老後は京都で !

京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を行き来する二地域居住を実践中 !

「坂本龍馬 中岡慎太郎 遭難之地」の石碑(河原町通・蛸薬師下ル)

2018年02月24日 | 幕末の京都

京都という街には、日本史の記憶が幾層にも重なって埋まっている。

そのなかで比較的表層部分にあるのが、幕末の記憶だ。

冒頭の写真は、河原町通り(西側)蛸薬師下ルにたつ

「坂本龍馬 中岡慎太郎 遭難之地」の石碑、、、、

下は、今年1月に出版された、「幕末のその日、京で何が起こったのか 」

とその内容紹介。

幕末のその日、京で何が起こったのか (京都を愉しむ)
クリエーター情報なし
淡交社

「 明治維新150年! 幕末の京都で起こった10大事件をわかりやすく解説

〈 西郷隆盛、坂本龍馬、新選組など、京都で活躍した幕末のオールスターたちの軌跡をたどる 〉

2018年は明治維新から150年の節目の年。

幕末はわずか数年の間に目まぐるしく歴史が動いた激動の時代で、

坂本龍馬や西郷隆盛、新選組の隊士らが、

みずからの命をかけて京都の町を奔走しました。

当時の京都で起こり、その後の日本の命運をも左右した10大事件を、

それぞれ詳しく、わかりやすく紹介します。

本書でとり上げる幕末京都の10大事件

(1)安政の大獄

(2)寺田屋騒動

(3)八月十八日の政変

(4)池田屋事件

(5)禁門の変

(6)薩長同盟

(7)大政奉還

(8)坂本龍馬暗殺

(9)油小路の変

(10)鳥羽伏見の戦い    」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「びわ湖・ブライアンの目―きれいをあしたへ」

2018年02月24日 | 京都の近隣府県~大阪・奈良・滋賀など
びわ湖・ブライアンの目―きれいをあしたへ
クリエーター情報なし
ふたば書房出版局

日本人なら誰でも懐かしくなるような滋賀や京都の(原)風景を描き続けている

琵琶湖の西の山里に住むペルー出身の画家、

ブライアン・ウィリアムさんについては、

拙ブログでも以前とりあげたことがあるが( → コチラ )、

冒頭に掲げた、「びわ湖・ブライアンの目―きれいをあしたへ」は、

そのブライアン・ウィリアムさんの昨年秋に出版された作品集。

以下は、いままでに出版されたその他の作品集。

ブライアンの目―日本の美しい風景 ブライアンの目―日本の美しい風景
価格:¥ 4,935(税込)
発売日:2000-01
美しい日本のこころ 美しい日本のこころ
価格:¥ 2,957(税込)
発売日:1996-03

曲面絵画誕生―ブライアンの目 曲面絵画誕生―ブライアンの目
価格:¥ 3,150(税込)
発売日:2011-11

心の原風景―ブライアンの目 心の原風景―ブライアンの目
価格:¥ 4,935(税込)
発売日:2003-05

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都に住むという贅沢(その1)

2018年02月23日 | 京都の魅力

京都で暮らしていて、つくづくよかったと想うことの1つに、

京都が日本屈指の( 今や世界屈指の )観光地である、、、、ということがある。

何をいまさら、、、、と思われるかもしれないが、

日本全国から修学旅行生たちが入れ替わり立ち代わりやってくるし、

街は着物や夏には浴衣に着替えた若い女性たちであふれている。

だから、京都に暮らしていると、決して、寂しさというものを感じない、

寂しさを感じないだけではない。

修学旅行生や学生、内外の若い男女の観光客が発する

若さのオーラでこちらの気分も華やいでくるのだ。

日本の各地で若年人口が減少し、過疎化や高齢化が進むなかで、

これは、なんとも、なんとも贅沢な話ではないだろうか ?

