感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

カンタロープメロンフラペチーノ

2016年04月29日 | グルメ
スタバでの5000円ドリンクチケットもらえる今、チャージにと思って行ったのです。

最近スタバに行ってなかったので、チャージ額確認したらかなり残っていたで

カンタロープメロンフラペチーノ飲んで帰ってきてしまいました。
そういえば、桜のフラペチーノ飲んで以来かも。

最近友達との待ち合わせもスタバより、クーポン見せると割引になるサンマルクばかりだったもんなぁ。



結局チャージは次回のサービスまで大丈夫かな~。

コメント

ミニストップ マンゴーパフェ

2016年04月28日 | グルメ
ミニストップ マンゴーパフェ



この前練乳いちごパフェを食べた時に写真を見て気になっていたマンゴーパフェを食べてみました。

こちらもマンゴーゴロゴロで美味しかったですよ。

マンゴーたっぷりで、もっとソフトクリームが欲しい感じです。

また、食べたいけど、ミニストップから家まで5分歩いて帰るので
涼しいけど、食べたい日に行くってなかなか難しいんですよね。

お勧めですよ。
コメント

MUSICALACTORS Vol.23 『RENT特集』

2016年04月27日 | ライブ
MUSICALACTORS Vol.23 『RENT特集』
2016年4月26日(火) 19時半~ 六本木C☆LAPS

出演:
ブルー SING_O_WORLD(シンゴ)
パープル 平沢隼一
ホワイト 工藤広夢
ライム  YU:KI(


先月はショーガール千秋楽で行けなかったのですけど、今回RENT特集行くことが出来ました。

1部はゆうきくんの新曲「愛せぬならば」を披露してくれたり、
アカペラオンパレード
カルテットで聞かせてくれました。

そうそう、フォーメーションでムートンくんが
フォーメーションB(たぶん)を「通称背の順」と言ったら、シンゴさんに「声の音の順だよ」って突っ込まれてました。
この話、私的にはかなりツボでした。

RENT特集はそれぞれに役があって、
マークがゆうきくん、ロジャーが平沢さん、エンジェル 広夢くん、 コリンズがシンゴさん。
エンジェルの広夢くんすごく可愛かった。2日前にキャスト変更があったそうですけど、そう感じさせませんでした。
コリンズは絶対シンゴさんだと思っていたらやはりですよね。
石原慎一さんのコリンズもメチャ良かったけど、シンゴさんやっぱめちゃ歌上手い!

RENTのいろいろなシーンを思い出させる楽しい特集でした。

来月は昭和と平成。バリバリ昭和な私は平成にもついていくことができるでしょうか??

コメント

エドウィン・ドルードの謎 2回目

2016年04月25日 | ミュージカル
エドウィン・ドルードの謎 2回目
2016年4月24日 13時半~ シアタークリエ

原作: チャールズ・ディケンズ
(「エドウィン・ドルードの謎」)
脚本・歌詞・作曲: ルパート・ホームズ
上演台本・演出: 福田雄一
音楽監督・指揮: 上垣聡
振付: 上島雪夫

出演
山口祐一郎 壮一帆
平野綾 水田航生 瀬戸カトリーヌ コング桑田
今拓哉 保坂知寿

池田紳一 高原紳輔 横山達夫 堀江慎也
伯鞘麗名 遠藤瑠美子 福田えり 可知寛子


結末がたくさんあるこの舞台。
複数回楽しみたいなと思って、2度目行ってきました。
今日は前方で祐さん近くの位置。
ますますみんながはじけてました。

祐さんと平野綾さんのからみ、前は頭を祐さんの胸にくっつけて手をくるくる回していたんですけど、
今回は、ネコの手で甘えてました。ゆうさんもお返しにネコの手で平野綾さんに・・・。
笑える~。

今回探偵は水田くん。水田くん前は違ったと思うけど、かっこいいポーズ、コートを脱いで傘のように頭のうえにかけてあげる仕草10回くらいしました。
彼の探偵は今回お初。
探偵をしながら、自分の役もするという感じで、忙しい探偵でした。

この前は高原くんだったので、違いが楽しめました。

2回目だから、保坂さんと平野さんの関係もよくわかりました。

横山くんの犬神家の再現、だんだん出演者が多くなってきてクオリティが上がってます。

瀬戸さんもスケキヨに、さらに最後のハッピーダンスも瀬戸さんと今さんでV!

