老後は京都で !

京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を気ままに行き来する二地域居住を実践中 !

京都のど真ん中にオープンした、 BLUE LEAF CAFE

2018年09月16日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

京都のど真ん中、四条通り(南側)、モスバーガーの左隣にオープンした

BLUE  LEAF  CAFE 、、、、、

下は、京都の町中情報も満載の、「京都 Walker 」の

2018年秋号とその内容紹介。

京都Walker2018秋 ウォーカームック
クリエーター情報なし
KADOKAWA

「 紅葉ライトアップから新店グルメまで、秋の京都を満喫する観光ガイド

清水寺、高台寺、永観堂をはじめとする、京都の紅葉スポットを大特集。

人気の紅葉ライトアップは、京都を知り尽くした地元カメラマンの美しい撮り下ろしグラビアで魅せ、

大きな地図で見どころを詳細ルートで案内するほか、混雑時間の回避方法も掲載。

また、ライトアップを楽しんだ後に行ける、

街なか ( 祇園三条・四条河原町烏丸など ) の晩ごはん情報も充実。

京都のクラフトビールや地酒がおいしい店や路地裏の町家レストランなど、

京都の秋の夜長 を満喫できる店を紹介。

表紙&グラビアインタビューには、女優の貫地谷しほりさんが登場。

貫地谷さん流の大好きな京都の楽しみ方を語っていただきました。

そのほか、関西1号店のチョコレート専門店や新型観光列車の旅など、

京都で体験したい新ブーム&ニュース、湯豆腐や京懐石などの京ランチ、

懐かしい京都が体感できる昭和さんぽ など、

秋の京都を一日中楽しめる充実の一冊 !   」(内容紹介)

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都・魅惑のカフェ ~ 神乃珈琲・京都店

2018年09月02日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

京都・高倉通り四条上るにある

神乃珈琲・京都店、、、、、

北隣りには、老舗の和菓子店、大極殿の本店が、、、、

下は、名優・文人35人が愛した京都の思い出の地を連載した

朝日新聞記事を文庫化したた「京ものがたり」とその内容紹介。

京ものがたり 名優・文人35人が愛した京都思い出の地 (朝日文庫)
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

「 朝日新聞夕刊で人気の連載「京ものがたり」を文庫化。

美空ひばりが愛したホットケーキや
黒澤明が脚本を書いた宿、
向田邦子が好んだ佃煮など、
昭和から平成に活躍した著名人35人の
京都とっておきのエピソードを紹介する。
美しいカラー写真も充実。

【もくじ】

昭和の輝かしいスター

・美空ひばりとホットケーキ
・裕次郎と勝新の石堀小路
・「祇園祭」にかけた中村錦之助
・チャップリンのお気に入り
・小津安二郎が選んだ春の薫り
・黒澤明―脚本書いた隠れ宿・石原
・阿久悠と藤圭子の京都駅

異彩を放つスター

・長塚京三―知恩院を歩く
・リチャード・ギア、省みる時間
・近藤正臣、幕末を思う
・太秦映画村と土方歳三役・栗塚旭
・実相寺昭雄の「京都買います」
・山村紅葉 南禅寺「水路閣」を解く
ほか

明治~昭和を牽引した作家

・漱石、川を隔てて一句
・池波正太郎と嵯峨野の茶屋・平野屋
・松本清張と「おもぼう」の謎
・井上靖、最後のきつねうどん
・向田邦子が好んだ椎茸の佃煮
・中原中也「ダダ」との出会い
・白洲正子と木津川の十一面観音
ほか

平成の世を彩る作家

・宮尾登美子と西陣の龍村平蔵
・河野裕子が登った大文字山
・加藤周一の「隠れ家」白沙村荘
・筑紫哲也が愛した河井寛次郎
・福岡伸一 知の探求者たちの三月書房
・森見登美彦 何度も通った古本屋

