東京老人Tokyorojin

こごとじじい増山静男のブログです。

ブラジルのVISA 2

2012年01月31日 15時49分04秒 | Weblog
1月31日

きょうはブラジル公使館にvisaをもらいに行く、財布は空なので、家内にもらおうと思っているうちに歯医者にでかけたので、先日緊急発行したVISAカードでキャッシングしようとみずほ銀行にいく、すると、がしゃがしゃ紙幣を数える音がしてすーっとカードだけ出てくるのだ、銀行の人に聞くと申し訳ないが郵貯銀行かもし郵貯でダメだったらシテイ銀行が五反田駅にあるからというのだ、外国で発行したカードは使えないというのだ、だけどこのカードでポルトガルの田舎でもキャッシングしているのに、外国で発行して日本で使えないとは(電話サービスに電話するがまだ話せず)

シテイバンクに行ったらやはりダメだった、ポルトガル公使館にいくと、カードは受け付けないというので、もう一度家に帰ることに、実は今日、アメックスのカードが届いている、これでキャッシングすればいい、と、これをもってみずほ銀行にいくと、大行列だ、しょうがないからもう一駅向こうの高輪台支店にいく、ところが、なんとこのカードでキャッシングができないのだ、銀行のおばサンに聞くとカ-ド会社に聞いてくれとのことだが、電話を貸してくれというとイヤだという、外国ではvisaカードでキャッシングできてよかったけど

こっちはすりにすられておかねがないんだよ、といってもしょうがないからもう一度家に帰った、家内がいないので、息子にお金を借りてもう一度五反田まで2往復半のサイクリング行程を

楽しんだ

のだった、だけどVISAカードなんで出ないんだ、アメックスは正式に発行したのに、なんでキャッシングができないのだ、日本はこういう点がおくれているよね、どこの国でもポルトガルでもできて、なんで日本でできないんだ、


今日申請したvisaが7日に出来上がる予定とのこと、やっと、2月の予定ができそうだ、毎月海外に行くのも容易ではない、毎月海外なんていっているけど1,2月の2ヶ月だけだし、でもいけるのは今だけだと思うのだ、先日でもポルトの大聖堂登るの大変だった、10階分くらいあるのだけど全部階段だ、また、コインブラの宮廷ホテルでは朝、近所のハイキングをしたんだけど、こういったことも体力との勝負だ、できるだけしっかりやりたいと考えている。
コメント (4)

楽しかったポルトガル

2012年01月29日 04時19分58秒 | 海外旅行
明日はいよいよ帰る日だ、
コインブラのホテルを10時にでて、
隣にある駅から12時の列車で、リスボンに戻る(レンタカーは返した)
定時運行で、14時リスボンに戻り、
ホテルを探そうとしたら、

今日は土曜日で、どこも、いっぱいではないか、4泊したあのホテルもいっぱい、やっとのことで、ロシオ駅のホステル、から紹介を受けて、28番の電車で急坂をのぼったところに

素敵な宿

を見つける、目の下に電車が走り、屋上からは海が見える、音楽隊が通り、オカネを投げてあげると喜んで歌を歌ってくれた、ここでは8時から庭でバーべキュウがたべられる、そして、もう一度28番の電車に乗って観光した、途中観光客の多い場所でおりて、再度乗ろうとしたときである、

私のかばんの上にリュックを乗せてくるやつがいる、そしてその男の手が私のかばんに触っている、

スリだ、

かばんの一番前はチャックが開いていた、そして手を払いのけると笑顔でソーリーなんていってる、しかしここで騒いでも何の証拠もないので黙っているか、スリの現場を見たのだった、そして、もうひとついうとホテル探しの広場で、警官3人が現場検証をしている、そこには間違いなく血の流れた後が、こういうわけだったんだな、


昨日のこと、

レンタカーは、私のミスで重油を入れてしまったのだが、宮廷ホテルの人に大変お世話になった、レンタカー会社に連絡を入れて、すぐに車を取りにきてくれ、私たちはタクシーを手配してくれてコインブラのホテルへ、てきぱきとすんだ、車は代車を貸してくれることになっていたが、コインブラで返し、列車でかえることにした、それで今日の先頭につながるのだ、

