老後は京都で !

京都移住について考えるブログです。京都の町中(堺町六角)と東京(青山)を気ままに行き来する二地域居住を実践中 !

定年後の楽園の見つけ方

2018年11月07日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
定年後の楽園の見つけ方 ―海外移住成功のヒント (新潮新書)
クリエーター情報なし
新潮社

「定年後の楽園」は何処か ?

拙ブログの主張は、

シニア世代にとっての楽園、それは、たぶん、京都だろう、、、、

というもの。

詳細については、このブログでも何度も書いてきたので省略するが( たとえば → コチラ )、

「定年後の楽園」を海外に求められる方も増えている。

冒頭に掲げた「定年後の楽園の見つけ方」は、

東海大学名誉教授の方が

そんな 海外移住を成功させるヒント  について書いたもの。

以下は、その内容紹介。

「「明るい老後」はどこにある ?

日本の「しがらみ」から離れ、 海外で「第2の人生」を謳歌する人々の物語をご紹介します。

人生の最後には、楽園が待っていた――。

老後といえば暗い話ばかりが聞こえてくる昨今だが、

本書で紹介するのは、しがらみから離れ、海外で第2の人生を謳歌する人々の物語。

フィリピンで17歳の花嫁と結ばれた元銀行マン

マレーシアの浜辺で暮らす元大学教授夫妻地中海に住みついた元テレビマン……。

きっかけは、何も試さないで老後を迎えることへの軽い疑問だった。

「豊かな定年後」のためのヒントがここに。

「明るい老後」がここにある。

序章

終の棲家を求めて 解放感 人生の達人 新しい発見 老後は暗いものか ?

第1章

花嫁は17歳 ボホール島の朝市 第2の青春 「目的はカネとセックス」

異国で聴く「中島みゆき」の素晴らしさ

女性の下着が… 「こういうことになりました」(笑)

妻の郷里での結婚式 コンコンと蘇ってくる 老いては妻に従え

第2章

帰れない男 帰りたくても帰れない

「退職金」とともに高飛び

税関は通過したが… 「パスポートを見せてもらおう」

捨てる神あれば拾う神あり 小さな後ろ姿

第3章

歴史マニアと若い妻

支倉常長が取り持った縁

『黄金の日日』の舞台を歩く

400年前への思い 「ジャピーノ」と「コピーノ」

倭寇の子孫はいるか ?

マニラ湾の夕日

第4章

海辺の元大学教授夫妻

コスモポリタンの町、ペナン

NHK朝ドラが日課

タイやシンガポールへドライブ

元気なのは知的活力のおかげ

第5章

地中海は楽園か

自分のペースを守って生きる

出版社経由で届いた手紙

いずれカンヌかニースへ

アトリエに流れるクラシック

夫婦でゴルフ三昧

地中海の魚は美味くはない

第6章 成功する人、しない人

必要な3K「健康」「カネ」「カミさん」

治安情勢に関心を

生活レベルは「人生観」で決める

「夢」には「リスク」もついてくる

言葉は何とかなる

「遺産相続」もお忘れなく

 著者について

太田尚樹

おおた・なおき

1941(昭和16)年、東京生まれ。東海大学名誉教授。専門はスペインの農業経済史。

近年は戦史を含めた昭和史関連の著書多数。

『アンダルシア パラドールの旅』『支倉常長遣欧使節 もうひとつの遺産』

『コルドバ歳時記への旅』『満州と岸信介』『尾崎秀実とゾルゲ事件』など  」(内容紹介)

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都 vs パリ 〜 「パリの散歩道 2019年 カレンダー」

2018年10月08日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
パリの散歩道 2019年 カレンダー 壁掛け SD-5 (使用サイズ 594x297mm) 風景
クリエーター情報なし
写真工房

