東京老人Tokyorojin

こごとじじい増山静男のブログです。

千歳船橋

2011年02月28日 06時53分04秒 | Weblog
息子たちがマンションを購入したので、
千歳船橋に見に行った、
小田急線急行の止まる経堂の一つ向こう、
地下鉄は乃木坂から約20分のところである、



実はこの駅は私が会社時代事業所があって通っていた、
その頃は厚木から遠かったなあ、
いまは、このように複々線ができて、ユメのように変化した、
この複々線もあと2年くらいで、代々木上原まで開通する予定なので、
さらに便利になる予定である、

駅のそばにマンションギャラりーがあり、
皆さんが歓迎してくれた、
マンションは駅から8分、
オール電化、太陽熱による給湯、床暖房と、
ゴミはディスポーザル
新築はとてもいい、

訪問するのが楽しみだ。


コメント (6)

千葉に行く

2011年02月27日 07時18分40秒 | Weblog
長男の家(勝田台)
に行く、

長女(3年生)二女(今度一年生)とあそぶ、



お雛様を作ってくれた、
最後の段には、
謎のお客様が来ているそうだ、

この子は自分で漫画の本を書いて遊んでいる、
それも実に上手である(写真を撮ってくるのを忘れた)
一枚の絵を描くのに、30分くらいかかることもあるし、
乗っているときは30秒くらいで、一気にかけるそうだ、

将来、これは絵をかかせないと、、、、
オヤバカだ、



これはこの子の作ったケーキ。
コメント (4)

杉苗奉納

2011年02月26日 21時43分09秒 | Weblog
高尾山で、



昔のこんな石碑があった、
ひとりで、5000本も杉の木を植えるものだから、
全山杉でいっぱいになってしまって、花粉症に悩まされるのか、
でも、昔は杉を植えるというのはとても大切なことだったのだな、



あれ、今でも、

それにしてもおおすぎる、参拾万本だ、



うわー、、

全部杉だ、

これは杉苗という名目での寄付で、

お金をあらわしたものなのだ

一本は1円なのだろう。
コメント (2)

高尾山

2011年02月26日 07時18分03秒 | Weblog
金曜日

親友のKを誘って高尾山にいった、ここはみなさん発表しているから詳しくは書かない、
山岳唯一のミシュラン3星なんだけど薬王院があるせいだろうな、白人には、登山だと思ってくると、やたらお寺の中に入って度肝を抜かれるせいだと思う、

  

かえりに温泉に入れるといいなと思って駅の人に聞くと、ちょうどいいものがあって、駅前から車が出ている、みんな山に登って、食事をして、温泉に入って帰ったらどんなによかろう、さぞ込んでいるだろうと思って行ってみると2組しかいなかった、

その前に食事の話をしよう、山を降りてすぐのお店、とてもおいしかった、

 

さて、そこはフロッピーというとこだけど八王子駅南口から、あるおばあさんが乗り込む、そのおばあさんはほとんど毎日フロッピーに来るのだが、それが夕方である、どうして夕方から来るのかというと、フロッピーに泊まるのだ、休憩室に泊まることもできる、そして、鼾もなんのその、よく眠れるそうだ、何より、お話がしたいのだという、

いろいろな人がいるからお年寄りの一般的なデイサービス施設を造っても駄目だな。
コメント (6)

おばあちゃんのお見舞い

2011年02月25日 18時18分37秒 | Weblog
木曜日

久しぶりにおばあちゃんのお見舞いに行った、



お土産:黒飴10袋、
    いかの塩辛、

今日はおばあちゃんに話すことがたくさんある、

1、大相撲がない、
  何しろテレビは相撲しか見ないのだから、

2、孫のA、この子は小学校の先生をしている、
  三番目の子供のため現在お休みをしているが、こんど、
  旦那がアメリカに転勤になるので先生をやめてついていく、
  おばあちゃんも付いていく、

3、孫のM、この子はS社の課長をしている、
  もうすぐマレーシアから帰ってくる、

4、孫のH(うちの子だ)7月に出産する、結婚3年目、
  同じくひ孫のH、マンションを買って来月引っ越す、

5、義倅(私だ)来月孫のKと一緒にニューヨークにいく、

さてどのくらい理解できたかな、



老人ホームに飾ってある雛人形、ものすごく上等である、
入居者の誰かのであろう、
コメント (6)