いろいろなことがあったが楽しいポルトガルであった、

夜8時

宿の庭に全員あつまってバーべキュウだ、サラダ、じゃがいもは取り放題、フルーツジュース、バーべキュウは素敵においしい、ポルトガルの最後の夜はすてきだった、屋上からはスバルがくっきりと見える、明日は4:30コール、5:00タクシーだ、

機会があったらまたきたいものである。
コメント (6)   トラックバック (1)

第2のトラブル(深刻ですよ)、夢の宮殿ホテル

2012年01月27日 04時24分25秒 | 海外旅行
今日はリスボンへの帰り、こいんぶらに帰り、ぜひとも宮殿ホぽるとテルに泊まりたいと思う、コインブラは、ポルトから100キロである、a1高速の入り口はすぐわかり、快適にコインブラに着いた、宮殿ホテルはここから15キロほどの森の中、ブサコ国立公園にある、その前にコインブラをみようとおもう、ガソリンを買う、昨日のとおり、まずガソリンのノズルを握るとそのままでるのだ、支払いはその後、少し走ると

車の調子が悪い、

回転があがらないのだ、コインブラの見所は全部坂のうえだとのこと、この調子で坂なんか絶対上れない、とりあえずホテルに行くことにした、c1道路を行く、回転があがらずエンストするので、運転が難しい、上り坂では何台もつながってしまう、そして止まったら悲劇である、スタートできないのだ、そんな中何とかかんとか宮廷ホテルについた、第2回目のトラブル、これは困った、リスボンに帰れるだろうか?

深い森の中静かなホテル、早い時間についたので、宮殿の彫刻、絵画、タイル絵、を鑑賞する、すばらしいほてるである、部屋の窓からは深い森、玄関が見える、テイルームでサンドイッチと紅茶を頼む、鮭のサンドは、1センチくらいの魚が挟んである高級品、王様の休憩室はとても広く滅茶苦茶豪華なつくりだ、広い宿泊室はお風呂、トイレだけで4畳半くらいある、そしてわずかに100フラン、wifiつき、朝食つきである、夢というものは実現するものだなあ、

先ほどの車のトラブルだが、このままでは到底リスボンにはいけない、高速の途中でえんこしてしまったらどうしようと、疲れがどっと出て、必死で考えたら、コインブラのレンタカー会社に、返すことを思いついた、sixt(レンタカー会社)を調べるとコインブラにデポがある、ここで返して列車で帰るのも悪くない、googlemapで、会社の場所を調べ地図をコピーした、これで会社までスムーズにいける、

あとは現地で交渉だ、しかしインターネットができ、googlemapとは本当に便利になったものである、

宮廷ホテルでの優雅な夕食を取ろうと思って、19:00レストランに行くと、しまっている、やや、食べ損ねたか?と、テイルームに行くと実はレストランは8時にオープンするんだって、ワインを頼む、大きなグラスについでくれたので、これはサービスかもしれない、

20:00

ダイニングルームに行く、
他はフランス人夫妻である、ものすごく上品なサーバント、綺麗なお姉さん、もうひとりの男性、その昔王様が使った大きなダイニングルームで食事だ、普通だったら魚とお肉のうち、少し安くすると魚か、肉だけとなる、2人で魚と肉を頼んだ、魚はグリルしたたら、肉はノブタ、サラダはいろんな野菜からのチョイス、ケーキにコーヒー、充実した食事だった、ワインは2007年ものの白、おいしかった、

王様気取りで、200ユーロしかかからない、これでいいのだろうか、

ポルトガル旅行、ぜひお勧めである、ただし地下鉄のスリにだけはくれぐれもご用心である、おばあさんが血を流していてもかばんだけはしっかり持っていなければならない。

1月27日

どうしても車がスタートしない、ホテルの人に見てもらうと、どうやらデイゼルを入れたらしい、それで、レンタカー会社に連絡してタクシーを手配してもらって、今日泊まるホテルに帰る、レンタカーは後ほどおみせのひとが取りに来ることになった、日程が一日あってよかった、

高速道路の真ん中でえんこしたら、
一日あとだったら、
小さいホテルでおばさんひとりだったら、
もっと田舎でレンタカー会社がなかったら、

どうなったでしょうか?