( 続く )

下は、『Discover Japan』誌の別冊、「プレミアム京都案内」。

別冊Discover Japan_TRAVEL プレミアム京都案内
クリエーター情報なし
エイ出版社

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「京都の御朱印」

2018年02月22日 | 京都のご利益 & パワスポめぐり

冒頭の写真は、京都の某大手書店の一角に

他の今が旬の京都本とならんで積まれている

今月17日に淡交社から出版された、「京都の御朱印」。

大きくてよくわかる京都の御朱印 (淡交ムック)
クリエーター情報なし
淡交社

となりの SAVVY 誌と同じムック本サイズで、

掲載されている御朱印のサンプルなども

なかなかの迫力ですよ !

以下は、その内容紹介。

「 フォトジェニックな御朱印から期間限定の御朱印まで、京都の御朱印の魅力満載!

全御朱印の読み下しをわかりやすく掲載!

近年は寺社の縁日や行事等々にまつわる特別な「限定御朱印」をいただける機会も増えています。

通常授与されている御朱印とは別に、

限定御朱印では今まで知らなかった寺社の歴史などにふれることができ、

より寺社を身近に感じることができます。

また京都ならではの季節を感じられる御朱印、各宗派の教えにふれられる御朱印、

読経や写経など御朱印本来のありかたを経ていただける御朱印など、

京都を旅してぜひ拝受したい限定御朱印が満載です  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二地域居住生活のススメ ~ 「日本人はどう住まうべきか ?」

2018年02月21日 | 東京⇔京都・二地域居住
日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社

養老孟司さんは、いろんなところで

半分を地方で、半分を都会で暮らす

現代版「参勤交代」生活を推奨している。

一ヶ所でだけ生活していると、

視点(考え方や感じ方、人生観など)が固定される、、、、、

花鳥風月、自然に接する時間が一年のうち半分くらいはないと

日本人というのは心からの幸せを感じられない(調子を崩す)、、、、

といったことがその理由。

東京 ⇔ 京都 の二地域居住を実践している

私にとっては我が意を得たり、、、、のご意見。

冒頭に掲げたのは、養老さんがその持論をわかりやすく解説している

建築家の隈研吾さんとの対談集。

以下は、その内容紹介。

「 日本人は元来「だましだまし」生きてきたのに津波被害を完璧に予測して対策するなど不可能。

原発問題も土建問題もつまるところ戦争のツケ。

マイホーム所有が人生の目標だった時代は終わり、

どこにどう住まうかが自己表現になる。

震災と津波、高齢化、地域格差……さまざまな社会問題をふまえて、

現代人の幸せを実現する住まいのあり方について解剖学者と建築家が論じた、贅沢対談集 」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プレミアム京都案内」

2018年02月20日 | 京都本
別冊Discover Japan_TRAVEL プレミアム京都案内
クリエーター情報なし
エイ出版社

◇ 

「 とっておきの京都へ 今回提案する、本誌「プレミアム京都案内」は 、

 『Discover Japan』 が長年かけて培った ノウハウと深い造詣をいかしながら制作する、

京都のプレミアムな情報に特化したムックとなります。

神社仏閣においても、ただ単純に紹介することはしません。

たとえば建仁寺を取り上げるにあたり、 「禅×アートのデパート、建仁寺」のように、

新しい一面・より掘り下げた内容でその魅力について言及します。

古都ならではの街の魅力、旅の楽しみでもある上質な宿、 料亭をはじめとした美食など、

『Discover Japan』がセレクトした、 プレミアムな情報で展開します  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールカラーでリニューアル ! ~ 「地図と写真から見える ! 京の都 歴史を歩く !」

2018年02月19日 | 京都散歩
オールカラー 地図と写真から見える! 京の都 歴史を歩く!
クリエーター情報なし
西東社

西東社の「地図と写真から見える ! 京の都 歴史を歩く !」が

オールカラーでリニューアルされた。

ロングセラー本というだけあって、

読みやすさはバツグン。

以下は、その内容紹介。

「 ★★当社ロングセラー『地図と写真から見える! 京の都 歴史を愉しむ! 』が

オールカラーでリニューアル !