今回ヘレナ祭だったようで、犯人ヘレナでした。
前回もヘレナだったので、別な人がみたかったな。

カレーの小道具駆使してアピール。

横山くん、今回の出演で前説でもアピールしていたから、かなり知名度上がったのでは?
声の雰囲気がゆうさんにちょっと似てましたし。

これからの活躍楽しみデス。

投票の歌も、タッチでハーモニーが凄くてちゃんと伴奏もしてあげたらもっと凄かったのかも。
ビックリでした。

コメント

La Voglia matta

2016年04月24日 | グルメ
La Voglia matta
2016年4月23日

いつも並んでいるので挫折していたんですけど、今日は友達と初めて行ってみました。


名前忘れちゃったけど、このチーズ希少なものらしくチーズを切ると、とろっととろけて、それと生ハムをからめて食べるんです。
生ハムがあまりしょっぱくなく美味しかったです。




マルゲリータ


小海老とルッコラ 塩味

友達は後で聞いたら、塩味苦手だったらしい(ごめんね~)

並んでいるだけあって美味しかった!




コメント

ミニストップパフェ

2016年04月23日 | グルメ
会社の同僚にすすめられて、2週間くらい前に食べてみたあまおうのパフェ



美味しかった!

果物が凍っていて、練乳とよくあいます。

今はマンゴーパフェなんですよね。
こちらも食べてみたいな。
コメント

Musical Live "Joyful 2"

2016年04月18日 | ダンス関係
Musical Live "Joyful 2"

2016年4月18日 19時半~  ダイジョースタジオ D

飯田緑子 (Key.) 工藤恭彦(D.) 土井孝幸 (B.)

【Casts】
和田清香  山中美奈  今井瑞  今込楓
江見ひかる 杉山真梨佳  町屋美咲  日下麻彩
田之上桃慧  福永悠二  榎本成志  古川隼大
西平士朗  大城清貴  岸本尚泰  工藤広夢


会社から2時間弱かけて、1時間5分のステージ観てきました。
入場無料での公演。無料と思えない素敵なステージでした。
駅からも遠くて、勤務地の関係で行きは木場、帰りは豊洲でしたけど、木場からのほうが遠く感じました。
初めての場所だからかもしれませんけど。

スタジオの床にそのまま座るというスタイルなので、ストレッチの効いたパンツか、長めのゆったりスカートがおすすめです。
結構1時間でもつかれちゃいます。そして、床にそのまま座るので汚れてもOkな格好がおすすめ。

ミュージカルナンバーをダンスを交えて披露してくれます。

男性は4人は確実に見ている方。
女性は初めましての方が多かったけど、和田清香さんは、手紙に出ていたと思います。

工藤君大活躍で、リトルマーメードとか、マリアでトニーとか、レミゼでアンジョルラスなど大活躍。
榎本さんも、この前ミュージカルパブでご出演でしたね。オペラ座の怪人とか、レミゼジャベールなどやられていました。

古川くんは、この前新宿村での無料の公演にご出演(すみません、タイトルが思い出せない)

福永くんは、今回ダンスメインなのかな?ソロがなかったのが残念でした。

歌ってくれたなかで、ジャパニーズモダニストとダイナミック琉球が初めてでした。


コメント

1789 バスティーユの恋人たち  2回目

2016年04月17日 | ミュージカル
1789 バスティーユの恋人たち おけぴ貸切日
2016年4月17日 12時~ 帝国劇場

潤色・演出: 小池修一郎


ロナン: 小池徹平
オランプ:神田沙也加
マリー・アントワネット:花總まり

ロベスピエール: 古川雄大
ダントン: 上原理生
デムーラン: 渡辺大輔
ソレーヌ: ソニン

アルトワ: 吉野圭吾
ラマール: 坂元健児
フェルゼン: 広瀬友祐
ペイロール: 岡 幸二郎

ネッケル 立川三貴
ルイ16世  増澤ノゾム
トゥルヌマン 岡田亮輔
ロワゼル 加藤潤一
リュシル 則松亜海
ポリニャック夫人  飯野めぐみ
デュ・ピュジェ中尉  松澤重雄

