老後は京都で !

京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を気ままに行き来する二地域居住を実践中 !

第342回市民寄席( in 京都ロームシアター )

2018年09月18日 | 京都町中暮らし

三連休最終日となった昨日(17日)、

四代目桂春団治の襲名披露公演 を兼ねていた

第342回市民寄席 を観に京都ロームシアター へ、、、、

下は、上方落語四天王と呼ばれた、三代目桂春団治、六代目笑福亭松鶴、桂米朝、

五代目桂文枝それぞれの芸の魅力を

具体的な演目に即して論じた上方落語論の傑作。

随筆 上方落語の四天王――松鶴・米朝・文枝・春団治
クリエーター情報なし
岩波書店

「 上方落語四天王――松鶴・米朝・文枝・春団治の芸の魅力とは ?

著者はその答を求め、実際の演目を例に挙げながら、具体的に論じていく。

演者の声・口調・間・仕草など細部にまでこだわる手法により、

知られざる芸の本質が鮮やかに浮かび上がる。

随所に、著者の芸を見詰める温かな視線と鋭い洞察が光る、画期的な四天王論 」(内容紹介)

「 六代目笑福亭松鶴、桂米朝、五代目桂文枝、三代目桂春団治。

彼らは、戦後間もない頃、相前後して上方落語界に入門した。

時には助け合い、また時には競い合って芸を磨き、やがて一世を風靡、四天王と称されるまでになる。

滅亡寸前だった上方落語を復興させた功績は大きい。

それぞれに異なる個性・芸風で人々の心をとらえた四天王。

その芸の魅力とは何か ?

著者は、実際の演目を例に挙げながら綿密な考察を加え

芸の本質を鮮やかに浮かび上がらせる。

演者の声・口調・間・仕草など細部にまでこだわった分析は、

落語口演を聴き続けてきた著者ならではのものである。

四天王への敬愛の念と、その芸への鋭い洞察が光る、画期的な四天王論 。

著者略歴

戸田/学 1963年大阪・堺市生まれ。作家。

2004年上方お笑い大賞秋田實賞受賞。大阪藝能懇話会会員   」(内容)

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

今宵の鴨川

2018年09月13日 | 京都町中暮らし

秋を感じさせる晩夏の夜風を頬に感じながら、

祇園の方に夕食に出かけた今宵(13日)

四条大橋から撮った鴨川の夜景色、、、、、

下は、今月出版されたばかりの

Discover Japan(ディスカバージャパン) 誌の 京都大特集号

とその内容紹介。

Discover Japan(ディスカバージャパン) 2018年 10月号(特集:みんなの京都、ナイショの京都 / 特別付録:柏井壽 描き下ろし文庫『みんなの食堂、ナイショのご馳走』)
クリエーター情報なし
エイ出版社

「 まだ京都に行ったことがない人はもちろん、何度となく足を運んでいる人にとっても、

尽きることのない魅力を放つ街、京都。

数多くの名所、文化財を有するこの街は、友人同士、家族旅、そして一人旅と、

どんなスタイルの旅人をも深い懐で受け入れてくれる日本屈指の観光地です。

その一方で、「一見さんお断り」「非公開」など、

どこか謎めいた部分を持ち合わせるのも京都の魅力といえるのではないでしょうか。

毎年恒例の京都特集、10回目となる今年のテーマは、「みんなの京都、ナイショの京都」。

誰もが知っている名所の大人ならではの歩き方提案、

そして「お茶」「庭」「幕末」などのテーマで巡る京都、

注目の美食処といった定番企画から、

京都人にこっそり教えてもらうナイショの行きつけや

正真正銘のMADE IN KYOTOな京都みやげカタログを紹介。

そして特別付録として、

京都関連のベストセラーを数多くもつ作家・柏井壽さんによる

描き下ろし文庫『みんなの食堂、ナイショのご馳走』を。

京都初心者にとってはもちろん、

何度も京都に足を運んでいる京都上級者の方にとっても必読の一冊です。

特別付録:柏井壽 描き下ろし『みんなの食堂、ナイショのご馳走』  」

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

オーシャンズ 8 を観に、「京都 MOVIX」へ、、、、

2018年09月10日 | 京都町中暮らし

今日(10日)の午後、

オーシャンズ 8 を観に、新京極三条下ルにある

「京都 MOVIX」へ、、、、

下は、オーシャンズ 8 の衣装をまとった

アン・ハサウェイ の

アクリルフォトスタンド入りポスター/スチール写真 。

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターン16 オーシャンズ8 光沢プリント
クリエーター情報なし
写真フォトスタンド APOLLO