★★ 「平安京遷都」からいま話題の「応仁の乱」、「秀吉の時代」、「明治維新」まで、

まさに歴史の中心としての「京の都」を

約200点の豊富な地図と写真でビジュアル的にひも解きます。

※本書は、当社ロングセラー『地図と写真から見える! 京の都 歴史を愉しむ! 』(2012年9月発行)を

オールカラーにリニューアルし、書名・価格等を変更したものです。

 【目次】 京都を見る

1章 京都7大重大事件

2章 歴史をたどる

3章 古地図と絵で見る京都

4章 社寺をめぐる  索引   」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の午後、新幹線で京都へ移動、、、、

2018年02月18日 | 東京⇔京都・二地域居住

今日(18日)の午後、新幹線で京都へ移動、、、、

冒頭の写真は、拙宅のバルコニーから

六本木 &  赤坂 方面を撮ったもの。

ひときわ高いビルが六本木ミッドタウン。

この眺望とも、しばしお別れ 、、、

下は、同じ様に、東京・京都の二地域居住を実践されている

料理研究家の青山有紀さんの「週末京都」。

週末京都
クリエーター情報なし
ACCESS

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京大教授 鎌田浩毅氏推薦 ~ 「ありえない138億年史」

2018年02月17日 | 読書一般
ありえない138億年史
クリエーター情報なし
光文社

「 ◎「46億年もの連続と偶然。ぼくはまた地球について語りたくなりました。」

――京都大学教授 鎌田浩毅氏推薦 !

◎ われわれ人間は、なぜここにいるのか ? それは人類の歴史だけを見てもわからない。

 宇宙誕生から現在までの通史――「ビッグヒストリー」の考え方が必要だ。

自然科学と人文・社会科学を横断する驚きに満ちた歴史を、

恐竜絶滅の謎(隕石衝突)を解明した地球科学者が明らかにする。

【本文引用】

歴史は必然ではない。偶然が重大な役割を担っている。

宇宙、地球、生命、人間の各領域において、

この世界が実際にたどった道とは異なる道をたどる可能性は無数にあった。

その結果、今日のものとは異なる人間世界が生まれる可能性もあれば、

人間世界がまったく生まれない可能性もあったのだ。

そのため、今あるこの世界を理解するには、物理学や化学を超えて、

地質学や古生物学、生物学、考古学、天文学、宇宙学などの歴史科学の領域から

人間の歴史へと目を向けるべきだろう。

これらの歴史科学や歴史学が、

今あるこの世界の歴史について学びつつあることを知る必要があるのだ。

【目次】

本書によせて 京都大学大学院人間・環境学研究科 教授 鎌田浩毅 序――宇宙、地球、生命、人間からなるビッグヒストリー

第1章 ビッグヒストリーから見た地球と人間世界

第2章 ビッグバンから地球誕生まで

第3章 地球からの贈りもの

第4章 大陸と海洋を持つ惑星

第5章 二つの山脈の物語

第6章 古代の川の記憶

第7章 人間の体に刻まれた生命の歴史

第8章 大いなる旅路

第9章 人間という種の特徴

エピローグ これまでの歴史がすべて起こる可能性は ?

【著者紹介】

ウォルター・アルバレス Walter Alvarez 1940年アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー生まれ。

地質学者。 現在はカリフォルニア大学バークレー校にて、地球および惑星科学の教授を務める。

ノーベル物理学賞を受賞した父親のルイス・ウォルター・アルヴァレズとともに、

隕石の衝突による地球上の生物(恐竜を含む)の大量絶滅の理論を発表したことで知られる。

山田美明(やまだよしあき)

英語・フランス語翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退。

訳書に『喰い尽くされるアフリカ』(トム・バージェス著、集英社)、

『AI時代の勝者と敗者』(トーマス・H・ダベンポートほか著、日経BP社)、

『動物たちの武器』(ダグラス・J・エムレン著、エクスナレッジ)、

『森の人々』(ハニヤ・ヤナギハラ、光文社)、

『ISの人質』(プク・ダムスゴー著、光文社新書)などがある  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ねこの京都」の文庫本がでるらしい、、、、