富井 義夫さんの 2019年 カレンダー、

「 パリの散歩道 」  、、、、

下は、その内容紹介。

「【仕様】

・使用サイズ:縦594mmx横297mm

・最終ページは2020年カレンダーを掲載

・六曜/二十四節気/祝祭日/月の満ち欠け/イベント/前月

・翌月の記載あり

【各ページの掲載内容】

1月: ルーヴル美術館

2月: パリの街角にあふれるカフェ

3月: セーヌ川とシテ島に迫る夕闇

4月: コンコルド広場の優雅な噴水

5月: パサージュ・ジュフロワ

6月: サクレ・クール寺院から眺めたパリ市街

7月: サン・ドミニク通りとエッフェル塔

8月: 音楽と舞踏の殿堂「オペラ座」

9月: パリ文化を牽引する「レ・ドゥ・マゴ」

10月: セーヌ河から眺める大聖堂

11月: 若き画家が集ったモンマルトル

12月: クリスマスのシャンゼリゼ大通り

翌年カレンダー(2020年):モンマルトル界隈のカフェテラス

著者について

富井 義夫 Tomii Yoshio 日本写真家協会会員 1953年 東京都北区に生まれる 1982年 日本写真家協会会員

1985年 日本航空株式会社 嘱託カメラマン 1988年 株式会社 写真工房 設立 1990年 北海道の自然に魅せられ札幌に移住

2009年 写真集『Paris City of Light』(Sky Comm/フランス) 2013年 写真展『HERBIS×富井義夫』/ハービスPLAZA(梅田・大阪府)

2014年 写真集『欧州世界遺産』(人類智庫/台湾) 2017年 写真展『世界遺産撮影芸術展』/秦始皇兵馬俑博物館(中国・西安)

2018年 写真集『忘れられない祈りの聖地』(山と渓谷社) 富井義夫

公式ホームページ http://www.tomiiyoshio.com 40年間に渡り世界中を駆け回り、世界遺産を中心に空気感のある写真を追求し続けている。

海外取材歴233回/128の国と地域を旅する 世界遺産サイト580箇所歴訪   」{内容紹介 }

( 追記 )

下は、『京都ぎらい』の著者・井上章一さんが

東西一のパリ通の鹿島茂さんと

京都とパリについて語りつくした、

「京都、パリ ~ この美しくもイケズな街」 

とその内容紹介。

京都、パリ ―この美しくもイケズな街
クリエーター情報なし
プレジデント社

「 26万部『京都ぎらい』の井上章一氏、フランス文学界の重鎮である鹿島茂氏が、

知られざる京都とパリの「表と裏の顔」を語り尽くす。

たとえば、

・日本には「怨霊」がいるが、フランスにはいない

・日本のお茶屋とパリの娼館は、管理システムが似ている

・パリの娼館は、スパイの温床だった

・日仏では、女性のどこに魅力を感じるか

・洛中の人にとっての「京都」はどこ ?

・ パリの人にとっての「パリ」はどこ ?

・パリと京都の「汚れ」に対する意識の違い など、

知っているようで知らなかった「京都とパリ」の秘密がわかる。

【contents】

まえがき

京都の地図 パリの地図

第1章  京都人とパリジャンの気質

生まれと育ちに対する意識

創業年数を誇る京都のお店

パリのブルジョワジーは金融系で、お城持ち

京都人は東京へ行くことを、やはり「東下り」と言う

パリになぜ核家族が残ったのか

パリジャンの、お金に対する意識 京都人の、お金に対する意識

日本には「怨霊」がいるが、フランスにはいない

ヨーロッパでの死の概念

日本人の、フランスに対する思い

第2章  京都の花街、パリのキャバレーや娼館

宗教家とエロティシズムの関係

日本の花街とフランスの娼館

日本とフランスで、政治的にも使われた性風俗

パリの娼館は、スパイの温床だった

京都のお茶屋とパリの娼館は、管理システムが似ている

パリのサロン文化が花開いた背景

第3章  京女、パリジェンヌの美人力

かつてのフランス式夫婦、フランス式恋愛

自慢したい男心

パリジェンヌの魅力

意気地なし文化を育んだ京都

女性のどこに魅力を感じるか

フランス語の隠語

男の幻想を支える「京女」と「パリジェンヌ」

第4章  京都とパリの魅力、都市史

洛中の人にとっての「京都」はどこ ?

パリの人にとっての「パリ」はどこ ?