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

雨の日の強い味方 ~ 大丸・京都店のデパ地下

2018年09月09日 | 京都町中暮らし

京都の町中に住んでいてありがたいと日頃想うことの1つは、

徒歩圏に百貨店や錦市場のあること。

特に、雨の日などはそれを痛感する。

冒頭の写真は、拙宅から歩いて5分ほどのところにある

大丸・京都店の錦側のデパ地下の入り口。

(追記)

下に掲げたのは、京都を偏愛する50人のコラム( B級エッセイ ? )

を集めた「京都の迷い方」という本だが、

ここに天野準子さんというライターの方が、

「カラダの80%は大丸地下からできている」

という文章を寄せておられる。

天野さんもやはり、京都大丸の近くにお住まいで、

ときには、日に3、4度も大丸のデパ地下に通われていて、

自然と 「自分で作るより、老舗の味」 と想うようにになり、

結果、最近では、 「カラダの80%は大丸地下からできている」

と豪語するにいたった、、、、、のだという。

京都の迷い方 京都の迷い方
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2009-05

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

今日の錦市場

2018年09月08日 | 京都町中暮らし
 
関西空港の機能不全で、少しは静かになるのかな ?
 
と思っていたら、いつもと変わらぬ混み様の錦市場、、、、
 
 
いったいこの外人さんたち、どこから来たの ?  ?  ?
 
 
下は、幻冬舎の、余命宣告をうけてから、
 
最晩年を大好きな京都で余生を過ごすために移住したという
 
小林 玖仁男さんという方の書かれた、
 
「死ぬなら、京都がいちばんいい」
 
 
 
死ぬなら、京都がいちばんいい
クリエーター情報なし
幻冬舎

「 命の終わりを意識した時、いちばん美しく見える都は京都以外に考えられない。

ありそうでなかった。最期の日々を過ごすための、京都ガイド。

著者は2015年7月不治の病の「間質性肺炎」に冒されていると診断され、

余命は平均で約2年半、長くもっても約5年、という宣告を受けた。

突然の難病宣告に恐れおののき、死ぬという現実を見つめ、

身辺整理を済ませ、死と向き合い、最期の時を待っていた。

しかし、友人の「最期に京都に住めば」というひょんな一言から、

大好きな都、京都で最期の時を迎えたいと思い立ち、

埼玉の自宅を捨て、京都に引っ越してしまう。

京都で人生の最後にやりたいこと、食べたいもの、会いたい人、見たいもの。

最期の時のための京都ガイド  

「 難病で余命わずか。 生まれる場所は選べなくても、死ぬ場所は選べる。

間質性肺炎を患った著者が人生の最期に京都で見て、食べて、考えたこと。

「銀閣寺」の終焉の美に魅了され、 「哲学の道」の葉桜のはかなさに心打たれる。

人生最期に味わいたい !  究極の古都ガイド。

第1章  そうだ、最期は京都に棲もう

第2章 「終の棲家」生活の極意

第3章  最期の京都がもたらす幸せ

第4章  京都の街に溶け込んで生きる

第5章  悔いなく人生を全うする智恵

著者について

1954年生まれ。埼玉県北浦和の有名会席料理屋「二木屋」の主人。

薪能の開 催でも知られる同店は、国登録有形文化財にも指定されている。

著述家とし ても活動、絵や書もたしなみ、郷土玩具研究家、雛人形研究家でもある。

著書に『あの世へ逝く力』(小社)。 」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

新京極・京都 MOVIX 前あたり

2018年09月07日 | 京都町中暮らし

先日、「マンマ・ミーア」の新作を観に行った

新京極の MOVIX 京都 前、、、、

堺町六角にある拙宅からは、歩いて10分程度。

こうした商業施設が徒歩圏にあるのも京都町中暮らしの魅力 !

下に掲げたのは、京都を偏愛する50人 の(B級?)エッセイ

を集めた「京都の迷い方」。

抱腹絶倒の 京都 LOVE  満載  ですよ !

京都の迷い方 京都の迷い方
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2009-05

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

「マンマ・ミーア」の新作を観に、 MOVIX 京都 へ、、、、

2018年09月03日 | 京都町中暮らし

今日(3日)は、「マンマ・ミーア」の新作を観に

新京極・三条下ルにある MOVIX 京都 へ、、、、

この二作目、アンディ・ガルシアさんも登場するなど

とにかくキャスティングが豪華 !

それにしても、複雑な料金表(写真・下段)ですね !