慶応義塾大学

2011年02月25日 06時45分23秒 | Weblog
しばらく見ないわけでもないのだが、



慶応の建物がほとんど完成している、
最近は建築のスピードがほんとうにはやい、

それにしてもあたりを威圧する建物だな、
右下の見えている切通しのコンクリート壁が、
いかにも小さく見える、
これでも子供のころは、
たいへんな大工事であった、
この辺りは戦前から変わらないのだ、

中央は例によって、階段になっている、

この建物の印象はだいぶわるいね。


コメント (4)

逗子海岸

2011年02月22日 16時41分33秒 | Weblog
火曜日

すばらしいお天気だ、三浦半島の山にいってみたい、
大室山242メートル、これでも三浦一高い山である、
ネットで調べると、新逗子駅からバスで行くとある、

   


新逗子は出口が2つある、先方の南口に出ると、バス停はこちらなんだが、JR駅方面は違った出口であった、先回こちらで乗り換えたマオママさんは後ろの出口に行ったかしら、ここからではずいぶん遠い、しかも食事の場所がない、JRまであるくと、こちらからは10分くらいかかってしまった、松屋の牛丼を食べる、Yがいたら、絶対に食べられないものだ、おいしいなあ、

風が冷たい、今日は登山はやめよう、一人できているとこのような計画変更はいとも簡単である、海岸に歩いていくことにする、逗子の町は道路が簡単ではない、一応駅前の具面を見たのだけど間違ってしまう、あるべきところにないし、袋小路もおおいなあ、昔の別荘が結構ある、ただ住まいを少し紹介したい、

  
 
  

海だ、サーフィンの男女が遊んでいる、風を受けるとものすごいいきおいで走っていく、
面白いだろうなあ、でも今日は相当寒いのではなかろうか、海岸に沿って素敵なマンションも立っている、見たところそんなにたかそうでもない、


  

 

海岸に面してマンションが2棟立っていた、値段を調べておこう、今日は2時半からうちのケアマネージャーが研修会で外出である、今帰ると2時なので留守番をしよう。
コメント (4)

有栖川公園

2011年02月22日 06時52分32秒 | Weblog
ここもどんどん変わっている、



ここは前にある自治大学校あと、フェンスが張られた、昔の建物としては、ガラスが大きく、結構モダンな建物であった、もう少しで取り壊しだ、さてなんに利用されるのだろう、

公園の敷地を増やしてもらいたいのだが、

そんな計画は死んでもないだろう、



公園の池の浚渫をやる模様である、これももっと早く、

50年前

からやってほしかったなあ、



なにしろこのように、水深わずかに10センチぐらい、いっぱいにヘドロが沈殿しているんだから、これではいくら浄化装置を入れても水がきれいにならないはずである、

さて、池の水がきれいになるかどうか、みものである。
コメント (4)

ふたたび日本一早いお花見

2011年02月21日 12時59分13秒 | Weblog
土曜日、
この間水曜日に電車で来た松田にYと一緒に車でいく、
厚木(息子たち)のうちに来る途中である、



この間よりずっと咲いていて、駅前ではこのようにチンドンヤさんが宣伝していた、間の女性はなかなかこっちを向かなくて見えないが、ビジンなのだ、
シャトルバスは先日は一人だったけど今度は満員のりのこしが出る、
遅い食事を取ろうと思ったらほとんど売り切れ、弁当半額250円である、

       

厚木の次男に電話をかけるが留守、再度掛けるけどいない、秦野のユニクロによったりしているうちに、Yが麻布のうちに掛けていた!!という、年取るとしょうがない、

日曜日、
市内のホテルで食事、地下のガレージも満員、食堂も満員、世の中の景気がよくなっているのであろう、

      

写真で見るとたいしたことはないが、結構おなかいっぱいになって、最後の酢豚、チャーハンの半分を包んでもらって持って帰った、夜と朝に食べて、酢豚はパンにはさむと素敵においしかった、ひとつ息子にも食べさせた、