時代を築いてきたアーティスト

・魯山人のこだわり 川魚料理
・養源院とコシノジュンコ
・わたせせいぞうと伏見の酒蔵
・山本容子 昭和に戻る二年坂
・やなせたかしと永田萠の桂川

ほか

美空ひばりが愛したホットケーキや黒澤明が脚本を書いた宿、向田邦子が好んだ佃煮…。

朝日新聞で人気の連載「京ものがたり」を一冊に。

明治から平成にかけて活躍した著名人35人にまつわる、

京都とっておきのエピソードを紹介する。

美しいカラー写真も充実 」

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

「図説 和菓子の歴史」

2018年08月22日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン
図説 和菓子の歴史 (ちくま学芸文庫)
クリエーター情報なし
筑摩書房

元・虎屋文庫研究主幹の方の書かれた

「ちくま学芸文庫」に収録されている「図説 和菓子の歴史」 、、、、

以下は、その内容紹介。

「 饅頭、羊羹、金平糖にカステラ、その時々の外国文化の影響を受けながら多種多様に発展した和菓子。

その歴史を多数の図版とともに平易に解説。

舌だけでなく目や耳など五感を使って楽しめる、日本文化の粋を集めた和菓子。

羊羹、饅頭、カステラといった日々の生活でおなじみのものから、

雛祭や月見などの年中行事にだけ登場する特別なものまで、

日本人の生活に欠かせない和菓子はいかにして現在の姿になったのか。

その発展には、時代ごとに日本に流入してきた外国文化が大きな影響を与えていた。

本書では、唐菓子や点心など中国の影響が大きい古代~鎌倉時代にはじまり、

南蛮人との出会いによって日本の菓子の幅が広がった室町時代をへて、

日本独自の菓子文化が花開く江戸時代までの和菓子の歩みを、多数の図版とともに解説する。

著者について

青木直己

1954年、東京生まれ。立正大学大学院博士後期課程研究指導修了。

立正大学文学部助手などを経て、

1989年株式会社虎屋に入社、虎屋文庫研究主幹として和菓子に関する調査・研究に従事。

2013年同社を退職、現在は日本菓子専門学校、東京学芸大学、立正大学などで非常勤講師をする他、

時代劇ドラマなどの考証を行なう。

他の著書に『幕末単身赴任下級武士の食日記 増補版』(ちくま文庫)など  」

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

「好きよ、喫茶店」の続編 !

2018年06月23日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン
続・好きよ、喫茶店
クリエーター情報なし
マガジンハウス

「 女優でモデルの菊池亜希子が丁寧に描く“純喫茶”の世界。

喫茶店の様子や店主とのやりとりを、自筆のエッセイ&イラストで表現。

個性豊かな店主たちのエピソードやこだわりに、

著者自身が考察を交えながら進んでいく“喫茶店愛”にあふれるエッセイと、

味のあるタッチで細部まで店内の様子を描いたイラストは必見、

喫茶店を楽しむ菊池亜希子自身の写真も多数掲載。

純喫茶のガイド本としても広く楽しめる一冊です。

あっこが覗いた喫茶店 第2弾。さらに 厳選21 」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都のカフェ 〜 CAFE REIMS 御幸町店

2018年06月16日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

昨年11月、ビル建て替えのため、

惜しまれながら閉店した

(御幸町通り三条下ルにあった)カフェランス御幸町店、、、、

下は、 『京都は街自体が一軒の巨大なカフェだ』

という川口葉子さんの著書、

「京都カフェ散歩~喫茶都市をめぐる 」 。

京都カフェ散歩―喫茶都市をめぐる (祥伝社黄金文庫 か 17-1)
クリエーター情報なし
祥伝社

「『京都は街自体が一軒の巨大なカフェだ』
そんなことばに魅せられ、旅した67の喫茶時間。

1000軒以上のカフェをめぐってきた著者、初の京都カフェ本。
「京都」という慣れない街を迷子になりながら著者がみつけた67軒のカフェ案内。
豊富なフォト&エッセイで綴られた、ちょっと贅沢な、大人のための「カフェ本」。
オールカラー&エリア別マップつき 」

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

「オ・グルニエ・ドール」の閉店のお知らせ

2018年06月05日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

5月中は、連日、堺町通り錦上るに長蛇の列ができていた

「オ・グルニエ・ドール」の閉店のお知らせ、、、、

西原金蔵さんの息子さんの裕勝さんが、

今とほぼ同じ場所(同じ堺町通りで今の店の向かい側=西側、少し錦市場に寄った位置)で

ナンポルトクワ というお店を秋にオープンの予定。

下は、西原金蔵シェフご自身の書かれたフランス菓子の指南書

(「パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子」)