( 立命館大学割引 というのも ! )

MAMMA MIA! HERE WE GO
クリエーター情報なし
POLYD

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

「京のならわし~冠婚葬祭贈礼法Q&A」

2018年08月23日 | 京都町中暮らし
京のならわし 冠婚葬祭贈礼法Q&A 京のならわし 冠婚葬祭贈礼法Q&A
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2009-04-06

「 京都検定講習会講師・岩上力が、京都のならわしやしきたり、

作法に関する632の疑問・質問にQ&A方式で丁寧に解説します。

人生の節目となる「冠」「婚」「葬」「祭」に人と人との心をつなぐ「贈」「礼」「法」と、

それぞれのシーンで遭遇する作法やならわしの心を知ることで、

あらゆる儀式作法の場面において自信をもって対応できるようになります 」(内容紹介)

「 京都の“ならわし”や“しきたり”“作法”に関する632の疑問・質問を京都検定講師・岩上力が具体例を示し丁寧に解きます。

著者について

1947年、京都・宇治に生まれる。

劇団「新国劇」に在団中から礼法の研究にいそしむ。

1983年儀式作法研究会を創設。以来、各方面にて儀式作法教室の講師をつとめるとともに、

結納コーディネーター、京の作法アドバイザーとして

テレビ・ラジオに出演。結納・儀礼用品の企画・販売も行っている。

主な著書に『京のあたりまえ』『京の宝づくし・縁起物』

『京の儀式作法書 その心としきたり』(いずれも光村推古書院)がある。

現在、京都商工会議所京都検定講習会講師・儀式作法研究会代表

・NHK京都文化センター専任講師・京のくらし作法会講師をつとめる  」(内容)

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

四条通り夕景

2018年07月11日 | 京都町中暮らし

冒頭・上段の写真は、アーケードに駒形提灯の吊るされた四条通りの夕景、

下段は四条通りの御旅所横の冠者神社に掲げられた

祇園祭の案内の掲示。

下は、「月刊京都」の 祇園祭特集号 

月刊京都2018年7月号[雑誌]
クリエーター情報なし
白川書院

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

 

コメント

早朝の寺町アーケード街(御池通~三条通)

2018年06月05日 | 京都町中暮らし

早朝、午前7時半頃の寺町アーケード街、、、

御池通から三条通までは、「寺町専門店会商店街」と呼ばれる

お寺と老舗の名店が多いエリア。

冒頭の写真・上段は本能寺、中段は 鳩居堂、下段は矢田地蔵尊。

下は、第四回・京都本大賞を受賞しアニメ化も決定した

寺町三条が舞台の人気のミステリー、

「京都寺町三条のホームズ 」 。

京都寺町三条のホームズ (双葉文庫)
クリエーター情報なし
双葉社

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

サロン・ド・テ オ グルニエ・ドールの長蛇の列が、遂に、蛸薬師通りの手前まで、、、、

2018年05月26日 | 京都町中暮らし

以前もご紹介した( → コチラ )

今月末で引退されるという西原金蔵シェフのお店、

サロン・ド・テ オ グルニエ・ドールのお店の前にできた

長蛇の列が、遂に、蛸薬師通りの手前まで、、、、

今朝午前11時過ぎ撮影。

来週はどんなことになるのかな ?

下は、その西原金蔵シェフご自身の書かれたフランス菓子の指南書

(「パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子」)とその内容紹介。

パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子
クリエーター情報なし
柴田書店

「 巷には創意工夫に満ちたフランス菓子が溢れているが、独創的な菓子を生み出すには、

基本的な「生地づくり」の理論がしっかりと身についていることが大前提。

本書では、菓子づくりに欠かせない12種類の「基本の生地」と、それぞれの生地を使った菓子を紹介する。

オールカラーで、詳細なプロセス写真を掲載しているので、

生地の混ぜ終わりの適切な状態や、焼き上がりの状態も一目瞭然。

また、製造プロセスの合間合間には「なぜそうするのか」という作業の意味や目的を、

西原シェフが自らの言葉でわかりやすく説明する。

出版社からのコメント

生地づくり、菓子づくりの工程では、ふんだんなプロセス写真を載せているので、

写真を追うだけでもおおよそのつくり方がわかるのではないでしょうか。

ポイントとなる工程には、シェフがその作業をすることの意味をわかりやすく解説しています。

シェフのスタイリングによる、アーティスティックな菓子の写真もこの本の魅力となっています。

著者について

西原金蔵(にしはら・きんぞう)

1953年生まれ。京都グランドホテル、辻調理師専門学校を経て渡仏後、

和食、フランス料理店に勤務のかたわら、第30回アルパジョンコンクール ピエスモンテ部門銅賞受賞。

帰国後神戸、フランス・ミヨネーの3つ星レストラン「アラン・シャペル」、

「資生堂パーラー」「ホテルオークラ神戸」でシェフパティシエを務め、

2001年京都に「パティスリー オ・グルニエ・ドール」を開店、菓子教室「エスパス・キンゾー」を開講。

10年「サロン・ド・テ オ グルニエ・ドール」を開店  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都夜散歩 ~ そうだ、京都の町中に住もう !