コメント (6)

携帯電話騒動

2011年02月20日 15時59分59秒 | Weblog
土曜日、

今日携帯が届いているのだが、それをとらずに厚木に行った、
そうしたら、ままの電話があるではないか、
聞いてみたら、いらなくなったのだと思ってそのままにしていたそうだ、

日曜日、

それで、帰りにどこもショップに寄った、そうしたら、
代わりの電話はまだ箱を開けていないから、

キャンセルできるとのこと、

 もっと早く手続きしていたら、

 この間、ドコモが、機種を間違わなかったら、

 そして、昨日とっていたら、

キャンセルはできなかったのだ、

いろいろな偶然で、
キャンセルして、
8400円もうかった、

先日の亀戸天神のおみくじ、

失せもの、、暇がかかるが出る

という運勢どおりになったお話である。





コメント (10)

どうにもならない小田急

2011年02月19日 06時51分22秒 | 国内旅行
先日小田急で松田までいったのだけど、
そのときの話題、

最初14:10の小田原行きを買ったが、
  13:50の沼津行きがあるのを見て、これに切り替えた、
改札のお姉さんがお金を戻してくれた、

  13:50の切符を買おうとすると、
券売機に新松田の駅がない、
お姉さんに聞くとJRの松田まで買ってくれというので、

それを探したがない、

ないと言うと、絶対あるというのだ、
いづれにせよ、小田急の券売機は

うまくいったことがない

というのが自慢だ(そんな自慢してどうなる!!)
もう一度やってみるけどないので、
秦野まで買って乗り込んだ、

ところが、この切符は14:50のだった、



車掌に言うと、あなたが間違えたのだからその切符は、
駅で払い戻すから新しい切符は車内で買えという、
車内では300円高くなる、
そんなことは知っているから、

券売機で買おうとしたら買えなかったのではないか、

ほんとに車掌は定価で売る権限がないのか?
窓口のお姉さんだって払い戻しの100円なしで戻したのに、


せっかくだから、新松田ー松田間連絡線を通る画像





この1番線は、小田急ロマンスカー専用である、
なんともったいないことに一日何回しか使わないのだ、

松田駅は典型的な木造駅舎、元の本屋部分はスーパーになっている、
松田駅初の切符、むかしなつかしい硬券をくれる、




小田急特急券販売機は使い勝手が悪いことで、
知られていたが今でもそうなのだ、
それで300円を余分に取る商法をやっているのだ。




コメント (2)

どこも

2011年02月18日 07時54分11秒 | Weblog
家内の電話の代替が届いている日だ、

どこもにいったら、待ちは一人だったが、どんどんお客が来て、
店の中はいっぱいだ、私の前の人は40分も応接している、

やっと番になって、電話を持ってこさせたら、
なんと、
今の私の機種ではないか、
ほしいのは単純な

おばあさん電話

である、しかも私の機械が、通話にロックがかかっている、
電話番号を間違えたかなと思って確かめたら、
申し込んだのはやはり家内の電話番号だ、

間違えはどこにでもあるから、新しい機種をもってこいというのだが、
どうのこうのいって、紛失会社と電話している、
電話もこちらが変わって、30分くらいかかってしまった、
それで、
どう間違えたのかというと、
さっぱりわからん説明をくどくどして時間のかかること、

こちらに非があることにされているようだ、

紛失したのは家内の番号という伝票があるのだから、
お前さんが悪いだろう、その機種をもってこいよ、

お店を出たら、紛失会社から電話がかかってきて、
またくどくど説明だ、
おんなじ機種がなくて少しいい機種でいいか?
それが届いて文句を言ってももうだめだ、
ということで、また30分

電話やさんはこりごりだね


~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

今の人気機種は4万~7万位するんだって、
電話やには何百という機種が並んでいる、
そんなに高いのは不要だ、

年に2つ位の機種に絞って、
すごく機能は高く価格は安いものにしてくれ、




コメント (4)

昨日の写真

2011年02月17日 10時19分16秒 | Weblog
息子に聞いてみたら、
4ギガのSDは古いパソコンでは読めないそうだ、そんなこと知らないから、くそ○ナソニックといったのだ、カメラからコードで直結して読んで見たら大丈夫だった、

     

駅を降りてからバスに乗るまで、とてもいいお天気だった、

    

    >  

こども列車は大人ばっかり乗っていた、
ウイークエンドは蒸気機関車(本物・というか石炭炊きの)が走るそうだ、

コメント (2)

日本一早い?お花見

2011年02月17日 09時59分42秒 | Weblog
2月16日(水)

御殿場線松田駅を降りると、
お花見会場行きバスが待っていた、

え、ほんとうに?