とその内容紹介。

パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子
クリエーター情報なし
柴田書店

「 巷には創意工夫に満ちたフランス菓子が溢れているが、独創的な菓子を生み出すには、

基本的な「生地づくり」の理論がしっかりと身についていることが大前提。

本書では、菓子づくりに欠かせない12種類の「基本の生地」と、それぞれの生地を使った菓子を紹介する。

オールカラーで、詳細なプロセス写真を掲載しているので、

生地の混ぜ終わりの適切な状態や、焼き上がりの状態も一目瞭然。

また、製造プロセスの合間合間には「なぜそうするのか」という作業の意味や目的を、

西原シェフが自らの言葉でわかりやすく説明する。

出版社からのコメント

生地づくり、菓子づくりの工程では、ふんだんなプロセス写真を載せているので、

写真を追うだけでもおおよそのつくり方がわかるのではないでしょうか。

ポイントとなる工程には、シェフがその作業をすることの意味をわかりやすく解説しています。

シェフのスタイリングによる、アーティスティックな菓子の写真もこの本の魅力となっています。

著者について

西原金蔵(にしはら・きんぞう)

1953年生まれ。京都グランドホテル、辻調理師専門学校を経て渡仏後、

和食、フランス料理店に勤務のかたわら、第30回アルパジョンコンクール ピエスモンテ部門銅賞受賞。

帰国後神戸、フランス・ミヨネーの3つ星レストラン「アラン・シャペル」、

「資生堂パーラー」「ホテルオークラ神戸」でシェフパティシエを務め、

2001年京都に「パティスリー オ・グルニエ・ドール」を開店、菓子教室「エスパス・キンゾー」を開講。

10年「サロン・ド・テ オ グルニエ・ドール」を開店  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都でもドトール、渋谷でもドトール !

2018年05月28日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

冒頭に掲げた上段二枚は、ドトールの新京極三条店、

三枚目は同じドトールの渋谷宮益坂上店。

両方とも、書斎がわりによく使うお店。

京都でもドトール、渋谷でもドトール ! ?

下は、「京都カフェ 2018」とその内容紹介。

京都カフェ 2018 【ハンディ版】 C&Lifeシリーズ (アサヒオリジナル)
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

「 京都の最新・最旬カフェ200軒を徹底取材。

「SNAP」をテーマに、 SNSスポットとして人気のカフェメニューやロケーションを大特集。

話題のカフェ情報が満載な一冊です。

持ち運びしやすいハンディ版で、取り外せるカフェマップ付き。

SNAP ! SNAP ! SNAP ! カフェSNAP最前線。

●Chapter 1 Kyoto Cafe TIMES 最新NEWS&TOPICS

●Chapter 2 京都を代表する最旬カフェSNAP

いま一番行きたい京都BEST CAFE スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店

KYOTO GION MUSEUM CAFE 無碍山房 Salon de Muge NOTTA CAFE 珈琲焙煎所 旅の音

●Chapter 3 老舗のニューウェーブSNAP あの人気店が進化中 !

Kaikado Cafe うめぞの茶房 亀屋良長 ZEN CAFE 村上開新堂

Wonder Sweets KIYONAGA 遊形サロン・ド・テ

●Chapter 4 今気になるあの人とSNAP !

カフェめぐり指南 京都高低差崖会崖長 梅林秀行さん

人気インスタグラマー きょん。さん 宮川町・駒屋 千賀すずさん

●Chapter 5 ときめきSWEETS SNAP

1. 和のおやつ図鑑 2. 憧れの大人スイーツ

3. ハートを撃ち抜くかわいいスイーツ

Cafe Column 1 THE★KYOTOなスターバックス 2 話題のベイクをテイクアウト!

●Chapter 7 贅沢な私のコラボカフェSNAP

Cafe collaboration ×Temple & Shrine ×Retro architecture ×Knicknack ×Book ×Tableware ×Hotel

●Chapter 8 NEW×BASICをSNAP! KYOTO 新旧カフェエリア徹底調査 !