宮廷ホテルに泊まって本当によかった、
きょうとまるコインブラのホテルも
宮廷ホテルの系列で、
60ユーロ(6000円)だそうだ、

アイ ラブ ポルトガル
コメント (4)

ポルトへ

2012年01月26日 17時25分59秒 | Weblog
1月25日

第2の都ポルトへ出発した、リスボンから300キロ、高速道路は大変すいており快適な旅であった、ほとんど3車線で、制限速度は120キロ、ほとんどの車は140~160キロで走る、



途中給油したがこの入れ方が面白い、まず給油してしまってからお店で支払うのだ、アメリカのように金を払うまで絶対にガソリンはださん、というのとえらい違いだ、

さらにセルフサービスの食堂があった、2階で食事と支払いがある、ところがクレジットカードでの支払いは下でやってくれ、とのことで、その気だったらそのまま帰れる、

さらにポルトでタクシーに乗ってホテルに帰ろうとすると、ぜんぜん違った場所だった、受付で聞くと同じ系列ホテルがもう一軒あるのだった、そしてタクシーの運転手はあとの料金を取ろうとしない、東京だってきっと取るよね、


このホテル・フィニックス、イツツボシである、ドウロ川のすばらしい景色がみえる、そして朝食、WIFIつきで87ユーロ(8700円・もちろん2人で)

夕食、市庁舎前の中心地で、たらの煮たの頼んだら、ボリュームに圧倒された、キャベツはほぼ半分ある、もうひとつ頼んだビーフステーキは3分の1食べるのがせいぜいであった、



ビフテキにはご飯、玉子焼き2個、にんじんがつく、それから野菜スープもおいしかった、

市内見物はバス、地下鉄乗り放題の切符を使った、4.7ユーロ、世界遺産の教会の塔に登った、その教会に行かなくても市内の建物のほとんどは由緒ある歴史的建造物である、駅も壮大な建物、1910年製を大事に使っている、





ということで、ポルトはとても好きな町になった、ここに住んでみるのもいい。
コメント (4)

財布が戻る

2012年01月25日 15時44分34秒 | 海外旅行
1月24日

今日ホテルに帰ってくると、フロントの人が財布が出てきたと知らせてくれた、全部キャンセルしたカードなので、出てきてほしくもないが、タクシーで取りに行った、海軍施設である、その前に捨ててあったのだという、別にvisaの緊急発行カードも届いていた。

免許証だけでも助かった、取りに行く手間と交通費を考えたらタクシーで行っても丁度かな、いずれにしてもスリはとても高度なテクニックでシステム化されているのだ、考えてみると思い当たることがある、電車のなかで

血を流して

いるおばあさんがいた、血液さらさらの薬でも飲んでいるのかと思って、みていたんだけど一向にとめようとしないのだ、おかしい、一味だったこともありうる、傷をみせなかったのに、だらだら血を出しているのだ、2人ともそちらに目が行く、

カードの悪用直前に全部とめてしまったので、現金以外はかえしたのだろう、これから(手遅れだけど)きをつけよう。


 1月23日 セトウバルまでドライブ、烏賊の墨煮、アサリの大蒜煮、
 墨で真っ黒になりながら食べてとてもおいしかった、

 1月24日 ロカ岬までドライブ、ユーラシア大陸のはてまできたオモイ、
 シントラ、相当立派な宮殿、王様でなく普通の人の住まいだった、庭園も素敵だった。
コメント (2)

ポルトガル第一日目

2012年01月24日 15時21分49秒 | 海外旅行
1月22日(日曜日)
実によいお天気である、ヨーロッパも北のほうに行くと、今頃はまったく太陽が出ないところでも暮らしていけるというのに、ここはまさに天国、世界最初の繁栄国、ポルトガル、昔は一年ぐらいかけて、決死できたのだろう、いまは一日だ、



市内で一番使いやすい、28番の電車はなんとホテルのまん前からでる、この4星ホテルが、一泊6300円実においしいバイキングの朝食つき、パーキングは無料だった、



飛行場は芝公園ぐらいのところにある、だから、市内を低空で飛行機が飛ぶ、苦情は出ないのかしら、



ご存知市内の路面電車、長距離に渡って、アップダウンを繰り返す登山電車である、台車に大きな磁石がついていてレールに吸い付いてブレーキをかける、女の運転手がなんとなく運転しているが高度な技術のようだ、狭い道ではポールだが、よく外れないものである、窓に書いてある2.85ユーロが高いので、ほとんどの人がプリペイドカード使用である、