パリと京都の「汚(けが)れ」に対する意識の違い

パリの墓地

土地の持ち主

パリの高級住宅地の変遷

応仁の乱の前、後

近年のパリの再開発

パリのマレ地区はユダヤ、ファッション、ゲイのエリア

京都にゲイスポットはない

京都、東京、パリの「とらや」

京都とパリの街並みを比較

京都・百万遍のカルチェ・ラタン

現代の教育事情

パリジャンは日本車、ドイツ車、国産の車をどう思っているか

パリをテーマにした詩や歌

京都とパリが人気の観光都市になった背景

第5章  京都とパリの食事情

パリの食事情 京都の食事情

日本人から見たフランスの魚介類

京都の地酒、パリのワイン 京都とフランスのつながり

フランス文化を語るのに欠かせないイタリア文化

京都人から見た東京、リヨン人から見たパリ

安くておいしい食べ物なら京都より大阪、フランスよりイタリア

食も風俗も、パリよりリヨンのほうが進んでいた ?

フランスのシュヴァリエ文化

注釈 あとがき

著者について

鹿島 茂 (かしま しげる)

フランス文学者。明治大学教授。専門は19世紀フランス文学。1949年、横浜市生まれ。

1973年東京大学仏文科卒業。1978年同大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。

現在明治大学国際日本学部教授。

『職業別パリ風俗』(白水社)で読売文学賞評論・伝記賞を受賞するなど数多くの受賞歴がある。

膨大な古書コレクションを有し、東京都港区に書斎スタジオ「NOEMA images STUDIO」を開設。

新刊に『悪の箴言 耳をふさぎたくなる270の言葉』(祥伝社)、

『明治の革新者~ロマン的魂と商業~』(ベストセラーズ)、

『カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語』(キノブックス)などがある。

井上章一 (いのうえしょういち)

1955年、京都府生まれ。京都大学工学部建築学科卒、同大学院修士課程修了。

京都大学人文科学研究所助手ののち現在、国際日本文化研究センター教授。

専門の建築史・意匠論のほか、日本文化や関西文化論、美人論など、研究範囲は多岐にわたる。

1986年『つくられた桂離宮神話』(弘文堂、講談社学術文庫)でサントリー学芸賞、

1999年『南蛮幻想』(文藝春秋)で芸術選奨文部大臣賞、

2016年『京都ぎらい』(朝日新書)で新書大賞を受賞。

その他、『美人論』『関西人の正体』(朝日文庫)、『京都ぎらい 官能篇』(朝日新書)など著書多数  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

「京都、パリ ~ この美しくもイケズな街」・本日発売 !

2018年09月27日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
京都、パリ ―この美しくもイケズな街
クリエーター情報なし
プレジデント社

26万部とこうした分野では異例のベストセラーとなった『京都ぎらい』の井上章一さんと

フランス文学研究者の鹿島茂さんの共著、

「京都、パリ ~ この美しくもイケズな街」が本日発売される。

以下は、その内容紹介。

「 26万部『京都ぎらい』の井上章一氏、フランス文学界の重鎮である鹿島茂氏が、

知られざる京都とパリの「表と裏の顔」を語り尽くす。

たとえば、

・日本には「怨霊」がいるが、フランスにはいない

・日本のお茶屋とパリの娼館は、管理システムが似ている

・パリの娼館は、スパイの温床だった

・日仏では、女性のどこに魅力を感じるか

・洛中の人にとっての「京都」はどこ ?

・パリの人にとっての「パリ」はどこ ?

・パリと京都の「汚れ」に対する意識の違い など、

知っているようで知らなかった「京都とパリ」の秘密がわかる。

【contents】

まえがき

京都の地図 パリの地図

第1章 京都人とパリジャンの気質

生まれと育ちに対する意識

創業年数を誇る京都のお店

パリのブルジョワジーは金融系で、お城持ち

京都人は東京へ行くことを、やはり「東下り」と言う

パリになぜ核家族が残ったのか

パリジャンの、お金に対する意識 京都人の、お金に対する意識

日本には「怨霊」がいるが、フランスにはいない

ヨーロッパでの死の概念

日本人の、フランスに対する思い

第2章 京都の花街、パリのキャバレーや娼館

宗教家とエロティシズムの関係

日本の花街とフランスの娼館

日本とフランスで、政治的にも使われた性風俗

パリの娼館は、スパイの温床だった

京都のお茶屋とパリの娼館は、管理システムが似ている

パリのサロン文化が花開いた背景

第3章 京女、パリジェンヌの美人力

かつてのフランス式夫婦、フランス式恋愛

自慢したい男心

パリジェンヌの魅力

意気地なし文化を育んだ京都

女性のどこに魅力を感じるか

フランス語の隠語

男の幻想を支える「京女」と「パリジェンヌ」

第4章 京都とパリの魅力、都市史

洛中の人にとっての「京都」はどこ ?