【NEW】 五条通周辺/リノベビルを中心に多彩なジャンルが点在

北野天満宮/焼菓子・珈琲のパラダイス? 紫竹/ハイセンスな作り手が暮らすまち

【BASIC】 一乗寺/手作り感たっぷりの小箱カフェ 北白川/ナチュラル志向なお店が集まる

三条通/新旧集まるカフェストリート

Book in Book Kyoto Cafe Chronicle 1930~2017 京を代表する老舗たち

味わい深い空間と音楽 デザイナーズ&鴨川ビューカフェ

町屋カフェ 日本茶カフェが続々 町にあふれるコーヒースタンド 百花繚乱 !

京のコーヒーショップ   」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

プロント四条烏丸店 & JEUGIA

2018年05月24日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

最近よく利用するプロントの四条烏丸店。

地階には、 JEUGIA の CD ショップも、、、

 

下は、「京都カフェ 2018」とその内容紹介。

京都カフェ 2018 【ハンディ版】 C&Lifeシリーズ (アサヒオリジナル)
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

「 京都の最新・最旬カフェ200軒を徹底取材。

「SNAP」をテーマに、 SNSスポットとして人気のカフェメニューやロケーションを大特集。

話題のカフェ情報が満載な一冊です。

持ち運びしやすいハンディ版で、取り外せるカフェマップ付き。

SNAP ! SNAP ! SNAP ! カフェSNAP最前線。

●Chapter 1 Kyoto Cafe TIMES 最新NEWS&TOPICS

●Chapter 2 京都を代表する最旬カフェSNAP

いま一番行きたい京都BEST CAFE スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店

KYOTO GION MUSEUM CAFE 無碍山房 Salon de Muge NOTTA CAFE 珈琲焙煎所 旅の音

●Chapter 3 老舗のニューウェーブSNAP あの人気店が進化中 !

Kaikado Cafe うめぞの茶房 亀屋良長 ZEN CAFE 村上開新堂

Wonder Sweets KIYONAGA 遊形サロン・ド・テ

●Chapter 4 今気になるあの人とSNAP !

カフェめぐり指南 京都高低差崖会崖長 梅林秀行さん

人気インスタグラマー きょん。さん 宮川町・駒屋 千賀すずさん

●Chapter 5 ときめきSWEETS SNAP

1. 和のおやつ図鑑 2. 憧れの大人スイーツ

3. ハートを撃ち抜くかわいいスイーツ

Cafe Column 1 THE★KYOTOなスターバックス 2 話題のベイクをテイクアウト!

●Chapter 7 贅沢な私のコラボカフェSNAP

Cafe collaboration ×Temple & Shrine ×Retro architecture ×Knicknack ×Book ×Tableware ×Hotel

●Chapter 8 NEW×BASICをSNAP! KYOTO 新旧カフェエリア徹底調査 !

【NEW】 五条通周辺/リノベビルを中心に多彩なジャンルが点在

北野天満宮/焼菓子・珈琲のパラダイス? 紫竹/ハイセンスな作り手が暮らすまち

【BASIC】 一乗寺/手作り感たっぷりの小箱カフェ 北白川/ナチュラル志向なお店が集まる

三条通/新旧集まるカフェストリート

Book in Book Kyoto Cafe Chronicle 1930~2017 京を代表する老舗たち

味わい深い空間と音楽 デザイナーズ&鴨川ビューカフェ

町屋カフェ 日本茶カフェが続々 町にあふれるコーヒースタンド 百花繚乱 !

京のコーヒーショップ   」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

ここは、何処でせう?

2018年05月22日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

冒頭の写真は、某洋館の内部とそのカフェコーナーですが、

さて、ここは何処でせう?