海岸には米軍の航空母艦が、
安心感があってよい、



スリの被害を届けた警察官、イケメンである、まともにスリ対策はやっていないのであろう、スリもこの国の重要な産業だ、でもその生産品は国内で消費されるからいい、わが国の重要な産業であるパチンコは日本人から搾取し、北朝鮮、韓国に持っていくもだから考えようによってはこちらのほうが悪い、スリの被害は100%外国人だがパチンコは日本人、ほとんどの人が生活費のすべてをかけるからね。





コメント (6)

第一日目に大変なことが~~

2012年01月24日 02時34分04秒 | 海外旅行
1月21日(土曜日)
長い一日だったが、最近海外旅行に慣れているもので、なんていうことはなかった、途中5.5時間待ちのスキポール空港では、アムステルダム市内まで出かけて結構面白かった、

1月22日(日曜日)
今日はリスボン市内観光だ、地下鉄と市電に乗る、さすが、昔は世界最強の国だっただけあってすごい、ホテルはフィゲイラ広場に面していて市の中心だが、その隣にもロシオ広場などいろいろある、



そして3時ごろ、ジェロニモス修道院に入ろうとすると、Yがしきりに手まねぎする、

財布をすられた

というのだ、私も急いで見るとなくなっている、電車の中で2人同時にすられたのだ、これはこまったことになった、全財産である、とりあえずホテルに帰ることにした(一日乗車券なのでOK・パスポートは無事だった)

それから、カード会社3社に電話(24時間対応で日本語もできる、シンガポールだとかいろんなところにいる)カードを止め再発行を頼む、VISAが対応してくれて24日午後に配達してくれることになった、

たすかった、

なんとか旅行を継続できそうである、ポルトガルもスリが多いとは聞いていたが、2人同時とは恐れ入った、職人ワザには本当に感心してしまうよ、Yは200ユーロだけ別に持っていたので、それで2日間過ごせるけど、また、大きなホテルに3泊しているのでカード会社へもスムースに連絡が取れてよかったけど、後で警察に行くなど、一日目は全部つぶれてしまった、

考えてみると失ったものがオカネだけで本当によかった、命があるからね、これからの予定もできる、命さえあれば、これからもいろいろといいことができそうである、

コメント (10)

スズキ・スイフト、義母そのご、また事故

2012年01月20日 07時36分56秒 | Weblog
私の車は、ご存知スズキ・スイフト、



今の日本に珍しくスタイルのよい車だ、どこから見てもかっこいい、しかしそのほかのスズキの車、その他多くのメーカーの車、みんなおかしい(皆さんの乗られている車はいいのだろうけど、笑)その他外国の車もかっこいいものはひとつもない、車メーカーの担当者、上司はどうしてあんなおかしいスタイルを出してしまうのだろうか、それはともかく、

図書館に行ったら車雑誌にスイフトの絵が出ていた、スイフトスポーツの70%がマニュアルシフトだとのこと、もはや、日本でマニュアル車を買うにはスイフトスポーツしかないのだ、全体の率ではどうだろう1%もないのではないか?ヨーロッパではほとんどがマニュアルだというのに、

義母のその後

昨日ホームに行ってみると、右手もだいぶ動くようになっている、ろれつも回復した、とても軽い脳梗塞であったと思われる、血液をさらさらにする薬、大量の水で、ほとんどよくなったようである、ということで明日からポルトガルに行ってきます。

また事故



3の橋(のひとつ手前の信号)でまた事故だ、この交差点では、最近信号が改修され歩行者用が点くようになった、それで、大きい道路を渡るほうの車がちょっと面食らうことがある、これが原因かもしれない。

コメント (8)

おいしい飲み物

2012年01月19日 09時45分07秒 | 健康
毎日の飲み物が問題だ、

くず湯、ココアを最近入れてみたが、一日1回がいいところでたくさん飲めない、
しょうがないからインスタントコーヒーを薄くして飲んでいた、



いいものを発見、

まろやか干し梅というもので、種無しうめである、
これをお湯に入れてスプーンでつぶして飲む、
うめは後で食べてしまうという方法である、



これを試していただきたい、
素敵にうまいのだ、
あまくて。

注1 いつも朝お風呂に入るときいっぱいの白湯を飲むのだが、
   このときもいいようである、
注2 ハッピーカンパニー長野工場、千曲食健製
コメント (6)