係員に聞くと今4分咲きだという、
いってみようではないか、
バスに乗ると一人だけ、
バスは東名の後ろの山をのぼる、係員が立って、
2,3回切り返しをしてのぼる、
桜がいっぱい植わっている、
確かに3,4分咲きだ、

 松田町ホームページより

頂上について驚いた、
たくさんの車がいて、お店が出ていて、にぎわっている、
ミニトレインがあって、満員の乗客を乗せて待っていた、
聞くと、1.1キロあり、往復20分だという、

知らなかった、
ここはカワズ桜と同じ桜を植えたのだという、
というわけで日本一早い桜を鑑賞したのであった。



今日は午後から小田急無料券をつかって小田原の松永記念館にいこうと思った、
電車に乗るとカメラにSDカードが入っていない、最近はとても安いので、新宿ヨドバシカメラで買おうとすると、結構高い、2ギガで2000円位する、カンボジアでは500円くらいだったのに、まあ今度アメリカ行きのために○ナソニックの4ギガ約2000円で買ったのだが、このSDが、パソコンで読み取らないのだ、

くそ○ナソニックめ、

カンボジアの露店で買った名もなきSDだって使えるのに、○ナソニックだから安心と思ったのがいけない、

ということで、写真は松田町のホームページからお借りしたのである、ついでに文書もお借りしておこう、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

花見 開催地 神奈川県松田町 松田山ハーブガーデン(西平畑公園内)

開催期間 2011年2月5日~3月6日
開催時間 9:00~21:00、ライトアップ/夕方~21:00
 ※ライトアップは4分咲き程度より開始

料金 入場無料
主催者 松田町観光協会

問い合わせ先
 松田山ハーブガーデン 0465-85-1177、松田町観光協会 0465-85-3130

1995年、松田町民100人により早咲きの河津桜(かわづざくら)を西平畑公園に植栽したのが始まり。その後、追加植栽を行い、現在では遊歩道の桜は260本となっており、更に昨年度100本を追加植栽。
 遊歩道以外にも公園内、ミニSLお山のポッポ鉄道脇にも桜が植栽されています。河津桜の開花期間は長く、満開近くから、だいたい10日~2週間くらい桜が楽しめますが、植栽した木の大きさ、植栽してある場所の違いもあり1合目から9合目まででは開花に多少差が出ます。
 会場は山腹に位置するため、足柄平野の見事な風景が広がります。富士山、箱根山をはじめ、相模湾まで見渡せ、天候によっては遠く伊豆諸島の利島、新島まで見えることがありロケーションは最高。「まつだ桜まつり」開催期間中は、農産物、お土産品、他出店販売などもあり大勢の人で賑わいます。また、開花がすすむと(4分咲きより)21時までライトアップも行われます。

コメント (2)   トラックバック (1)

天神様 つづき

2011年02月16日 06時53分04秒 | Weblog
じつは、
亀戸の天神様なんだけど、

水神さま

だと思っていた、
小学生のころに思い込んだのはオソロシイ、
亀戸で、船の神様としての水神様、

そうしたら、何と60年ぶりに記憶違いが直ったのである、

大宰府の天神様なのだった、



このような思い違いをしていることが、
もっとあるであろう、
といっても思い出さないのだが、
向田邦子さんの随筆に、

夜中の薔薇

というのがあった、

わらべは見いたあり、
夜中の薔薇

というわけだ、



おみくじは大吉で失せものは出るけど手間取るそうだ、
きっと、携帯はだいぶたってから出ることだろう。


コメント (4)