答えは → コチラ

下は、京都市文化財保護課・文化財保護技師の石川祐一さんが

京都に残る洋館 を豊富な写真をもとに解説した本。

詳細については → コチラ

京都の洋館
クリエーター情報なし
光村推古書院

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

京都にしかない NY のショコラティエ ~ Marie Belle

2018年05月21日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

京都・柳馬場通三条下ルにある、NY のショコラティエ、

Marie Belle(マリベル)のお店。

最近、京都の町中に、ショコラの名店が相次いでオープンしたが、

思い返せば、このMarie Belle(マリベル)のお店の開業がその先駆けだったような、、、、

下は、「サロン・デュ・ショコラ・オフィシャルムック2018 」

とその内容紹介。

サロン・デュ・ショコラ・オフィシャルムック2018 (ブルーガイド・グラフィック)
クリエーター情報なし
実業之日本社

「 年に一度のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」の見どころが一冊に凝縮 !

出展する60のブランドをすべて現地取材し、 ショコラティエ、パティシエたちに独占インタビューを敢行。

新作ショコラの美味しさの秘密に迫ります。

また、300を超えるまだ見ぬ新作ショコラをすべて写真と解説付きで掲載 !

職人たちがこだわり抜いたボンボンショコラやタブレットの魅力が満載です。

【掲載シェフ(一部)】

ジャン=ポール・エヴァン(パリ)、パトリック・ロジェ(パリ)、 青木定治(パリ)、

パスカル・ル・ガック(サンジェルマン=アン=レー)、 フレデリック・カッセル(フォンテーヌブロー)、

HUGO&VICTOR(パリ)、 モリ・ヨシダ(パリ)、ベルナシオン(リヨン)、

フィリップ・ベル(モンブリゾン)、 ボナ(ヴォワロン)、セバスチャン・ブイエ(リヨン)、

クリスチャン・カンプリニ(ヴァルボンヌ)、アンリ・ルルー(ランデヴァン)、

ブルーノ・ルデルフ(ヴィトレ)、レダラッハ(スイス)、 ユミコ・サイムラ(イタリア)ほか60ブランドを掲載 」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

パティスリー オ・グルニエ・ドール & サロン・ド・テ オ グルニエ・ドール 

2018年05月20日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

京都・堺町通錦上るにある パティスリー オ・グルニエ・ドール と

サロン・ド・テ オ グルニエ・ドール のお店。

この5月末で 店主の西原金蔵さんが引退されるということもあり、

連日、長蛇の列が、、、、

下は、西原金蔵シェフご自身の書かれたフランス菓子の指南書

(「パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子」)とその内容紹介。

パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子
クリエーター情報なし
柴田書店

「 巷には創意工夫に満ちたフランス菓子が溢れているが、独創的な菓子を生み出すには、

基本的な「生地づくり」の理論がしっかりと身についていることが大前提。

本書では、菓子づくりに欠かせない12種類の「基本の生地」と、それぞれの生地を使った菓子を紹介する。

オールカラーで、詳細なプロセス写真を掲載しているので、

生地の混ぜ終わりの適切な状態や、焼き上がりの状態も一目瞭然。

また、製造プロセスの合間合間には「なぜそうするのか」という作業の意味や目的を、

西原シェフが自らの言葉でわかりやすく説明する。

出版社からのコメント

生地づくり、菓子づくりの工程では、ふんだんなプロセス写真を載せているので、

写真を追うだけでもおおよそのつくり方がわかるのではないでしょうか。

ポイントとなる工程には、シェフがその作業をすることの意味をわかりやすく解説しています。

シェフのスタイリングによる、アーティスティックな菓子の写真もこの本の魅力となっています。

著者について

西原金蔵(にしはら・きんぞう)

1953年生まれ。京都グランドホテル、辻調理師専門学校を経て渡仏後、

和食、フランス料理店に勤務のかたわら、第30回アルパジョンコンクール ピエスモンテ部門銅賞受賞。

帰国後神戸、フランス・ミヨネーの3つ星レストラン「アラン・シャペル」、

「資生堂パーラー」「ホテルオークラ神戸」でシェフパティシエを務め、

2001年京都に「パティスリー オ・グルニエ・ドール」を開店、菓子教室「エスパス・キンゾー」を開講。

10年「サロン・ド・テ オ グルニエ・ドール」を開店  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

ハーミットグリーンカフェ・大山崎店

2018年05月16日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

先日、お店の外観をご紹介した ( → コチラ )