義母の受診

2012年01月18日 19時26分43秒 | 介護
1月18日

老人ホームから、今日病院に受診するとの連絡があり、病院に行った、
CTの結果脳溢血は起きていなくて、脳梗塞である、

入院するかどうか検討したが、
 手術はできない、
 血をさらさらにする薬を飲む、
 週2回点滴をする、

という治療で最善を尽くせるという結論となり、
老人ホームに戻すことになった、
病院では普通の病室がなく、31,500円の特別室しかないということだったので、
経済的にも大変なことになるのだった、
なお浅草のK君のお母様(97歳)は、現在32,000円の部屋に入っており
すでに1ヶ月を超えている、大変な金額がかかるものでる。

ポルトガル行きは大丈夫のようである、
コメント (2)

兄とその妹

2012年01月18日 09時34分11秒 | 映画
昨日1月17日、22時からBS3で、

家のテレビはリモコンが不調で、本体で消さなくてはいけない、そこで、消しにいったのだがちょっと見てる画面が面白すぎてついおしまいまで見てしまった、佐分利信、三宅邦子、桑野通子、上原健といったメンバーである、監督は島津保次郎、昭和14年の作品である、

この映画のことについて知ろうと検索したら、素敵なホームページにぶつかった、「シネマ洋装店」というサイトで、桑野通子のファッションについても綺麗な絵が描いてある、ぜひごらんいただきたい、

この映画、彼のサイトでも述べているが、なんとも気楽な映画、結末がこうなるだろうというところが微妙にずらしてある、佐分利と三宅の家が、年寄りぬきで一軒構えているのも素敵(妹も同居しているが)そして、

保証人(お金持ち)のうち、なんとインターフォンがある、当時は真空管である、不安定な真空管式でそのいじは大変だっただろうな、佐分利は、会社で喧嘩して辞表をたたきつけるのであるが、保証人が次の仕事を紹介してくれる、それが、海外に行かないか、というもので、なんと、羽田から

飛行機で赴任するのだ、細君もつれて、妹も連れて、

当時の大日本航空は日本から遠く満州まで航路を持っていたのだ、昭和14年といえば、日本が戦争前一番よかった時代、戦争があるなんていうことはまったく感じさせない画面だった(奥さんたちが戦時歌謡を歌う場面はあったが)このまま戦争がなかったらやはり今と同じ世界一の国になっていたに違いない。



コメント (2)

深夜の電話

2012年01月18日 08時44分00秒 | 介護
1月17日 8時半 老人ホームから電話があった、義母がろれつが回らない、昼、夜と介護で食べさせたが、ほんの少ししか食べないとのこと、もう少し悪くなったら救急車で病院に運ぶとのことであった、 とりあえず家内が行った、もしかしたら、ポルトガルにはいけないかなあ、2番目の嫁さんに電話すると、今とても乾燥しているから水分が不足しているのかもしれない、水分を補給すればとのことだった、 家内の話では水分を充分飲ませた後は、結構元気になり、くろあめも食べたという、話も少し回復したとのこと、もしかしたら、旅行にいけるかもしれない、
コメント (2)

自動車事故

2012年01月17日 16時26分09秒 | Weblog
近所の3の橋で、
自動車事故、ここでは写っていないが3台だ、
どうやら年2回ぐらいの確率でやる、



ここはご近所の駐車場を借りている家のご主人も亡くなった、
タクシー2台の前は軽商用車で、この車が異常行動をおこし、
タクシー2台が追突したようである、

歩行中、異常な車が歩道に飛び込んでくることがある、
よく見張っていないといけないな。
コメント (2)

続々完成するマンション

2012年01月17日 06時59分49秒 | 住宅


これは5階建て、
となりは15階建てだというのに、
確かに10階以上だと、地震で停電したときなどとても困る、

ごらんのように低層階だと窓もとことん大きくして明かりが取れる、
無理して15階というわけではないので、形もいい、
だからみんなこんな形にすればよかったのに、

果たして完売できるのであろうか、
15階のマンションは販売率がとても悪いのだ。

コメント (2)

500円札

2012年01月16日 09時06分27秒 | Weblog
利用者のYさんからお金をもらってきた、



2つに折ってあったからワカラナかったが、広げてみると、
2つに切ってあるのだった、

この方のように要介護4の人の独居というのはだいぶ問題が多い、
この方には一日2回訪問しているけど、とても足りない状態だ、

コメント (2)