パリの人にとっての「パリ」はどこ ?

パリと京都の「汚(けが)れ」に対する意識の違い

パリの墓地

土地の持ち主

パリの高級住宅地の変遷

応仁の乱の前、後

近年のパリの再開発

パリのマレ地区はユダヤ、ファッション、ゲイのエリア

京都にゲイスポットはない

京都、東京、パリの「とらや」

京都とパリの街並みを比較

京都・百万遍のカルチェ・ラタン

現代の教育事情

パリジャンは日本車、ドイツ車、国産の車をどう思っているか

パリをテーマにした詩や歌

京都とパリが人気の観光都市になった背景

第5章 京都とパリの食事情

パリの食事情 京都の食事情

日本人から見たフランスの魚介類

京都の地酒、パリのワイン 京都とフランスのつながり

フランス文化を語るのに欠かせないイタリア文化

京都人から見た東京、リヨン人から見たパリ

安くておいしい食べ物なら京都より大阪、フランスよりイタリア

食も風俗も、パリよりリヨンのほうが進んでいた ?

フランスのシュヴァリエ文化

注釈 あとがき

著者について

鹿島 茂(かしま しげる)

フランス文学者。明治大学教授。専門は19世紀フランス文学。1949年、横浜市生まれ。

1973年東京大学仏文科卒業。1978年同大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。

現在明治大学国際日本学部教授。

『職業別パリ風俗』(白水社)で読売文学賞評論・伝記賞を受賞するなど数多くの受賞歴がある。

膨大な古書コレクションを有し、東京都港区に書斎スタジオ「NOEMA images STUDIO」を開設。

新刊に『悪の箴言 耳をふさぎたくなる270の言葉』(祥伝社)、

『明治の革新者~ロマン的魂と商業~』(ベストセラーズ)、

『カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語』(キノブックス)などがある。

井上章一(いのうえしょういち)

1955年、京都府生まれ。京都大学工学部建築学科卒、同大学院修士課程修了。

京都大学人文科学研究所助手ののち現在、国際日本文化研究センター教授。

専門の建築史・意匠論のほか、日本文化や関西文化論、美人論など、研究範囲は多岐にわたる。

1986年『つくられた桂離宮神話』(弘文堂、講談社学術文庫)でサントリー学芸賞、

1999年『南蛮幻想』(文藝春秋)で芸術選奨文部大臣賞、

2016年『京都ぎらい』(朝日新書)で新書大賞を受賞。

その他、『美人論』『関西人の正体』(朝日文庫)、『京都ぎらい 官能篇』(朝日新書)など著書多数  」(内容紹介)

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

「バンクーバーはなぜ世界一住みやすい都市なのか」

2018年08月19日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
バンクーバーはなぜ世界一住みやすい都市なのか (叢書・地球発見) バンクーバーはなぜ世界一住みやすい都市なのか (叢書・地球発見)価格:¥ 1,890(税込)発売日:2010-01

「 バンクーバーに対する評価の高さはどこからくるのか。

その謎を現地で1年近く暮らし、その後も幾度となく現地を訪問している著者が、

自ら集めた資料やフィールドノート、見聞し経験した事柄などをベースにして解いてみたい。

取り上げる対象には、観光客がほとんど行かない現地の生活と密着した場所や施設も積極的に盛り込んだ。

そこにこそ生活環境に対する高い評価の秘密が隠されているからである。

著者略歴

香川貴志

1960年香川県丸亀市生まれ。1989年立命館大学大学院文学研究科博士課程修了。

現在、京都教育大学教授。人文地理学・都市地理学  」(内容紹介)