阪急の大山崎駅の駅前にある ハーミットグリーンカフェ の店内(二階)の様子。

下は、京都の和洋のスイーツを紹介した

「京都 珠玉のおやつ 」とその内容紹介。

京都 珠玉のおやつ ウォーカームック
クリエーター情報なし
KADOKAWA

「 「京都のおやつ」に込められたこだわりの物語を、

素敵な写真と共に 和菓子、洋菓子に進化系スイーツまで。

京都の街で愛される「おやつ」を集めました。

素敵な写真と共に、お店や職人が込めたこだわりの物語を楽しんでください  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子

2018年05月15日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン
パティスリー オ・グルニエ・ドールの12の生地と26のフランス菓子
クリエーター情報なし
柴田書店

「 巷には創意工夫に満ちたフランス菓子が溢れているが、独創的な菓子を生み出すには、

基本的な「生地づくり」の理論がしっかりと身についていることが大前提。

本書では、菓子づくりに欠かせない12種類の「基本の生地」と、それぞれの生地を使った菓子を紹介する。

オールカラーで、詳細なプロセス写真を掲載しているので、

生地の混ぜ終わりの適切な状態や、焼き上がりの状態も一目瞭然。

また、製造プロセスの合間合間には「なぜそうするのか」という作業の意味や目的を、

西原シェフが自らの言葉でわかりやすく説明する。

出版社からのコメント

生地づくり、菓子づくりの工程では、ふんだんなプロセス写真を載せているので、

写真を追うだけでもおおよそのつくり方がわかるのではないでしょうか。

ポイントとなる工程には、シェフがその作業をすることの意味をわかりやすく解説しています。

シェフのスタイリングによる、アーティスティックな菓子の写真もこの本の魅力となっています。

著者について

西原金蔵(にしはら・きんぞう)

1953年生まれ。京都グランドホテル、辻調理師専門学校を経て渡仏後、

和食、フランス料理店に勤務のかたわら、第30回アルパジョンコンクール ピエスモンテ部門銅賞受賞。

帰国後神戸、フランス・ミヨネーの3つ星レストラン「アラン・シャペル」、

「資生堂パーラー」「ホテルオークラ神戸」でシェフパティシエを務め、

2001年京都に「パティスリー オ・グルニエ・ドール」を開店、菓子教室「エスパス・キンゾー」を開講。

10年「サロン・ド・テ オ グルニエ・ドール」を開店  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

FRANZE & EVANS LONDON (三条麩屋町・北東角)

2018年05月15日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

三条麩屋町・北東角(つい最近まで「ようじや」の店があったところ)

にオープンしたFRANZE & EVANS LONDON のお店、、、、

下は、京都のパン屋さんを特集した「月刊京都」誌の6月号

とその内容紹介。

月刊京都2018年6月号[雑誌]
クリエーター情報なし
白川書院

「 京都はパン消費量が全国1位です。

府民はとてもパン好きなのでパン屋さんのレベルが高く、自分や家族のお気に入りの店もあります。

インスタ映えするかわいいパンを作っている店。

店内に併設されたスペースでサンドイッチや焼きたてパンが味わえる店。

モーニングがおいしい店に最近話題になっている店。

地元で愛されるコッペパン、バゲット、食パンがおいしい店など、

京のパン屋さんの魅力を余すことなく紹介します 」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

「月刊京都」誌の6月号は、京都のパン屋さん特集号 !

2018年05月15日 | 京都のカフェ & 甘味処 & パン

月刊京都2018年6月号[雑誌]
クリエーター情報なし
白川書院

「月刊京都」誌の6月号は、京都のパン屋さん特集号、、、、

以下は、その内容紹介。

「 京都はパン消費量が全国1位です。

府民はとてもパン好きなのでパン屋さんのレベルが高く、自分や家族のお気に入りの店もあります。

インスタ映えするかわいいパンを作っている店。

店内に併設されたスペースでサンドイッチや焼きたてパンが味わえる店。

モーニングがおいしい店に最近話題になっている店。

地元で愛されるコッペパン、バゲット、食パンがおいしい店など、

京のパン屋さんの魅力を余すことなく紹介します 」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント