はなくなんか他の名前になっているのであった、お役所の縄張りによって、ここの設備は道の駅ではなく、オクサンたちも、あんた、あそこのみちのえきにいった?なんていえないのだ、

一番下は岬に下りる階段である、ずいぶん予算を使って作られたのだが、残念ながら左右同じ階段だ、足が痛いのでくだりがつらい、一方をゆったりしたつくりにしてくれるとよかったのに、設計担当者の頭が固いのである、

 



ここは鳥居原地区である、宮が瀬湖全体が見違えるほど美しくなり安定している、湖面面積は芦ノ湖よりも大きい、もう少し観光客がくるといいのに、きょうは行かなかったけどダムのそこに下りるためのインクライン、ダム内部の見学コースなど面白い施設がある、

東京近郊の方ドライブにこられたらどうであろうか、東名厚木インターままたは中央相模湖インターから1時間くらいである。
コメント (6)