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

( インスタグラム版「老後は京都で」は → コチラ )

コメント

京都 vs パリ ~ 木村伊兵衛さんの、「パリ残像」

2017年01月10日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
木村伊兵衛 パリ残像
クリエーター情報なし
クレヴィス

パリの町並みを撮った木村伊兵衛さんの写真集。

なにやら佐伯祐三の画集でも見ているかのよう、、、

以下は、その内容紹介。

「 戦後間もない日本では海外渡航がきわめて難しく、

芸術の都パリは遠い遙かな夢の世界でした。

1954年(昭和29)、初めて念願のヨーロッパ取材が叶った木村伊兵衛は、

ライカのカメラと開発されたばかりの国産カラーフィルムを手に渡仏。

そこで写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンやロベール・ドアノーと出会い、

生きたパリの街並みと下町の庶民のドラマを見ることができました。

木村作品のなかでもとりわけ異色なカラー表現されたパリ117点を収載。

往時のパリの魅力が蘇ります 」

( 追記 )

下は、今や伝説ともなった大型版の木村伊兵衛さんの写真集。

その後、この大型版からセレクトされサイズも縮小されたポケット版

というのが2014年に出版されたが、

冒頭の「パリ残像」は、サイズ的にも収録枚数の点でもその中間で、

机の上で開くのには丁度よい大きさだ。

木村伊兵衛のパリ
クリエーター情報なし
朝日新聞社

京都移住と健康について考える・「老後は京都で」by 京カフェ~トップページに戻る

コメント

曜日別&地区別 かんたんパリ歩き

2016年08月24日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
曜日別&地区別 かんたんパリ歩き
トリコロル・パリ,荻野雅代,桜井道子
パイインターナショナル

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

ニューヨーク vs 京都 ~ 「この街に恋してる ベスト・イン・ニューヨーク」

2016年08月15日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2016年9月号 [特集 最新・最強版 この街に恋してる ベスト・イン・ニューヨーク。] [雑誌] フィガロジャポン
クリエーター情報なし
CCCメディアハウス

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

パリ vs 京都 ~ 「それでも暮らし続けたいパリ」

2016年08月15日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
それでも暮らし続けたいパリ
クリエーター情報なし
主婦と生活社

「 本当に豊かな日常がここにある――。

コンビニはない!  街は暗い!

路上には犬のウンチもちらほら……。

生活するのには何かと不便で、面倒。

そして、おおざっぱなフランス人。

テロも起こるなど、危険もいっぱい!

それでも引き寄せられる、住み続けたいと思わせるフランスならではの魅力を

15年以上もパリに暮らす著者が伝えてくれます。

1章 古くて懐かしい街並みとおおざっぱな下町的人情味
2章 あっさりとは対極の面倒で愛あふれる距離感
3章 「飲む」「食べる」「しゃべる」「休む」すべて、ゆっくり、たっぷり
4章 不便とイライラがちりばめられた、人間的な日常
5章 暗い街にひそむ、美しき光と危ない影
6章 人生はドラマティックな舞台 !  」

( 「内容紹介」より )

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

パリ vs 京都 ~ 「パリに行きたくなる50の理由」

2016年08月15日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
パリに行きたくなる50の理由
クリエーター情報なし
ジュウドゥポゥム

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

歴史都市: パリ vs 京都 ~ 「ガイドブックにないパリ案内」

2016年08月09日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
改訂版 ガイドブックにないパリ案内 (FIGARO BOOKS)
稲葉 宏爾
CCCメディアハウス

「 1997年に発売され、人気を呼んだ『ガイドブックにないパリ案内』を全面的に改訂。

華やかなパリもいいけれど、うらぶれたパリの隅っこを歩くと、

多様な文化が溶け合うパリのもう一つの姿が見えてきます。

「パリ歩きの達人」である著者とともに、見知らぬ路地を歩いてみませんか?

きっとパリがもっと好きになります 」

( 「内容紹介」より )

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

いよいよ、今週(23日)、英国・国民投票 !

2016年06月20日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
突撃! ロンドンに家を買う
クリエーター情報なし
講談社

いよいよ今週の23日、英国で EU 離脱の是非を問う国民投票が実施される。

離脱となれば、世界経済にリーマンショック級の激震が走り、

残留となれば、調整を続けてきた世界のリスク資産が一斉に急反発する、

といわれている。

日本についていえば、離脱で為替はドル円で100円割れ、日経平均で(12000~)13000円、

残留となれば、ドル円で110円、日経平均で17500~18000円

といったところか ?

いずれにせよ、極端な円高局面があれば、

海外不動産投資のチャンス !

今週は、英国の情勢から目を離せそうにない、、、、

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

 

 

コメント

「世界の日本人妻は見た!」に番組史上最強のNYスーパーセレブ妻が登場

2016年05月17日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
パークアヴェニューの妻たち
クリエーター情報なし
講談社

今夜(17日)、TBS ( MBS毎日 )の人気番組、「世界の日本人妻は見た!」に

マンハッタンの摩天楼を見下ろす超高級マンションに住む

番組史上最強( ? )のNYのスーパーセレブ日本人妻が登場するらしい。

放送は午後7時56分から。

( 追記 )

冒頭に掲げたのは、先日拙ブログでもとりあげた( → コチラ )

NY超高級住宅街アッパー・イーストサイドの

セレブ妻たちの「想像をはるかに超える」という生態をつづった

評判のノンフィクション、「パークアヴェニューの妻たち」の翻訳。下はその英語版。

Primates of Park Avenue: A Memoir
クリエーター情報なし
Simon & Schuster

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

「パークアヴェニューの妻たち」

2016年05月08日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
パークアヴェニューの妻たち
クリエーター情報なし
講談社

GW 期間中は、どこに出かけても人出に圧倒されるだけなので、

ここまでは観光客もこまい、と思しき少し離れた(私にとっては少しアウェイな)

カフェをめぐりながらの読書三昧の日々だったが、

色々と読んだ本のなかで、とびぬけて面白かったのが、冒頭に掲げた、

NY超高級住宅街アッパー・イーストサイドの妻たちの生態をつづった

ノンフィクション、「パークアヴェニューの妻たち」。

書店で手に取った際、アッパー・イーストの、私が以前住んでいたエリアの

著者の手書きの詳細な地図が載っているのに魅かれて買ったのだが(ノスタルジー消費 ? )、

内容がすこぶる面白い。

「人間は使い切れないような富を手にしたとき、どういう行動をするか ? 」

のリアルな観察記録とでもいった内容で、帯にも謳われているように

「想像をはるかに超える」アメリカのセレブたちの行動が描かれている。

( 英語版 )

Primates of Park Avenue: A Memoir
クリエーター情報なし
Simon & Schuster

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

天国にいちばん近い島 ~ ニューカレドニア心の旅

2016年02月23日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
いまでも天国にいちばん近い島―物語と写真で甦るニューカレドニア心の旅
クリエーター情報なし
PHP研究所

ニューカレドニアが「天国にいちばん近い島」なら、

京都は「極楽浄土にいちばん近い街」 ???

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント

切り絵作家・久保修さんの作品にNYを想う

2015年12月26日 | 海外移住(海外の都市 vs. 京都)
切り絵の世界―紙のジャポニスム 画業40周年記念
クリエーター情報なし
東方出版

先日、京都の四条通りにある百貨店にはいっているお店で

久保修さんの作品のジクレーを買って以来、

目のつくところに置いて毎日眺めている。

「5TH」というタイトルで、

ニューヨークの摩天楼のビルの谷間からクライスラービルが見える、

といういたってシンプルな構図の作品。

( → 「5TH」というのだから、

5thアベニューのどこかの地点からの眺めを作品にしたものなのだろう )

「そういえば、ニューヨークに住んでいた頃

よく出かけたカフェの窓からの眺めが丁度こんな感じだったナ」

と想いながらその店の前を何度か通るうちに欲しくなってしまったのだ。

ニューヨークの街にもすっかりご無沙汰している、

ニューヨークが一番いい季節を迎えるイースターの頃にでも

一度訪れてみようか、、、、そんなことを考えている毎日だ。

註) 冒頭に掲げたのは、その久保修さんの作品集。

京都移住について考える・「老後は京都で」~トップページに戻る

コメント