伊藤寛真 大久保徹哉 大場陽介 加賀谷真聡 鮫島拓馬 鈴木凌平 仙名立宗

高橋祥太 当銀大輔 内木克洋 難波諒太 橋田 康 HAYATO 松永一哉

井出恵理子 井上真由子 岩倉 歩 佐伯理沙 島田友愛 清水美紗子

杉浦小百合 花岡麻里名 東川歩未 増井紬 松島蘭 吉元美里衣

シャルロット :万座みゆ
ルイ・ジョセフ:大河原爽介


二日連続で行ってきました。
今日は昨日とは女性陣が違っていました。

凰稀さんは、ちょっと前まで宝塚で男役やられていたので、今回みた花總さんは王妃そのものという感じでした。

さやかちゃんは、可愛い感じのオランプでアルトワやラマールが夢中になるものわかるような感じ。
それにしても、さかけんさん、はじけちゃってます。
家来の岡田亮輔くんも、ロミジュリのかっこいい感じではなくて、同じようなキャラになってました。
ちょっとぽっちゃりしたような感じですよね。

今回1幕ラストのほうで、教会でオランプがロナンを思って歌う歌、「許されぬ愛」
これ、宝塚では、マリーアントワネットがフェルゼンを思って歌ってたと思います。

確かにオランプが歌うほうが自然かな。宝塚とは主役となる女性が違うのでこうなるんでしょうか。

最初のシーンも、宝塚はロナンが要塞を上るところから始まるけど、こちらはペイロールが市民を襲うところから
東宝版を見ながら、宝塚を思い出しているような感じ。

パン屋はなかったのでは?とかね。

フレンチミュージカルのロミジュリやノートルダムの鐘を思い出すようなアクロバットとか
衣装、ダンスと目で楽しめます。

宝塚版は、オランプがトップの方ではなかったので、衣装も平民っぽいものでしたけど、
今回結構素敵な衣装でしたね。

アンサンブルさんのダンスやアクロバットが本当に凄いですよね。
あれだけ踊りながら、歌のハーモニーもできちゃってみなさん本当に素晴らしいですね。

コメント

1789 バスティーユの恋人たち

2016年04月16日 | ミュージカル
1789 バスティーユの恋人たち
2016年4月16日 17時~ 帝国劇場

潤色・演出: 小池修一郎


ロナン: 小池徹平
オランプ:夢咲ねね
マリー・アントワネット:凰稀かなめ

ロベスピエール: 古川雄大
ダントン: 上原理生
デムーラン: 渡辺大輔
ソレーヌ: ソニン

アルトワ: 吉野圭吾
ラマール: 坂元健児
フェルゼン: 広瀬友祐
ペイロール: 岡 幸二郎

ネッケル 立川三貴
ルイ16世  増澤ノゾム
トゥルヌマン 岡田亮輔
ロワゼル 加藤潤一
リュシル 則松亜海
ポリニャック夫人  飯野めぐみ
デュ・ピュジェ中尉  松澤重雄

伊藤寛真 大久保徹哉 大場陽介 加賀谷真聡 鮫島拓馬 鈴木凌平 仙名立宗

高橋祥太 当銀大輔 内木克洋 難波諒太 橋田 康 HAYATO 松永一哉

井出恵理子 井上真由子 岩倉 歩 佐伯理沙 島田友愛 清水美紗子

杉浦小百合 花岡麻里名 東川歩未 増井紬 松島蘭 吉元美里衣

シャルロット :志村美帆
ルイ・ジョセフ:鈴木和弥


東宝版初観劇でした。同じ小池先生なのに、結構違うのでビックリ。
最初の登場も塀をロナンが上るところから始まったと思うけど、違いました。
歌う人も違ったり、いろいろ変化がありそれも楽しめました。

アルカディアの人物名は覚えられなかったのになぜこちらは簡単に覚えちゃったんでしょう?

ロナンの小池くんデスノートより好きかも。
元気で向こう見ずな感じで、すばしっこくて元気な感じが平民のロナンにぴったり。

ロベスピエールやデムーラン、ダンドンが大きくて貴族って感じな中に入っても
平民らしい感じ。

オランプのねねさん、結構好きかも。賢くてしっかりしている感じがぴったり。
宝塚では、トップの娘役さんはマリーアントワネットを演じたのですが物語を読むと、
オランプのほうがメインな話ですよね。

豪華な衣装を着るには、マリーアントワネットのほうがあうんですけどね。

宝塚版では、スカートが大きくてルーレットになっていて、マリーアントワネットの散財を感じていたのですけど、
今回は豪華な衣装と台詞から感じるような演出。

ペイロールの岡さん、ピッタリ。
出番は少ないけど、存在感ありありですよね。
でも、マリーアントワネットの衣装を着たら似合いそう(笑)

宝塚版では、星条さんが迫力で演じていました。

また、圭吾さんのアルトワ、嫌味な感じとかピッタリ。
ラマールのキャラクター凄い!てんとう虫とか楽しすぎる。

今回ちゃんと子役の方がジョセフやシャルロットを演じていました。
シャルロットはレミゼで言う、ガブ的なキャラ
ソロもすごく上手くて良かったです。

イイメグさんもマリーアントワネットの取り巻きお友達役を好演。
若いけど、ちょっと老けさせて気品ある貴族というイメージで役に合わせていました。

実年齢はマリーアントワネット演じている方より若いのに(笑)

あと3~4回見に行きます。

初回は宝塚版を思い出しながら見てしまったけど、これからは東宝版として楽しめるかな。

そうそう、宝塚版は生オケでったのですが、東宝はフランスと同じ録音とのこと。
録音だったらもうちょっとチケット代安くして欲しいなぁ。





コメント

アルカディア

2016年04月15日 | ストレートプレイ
アルカディア
2016年4月15日 18時半~ シアターコクーン

スタッフ

作:トム・ストッパード 
翻訳:小田島恒志 
演出:栗山民也

出演

堤真一、寺島しのぶ、井上芳雄、浦井健治、安西慎太郎、趣里
神野三鈴、初音映莉子、山中崇、迫田孝也、塚本幸男、春海四方


いやぁ、私には一度では理解しきれなかった。

19世紀の貴族の屋敷令嬢と家庭教師を中心にした時代と、現代、この屋敷の庭園を研究している作家や研究家とここに住む兄弟の話。

19世紀に令嬢トマシナの落書きが、現代研究家たちを惑わす・・・。

時代が暗転するたびにいったりきたり。出演していない人の名前も出てくるし、名前が覚えきれないです。
友だちにパンフの相関図を見せてもらったけど、それでなんとなく理解したという感じ。
単に私が頭悪い&英語名が苦手ということなんでしょうけど。

19世紀はイギリス感あるのですが、なぜが現代になると日本に見えてしまう私って。
特に浦井くんの長男の自由すぎる感じが。で、持っているタオルがライナスの毛布の小型版に思えてしまう。

19世紀の家庭教師は芳雄くん、令嬢は趣里さん。
趣里さんは、水谷豊・伊藤蘭を両親にもつ2世。線が細くて、私の手が趣里さんの足って感じで細いし、小さい感じ。
なので、本当に子供にみえちゃうんです。

バレエをやっていただけあって姿勢よくてダンスの姿勢が綺麗でした。

ところどころ笑うような会話があるのが私の救い。

芳雄くんが林檎の小さいの床に落としちゃって、これを亀に食べさせてたけど
いつもなのかな?

林檎美味しそうでした。

浦井くんのサブウェイのドリンク容器もなんとなくサブウエィに行きたくなりました。

堤さんと寺島さんのバトル凄かった。

今回、時代両方に出ていたのは安西慎太郎くん
現代役のガスは喋らないで動きなどだけで感情を表し、19世紀ではやんちゃな令嬢の弟として登場。

四方さんとか19世紀しかも、ちょっとだけはもったいないかも。


ちゃんと名前がわかればいいのかな?出てこない人も、私が想像で思い浮かべれば、現代の話ももっと入ってきたのかなと思いました。
コメント