2018年02月16日 | 京都の写真集
ねこの京都 (写真文庫)
クリエーター情報なし
クレヴィス

岩合光昭さんの人気の写真集、

「ねこの京都」の文庫本がでるらしい、、、、

以下は、その内容紹介。

「 写真集「ねこの京都」が文庫本になりました。

ねこを通して京都を見る。

京都の風土に生きるねこを撮影していたら、いつの間にか、

敷居が高いと思っていたはずのこの都が、心地よくなっていた。

彼らの生き様が古の都の文化を息づかせる。

そう、ここはねこが案内してくれた「ねこの京都」。  」

下は、同じ岩合光昭さんの「ねこの京都」の

週めくりカレンダー(2018年度版 )

2018岩合光昭 ねこの京都週めくりカレンダー ([カレンダー])
クリエーター情報なし
クレヴィス

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽の何に魅せられるのか? ~ 「音楽の科学」

2018年02月15日 | 読書一般
音楽の科学
クリエーター情報なし
河出書房新社

「 音楽の構造や意味まで、音楽を「聴く」能力の謎に迫った初めての書。

この一冊で音楽とは何かがすべてわかる、音楽好き必携の決定版 ! 」(内容紹介)

「 なぜ人は音楽を聴くのか ?

音楽とは何からできているのか ?

音色やハーモニーをなぜ認識できるのか ?

音楽は意味を伝えるのか ?

音楽好きなら誰もが知りたかった疑問に科学で答える名著 !  」(内容)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都市の隠者 ~ 「兼好法師 」

2018年02月12日 | 源平&鎌倉時代の京都
兼好法師 - 徒然草に記されなかった真実 (中公新書)
クリエーター情報なし
中央公論新社

「 兼好は鎌倉時代後期に京都・吉田神社の神職である卜部家に生まれた。

六位蔵人・左兵衛佐となり朝廷に仕えた後、出家して「徒然草」を著す――。

この、現在広く知られる彼の出自や経歴は、兼好没後に捏造されたものである。

著者は同時代史料をつぶさに調べ、鎌倉、京都、伊勢に残る足跡を辿りながら、

「徒然草」の再解釈を試みる。

無位無官のまま、自らの才知で中世社会を渡り歩いた「都市の隠者」の正体を明らかにする。

目次 はしがき 第一章 兼好法師とは誰か

第二章 無位無官の「四郎太郎」――鎌倉の兼好

第三章 出家、土地売買、歌壇デビュー――都の兼好(一)

第四章 内裏を覗く遁世者――都の兼好(二)

第五章 貴顕と交わる右筆――南北朝内乱時の兼好

第六章 破天荒な家集、晩年の妄執――歌壇の兼好

第七章 徒然草と「吉田兼好」

参考文献 年譜 索引   」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都の博物館 & 美術館

2018年02月11日 | 京都の美術館・画廊 & 博物館
月刊京都2018年3月号[雑誌]
クリエーター情報なし
白川書院

文化庁の京都移転に象徴的にみられるように、

京都は、今や、国策としても、

日本文化(行政)の中心として位置づけられつつある。

官庁の地方移転の成功例、、、、とするためにも、

観光立国の範となる都市とするためにも、

今後さまざまな企画が官の側から発表されるのではないか。

冒頭に掲げた、「月刊京都」の3月号は、

そんな京都の 博物館 & 美術館 を特集したもの。

800号記念号、、、、とあって、

相当力の入った内容になっている。

以下は、その内容紹介。

「 全国から人を集める著名な博物館・美術館から、個人美術館まで幅広く紹介。

建物の内観や外観は、写真ビジュアルを中心に分かりやすく案内しています。

美術館内にあるカフェやオシャレなグッズを集めたミュージアムショップにも焦点をあてます。

また、月刊京都3月号の発売時期に合わせ、

2月下旬から5月のゴールデンウィークくらいまでに開催される展覧会情報なども紹介しています。

本誌は今回が800号記念号です  」

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都の人気のパン屋さんが秘密のレシピを大公開 !

2018年02月10日 | 京都のカフェ & 甘味処
京都「CHIPPRUSON」の天然酵母パン 初めてでもおいしく焼ける
クリエーター情報なし
世界文化社

「 SNSで話題! 週末だけのパン屋 CHIPPRUSON、初めてレシピを公開。

おうちで、自分でこねずに焼ける !

 美味しい自家製・天然酵母パンの、初めてでも失敗しにくい作り方を教えます。

【目次】

 ●CHIPPRUSONが提案する5つのこと

●はじめに覚えたいやわらかいパン 豆乳ロールパン/プレーン・フォカッチャ/オレンジ・フォカッチャ 他

●やや上級者向けのベーグル&ハード・パン ベーグル/ダブル・チョコ・ベーグル/パン・ド・カンパーニュ 他

●手作りの加工品&ときどきお菓子 焙煎玄米/オレンジ・ピール/オレンジ・マーマレード 他

●天然酵母パンに欠かせない発酵種のきほん 発酵種の作り方

●生地の〈折りたたみ〉と〈成形〉の解説

●天然酵母パンのQ&A 他

【著者について】

斉藤ちえ/ 京都生まれ。

病気で療養中だった26歳の頃に天然酵母で作るパンの世界に出会って夢中になり、

その様子を文章や写真で記録したブログやインスタグラムが

パン作りを趣味とする人々の間で話題に。

パンの卸やパン教室の講師などで経験を積み重ね、

京都市北区の西陣に天然酵母パンの店 CHIPPRUSON を開店。

【編集部からのコメント】

地下鉄鞍馬口の駅から歩いて約20分。

京都市北区の住宅街にひっそりと構える CHIPPRUSON 。

その、食べ終わるのがもったいないような、味わい深いパンを求めて、

全国からファンが詰め掛けます。

そんなパンを作る斉藤ちえさんが「おうちでも、とにかく美味しく焼いてほしい」と、

 積み上げてきたパンの作り方を、一から全部教えて下さいました。

実際にこの本で作っていただくと、

今までの天然酵母パンのイメージが変わるはず 」(内容紹介)

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インスタを始めてみると、、、、

2018年02月09日 | 最近の話題
絶景を巡る京都
クリエーター情報なし
ワニブックス

最近、インスタグラムにハマっている( → コチラ )。

街中を歩いているときに

気になったものはスマホで撮る、、、、

というのは、スマホというものを使い始めて以来の習慣だったが、

その処理について特段のアイデアは持ち合わせていなかった。

スマホの容量、、、、という点から、

以前は、ある程度時間がたったものは大部分消去していたが、

( → もちろん、メディアなどに保存する手もあるが、少し面倒だ )

今は、カフェにはいったときなどのスキマ時間に、

とりあえず (プライヴェートなものでない限り) インスタにアップすることにしている。

これなら、スマホからは消去でき、スマホの容量をくうこともない。

そして、やり始めると、瞬く間に、ライフログ(のようなもの)が出来上がった。

ここにこんな店ができたんだ、、、、とか、

この店のメニューは ?  とかいった

備忘メモ変わりに撮った写真もアップしておく。

 もちろん、夕焼け空を見上げて、ああっ、キレイだ、、、、

と思ったときなどの感動の記憶にも、、、、

( 追記 )

冒頭に掲げた、「絶景を巡る京都」は、

インスタ映えする京都を撮らせたら彼らの右に出るものはいない、、、、

と言われるフォトグラファーたちの作品集。

以下は、その内容紹介。

「 ≪合計「いいね! 」数 150万突破! ! ≫

大人気Instagram「@kyoto_iitoko」が待望の書籍化 !

夕暮れの鴨川

静寂に包まれる竹林

凛とした冬の朝の清水寺

桜のトンネルを抜けるトロッコ列車

幻想的な京の七夕

涼やかな滝の上の川床

8000体のだるまが祀られた寺

真っ赤なじゅうたんが広がる紅葉寺

ノスタルジックな海辺の舟屋

これまで知らなかった「京都」に出会える一冊。

Instagramで紹介した中から、心を揺さぶる場所を厳選。

今すぐ絶景を訪ねるための、地図&ガイド付き。

著者について

京都の総合印刷サービス企業、

gr@phic(グラフィック)が発行する観光情報誌『京都いいとこマップ』のフォトグラファー

清水泰人(@yah_s)、清水耕平(@kohei713)、樋野樹(@hino0117)によるInstagramアカウント。

京都の四季の絶景を切り取った投稿が国内外で大人気。

フォロワー8万5千人超、合計「いいね! 」数150万突破  」

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加