2018年05月23日 | 京都町中暮らし

昨夕(22日)、高島屋からかねて注文していた商品が入荷した旨の電話をもらっていたので、

夕食をすませた後、夜散歩を兼ねて四条河原町にある高島屋まで、、、、

この種の用事を夜の時間帯に、しかも歩いて済ませられるのも

京都町中暮らしの良いところ( 拙宅からは高島屋まで徒歩で15分ほど )。

冒頭・上段の写真は、その途中で撮った四条河原町のバス停。

下段は、四条通り(北側)にある Brooks Brothers のショーウィンドー。

下は、永江朗さんの名著、「そうだ、京都に住もう」だが、

私なら、さらに、 「そうだ、京都の町中に住もう」 と

「町中」 という2字を付け加える、、、、かな ?

そうだ、京都に住もう。 (小学館文庫 な 25-1)
クリエーター情報なし
小学館

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

 

コメント

連日、堺町通りにできる長い行列。さて、お目当ては何でせう?

2018年05月19日 | 京都町中暮らし

どんなに天気の悪い日でも、長い長い行列が、、、、

これは堺町通りでこのところ連日見られる風景ですが、

さて、この行列のお目当ては何でせう ?

答えは、、、、コチラ

下は、日英両語表記で好評の、「世界の320万人が“いいね!”した アメージング京都」

とその内容紹介。

世界の320万人が“いいね!”した「アメージング京都」: AMAZING KYOTO (小学館セレクトムック)
クリエーター情報なし
小学館

「 FacebookのCity部門世界1位!

京都の観光名所は美しいサクラや紅葉だけではありません!
日本人も知らない京都がいっぱい !

世界の人が最も“いいね!”した京都は?
世界の人が最も“美味しそう!”と思った京の美味は ?

Number 1 in the “City” page category on Facebook!
With a new perspective on Kyoto tourism introduced by a foreign team living in Kyoto, “Kyoto Fan” is attracting users from around the world!

Kyoto is not only famous for cherry blossoms and autumn trees.
Where were the most “liked” Kyoto tourist spots according to people around
the world? What about the most “liked” Kyoto foods?


【編集担当からのおすすめ情報】

日本語英語併記の「BILINGUAL BOOK」なので、外国人を京都案内するときにも役立ちます !!  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都駅界隈・夜の心象風景

2018年05月05日 | 京都町中暮らし

子供の日だった今日(5日)、ショッピング方々、

京都駅方面まで。

ヨドバシカメラに着いたのは、まだ午後の早い時間帯だったのに、その後

ビックカメラ → イオンモール京都 → JR京都伊勢丹

と回っているうちにすっかり 夜のとばり が、、、、

冒頭の写真は、JR京都伊勢丹で夕食をすませて

外に出た際に撮った京都タワーと

(まるで水面のように京都タワーを壁面に映した)京都駅ビル。

下は、類を見ない豪華な執筆陣 と周到な編集で毎回好評の

「別冊太陽」の京都特集号、、、、

新 京都遺産100
クリエーター情報なし
平凡社

京都を知る100章 (別冊太陽スペシャル)
クリエーター情報なし
平凡社

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都町中暮し ~ 冬の時期は身近かなエリアにオコモリ、、、、

2018年03月01日 | 京都町中暮らし

インスタグラム版の「老後は京都で」をご覧いただいている方にはお分かりのように( → コチラ )、

寒い日の続いた冬の時期、京都での行動範囲は限られていて、

東西にのびる路でいうと、三条通り、蛸薬師通、錦市場のアーケード、四条通り

南北では堺町通寺町京極、新京極、河原町通、高倉通などが交差するごく狭いエリアに集中している。

( 下線を引いたのは、日に何度も往来する私にとっての生活道路といえる通りで、

インスタにもこれらの通りで撮った写真をアップすることが多い。

冒頭の写真は、寺町京極の錦あたり  )

 狭いエリア、、、、といっても、高島屋もあり大丸もあるから生活には不自由しないし、

丸善やジュンク堂、ブックオフがあるから退屈することもない。

( もちろん、書店で買った本を開く喫茶店やカフェにもこと欠かない )

70歳、80歳になると自然に動ける範囲は650メートルらしいが( → コチラ )、

京都の中心部なら大丈夫、、、、かな ?

( 追記 )

下は、以前拙ブログでもとりあげたことのある( → コチラ )

楠木新さんの「定年後」。

楠木さんは、この本のなかで、60歳から74歳までの時期を「黄金の15年」と呼んでいる。

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)
クリエーター情報なし
中央公論新社

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント